OneDrive 同期アプリのネットワーク使用率の計画Network utilization planning for the OneDrive sync app

この記事は、IT 管理者が OneDrive 同期アプリを展開する計画を行い、ユーザーが同期に必要とするネットワーク帯域幅を予測したいと考えています。This article is for IT admins planning to deploy the OneDrive sync app and wanting to estimate the network bandwidth users will need for syncing. IT 管理者でない場合は、この記事の手順に従って、ファイルの同期に使用されるネットワーク帯域幅を制限します。 OneDrive 同期アプリのアップロードまたはダウンロード速度を変更します。If you're not an IT admin, follow the steps in this article to limit the network bandwidth used for syncing your files: Change the OneDrive sync app upload or download rate.

組織で必要なネットワーク帯域幅を見積もるEstimate the network bandwidth you need in your organization

同期アプリを完全に展開するときに使用される帯域幅を推定するには、次の手順を実行します。Follow these steps to estimate the bandwidth that will be used when you fully deploy the sync app.

  1. 同期アプリを展開するユーザーあたりのユーザーとコンピューターの数を評価します。Assess the number of users and computers per user to which you'll deploy the sync app. 各インストールでは使用されている帯域幅が乗算されるため、3つの同期するコンピューターを使用するユーザーは、同一のコンピューターを持つユーザーとして3倍の帯域幅を使用します。Each installation multiplies the bandwidth used, so a user who has 3 syncing computers uses 3 times the bandwidth as a user who has a single syncing computer.

  2. 利用可能な帯域幅とネットワークの状態を評価します。Assess the available bandwidth and network conditions.

  3. パイロットグループの同期アプリのネットワーク使用率を測定します。Measure the network utilization of the sync app for a pilot group.

を展開するときに、同期スループットを制御します。When you deploy, Control sync throughput.

利用可能な帯域幅とネットワークの状態を評価するAssess the available bandwidth and network conditions

Wireshark や Fiddler などのサードパーティ製速度テストツールを活用して、ユーザーが体験する実際のダウンロードおよびアップロードスループットを把握することができます。You can leverage third-party speed test tools, like Wireshark or Fiddler, to understand the actual download and upload throughput that the users experience.

パケット損失、遅延、およびその他の要因が OneDrive のアップロードとダウンロードの処理に影響を与えることもあります。Packet loss, latency, and other factors can also impact OneDrive upload and download experience. たとえば、大量の損失が発生している高遅延ネットワークまたはネットワークでは、高帯域幅のネットワーク (1000 Mbps など) でも、OneDrive のアップロードとダウンロードのパフォーマンスが低下する可能性があります。For example, a high-latency network or network experiencing a lot of loss could result in a degraded OneDrive upload and download experience even on high bandwidth networks (1000 Mbps, for example). 損失と待機時間は、同じネットワーク上のユーザー数と、ユーザーが実行している操作 (サイズの大きいファイルのダウンロードやアップロードなど) によって異なる可能性があります。The loss and latency will likely vary based on the number of users that are on the same network and what those users are doing (like downloading or uploading large files).

同期アプリで使用される帯域幅は、主にファイルのアップロードとダウンロードのトラフィックで、通常はファイルサイズと同期するファイルの数に密接に関連しています。The bandwidth used by the sync app is predominantly file upload and download traffic and is usually closely correlated with file size and the number of files being synced. そのため、使用される帯域幅は、ユーザーの OneDrive 内のファイル数、および同期するように選択した SharePoint ドキュメントライブラリと、ファイルのサイズ、およびファイルの変更の速度によって異なります。Therefore, the bandwidth used depends on the number of files in the user's OneDrive and in SharePoint document libraries they choose to sync, multiplied by the size of files, and then by the rate of change of any file. その他の同期アプリトラフィック (ファイルの変更の確認やアプリの更新の確認など) は、最小限に抑えられます。Other sync app traffic (such as checking for file changes and checking for app updates) is minimal.

パイロットグループの同期アプリのネットワーク使用率を測定するMeasure the network utilization of the sync app for a pilot group

パイロットグループを作成するときには、ユーザーが組織内のさまざまなユーザープロファイルや地理的に異なる場所を代表していることを確認してください。When you create a pilot group, make sure the users are representative of the different profiles of people in your organization as well as the different geographic locations. グループを設定するには、次のようにします。To establish a group:

  • ファイルの数、標準的なファイルサイズ、ファイルの種類、各ライブラリの合計サイズ、ファイルを変更する頻度、および新しいファイルを追加する頻度を予測します。Estimate the number of files, typical file sizes, file types, total size of each library, how frequently files are modified, and how frequently new files are added.

  • 以下の説明に従って、同期状態ごとにネットワーク使用率を評価します。Evaluate network utilization during each sync state as described below.

  • パイロットグループの測定値を使用して、組織のニーズ全体を推定し、見積もりを検証するために再テストします。Use the measurements from the pilot group to extrapolate the entire organization's needs and re-test to validate the estimations. 組織によって異なります。Each organization is different.

