実行可能なメール開発者ダッシュボードでお客様のサービスを登録する

サービスからの操作可能なメッセージをテストして公開するには、特定の情報を Microsoft に提供し、そのサービスからのメールに対してこの機能を有効にする必要があります。開発者ダッシュ ボードは、お客様が Web ポータルを使用して申請を送信し、状態を追跡するのに役立ちます。

注意

Microsoft による操作なしで、必要なマークアップを記述したメールを自分自身に送信することにより、メールを使用して操作可能なメッセージを簡単に試すことができます。これは通常、この機能の使用を開始するときに最初に試してみる手順です。これらのサンプルを確認し、自分のメールボックスに操作可能なメッセージを送信します。または、カードのプレイグラウンドを使用して、自分に操作可能なメッセージを送信します。

メールで操作可能なメッセージを扱う開発者である場合、次のときにポータルを使用します。

  • サービスからの操作可能なメッセージをメールボックスに対してテストする場合
  • サービスからの操作可能なメッセージを公開し、Office 365 を使用する組織内のすべてのメール ユーザーが、この特殊な形式のメッセージを受信できるようにする場合 (これは通常、基幹業務アプリなど、組織固有のサービスからの操作可能なメッセージを有効にする場合に使用します)
  • サービスからの操作可能なメッセージを公開して、サービスを使用する Office 365 のすべてのメール ユーザーが、この特殊な形式のメッセージを受信できるようにする場合

上記のすべての場合において、特定の詳細を Microsoft に提出すると、確認と承認が終了した後、サービスの操作可能なメッセージが有効になります。

ダッシュボード セクション

開発者ダッシュボードは、複数の論理セクションに分割されており、サービスからの操作可能なメッセージを有効にするために、Microsoft に要求する範囲に基づいて各セクションに入力する必要があります。

プロバイダーの詳細

このセクションでは、Office 365 で、サービスからのマークアップを記述したメールを受け入れるためのキーの詳細、およびこれらのメールからの動作設定ボタンによって呼び出される URL を指定します。

キー フィールドは次のとおりです。

  • 送信者のメール アドレス:これはアクション マークアップを記述したメールを送信するサービスに対応する、1 つ以上の静的メール アドレスです。例: myservice@contoso.com

  • ターゲット URL: これは、アクションを処理する URL に対応する 1 つ以上のドメインです。ターゲット URL は、TLD のトップ レベル ドメインやサブドメインに対応できます。これらは https 対応 URL である必要があります。例: https://api.myservice.com

  • 公開キー: 操作可能なメッセージを署名付きカードとして送信する場合は、カードの署名に使用する秘密キーに対応する公開キーを指定する必要があります。このフィールドの形式は、RSAKeyValue 要素です。

    <RSAKeyValue>
      <Modulus>xA7SEU+e0yQ...</Modulus>
      <Exponent>AQAB</Exponent>
    </RSAKeyValue>
    

    .cert ファイルから公開キー XML を取得する方法の例については、「PublicKey クラス」を参照してください。

申請の範囲

このセクションでは、サービスについて、操作可能なメッセージを有効にする範囲を指定する必要があります。適用可能な範囲は次のとおりです。

  • テスト ユーザー: 組織内の一部の O365 メール ユーザーに対して、サービスからの操作可能なメールを有効にします。 この範囲は、通常、操作可能なメッセージの統合をテストするため、指定した少数のテスト ユーザーに対して使用します。
  • 組織: 組織内の Microsoft 365 のすべてのメール ユーザーに対して、サービスからの操作可能なメッセージを有効にできます。この範囲は通常、組織の内部の基幹業務アプリケーションなど、組織固有のサービスからの操作可能なメッセージを有効にする場合に使用します。
  • グローバル: Office 365 のすべてのメール ユーザーに対して、サービスからの操作可能なメッセージを有効にします。

上記はそれぞれ個別の手順です。つまり、それぞれの申請に対して 1 つの範囲のみを選択でき、Microsoft による承認プロセスの対象になります。

注意

Microsoft による操作なしに、必要なマークアップを記述したメールを自分自身に送信することにより、操作可能なメッセージを簡単に試すことができることにご注意ください。カードのプライグラウンドを使用すると、コードを作成せずに自分に送信できます。これは通常、操作可能なメッセージを試す最初の手順です。

セルフサービス登録

セルフ サービスの登録には、次の範囲を使用する登録が利用できます。

  • テスト ユーザー: 登録要求は、指定したテスト ユーザーに対して自動承認されます。 テスト ユーザーに送信された、サービスからの操作可能なメールを有効にできます。
  • 組織: この登録要求は、Exchange 管理者 のアクセス許可を使用して、組織の管理者に送信されます。 これらのアクセス許可を持つすべての管理者は、申請の詳細が記載されたメールを受信し、要求を確認し、承認することができます。 Exchange 管理者 ロールが割り当てられたユーザーが存在しない場合は、代わりに グローバル管理者 ロールを持つユーザーがこのメールを受信します。

