Office Online Server を展開するDeploy Office Online Server

概要: SharePoint Server 2016、Skype for Business Server、および Exchange Server で使用するため、内部設置型 Office Online Server を展開する方法を説明します。Summary: Explains how to deploy Office Online Server on-premises for use by SharePoint Server 2016, Skype for Business Server, and Exchange Server.

対象ユーザー: IT 担当者Audience: IT Professionals

Office Online Serverは Web Apps Server の次のバージョンです。Office Online Server の展開には、前提条件となるソフトウェアのインストールおよびいくつかの Microsoft PowerShell コマンドの実行が含まれますが、全体的にそのプロセスはとても簡単に設計されています。この記事では、サーバーの準備をする手順を追って説明し、社内 Office Online Server ファームを構成するための Microsoft PowerShell コマンドを提供します。Office Online Server is the next version of Office Web Apps Server. Deploying Office Online Server involves installing some prerequisite software and running a few Microsoft PowerShell commands, but overall the process is designed to be pretty straightforward. This article walks you through the procedures to get your servers ready, then gives you the Microsoft PowerShell commands to configure the on-premises Office Online Server farm.

Office Online Server を実行するサーバーの準備Prepare servers to run Office Online Server

Office Online Server を実行するすべてのサーバーでこれらの手順を実行します。このサーバーは、Windows Server 2012 R2 または Windows Server 2016 である必要があります (Windows Server 2016 には 2017 年 4 月以降の Office Online Server が必要であることにご注意ください)。Perform these procedures on all servers that will run Office Online Server. This server must be Windows Server 2012 R2 or Windows Server 2016. (Note that Windows Server 2016 requires Office Online Server April 2017 or later.)

Office Online Server は、既定の設定で構成されたサーバー オペレーティング システム用に設計され、テストされてきました。既定以外の設定で展開する必要がある場合は、既定の設定でインストールとセットアップを開始することをお勧めします。システムが正常に動作していることを確認したら、グループ ポリシー、セキュリティ設定、その他の変更を段階的に追加してテストします。Office Online Server was designed and tested for server operating systems configured with default settings. If you need to deploy with non-default settings, it is recommended to begin installation and setup with the default settings. Once the system is verified as working, then incrementally add and test Group Policies, security settings and other modifications.

手順 1: Office Online Server の前提条件となるソフトウェアをインストールするStep 1: Install prerequisite software for Office Online Server

Office Online Server をインストールするにはTo install Office Online Server

  1. Microsoft PowerShell プロンプトを管理者として開き、このコマンドを実行して必要な役割とサービスをインストールします。Open the Microsoft PowerShell prompt as an administrator and run this command to install the required roles and services.

    Windows Server 2012 R2:Windows Server 2012 R2:


Add-WindowsFeature Web-Server,Web-Mgmt-Tools,Web-Mgmt-Console,Web-WebServer,Web-Common-Http,Web-Default-Doc,Web-Static-Content,Web-Performance,Web-Stat-Compression,Web-Dyn-Compression,Web-Security,Web-Filtering,Web-Windows-Auth,Web-App-Dev,Web-Net-Ext45,Web-Asp-Net45,Web-ISAPI-Ext,Web-ISAPI-Filter,Web-Includes,InkandHandwritingServices,NET-Framework-Features,NET-Framework-Core,NET-HTTP-Activation,NET-Non-HTTP-Activ,NET-WCF-HTTP-Activation45,Windows-Identity-Foundation,Server-Media-Foundation

Windows Server 2016:Windows Server 2016:


Add-WindowsFeature Web-Server,Web-Mgmt-Tools,Web-Mgmt-Console,Web-WebServer,Web-Common-Http,Web-Default-Doc,Web-Static-Content,Web-Performance,Web-Stat-Compression,Web-Dyn-Compression,Web-Security,Web-Filtering,Web-Windows-Auth,Web-App-Dev,Web-Net-Ext45,Web-Asp-Net45,Web-ISAPI-Ext,Web-ISAPI-Filter,Web-Includes,NET-Framework-Features,NET-Framework-45-Features,NET-Framework-Core,NET-Framework-45-Core,NET-HTTP-Activation,NET-Non-HTTP-Activ,NET-WCF-HTTP-Activation45,Windows-Identity-Foundation,Server-Media-Foundation

メッセージが表示されたら、サーバーを再起動します。If prompted, restart the server.

