B2B 同期B2B Sync

OneDrive の同期アプリを使用すると、他の組織から共有されている Microsoft SharePoint または Microsoft OneDrive のライブラリまたはフォルダーを同期することができるようになります。The OneDrive sync app now lets users sync libraries or folders in Microsoft SharePoint or Microsoft OneDrive that have been shared from other organizations. このシナリオは、多くの場合、企業間 (B2B) コラボレーションと呼ばれます。This scenario is often referred to as Business-to-Business (B2B) Collaboration. OneDrive 同期アプリ "B2B Sync" で、この新機能を呼び出しています。We're calling this new feature in the OneDrive sync app "B2B Sync".

Azure Active Directory (AAD) ゲストアカウントは、B2B コラボレーションを可能にするうえで重要な役割を果たします。Azure Active Directory (AAD) guest accounts play a key role in making B2B Collaboration possible. ある組織のゲストアカウントが、別の組織のメンバーアカウントにリンクされている。A guest account at one organization links to a member account at another organization. ゲストアカウントを作成すると、OneDrive や SharePoint などの Microsoft 365 サービスは、組織内のメンバーがアクセス許可を付与されたのと同じ方法で、サイトおよびフォルダーに対するゲストアクセス許可を付与することができます。Once created, a guest account allows Microsoft 365 services like OneDrive and SharePoint to grant a guest permission to sites and folders the same way a member within the organization is granted permission. 2つの組織のアカウントはリンクされているため、ユーザーは組織のアカウントのユーザー名とパスワードを覚えておく必要があります。Since the accounts at two organizations are linked, the user only needs to remember the username and password for the account at their organization. その結果、自分の組織のコンテンツと、そのアカウントに対してゲストアカウントを作成した他の組織から、自分の組織からのコンテンツにアクセスできるようになります。As a result, a single sign in to their account enables access to content from their own organization and from any other organization that have created guest accounts for them.

重要

SharePoint と OneDrive の統合 AD B2B プレビューにサインアップして、共有の受信者に必要な Azure ad ゲストアカウントが組織のディレクトリに作成されるようにすることをお勧めします。We recommend that you sign up for the SharePoint and OneDrive integration with Azure AD B2B Preview to help ensure that the required Azure AD guest account for the share recipient is created in your organization's directory.

B2B 同期の要件B2B Sync requirements

組織外のユーザーが共有ライブラリとフォルダーを同期する場合:For people outside your organization to sync shared libraries and folders:

  • 組織に対して外部共有を有効にする必要があります。External sharing must be enabled for your organization.
  • サイトまたは OneDrive では、外部共有を有効にする必要があります。External sharing must be enabled for the site or OneDrive.
  • コンテンツは、サイトまたはフォルダーのレベルで、組織外のユーザーと共有する必要があります。The content must be shared with people outside the organization at the site or folder level. フォルダーが共有されている場合は、サインインが必要なリンクを使用する必要があります。If a folder is shared, it must be through a link that requires sign-in.
  • 共有の受信者は、Microsoft 365 の職場または学校のアカウント (Azure AD 内) を持っている必要があります。Sharing recipients must have a Microsoft 365 work or school account (in Azure AD).
  • ビルドを19.086 より前に使用している場合は、ADAL を有効にしないでください。ADAL must not be enabled if using builds before 19.086.*.

この記事では、B2B 同期の概要を示し、これらの要件について詳しく説明します。This article gives an overview of the B2B Sync experience and describes these requirements in more detail.

このリリースの既知の問題Known issues with this release

  • Mac では、オンデマンドのサムネイルは、外部組織のサイトからは表示されません。On the Mac, Files On-Demand thumbnails will not display from external organization's sites. ユーザー自身の組織のファイルに対して、サムネイルが正しく表示されます。Thumbnails will display correctly for files from the user's own organization.
  • Mac で、ゲストアカウントが同期アプリで使用しているフォームとは別の電子メールアドレスの形式で作成されている場合、外部サイトのコンテンツを同期することはできません。On the Mac, if the guest account was created with a different email address format than the form they are using with the sync app, the external site's content cannot be synced. たとえば、first.last@fabrikam.com vs alias@fabrikam.com のようになります。For example, first.last@fabrikam.com vs alias@fabrikam.com.
  • Mac では、外部コンテンツは、外部組織の名前ではなく、ユーザー自身の組織のフォルダーに配置される場合があります。On the Mac, the external content may be placed on the local computer in the user's own organization's folder instead of one with the external organization's name.
  • 外部組織からの多要素認証はまだサポートされていません。Multi-Factor Authentication from an external organization is not yet supported. MFA を必要としないゲストアカウントのみが同期されます。Only guest accounts that don't require MFA will sync.