申請が承認されると、自動承認または管理者の承認を受け取った後、登録が有効になって最大 24 時間かかります。

自分の所属組織 の登録のために、管理者アカウントはメールを受信して、申請者はそれらのメールにもコピーされます。 これにより、さらに説明や詳細を提供する必要がある場合、管理者に連絡することができます。 要求が承認されると、申請者と管理者は、別のメールで通知されます。

24 時間が経過した後、サービスからアクション可能なメッセージをメールボックスまたは指定したテスト ユーザー (Test Users スコープの場合) に送信するか、組織内のユーザー メールボックス (組織スコープの場合) に送信することで、登録が有効にされたのか確認できます。 24 時間が経過し、登録がまだ有効ではない場合は、登録ダッシュボードの上部にある [登録が機能しない] というラベルのフィードバック リンクを使用して、お問い 合わせください

テスト ユーザーのメール アドレス

このセクションは、操作可能なメッセージの有効化に関する申請の範囲が テスト ユーザー の場合にのみ適用されます。

このセクションでは、組織内の Microsoft 365 メール ユーザーのリストをセミコロン (;) で区切って入力します。 これにより、組織 全体または グローバル スコープの申請を作成する前に、一部のユーザーに対して操作可能なメッセージの統合をテストすることができます。

連絡先情報

このセクションは、操作可能なメッセージの有効化に関する申請の範囲が グローバル の場合にのみ適用されます。

このセクションでは、連絡先の詳細を入力し、お客様の申請について Microsoft から質問がある場合に連絡がとれるようにする必要があります。すべて有効で正確な情報を入力してください。

発行元の情報

このセクションは、操作可能なメッセージの有効化に関する申請の範囲が グローバル の場合にのみ適用されます。

このセクションでは、操作可能なメッセージを送信するサービスに関する詳細と、関連するサポート情報を入力し、Microsoft がお客様、またはダイレクト カスタマーがお客様のサポート サイトに連絡がとれるようにする必要があります。この情報は、プロバイダーに対する Microsoft による承認プロセスの一環でも使用されます。

シナリオの詳細

このセクションは、操作可能なメッセージの有効化に関する申請の範囲が グローバル の場合にのみ適用されます。

このセクションでは、ユーザーがサービスからの操作可能なメッセージを使用するシナリオの詳細、およびその他の関連する詳細を入力する必要があります。これにより、サービスによって提供されるソリューションの有効性と有用性が Microsoft で判断されます。

検証の詳細

このセクションは、操作可能なメッセージの有効化に関する申請の範囲が グローバル の場合にのみ適用されます。

このセクションでは、操作可能なメッセージ、およびプロバイダー/サービスから送信されたメールによって呼び出される対応するアクションを Microsoft が検証するための詳細を提供する必要があります。

また、onboardoam@microsoft.com マークアップを記述した、運用サーバー (または類似する DKIM/SPF/From:/Return-Path: ヘッダーのあるサーバー) からの有効なメールも送信します。この手順によって、Microsoft はソリューションが登録の条件にリストされているすべてのガイドラインと要件に準拠していることを判断できます。

  • メールを送信する前に、マークアップが正しいことを確認します。
  • Office 365 では、メールを転送するときにすべてのマークアップが削除されます。メールは転送せず、直接送信してください。

登録の条件

グローバル の範囲の承認を得るためにソリューションを送信する場合、Office 365 のユーザーに対して広範な影響が考えられるため、留意しなければならない点がいくつかあります。

メール送信者の品質ガイドライン

  • メールは DKIM または SPF で認証されている必要がある。
  • SPF チェックや DKIM 署名のトップレベル ドメイン (TLD) は、お客様の From: メール アドレスの TLD と一致している必要がある。たとえば、From: myservice@contoso.com を使用する場合、DKIM または SPF は contoso.com または -.contoso.com のものである必要がある。
  • メールは myservice@contoso.com などの静的メール アドレスから送信される必要がある。
  • メールは、メール送信者のガイドラインに準拠している必要がある。
  • 少なくとも、数週間はお客様のドメインから、継続して大量のメールを送信している必要がある (Office 365 の場合、1 日に 100 件以上のメール)。
  • ユーザーからのスパムに関する苦情が非常に少ない。
  • サービスで利用可能な高性能で単純なルーチン アクションを使用する必要がある。複雑なインタラクションについては、OpenURI アクションを使用できる。
  • インタラクション率が高いと予想されるトランザクション メールにはアクションを使用する。プロモーション一括メールには使用しない。

アクションのガイドライン

  • ボタンのラベルは、実行するアクションを明確に反映している必要がある。
  • Action.OpenUrl アクションは、操作可能なメッセージに表示されるエンティティ/情報に関連する特定のページに深く関係している必要がある。
  • アクションの要求を処理するサービスでの障害発生率は低く、迅速に応答する。
  • 操作可能なメッセージの設計に関する追加のガイドラインは、「アダプティブ カード形式で Outlook の操作可能なメッセージを設計する」を参照してください。

申請の承認

申請時に指定されたメール アドレスにお知らせしますので、必ず正しい連絡先情報を入力してください。