  1. 以下のソフトウェアをインストールします。Install the following software:

手順 2:Office Online Server をインストールするStep 2: Install Office Online Server

次に、Office Online Server をインストールします。Next, we'll install Office Online Server.

外部データアクセス (データ モデル、パワー ピボット、パワー ビューなど) を利用する Excel Online の機能のいずれかを使う場合、Office Online Server はユーザーや Windows ベースの認証を使ってアクセス予定のどの外部データ ソースとも同じ Active Directory フォレストにある必要があります。If you plan to use any Excel Online features that utilize external data access (such as Data Models, Power Pivot, or Power View), note that Office Online Server must reside in the same Active Directory forest as its users as well as any external data sources that you plan to access using Windows-based authentication.

Office Online Server を実行するすべてのサーバーで以下の手順を完了します。Complete these steps on any servers that will run Office Online Server.

Office Online Server をインストールするにはTo install Office Online Server

  1. ボリューム ライセンス サービス センター (VLSC) から Office Online Server をダウンロードします。Office Online Server は、Office のコンポーネントであるため、Office Standard 2016、Office Professional Plus 2016、Office 2015 for Mac Standard などの各製品ページで入手できます。Download Office Online Server from the Volume Licensing Service Center (VLSC). Office Online Server is a component of Office, so it is available under each of the product pages including Office Standard 2016, Office Professional Plus 2016, and Office 2015 for Mac Standard.

  2. Setup.exe を実行します。Run Setup.exe.

  3. [ マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項をお読みください] ページで、[ 「マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項」に同意します] を選択し、[ 続行] を選択します。On the Read the Microsoft Software License Terms page, select I accept the terms of this agreement and click Continue.

  4. [ ファイルの場所を選択してください] ページで、Office Online Server ファイルのインストール先 (たとえば C:\Program Files\Microsoft Office Web Apps など) を選択して、 [ 今すぐインストール] を選択します。指定したフォルダーが存在しない場合は、セットアップによってフォルダーが作成されます。On the Choose a file location page, select the folder where you want the Office Online Server files to be installed (for example, C:\Program Files\Microsoft Office Web Apps) and select Install Now. If the folder you specified doesn't exist, Setup creates it for you.

    Office Online Server は、システム ドライブにインストールすることをお勧めします。We recommend that you install Office Online Server on the system drive.

  5. Office Online Server のインストールが終了したら、[ 閉じる] を選択します。When Setup finishes installing Office Online Server, choose Close.

  6. Kerberos の制限付き委任を Excel Online で使用する場合、 [サービス]Claims to Windows Token Service をこのサーバー上で自動開始するよう設定しますIf you're planning to use Kerberos Constrained Delegation with Excel Online, then, in Services, set the Claims to Windows Token Service to start automatically on this server.

Kerberos の制限付き委任を Excel Online で使用する場合、必ず Office Online Server ファーム内の各サーバーを Active Directory ドメイン サービスの委任一覧に追加してください。If you plan to use Kerberos Constrained Delegation with Excel Online, be sure to add each server in the Office Online Server farm to the Active Directory Domain Services delegation list.

手順 3: Office Online Server の言語パックをインストールするStep 3: Install language packs for Office Online Server

Office Online Server 言語パックにより、ユーザーが Web ベースの Office ファイルを SharePoint ドキュメント ライブラリから開いても Outlook on the web から開いても、複数言語で表示できるようになります。Office Online Server Language Packs let users view web-based Office files in multiple languages, whether they're opened from SharePoint document libraries or Outlook on the web.

言語パックをインストールするには、次の手順を実行します。To install the language packs, follow these steps.

  1. Microsoft ダウンロード センター から Office Online Server 言語パックをダウンロードします。Download the Office Online Server Language Packs from the Microsoft Download Center.

  2. wacserverlanguagepack.exe を実行します。Run wacserverlanguagepack.exe.

  3. Office Online Server の言語パック ウィザードの [マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項をお読みください] ページで、 [マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項」に同意します] を選択し、 [続行] を選択します。In the Office Online Server Language Pack Wizard, on the Read the Microsoft Software License Terms page, select I accept the terms of this agreement and select Continue.

  4. Office Online Server のインストールが終了したら、 [閉じる] を選択します。When Setup finishes installing Office Online Server, choose Close.

言語パックのパッチをあてるには、Office Online 言語パックをインストール後に Office Online 更新プログラムを展開します。To patch language packs, deploy Office Online Updates after installing the Office Online Language Packs.