B2B 同期環境の概要Overview of the B2B Sync experience

「Contoso」のユーザーがサイトまたはフォルダーを "Fabrikam" で共有した後の処理の例を次に示します。Here's an example of what happens after someone at "Contoso" shares a site or folder with someone at "Fabrikam":

  1. Fabrikam の受信者は、次のような電子メールを受信します。The Fabrikam recipient receives an email like the following.

    共有への招待の電子メール

  2. 受信者が電子メール内のリンクをクリックして共有アイテムに移動した場合は、[組織アカウント] をクリックして、Fabrikam アカウントでサインインする必要があります。When the recipient clicks the link in the email to go to the shared item, they need to click "Organizational account" to sign in with their Fabrikam account. このようにすると、これにより、Azure AD に Contoso ゲストアカウントが作成されます。Behind the scenes, this creates the Contoso guest account in Azure AD.

    招待の承諾

  3. 受信者は、Fabrikam のユーザー名またはパスワードを入力する必要があり、その後、共有アイテムを表示することができます。The recipient may need to enter their Fabrikam username or password, and then they can view the shared item. 共有されているものをすべて同期する必要がない場合は、同期するライブラリまたはフォルダーを参照できます。同期を設定するには、[同期] ボタンをクリックする必要があります。If they don't want to sync everything that was shared, they can browse to the library or folder they want to sync. To set up syncing, they need to click the Sync button.

    SharePoint ドキュメントライブラリの [同期] ボタン

  4. ゲストのブラウザーでは、"Microsoft OneDrive" を開くかどうかを確認するメッセージが表示されます。これを許可する必要があります。The guest's browser will display up a message asking if they want to open "Microsoft OneDrive," and they will need to allow this.

  5. ゲストが自分の Fabrikam アカウントで同期アプリを初めて使用した場合は、サインインする必要があります。If this is the first time the guest has used the sync app with their Fabrikam account, they'll need to sign in. 電子メールアドレスは、前の手順で使用した Fabrikam アカウントに自動的に設定されます。The email address will be automatically set to the Fabrikam account used in the previous steps. ゲストは、[サインイン] を選択する必要があります。The guest needs to select "Sign in."

  6. 同じアカウントを使用して Windows にサインインしている場合は、ユーザーが Fabrikam のパスワードを入力せずに同期アプリにサインインできる可能性があります。The guest might be able to sign in to the sync app without entering their Fabrikam password if they're signed in to Windows with the same account. それ以外の場合は、パスワードを入力する必要があります。Otherwise they'll need to enter their password.

  7. ゲストは、自分のコンピューター上の共有アイテムを同期する場所を確認します。The guest will confirm where they want to sync the shared item on their computer.

    注意

    コンテンツは、名前に組織の名前が含まれるフォルダー (この例では "SharePoint-Contoso") に配置されます。The content is placed in a folder whose name includes the name of the organization ("SharePoint - Contoso" in this example). ユーザーが Fabrikam からも SharePoint コンテンツを同期している場合は、"SharePoint-Fabrikam" フォルダーもあります。If the user is syncing SharePoint content from Fabrikam as well, they'll also have a "SharePoint - Fabrikam" folder.

  8. ゲストは、OneDrive 同期アプリのセットアップウィザードを続行します。The guest will continue through the OneDrive sync app setup wizard.

  9. ウィザードを閉じると、サイトが同期を開始します。After closing the wizard, the site will begin syncing. 通知領域の青い雲アイコンをクリックすると、OneDrive sync アクティビティセンターが開き、ファイルの同期を確認することができます。また、ファイルを含むローカルフォルダーを開いたり、web ブラウザーで SharePoint サイトを開いたりすることができます。The user can click the blue cloud icon in the notification area to open the OneDrive sync activity center and see the files syncing, open the local folder with the files, or open the SharePoint site in a web browser.