チームサイトの初期展開と初期同期Initial deployment and initial sync of team sites

ユーザーが最初に場所をダウンロードすると、帯域幅の使用量は急上昇します。When users download locations for the first time, bandwidth usage will spike. このスパイクを回避するには、必要に応じて OneDrive ファイルについての学習を有効にします。To avoid this spike, enable Learn about OneDrive Files On-Demand. これにより、ユーザーはファイルをダウンロードせずに、ファイルエクスプローラーでファイルを参照できるようになります。This allows users to browse their files in File Explorer without downloading them.

従来の同期の場合やファイルのオンデマンド機能が有効になっている場合に、ネットワーク使用率のパターンを表示し、対比することができます。Below you can see and contrast the patterns of network utilization in cases of classic sync and when Files On-Demand functionality is enable

OneDrive 同期アプリネットワークのロードパターン

操作の同期Operational sync

最初の同期が完了すると、ネットワークの使用量が減少して、平準化されます。After the initial sync is complete, the network usage will decrease and then level out.

注意

ネットワークの使用状況は、最も頻繁に同期されているファイルの種類によって異なります。Network usage varies depending on file types most frequently synced. ユーザーが Office ファイルを変更すると、ファイル全体ではなく、変更のみがアップロードまたはダウンロードされます。When users change Office files, only the changes are uploaded or downloaded and not the whole file. その他の種類のファイルの場合は、ファイル全体がアップロードまたはダウンロードされます。For other types of files, the whole file is uploaded or downloaded. ユーザーがオンラインでファイルを処理しているときは、通常の勤務時間中にトラフィックが増加することを期待する必要があります。You should expect traffic to be higher during regular work hours when users are online and working on files.

組織に既知のフォルダーの移動設定を展開する場合は、アップロードトラフィックのスパイクが予想されます。A spike in upload traffic is expected if you deploy the Known Folder Move setting in your organization. 組織の規模が大きく、ユーザーの既知のフォルダーに多数のファイルがある場合は、グループポリシーオブジェクトをゆっくりと展開し、ファイルのアップロードによるネットワークへの影響を最小限に抑えるようにしてください。If your organization is large and your users have a lot of files in their known folders, make sure you roll out the Group Policy objects slowly to minimize the network impact of uploading files.

同期スループットを制御するControl sync throughput

同期アプリのトラフィックを制御する必要がある場合は、可能な場合は、ネットワークのサービス品質 (QoS) ポリシーまたは Windows QoS ポリシーを使用することをお勧めします。If you need to control sync app traffic, we recommend using your network quality of service (QoS) policies or Windows QoS policies when possible. これにより、ネットワーク上のアプリケーショントラフィックの同期制御が向上します。They provide better control over sync app traffic on your network. これらのポリシーを使用できない場合は、同期アプリによって提供されるネットワークスループットポリシーを使用するか、ユーザーがスループットの設定を選択できるようにします。If you can't use these policies, you can use the network throughput policies provided by the sync app or let users choose their throughput settings. ユーザーが使用できるようにするネットワーク設定の詳細については、「 Change The OneDrive sync app upload or download rate」を参照してください。For info about the network settings you can make available to your users, see Change the OneDrive sync app upload or download rate.

比較的低速なインターネット接続でのアップロード帯域幅を保護するには、Windows QoS ポリシーを使用して次のことを行うことができます。To protect upload bandwidth on a relatively slow Internet connection, you can use a Windows QoS policy to:

  • ネットワークデバイスによるトラフィックの適切な処理を有効にするために、OneDrive 同期アプリからのネットワークパケットに、識別されたサービスコードポイント (DSCP) 値を割り当てます。Assign differentiated services code point (DSCP) values to network packets originating from the OneDrive sync app to enable appropriate handling of the traffic by your network devices.

  • OneDrive 同期アプリが到達できる最大アップロードスループットレートを制限します。Limit the maximum upload throughput rate that the OneDrive sync app can reach.

DSCP を使用してトラフィックに優先順位を設定するPrioritize traffic by using DSCP

送信ネットワークトラフィックの優先順位を定義するには、特定の差別化サービスコードポイント (DSCP) 値を使用して QoS ポリシーを構成します。To define the priority of outbound network traffic, you can configure a QoS policy with a specific differentiated services code point (DSCP) value. ネットワークルーターは、DSCP 値を使用してネットワークパケットを分類し、適切なキューを決定します。Network routers use the DSCP value to classify network packets and determine the appropriate queue. 値が大きいほど、パケットの優先順位が高いことを示します。A higher value indicates a higher priority for the packet. キューの数とその優先度設定の動作は、組織の QoS 戦略の一部として設計する必要があります。The number of queues and their prioritization behavior needs to be designed as part of your organization's QoS strategy.