重要

Office Online Server ファームの作成後に言語パックをインストールするには、サーバーをファームから削除し、サーバーに言語パックをインストールした後、サーバーをファームに追加し直す必要があります。> 正常に動作するには、言語パックをファーム内のすべてのサーバーにインストールする必要があります。To install language packs after the Office Online Server farm is created, you must remove a server from the farm, install the language pack on it, and then add the server back to the farm.> For a language pack to work correctly, you'll need to install it on all servers in the farm.

Office Online Server ファームの展開Deploy the Office Online Server farm

作成したい Office Online Server ファームの種類に基づき、次の 3 つのセクションのうちの 1 つに従ってください。Follow the procedures in one of the following three sections, based on what kind of Office Online Server farm you want to create.

ヒント

Microsoft PowerShell が実行された New-OfficeWebAppsFarm コマンドレットを認識しない場合は、 OfficeWebApps モジュールをインポートする必要があります。次のコマンドを使用してください。> Import-Module -Name OfficeWebAppsIf Microsoft PowerShell doesn't recognize the New-OfficeWebAppsFarm cmdlet when you run it, you may need to import the OfficeWebApps module. Use this command:> Import-Module -Name OfficeWebApps

HTTP を使用する Office Online Server ファームの 1 台のサーバーを展開します。Deploy a single-server Office Online Server farm that uses HTTP

Office Online Server を展開するだけであれば、Office Online Server の機能性をSkype for Business Server 2015に提供する必要はありません。ここでは、HTTP を使用する単一サーバーの Office Online Serverファームをインストールします。証明書やロード バランサーは必要ありませんが、他のサーバー アプリケーションを実行していない専用の物理サーバーまたは仮想マシン インスタンスが必要です。If you're only deploying Office Online Server for testing or internal use, and you don't need to provide Office Online Server functionality to Skype for Business Server 2015, this procedure is for you. Here, you'll install a single-server Office Online Server farm that uses HTTP. You won't need a certificate or load balancer, but you will need a dedicated physical server or virtual machine instance that isn't running any other server application.

この Office Online Server ファームを使用して Office Online の機能性を SharePoint Server 2016 および Exchange Server 2016 に提供することができます。You can use this Office Online Server farm to provide Office Online functionality to SharePoint Server 2016 and Exchange Server 2016.

注意

Office Online Server は OAuth トークンを使用して SharePoint や Exchange Server などの外部サービスと通信するため、環境に関係なく HTTPS (TLS) を使用することをお勧めします。OAuth トークンには、攻撃者によって傍受され再利用される可能性のある情報が含まれています。それにより、攻撃者にはユーザーが Office Online Server に要求したのと同じ権限が付与されます。It is strongly recommended to use HTTPS (TLS) regardless of environment as Office Online Server uses OAuth tokens to communicate with external services, such as SharePoint or Exchange Server. OAuth tokens contain information that can potentially be intercepted and replayed by an attacker, granting the attacker the same rights as the user making the request to Office Online Server.

手順 1: Office Online Server ファームを作成するStep 1: Create the Office Online Server farm

New-OfficeWebAppsFarm コマンドを使用して、次の例のような単一サーバーで構成される新しい Office Online Server ファームを作成します。Use the New-OfficeWebAppsFarm command to create a new Office Online Server farm that consists of a single server, as shown in the following example.

New-OfficeWebAppsFarm -InternalURL "http://servername" -AllowHttp -EditingEnabled

パラメーターParameters

  • -InternalURL は、http://servername などの Office Online Server を実行するサーバーの名前です。-InternalURL is the name of the server that runs Office Online Server, such as http://servername.

  • -AllowHttp は HTTP を使用するファームを構成します。-AllowHttp configures the farm to use HTTP.

  • -EditingEnabled は SharePoint Server 2016 と使用すると Office Online での編集を可能にします。このパラメーターを Skype for Business Server 2015 または Exchange Server で使用することはありません。これらのホストは編集をサポートしていないためです。-EditingEnabled enables editing in Office Online when used with SharePoint Server 2016. This parameter isn't used by Skype for Business Server 2015 or Exchange Server because those hosts don't support editing.