組織の外部共有を有効にするEnable external sharing for your organization

組織内のユーザーが他の組織のパートナーと共有できるようにするには、組織レベルで外部共有を有効にする必要があります。In order for users at your organization to be able to share with their partners at other organizations, external sharing must be enabled at the organization level. これを行うには、Microsoft 365 でグローバルまたは SharePoint 管理者である必要があります。To do this, you must be a global or SharePoint admin in Microsoft 365. 組織レベルで外部共有を有効にした後は、サイトごとに it サイトを制限することができます。After you enable external sharing at the organization level, you can restrict it site by site. サイトの設定は、組織の設定と同じにすることも、制限することもできます。A site's settings can be the same as the organization setting, or more restrictive, but not more permissive.

組織レベルでの共有設定は、3つの異なる場所 (すべての3つのコントロールが同じ) で変更できます。You can change your organization-level sharing settings in three different places (all three control the same thing):

  • Microsoft 365 管理センターで、[設定サービス] [アドインサイト] の下に > & > あります。In the Microsoft 365 admin center, under Settings > Services & add-ins > Sites. 詳細については、「組織レベルの外部共有設定を変更する」を参照してください。For more info, see Change the organization-level external sharing setting
  • OneDrive 管理センターの [共有] ページOn the Sharing page in the OneDrive admin center
  • 従来の SharePoint 管理センターのの [共有] ページで、詳細オプションを指定することもできます。On the sharing page in the in the classic SharePoint admin center, where you can also specify detailed options. 詳細については、「その他の設定」を参照してください。For more info, see Additional settings.

重要

"すべての" リンク ("匿名アクセス" または "共有可能" と呼ばれることもあります) を許可した場合、これらのリンクはゲストアカウントを作成しないため、外部共有の受信者は、そのリンクの種類を受信するときに B2B 同期を利用できなくなります。If you allow "Anyone" links (sometimes referred to as "anonymous access" or "shareable"), these links do not create guest accounts and therefore the external share recipient will not be able to leverage B2B Sync when receiving that link type.

詳細については、「外部共有の概要」を参照してください。For more info, see External sharing overview.

外部共有を制御するControl external sharing

ユーザーが組織内のコンテンツを外部で共有できるようにする場合は、Microsoft 365 のいくつかの機能を使用して、コンテンツにアクセスできるユーザーを管理することができます。When you allow users to share content from your organization externally, you can use several features in Microsoft 365 to manage who has access to the content. 管理者とサイト所有者は、アクセス許可を確認し、サイトへのアクセスを監査できます。Admins and site owners can review permissions and audit access to sites. 詳細については、「外部ユーザーと共有されているサイトコンテンツを検索する」および「外部共有通知を有効にする」を参照してください。For info, see Searching for site content shared with external users and Turn on external sharing notifications. 特定のインターネットドメインのみを使用して外部共有を有効にしたり、特定のドメインをブロックしたりすることができます。You can enable external sharing with only specific internet domains, or you can block specific domains. 詳細については、「制限付きドメイン共有」を参照してください。For info, see Restricted domains sharing. 特定のセキュリティグループのメンバーのみに外部共有を許可することもできます。You can also allow only members of specific security groups to share externally. 詳細については、「外部共有を有効または無効にする」を参照してください。For info, see Turn external sharing on or off.

外部で共有する作業単位ごとに、独立したサイト (サブサイトではなくサイトコレクション) を作成することをお勧めします。We recommend creating separate sites (site collections, not subsites) for each unit of work that you want to share externally. このようにすると、外部ユーザーがアクセスできることを示すようにサイトに明確に注釈を付けることができ、情報の過失による開示を回避できます。This way, you can clearly annotate the sites to indicate that external users have access, and avoid unintentional disclosure of information. 個人ユーザーが OneDrive からコンテンツを共有している場合は、異なるプロジェクトまたはグループ作業グループに対して個別のフォルダーを作成することをお勧めします。For individual users sharing content from their OneDrive, we recommend creating separate folders for different projects or collaboration groups.サイトまたはフォルダーへのゲストのアクセス許可を削除したり、ゲストアカウントを削除して、組織のすべてのコンテンツからアクセス許可を削除したりすることができます。You can remove a guest's permission to a site or folder, or you can delete the guest account to remove their permission from all of your organization's content.

重要

同期されたコンテンツは、アクセス許可が削除された後も、ユーザーのコンピューター上に残ります。Any synced content will remain on the user's computer after permissions have been removed.

サイトの外部共有を有効にするEnable external sharing for a site

任意のサイトの共有設定を表示または変更するには、新しい SharePoint 管理センターを使用します。To view or change the sharing setting for any site, use the new SharePoint admin center.

