2007 Office プログラムおよび Office 2010 プログラムでハイパーリンクの警告メッセージを有効または無効にする

概要

この記事では、2007 Microsoft Office プログラムまたは Microsoft Office 2010 プログラムでハイパーリンクをクリックしたときに、警告メッセージの表示を有効または無効にする方法について説明します。

詳細

重要

このセクション、メソッド、またはタスクには、レジストリの変更方法を説明する手順が含まれています。 ただし、レジストリを誤って変更すると、重大な問題が発生するおそれがあります。 そのため、以下の手順を慎重に実行してください。 保護を強化するため、レジストリを変更する前にレジストリをバックアップします。 こうしておけば、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。 レジストリのバックアップと復元の詳細については、「 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法」を参照してください。

2007 Office および Office 2010 で、実行可能ファイルにリンクするハイパーリンクまたはオブジェクトをクリックすると、次の警告メッセージが表示されます。

Opening "path/filename". 

Hyperlinks can be harmful to your computer and data. To protect your computer, click only those hyperlinks from trusted sources. Do you want to continue? 

この現象は、セキュリティレベルの設定に関係なく発生します。

注意

セキュリティレベルの設定を見つけるには、[ツール] メニューの [マクロ] をポイントし、[セキュリティ] をクリックします。

また、TIFF 画像または Microsoft Document Imaging (MDI) ファイルを開くと、次の警告メッセージが表示されます。

Opening path/filename. 

Some files can contain viruses or otherwise be harmful to your computer. It is important to be certain that this file is from a trustworthy source. Would you like to open this file?

この記事で説明するレジストリキーを既に実装している場合でも、この警告メッセージが表示されます。 この警告メッセージは、リンクナビゲーションが処理されるときに、HLINK.DLL ファイルから取得されます。 警告メッセージ内のファイルパスを引用符で囲むことにより、2007 Office または 2010 Office のハイパーリンクの警告メッセージを HLINK.DLL 警告メッセージから区別することができます。 2007 Office または Office 2010 のメッセージには引用符が含まれています。 HLINK.DLL メッセージには引用符は含まれていません。 2007 office および Office 2010 ドキュメントの拡張子、progid、classid、および MIME タイプをチェックすることで、ファイルの種類自体が安全でないかどうかを判断します。

2007 Office プログラムおよび Office 2010 プログラムのハイパーリンクに関する警告を有効にするには、「簡単な修正プログラム」のセクションに移動します。 自分で設定を有効にする場合は、「自分で修正する」セクションに移動します。

簡単な修正方法

この問題を自動的に解決するには、「Microsoft Easy Fix 20189」をダウンロードして実行し、簡単な修正プログラムウィザードの手順に従います。

  • このウィザードは英語のみで表示される場合があります。 ただし、自動修正は、他の言語版の Windows でも動作します。
  • 問題が発生しているコンピューターがない場合は、簡単な修正ソリューションをフラッシュドライブまたは CD に保存して、問題が発生したコンピューター上で実行します。

自分で修正できるようにする

Https://アドレス、notes://アドレス、または ftp://アドレスが使用されている場合に、2007 Office プログラムおよび Office 2010 プログラムでハイパーリンクの警告を有効または無効にするには、新しいレジストリサブキーを作成する必要があります。 これを行うには、次の手順に従います。

  1. [スタート] ボタンをクリックし、 [ファイル名を指定して実行] をクリックします。

  2. [ファイルを開く] ダイアログボックスで、「 regedit」と入力し、[ OK] をクリックします。

    注意

    • これらのレジストリサブキーのうち1つだけを変更する必要があります。 両方を変更する必要はありません。
    • セキュリティサブキーが既に存在する場合は、Security サブキーを選択した後、手順6に直接進みます。
  3. レジストリエディターで、2007 Office 用の次のいずれかのレジストリサブキーを見つけます。 HKEY_CURRENT_USER \Software\microsoft\office\12.0\commonまたは、レジストリエディターで、次のいずれかの office 2010 のレジストリサブキーを見つけます。 HKEY_CURRENT_USER \software\microsoft\office\14.0\common