手順 2: Office Online Server ファームが正常に作成されたことを確認するStep 2: Verify that the Office Online Server farm was created successfully

ファームが作成されると、ファームの詳細が Microsoft PowerShell プロンプトに表示されます。Office Online Server が正しくインストールされて構成されたことを確認するには、以下の例のように、Web ブラウザーを使用して Office Online Server の検出 URL にアクセスします。検出 URL は、Office Online Server ファームを構成するときに指定した InternalUrl パラメーターと、その後ろに /hosting/discovery を付けたもので構成されます。例:After the farm is created, details about the farm are displayed in the Microsoft PowerShell prompt. To verify that Office Online Server is installed and configured correctly, use a web browser to access the Office Online Server discovery URL, as shown in the following example. The discovery URL is the InternalUrl parameter you specified when you configured your Office Online Server farm, followed by /hosting/discovery, for example:

http://servername/hosting/discovery

Office Online Server が予期されるとおりに動作する場合は、Web ブラウザーに Web アプリ オープン プラットフォーム インターフェイス (WOPI) の検出 XML ファイルが表示されます。このファイルの先頭部分は以下のようになります。If Office Online Server is working as expected, you should see a Web Application Open Platform Interface Protocol (WOPI)-discovery XML file in your web browser. The first few lines of that file should resemble the following example.

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?>
- <wopi-discovery>
- <net-zone name="internal-http">
- <app name="Excel" favIconUrl="http://servername/x/_layouts/images/FavIcon_Excel.ico" checkLicense="true">
<action name="view" ext="ods" default="true" urlsrc="http://servername/x/_layouts/xlviewerinternal.aspx?<ui=UI_LLCC&amp;><rs=DC_LLCC&amp;>" /> 
<action name="view" ext="xls" default="true" urlsrc="http://servername/x/_layouts/xlviewerinternal.aspx?<ui=UI_LLCC&amp;><rs=DC_LLCC&amp;>" /> 
<action name="view" ext="xlsb" default="true" urlsrc="http://servername/x/_layouts/xlviewerinternal.aspx?<ui=UI_LLCC&amp;><rs=DC_LLCC&amp;>" /> 
<action name="view" ext="xlsm" default="true" urlsrc="http://servername/x/_layouts/xlviewerinternal.aspx?<ui=UI_LLCC&amp;><rs=DC_LLCC&amp;>" /> 

手順 3:Secure Store アクセスの構成 (オプション)Step 3: Configure Secure Store access (optional)

HTTP 環境の SharePoint Server で Secure Store サービスを利用する場合、これを有効にするにはパラメーターの設定が必要です。(Excel Online を使って SharePoint Server で Secure Store をする場合以外は、この手順はスキップできます。)If you're planning to use the Secure Store service in SharePoint Server in an HTTP environment, there's a parameter that you need to set to enable this. (If you're not planning to use Secure Store in SharePoint Server with Excel Online, you can skip this step.)

HTTP パスに保存されたブックや ODC ファイルのデータの更新を Office Online Server が試行する際に、Office Online Server が HTTP 経由での Secure Store 接続を許可するように設定されていない場合、データ更新は失敗します。When Office Online Server attempts to refresh data in a workbook or ODC file that is stored in an HTTP path, that data refresh will fail if you have not configured Office Online Server to allow Secure Store connections over HTTP.

HTTP 経由の Secure Store を設定するには、次の Set-OfficeWebAppsFarm コマンドレットを使用します。Use the Set-OfficeWebAppsFarm cmdlet to configure the Secure Store over HTTP settings:


Set-OfficeWebAppsFarm -AllowHttpSecureStoreConnections:$true

ブックまたは ODC ファイルの内容は HTTP 経由でクリア テキストで送信されることに注意してください。データ接続したブックや ODC ファイルには、データベース接続情報やパスワードが含まれる場合があります。Keep in mind that the contents of the workbook or ODC file will be transmitted in clear text over HTTP. Data connected workbooks and ODC files contain database connection information, and can contain passwords.

手順 4: ホストを構成するStep 4: Configure the host

ファームは、HTTP を介して Office Onlineの機能をホストに提供する準備ができました。ホストの構成方法の詳細については、以下の記事を参照してください。The farm is now ready to provide Office Online functionality to hosts over HTTP. Visit the following articles for more information about how to configure hosts.