OneDrive 同期アプリ用の Windows QoS ポリシーを作成するCreate a Windows QoS policy for the OneDrive sync app

ネットワーク帯域幅の使用を管理するために、送信トラフィックの特定のスロットルレートで QoS ポリシーを構成できます。To manage the use of network bandwidth, you can configure a QoS policy with a specific throttle rate for outbound traffic. 調整を使用すると、QoS ポリシーによって、送信ネットワークトラフィックが指定した速度に制限されます。With throttling, a QoS policy will limit the outgoing network traffic to a specified rate.

  1. グループ ポリシー管理コンソールを開きます。Open the Group Policy Management Console.

  2. 新しいポリシーを作成する場所に移動します。Browse to the location where you want to create the new policy. たとえば、すべてのクライアントコンピューターが "Clients" という名前の OU (組織単位) に配置されている場合、"Clients" OU に新しいポリシーを作成する必要があります。For example, if all your client computers are located in an OU (Organizational Unit) named "Clients" then the new policy should be created in the "Clients" OU.

  3. 場所を右クリックし、[このドメインに GPO を作成] を選択して、[ここにリンクする] を選択します。Right-click the location, select Create a GPO in this domain, and then select Link it here.

  4. [新しい GPO ] ダイアログで、[名前] ボックスに新しいグループポリシーオブジェクトの名前 (たとえば、「OneDrive sync app」) を入力し、[ OK] を選択します。In the New GPO dialog, enter a name for the new Group Policy object in the Name box (for example, "OneDrive sync app") and then select OK.

  5. ポリシーを右クリックし、[編集] を選択します。Right-click the policy, and then select Edit.

  6. グループポリシー管理エディターで、[コンピューターの構成]、[ポリシー]、[ Windows の設定] の順に展開し、[ポリシーベースの QoS] を右クリックして、[新規ポリシーの作成] を選択します。In the Group Policy Management Editor, expand Computer Configuration, expand Policies, expand Windows Settings, right-click Policy-based QoS, and then select Create new policy.

  7. [ポリシーベースの QoS ] ダイアログで、[名前] ボックスに新しいポリシーの名前 (たとえば「OneDrive sync app」) を入力します。In the Policy-based QoS dialog, enter a name for the new policy in the Name box (for example, "OneDrive sync app").

  8. [ DSCP 値を指定する] を選択し、組織の QoS 戦略に基づいて 0 ~ 63 の範囲で適切な値を設定します。Select Specify DSCP Value and set the appropriate value between 0 and 63 based on your organization's QoS strategy.

  9. [送信スロットル率] ボックスに、速度を KBps で入力し、[次へ] を選択します。In the Outbound Throttle Rate box, enter a rate in KBps, and select Next.

  10. この実行可能ファイル名のアプリケーションのみを選択し、その QoS ポリシーを OneDrive 同期アプリプロセスにのみ適用するには、「onedrive」と入力します。Select Only applications with this executable name and to apply the QoS policy to only the OneDrive sync app process, enter "onedrive.exe". [次へ] を選択します。Select Next.

  11. すべての送信元 ip アドレス宛先 ip アドレスの両方が選択されていることを確認し、[次へ] を選択します。Make sure that both Any source IP address and Any destination IP address are selected, and then select Next. この 2 つの設定により、これらのパケットを送信したコンピューター (IP アドレス) やこれらのパケットを受信するコンピューター (IP アドレス) にかかわらず、パケットが管理されます。These two settings ensure that packets will be managed regardless of which computer (IP address) sent those packets and which computer (IP address) will receive those packets.

  12. [この QoS ポリシーを適用するプロトコルを選択してください] ボックスの一覧で、[ TCP] を選択します。In the Select the protocol this QoS policy applies to list, select TCP. 任意の送信元ポートから、選択されている任意の送信先に接続したままにします。Leave from any source port and to any destination selected.

  13. [完了] を選択します。Select Finish.

OneDrive グループポリシーオブジェクトを使用するUse OneDrive Group Policy objects

また、OneDrive 同期アプリに含まれているポリシーを使用して、ネットワークスループットを制御することもできます。You can also use policies included with the OneDrive sync app to control network throughput. これらのポリシーは、OneDrive のインストールディレクトリ%localappdata%\Microsoft\OneDrive\BuildNumber\adm. で使用できます。These policies are available in the OneDrive installation directory, %localappdata%\Microsoft\OneDrive\BuildNumber\adm. ("/上位置" は [バージョン情報] タブの [アプリの同期設定] に表示される番号です。)(Where BuildNumber is the number displayed in sync app settings on the About tab.)

これらのポリシーの詳細については、以下を参照してください。For info about these policies, see:

同期アプリのアップロード速度を固定速度に制限するLimit the sync app upload speed to a fixed rate

同期アプリのダウンロード速度を固定速度に制限するLimit the sync app download speed to a fixed rate

同期アプリのアップロード速度をスループットのパーセンテージまでに制限するLimit the sync app upload rate to a percentage of throughput

関連項目See also

Microsoft 365 のネットワーク計画とパフォーマンスチューニングNetwork planning and performance tuning for Microsoft 365