  4. レジストリサブキーをクリックし、[編集] メニューの [新規作成] をポイントして、[キー] をクリックします。

  5. 「Security」と入力し、Enter キーを押してキーの名前を入力します。

  6. [編集] メニューの [新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。

  7. 「Disableハイパーリンクの警告」と入力し、Enter キーを押して、エントリの名前を入力します。

  8. 右側のウィンドウで、[ Disableハイパーリンクの警告] を右クリックし、[変更] をクリックします。

  9. [ DWORD 値の編集] ダイアログボックスで、[十進] をクリックし、[値のデータ] の下に「1」または「0」を入力します。

    注意

    値が0の場合、ハイパーリンクの警告メッセージが有効になります。 値が1の場合は、ハイパーリンクの警告メッセージが無効になります。

  10. [OK] をクリックします。

  11. レジストリ エディターを終了します。

特定のプロトコルに対するセキュリティの警告の表示を無効にするには、次の手順を実行します。

  1. [スタート]、[実行] の順にクリックし、「regedit」と入力して、[ OK] をクリックします。

  2. 次のレジストリ サブキーを見つけます。

    HKEY_CURRENT_USER \Software\Policies\Microsoft\Office\xx.0\Common\Security\Trusted protocolall アプリケーション

    メモこのサブキーでは、「xx .0」を Outlook 2007 の場合は12.0、Outlook 2010 の場合は14.0 に置き換えます。

  3. [すべてのアプリケーション] サブキーをクリックします。

  4. [編集] メニューの [新規] をポイントし、[キー] をクリックします。

  5. 除外するプロトコルの名前を入力します。 たとえば、"Notes:" プロトコルのセキュリティ警告の表示を無効にするには、「Notes:」と入力します。

    メモコロンを含めるようにしてください (:)文字.

  6. Enter キーを押します。

  7. レジストリ エディターを終了します。

引き続き警告メッセージが表示される場合

警告メッセージを無効にしても、Microsoft Windows から警告メッセージが表示されることがあります。 この記事の手順を実行した後も警告メッセージが表示される場合は、次のいずれかの方法を使用して問題を解決します。

注意

方法1は、Windows XP と以前のバージョンの Windows にのみ適用されます。 Windows Vista および Windows の以降のバージョンでは、方法2を使用します。

方法 1: 開こうとしているファイルの種類に対して [ダウンロード後に開くことを確認する] オプションをオフにする

  1. [マイコンピューター] をダブルクリックします。
  2. [ツール] メニューの [フォルダーオプション] をクリックします。
  3. [ファイルの種類] タブで、[登録されているファイルの種類] ボックスで適切なファイル名の拡張子 (たとえば、WMV) を選択し、[詳細設定] をクリックします。
  4. [ダウンロード後に開くことを確認する] チェックボックスをオフにして、[ OK] をクリックします。
  5. [フォルダーオプション] ダイアログボックスで、[閉じる] をクリックします。

方法 2: HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID> \editflags レジストリサブキーを変更する

警告メッセージが複数のコンピューターに影響する場合は、このメソッドを使用します。

警告メッセージを無効にするには、次の手順を実行します。

  1. [スタート]、[実行] の順にクリックし、「regedit」と入力して、[ OK] をクリックします。

  2. 次のレジストリ サブキーを見つけます。

    HKEY_CLASSES_ROOT\<CLSID> \editflags

    たとえば、ファイル名拡張子が WMV の場合は、[HKEY_CLASSES_ROOT \WMVFile\EditFlags] を選択します。

  3. [ EditFlags] をクリックし、[編集] メニューの [名前の変更] をクリックします。

  4. 「OldEditFlags」と入力し、enter キーを押します。

  5. [編集] メニューで [新規] をポイントし、[ DWORD 値] をクリックします。

  6. 「EditFlags」と入力し、enter キーを押します。

  7. [編集] メニューの [変更] をクリックします。

  8. [ DWORD 値の編集] ダイアログボックスで、[ Base] の下の [ 16 進数] をクリックします。

  9. 「1万」と入力し、[ OK] をクリックします。

警告メッセージを再度有効にするには、次の手順を実行します。

  1. [スタート]、[実行] の順にクリックし、「regedit」と入力して、[ OK] をクリックします。

  2. 次のレジストリ サブキーを見つけます。

    HKEY_CLASSES_ROOT\<CLSID> \editflags

  3. [ EditFlags] をクリックし、[編集] メニューの [変更] をクリックします。

  4. 「0」と入力し、[ OK] をクリックします。

注意

これらの手順を実行した後でも、[保護されたビュー] の下にある Office 2010 でファイルを開くと、警告メッセージが表示されます。

問題は修正されましたか?

問題が修正されているかどうかを確認します。 問題が修正された場合は、このセクションの作業は完了です。 問題が修正されていない場合は、 サポートに連絡することができます。