  1. 新しい SharePoint 管理センターの [アクティブなサイト] ページに移動し、組織の管理者権限が付与されているアカウントでサインインします。Go to the Active sites page of the new SharePoint admin center, and sign in with an account that has admin permissions for your organization.

    注意

    Office 365 Germany を使用している場合は、Microsoft 365 管理センターにサインインし、次に SharePoint 管理センターに移動して [アクティブなサイト] ページを開きます。 If you have Office 365 Germany, sign in to the Microsoft 365 admin center, then browse to the SharePoint admin center and open the Active sites page.
    21Vianet (中国) によって運用されている Office 365 を使用している場合は、Microsoft 365 管理センターにサインインし、次に SharePoint 管理センターに移動して [アクティブなサイト] ページを開きます。If you have Office 365 operated by 21Vianet (China), sign in to the Microsoft 365 admin center, then browse to the SharePoint admin center and open the Active sites page.

  2. 必要に応じてビューをカスタマイズして、[外部共有] 列を表示します。Customize the view as necessary to see the External sharing column.

  3. 必要な場合は、サイトの外部共有設定を変更します。If you need to, change the external sharing setting for a site.

共有の方法Methods of sharing

サイトとフォルダーは、SharePoint と OneDrive では、さまざまな方法で共有できます。Sites and folders can be shared in different ways in SharePoint and OneDrive:

  • ユーザーがフォルダーを同期している場合は、そのフォルダーをファイルエクスプローラーで右クリックして共有できます。If users are syncing a folder, they can right-click it in File Explorer to share it.
  • ユーザーは、web 上の SharePoint サイトまたはフォルダーに移動し、[共有] ボタンをクリックして共有することができます。Users can go to the SharePoint site or folder on the web and click the Share button to share the it.
  • ユーザーは、SharePoint および OneDrive モバイルアプリのサイトとフォルダーを共有できます。Users can share sites and folders in the SharePoint and OneDrive mobile apps.
  • 管理者はゲストアカウントを作成し、管理センターまたは PowerShell を使用してそれらをサイトに追加できます。Admins can create guest accounts and use the admin center or PowerShell to add them to sites.

注意

これらのメソッドの詳細については、「サイトを共有する方法」および「フォルダーを共有する方法」を参照してください。For more info about these methods, see Learn how to share a site and Learn how to share a folder.

B2B 同期では、これらの共有のすべての方法が使用されます。B2B Sync works with all these methods of sharing. 次の要件のみがあります。It has only the following requirements:

  • ゲストが共有コンテンツを同期するには、コンテンツがサイトまたはフォルダーのレベルで共有されている必要があります。For guests to sync shared content, the content must be shared at the site or folder level. ゲストは、個別に共有されているファイルを同期することはできません (Office アプリからの場合など)。Guests can't sync files that are shared individually (for example, from the Office apps).
  • B2B 同期は、組織内でゲストアカウントが作成されている場合と、受信者が Azure AD アカウントを持っている場合にのみ機能します。B2B sync works only when guest accounts are created in the organization, and when the recipient has an Azure AD account. ユーザーが共有している場合は、[すべてのリンク (匿名アクセス] リンクまたは [共有可能] リンク) を作成するか、Microsoft アカウントまたはその他の個人アカウントを持つユーザーと共有する場合には機能しません。It doesn't work when users share by creating an Anyone link (also known as "anonymous access" link or "shareable" link), or when they share with people who have a Microsoft account or other personal account.

ゲストを SharePoint サイトに追加するAdd guests to SharePoint sites

Microsoft 365 の管理者として、 AZURE AD 管理センターでゲストを個別に作成し、それらを SharePoint チームサイトに個別に追加するか、または共有するサイトに対するアクセス許可を既に持っているセキュリティグループに追加することで、組織外のユーザーと共有できます。As an admin in Microsoft 365, you can share with people outside the organization by creating guests individually in the Azure AD admin center, and then adding them to a SharePoint team site individually or by adding them to a security group that already has permissions to the site you want to share. [詳細なアクセス許可] ページ ([共有サイト] ボタンを使用せずに) を使用してアクセス許可を付与する場合は、そのサイトへのアクセス許可を付与したことをゲストに通知する必要があります。If you grant permissions by using the advanced permissions page (instead of by using the Share site button), you'll need to inform the guest that you've given them permission to the site. 招待メールは受信しません。They won't receive an invitation email.