HTTPS を使用する Office Online Server ファームの 1 台のサーバーを展開します。Deploy a single-server Office Online Server farm that uses HTTPS

ほとんどの運用環境でのセキュリティ機能には、HTTPS の使用を強く推奨します。また、Office Online Server の機能性を Skype for Business Server 2015 に提供したい場合は、HTTPS が必要となります。これでユーザーは、ブラウザーで PowerPoint ブロードキャストを見ることができます。HTTPS を使用する単一サーバーの Office Online Server ファームのインストール方法をここに示します。サーバーに証明書をインストールしておく必要があります。For most production environments, we strongly recommend the use of HTTPS for its security features. Also, HTTPS is required if you want to provide Office Online Server functionality to Skype for Business Server 2015, which lets users view PowerPoint broadcasts in a browser. Here's how to install a single-server Office Online Server farm that uses HTTPS. You'll need to install a certificate on the server.

この Office Online Serverファームを使用すると、Office Online の機能性をSharePoint Server 2016、Skype for Business Server 2015、および Exchange Server 2016 に提供できます。This Office Online Server farm will provide Office Online functionality to SharePoint Server 2016, Skype for Business Server 2015, and Exchange Server 2016.

手順 1: Office Online Server ファームを作成するStep 1: Create the Office Online Server farm

New-OfficeWebAppsFarm コマンドを使用して、次の例のような単一サーバーで構成される新しい Office Online Server ファームを作成します。Use the New-OfficeWebAppsFarm command to create a new Office Online Server farm that consists of a single server, as shown in the following example.

New-OfficeWebAppsFarm -InternalUrl "https://server.contoso.com" -ExternalUrl "https://wacweb01.contoso.com" -CertificateName "OfficeWebApps Certificate" -EditingEnabled

パラメーターParameters

  • -InternalURL は、http://servername.contoso.com などの Office Online Server を実行するサーバーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) です。-InternalURL is the fully qualified domain name (FQDN) of the server that runs Office Online Server, such as http://servername.contoso.com.

  • -ExternalURL は、インターネット上でアクセス可能な FQDN です。-ExternalURL is the FQDN that can be accessed on the Internet.

  • -CertificateName は、証明書のフレンドリ名です。-CertificateName is the friendly name of the certificate.

  • -EditingEnabled はオプションのパラメーターで、SharePoint Server 2016と組み合わせて使用したときにOffice Online で編集を有効にします。このパラメーターを Skype for Business Server 2015 や Exchange Server で使用することはありません。これらのホストは編集をサポートしていないためです。-EditingEnabled is optional and enables editing in Office Online when used with SharePoint Server 2016. This parameter isn't used by Skype for Business Server 2015 or Exchange Server because those hosts don't support editing.

手順 2: Office Online Server ファームが正常に作成されたことを確認するStep 2: Verify that the Office Online Server farm was created successfully

ファームが作成されると、ファームの詳細が Microsoft PowerShell プロンプトに表示されます。Office Online Server が正しくインストールされて構成されたことを確認するには、以下の例のように、Web ブラウザーを使用して Office Online Server の検出 URL にアクセスします。検出 URL は、Office Online Server ファームを構成するときに指定した InternalUrl パラメーターと、その後ろに /hosting/discovery を付けたもので構成されます。例:After the farm is created, details about the farm are displayed in the Microsoft PowerShell prompt. To verify that Office Online Server is installed and configured correctly, use a web browser to access the Office Online Server discovery URL, as shown in the following example. The discovery URL is the InternalUrl parameter you specified when you configured your Office Online Server farm, followed by /hosting/discovery, for example:

https://server.contoso.com/hosting/discovery

Office Online Serverが予期されるとおりに動作する場合は、Web ブラウザーに Web アプリ オープン プラットフォーム インターフェイス (WOPI) の検出 XML ファイルが表示されます。このファイルの先頭部分は以下のようになります。If Office Online Server works as expected, you should see a Web Application Open Platform Interface Protocol (WOPI)-discovery XML file in your web browser. The first few lines of that file should resemble the following example:

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<wopi-discovery><net-zone 
name="internal-https"><app name="Excel" checkLicense="true" 
favIconUrl="https://wac.contoso.com/x/_layouts/images/FavIcon_Excel.ico"><action 
name="view" 
urlsrc="https://wac.contoso.com/x/_layouts/xlviewerinternal.aspx?<ui=UI_LLCC&amp;><rs=DC_LLCC&amp;>" 
default="true" ext="ods"/><action name="view" 
urlsrc="https://wac.contoso.com/x/_layouts/xlviewerinternal.aspx?<ui=UI_LLCC&amp;><rs=DC_LLCC&amp;>" 
default="true" ext="xls"/><action name="view"
 

注意

Web ブラウザーの設定によって設定によっては、検出 XML ファイルのコンテンツが表示される前に、 すべてのコンテンツを表示 を選択することを求めるメッセージが表示されることがあります。Depending on the security settings of your web browser, you might see a message that prompts you to select Show all content before the contents of the discovery XML file are displayed.