重要

[高度なアクセス許可] ページを使用する場合は、ドキュメントライブラリまたはフォルダーレベルではなく、サイトレベルでアクセス許可を付与することをお勧めします。If you use the advanced permissions page, we recommend granting permissions at the site level, not at the document library or folder level.

PowerShell を使用してゲストアカウントを一括作成し、SharePoint グループに追加するUse PowerShell to bulk create guest accounts and add them to a SharePoint group

多数のゲストアカウントに対してアクセス許可を作成して付与する必要がある場合は、次の PowerShell スクリプトを使用できます。これにより、ゲストアカウントが作成され、サイトに対するアクセス許可が付与されます。If you need to create and grant permissions to many guest accounts, you can use the following PowerShell script, which creates guest accounts and grants them permissions to a site. このスクリプトは、CSV (コンマ区切り値) ファイルを入力として受け取ります。これには、ユーザーの表示名と電子メールアドレスの一覧が含まれています。The script takes a CSV (comma separated value) file as input, which contains a list of user display names and email addresses. 名前と電子メールアドレスごとに、ゲストアカウントが作成され、そのアカウントがセキュリティグループに追加されて、アクセス許可が付与されます。For each name and email address, a guest account is created and that account is added to a security group to grant it permission. このスクリプトは、結果の出力 CSV を以降の実行時にスクリプトに入力としてフィードできるように設計されています。The script is designed so that you can feed the resulting output CSV as input to the script on a subsequent run. これにより、CSV ファイルにさらにユーザーを追加したり、失敗したアカウントの作成を再試行したりできます。This lets you add more users to your CSV file or retry creating any failed account.

ユーザーが Azure AD グループに追加されると、グループに対して歓迎される電子メールを受信する必要があります。As users are added to the Azure AD Group, they should receive an email welcoming them to the group. スクリプトを実行した後、ユーザーにアクセス許可を付与した SharePoint サイトへの直接リンクを使用して、ユーザーにメールを送信する必要があります。After running the script, you'll need to email the users with a direct link to the SharePoint site you gave them permissions to. ユーザーがリンクをクリックすると、次の UI が表示され、招待の条項に同意したことになります。When they click the link, they'll be presented with the below UI to accept the terms of the invitation. 承諾すると、それらのユーザーが共有しているサイトに移動します。Once they accept, they will be taken to the site you shared with them. その時点で、[同期] ボタンをクリックすると、サイトファイルの PC または Mac への同期を開始できます。At that point they can click the Sync button to begin syncing the sites files to their PC or Mac.

共有への招待の承諾


# first line of InviteGuests.ps1 PowerShell script
# requires latest AzureADPreview
# Get-Module -ListAvailable AzureAD*
# Uninstall-Module AzureAD
# Uninstall-Module AzureADPreview
# Install-Module AzureADPreview
 
 
# customizable properties for this script
 
$csvDir = ''
$csvInput = $csvDir + 'BulkInvite.csv'
$csvOutput = $csvDir + 'BulkInviteResults.csv'
 
$domain = 'YourTenantOrganization.onmicrosoft.com'
$admin = "admin@$domain"
$redirectUrl = 'https://YourTenantOrganization.sharepoint.com/sites/SiteName/'
$groupName = 'SiteName'
 
 
# CSV file expected format (with the header row):
# Name,Email
# Jane Doe,jane@contoso.com
 
$csv = import-csv $csvInput
 
# will prompt for credentials for the tenantorganization admin account
# (who has permissions to send invites and add to groups)
Connect-AzureAD -TenantDomain $domain -AccountId $admin
 
$group = (Get-AzureADGroup -SearchString $groupName)
 
foreach ($row in $csv)
{
    Try
    {
        if ((Get-Member -inputobject $row -name 'error') -and `
            ($row.error -eq 'success'))
        {
            $out = $row  #nothing to do, user already invited and added to group
        }
        else
        {
            echo ("name='$($row.Name)' email='$($row.Email)'")
 
            $inv = (New-AzureADMSInvitation -InvitedUserEmailAddress $row.Email -InvitedUserDisplayName $row.Name `
                        -InviteRedirectUrl $redirectUrl -SendInvitationMessage $false)
 
            $out = $row
            $out|Add-Member -MemberType ScriptProperty -force -name 'time' -Value {$(Get-Date -Format u)}
            $out|Add-Member -MemberType ScriptProperty -force -name 'status' -Value {$inv.Status}
            $out|Add-Member -MemberType ScriptProperty -force -name 'userId' -Value {$inv.InvitedUser.Id}
            $out|Add-Member -MemberType ScriptProperty -force -name 'redeemUrl' -Value {$inv.inviteRedeemUrl}
            $out|Add-Member -MemberType ScriptProperty -force -name 'inviteId' -Value {$inv.Id}
 