手順 3: ホストを構成するStep 3: Configure the host

ファームは、HTTPS を介して Office Onlineの機能をホストに提供する準備ができました。ホストの構成方法の詳細については、以下の記事を参照してください。The farm is now ready to provide Office Online functionality to hosts over HTTPS. Visit the following articles for more information about how to configure hosts.

HTTPS を使用する負荷分散された複数サーバー Office Online Server ファームの展開Deploy a multi-server, load-balanced Office Online Server farm that uses HTTPS

Office Online Server ファームに多数のトラフィックを見込み、内部ネットワークだけではなくインターネット上でも利用できるようにしたい場合、このタイプのトポロジーがぴったりです。このセクションは、複数のサーバー ロード バランサーを HTTPS を使用する Office Online Server ファームをインストールする方法を示しています。If you anticipate lots of traffic to your Office Online Server farm, and you want it to be available over the Internet as well as on your internal network, this type of topology is the way to go. This section shows how to install a multi-server Office Online Server farm that uses a load balancer and HTTPS.

作業を開始する前に、ロード バランサーが構成されていることを確認します。また、ロード バランサーの証明書をインストールする必要があります。この Office Online Server ファームを使用すると、Office Online の機能性を SharePoint Server 2016、Skype for Business Server 2015、および Exchange Server 2016 に提供できます。Before you begin, make sure your load balancer is configured. Also, you'll need to install a certificate on the load balancer. This Office Online Server farm will provide Office Online functionality to SharePoint Server 2016, Skype for Business Server 2015, and Exchange Server 2016.

手順 1: 最初のサーバーで Office Online Server ファームを作成するStep 1: Create the Office Online Server farm on the first server

New-OfficeWebAppsFarm コマンドを使用して、次の例のような最初のサーバーで新しい Office Online Server ファームを作成します。Use the New-OfficeWebAppsFarm command to create a new Office Online Server farm on the first server, as shown in the following example.


New-OfficeWebAppsFarm -InternalUrl "https://server.contoso.com" -ExternalUrl "https://wacweb01.contoso.com" -SSLOffloaded -EditingEnabled

パラメーターParameters

  • -InternalURL は、http://servername.contoso.com などの Office Online Server を実行するサーバーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) です。-InternalURL is the fully qualified domain name (FQDN) of the server that runs Office Online Server, such as http://servername.contoso.com.

  • -ExternalURL は、インターネット上でアクセス可能な FQDN 名です。-ExternalURL is the FQDN name that can be accessed on the Internet.

  • -SSLOffloaded をロード バランサーの SSL ターミネーションのオフロードを有効にします。-SSLOffloaded enables offloading SSL termination to the load balancer.

  • -EditingEnabled はオプションのパラメーターで、SharePoint Server 2016と組み合わせて使用したときにOffice Online で編集を有効にします。このパラメーターを Skype for Business Server 2015 や Exchange Server で使用することはありません。これらのホストは編集をサポートしていない為です。-EditingEnabled is optional and enables editing in Office Online when used with SharePoint Server 2016. This parameter isn't used by Skype for Business Server 2015 or Exchange Server because those hosts don't support editing.

手順 2: ファームにサーバーを追加するStep 2: Add more servers to the farm

最初のサーバーが Office Online Server を実行し始めたら、Office Online Server ファームに追加する各サーバーで New-OfficeWebAppsMachine コマンドを実行します。 -MachineToJoinパラメーターで、 Office Online Server ファームに既に存在するサーバーのコンピューター名を使用してください。たとえば、server1.contoso.com がファーム内に既にある場合は、次のように使用します。After the first server is running Office Online Server, run the New-OfficeWebAppsMachine command on each server you want to add to the Office Online Server farm. For the -MachineToJoin parameter, use the computer name of a server that's already in the Office Online Server farm. For example, if server1.contoso.com is already in the farm, use the following:

New-OfficeWebAppsMachine -MachineToJoin "server1.contoso.com"