            # this will send a welcome to the group email
            Add-AzureADGroupMember -ObjectId $group.ObjectId -RefObjectId $inv.InvitedUser.Id
 
            $out|Add-Member -MemberType ScriptProperty -force -name 'error' -Value {'success'}
        }
    }
    Catch
    {
        $err = $PSItem.Exception.Message
        $out|Add-Member -MemberType ScriptProperty -force -name 'error' -Value {$err}
    }
    Finally
    {
        $out | export-csv -Path $csvOutput -Append
    }
}
 
# for more information please see
# https://docs.microsoft.com/azure/active-directory/b2b/b2b-tutorial-bulk-invite
# end of InviteGuests.ps1 powershell script

詳細については、以下を参照してください。For more info, see:

ゲストが共有コンテンツへのアクセスを失った場合When a guest loses access to shared content

ユーザーのゲストアカウントが削除された場合、または共有コンテンツへのアクセス許可が削除された場合、同期アプリによってエラーが表示されます。If a person's guest account is deleted or their permission to shared content is removed, the sync app will display an error.

  • ライブラリを同期できないことを示す通知が表示されます。A notification will appear indicating that the library can't be synced.

    ドキュメントライブラリの通知を同期できません

  • 通知領域の OneDrive アイコンにエラーが表示されます。The OneDrive icon in the notification area will show an error.

    OneDrive 同期エラーアイコン

    ゲストがアイコンをクリックすると、アクティビティセンターにエラーバナーが表示されます。When the guest clicks the icon, they will see an error banner in the activity center.

    OneDrive では、要注意のメッセージ  要求アクセスまたはライブラリの同期の停止が必要OneDrive needs your attention message Request access or stop syncing library

B2B 同期を防止するポリシー設定Policy Setting to Prevent B2B Sync

OneDrive sync アプリの B2B 同期機能を使用すると、組織のユーザーは、他の組織から共有されているコンテンツを同期することができます。The B2B Sync feature of the OneDrive sync app allows users at an organization to sync content shared with them from another organization. 組織のユーザーが B2B 同期を使用できないようにする場合は、ユーザーの Windows PC または Mac で外部同期をブロックするポリシー値を設定することができます。If you wish to prevent users at your organization from being able to use B2B Sync, you may set a policy value on your users' Windows PC or Mac to block external sync.

組織内のユーザーが B2B 同期機能を使用できないようにする場合にのみ、これらの操作を行う必要があります (他の組織との間でライブラリやフォルダーが同期されないようにするため)。You only need to take these actions if you wish to prevent users at your organization from using the B2B Sync feature (to prevent syncing libraries and folders shared from other organizations).

新しい BlockExternalSync 設定については、「adml」と「OneDrive sync 製品のビルド 19.086 * * 以降」の一部としてインストールされている「メンバー」ファイルを参照してください。The new BlockExternalSync setting is described in the adm\OneDrive.admx and OneDrive.adml files installed as part of the OneDrive sync product build 19.086.* or higher. ADM を使用して同期アプリケーションポリシーを管理する場合は、新しいファイルを通常どおりにインポートして、新しい設定を表示します。If you use ADM to manage your sync app policies, import the new files as you normally would to see the new setting.

他の管理システムを使用してポリシーをユーザーの Windows Pc に展開している場合は、次のコマンドを使用して、B2B の同期を防ぎます。If you are using other management systems to deploy policies to your users' Windows PCs, use the equivalent of the following command to prevent B2B Sync:

reg add "HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive" /v BlockExternalSync /t REG_DWORD /d 1

OneDrive ストア版の OneDrive がある Mac では、次のコマンドを使用して、B2B の同期を防ぎます。On a Mac with the Apple Store version of OneDrive, use the equivalent of the following command to prevent B2B Sync:

defaults write com.microsoft.OneDrive-mac BlockExternalSync -bool YES

スタンドアロン版の OneDrive がある Mac では、次のコマンドを使用して、B2B の同期を防ぎます。On a Mac with the Standalone version of OneDrive, use the equivalent of the following command to prevent B2B Sync:

defaults write com.microsoft.OneDrive BlockExternalSync -bool YES