手順 3: Office Online Server ファームが正常に作成されたことを確認するStep 3: Verify that the Office Online Server farm was created successfully

ファームが作成されると、ファームの詳細が Microsoft PowerShell プロンプトに表示されます。Office Online Server が正しくインストールされて構成されたことを確認するには、以下の例のように、Web ブラウザーを使用して Office Online Server の検出 URL にアクセスします。検出 URL は、Office Online Server ファームを構成するときに指定した InternalUrl パラメーターと、その後ろに /hosting/discovery を付けたもので構成されます。例:After the farm is created, details about the farm are displayed in the Microsoft PowerShell prompt. To verify that Office Online Server is installed and configured correctly, use a web browser to access the Office Online Server discovery URL, as shown in the following example. The discovery URL is the InternalUrl parameter you specified when you configured your Office Online Server farm, followed by /hosting/discovery. For example:

https://server.contoso.com/hosting/discovery

Office Online Server が予期されるとおりに動作する場合は、Web ブラウザーに Web アプリ オープン プラットフォーム インターフェイス (WOPI) の検出 XML ファイルが表示されます。このファイルの先頭部分は以下のようになります。If Office Online Server works as expected, you should see a Web Application Open Platform Interface Protocol (WOPI)-discovery XML file in your web browser. The first few lines of that file should resemble the following example:

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<wopi-discovery><net-zone name="internal-https"><app name="Excel" checkLicense="true" favIconUrl="https://officewebapps.contoso.com/x/_layouts/images/FavIcon_Excel.ico"><action name="view" urlsrc="https://officewebapps.contoso.com/x/_layouts/xlviewerinternal.aspx?<ui=UI_LLCC&amp;><rs=DC_LLCC&amp;>" default="true" ext="ods"/><action name="view" urlsrc="https://officewebapps.contoso.com/x/_layouts/xlviewerinternal.aspx?<ui=UI_LLCC&amp;><rs=DC_LLCC&amp;>" default="true" ext="xls"/><action name="view" urlsrc="https://officewebapps.contoso.com/x/_layouts/xlviewerinternal.aspx?<ui=UI_LLCC&amp;><rs=DC_LLCC&amp;>" default="true" ext="xlsb"/> 

注意

Web ブラウザーの設定によっては、検出 XML ファイルのコンテンツが表示される前に、[ すべてのコンテンツを表示] を選択することを求めるメッセージが表示されることがあります。Depending on the security settings of your web browser, you might see a message that prompts you to select Show all content before the contents of the discovery XML file are displayed.

手順 4: ホストを構成するStep 4: Configure the host

ファームは、HTTPS を介して Office Onlineの機能をホストに提供する準備ができました。ホストの構成方法の詳細については、以下の記事を参照してください。The farm is now ready to provide Office Online functionality to hosts over HTTPS. Visit the following articles for more information about how to configure hosts.

「500 Web サービスの例外」または 「500.21 - 内部サーバー エラー」メッセージが表示される場合If you see "500 Web Service Exceptions" or "500.21 - Internal Server Error" messages

NET Framework 4.6 の機能がインストールされてから削除された場合は、OfficeWebApps コマンドレットを実行したときに "500 Web サービス例外" または "500.21 - 内部サーバー エラー" のメッセージが表示される場合があります。これを修正するには、管理者特権でのコマンド プロンプトから以下のサンプル コマンドを実行して Office Online Server の正常な動作を妨げる可能性がある設定をクリーンアップします。If features of the .NET Framework 4.6 were installed and then removed, you might see "500 Web Service Exceptions" or "500.21 - Internal Server Error" messages when you run OfficeWebApps cmdlets. To fix this, run the following sample commands from an elevated command prompt to clean up settings that could prevent Office Online Server from functioning correctly:

Windows Server 2012 R2 または Windows Server 2016 の場合For Windows Server 2012 R2 or Windows Server 2016


Add-WindowsFeature NET-Framework-45-Core, NET-Framework-45-ASPNET, Web-Asp-Net45

関連項目See also

Office Online Server へのソフトウェアの更新プログラムの適用Apply software updates to Office Online Server

Office Online Server のリリース スケジュールOffice Online Server release schedule

[Office Online Server を計画する](https://docs.microsoft.com/ja-JP/officeonlineserver/plan-office-online-server)[Plan Office Online Server](https://docs.microsoft.com/en-us/officeonlineserver/plan-office-online-server)