2020 年 2 月のお知らせFebruary 2020 announcements

このページでは、2020 年 2 月の Microsoft Partner Center CSP のお知らせについて詳しく説明します。This page details the announcements for Microsoft Partner Center CSP for February 2020.

2020 年のお知らせ:2020 年 1 月 | 2020 年 2 月 | 2020 年 3 月 | 2020 年 4 月 | 2020 年 5 月2020 announcements: January 2020 | February 2020 | March 2020 | April 2020 | May 2020


源泉徴収税の控除申請を提出するための新しいプロセスを利用できますNew process for submitting tax withholding credit requests

[カテゴリ]Categories

  • 日付:2020-02-25Date: 2020-02-25
  • 次のように入力します。製品サービス/市場Type: Offers/Markets
  • 状態:提供中Status: Now Available
  • 詳細情報Learn more

対象Impacted audience

  • 源泉徴収税の控除申請を提出する CSP パートナー様。CSP Partners submitting tax withholding credit requests.

要約:Summary:

源泉徴収税の控除申請を提出するための新しいプロセスをご利用いただけるようになりました。A new process for submitting tax withholding credit requests is now available. このプロセスにより、過去の請求書について残高があるパートナー様が、現地の税務当局に税金を支払済みの場合に、清算申請を提出できます。This process enables partners who owe a remaining balance on past invoices to submit clearance requests if they have already paid taxes to their local tax authorities. パートナー様は、パートナー センターの [課金] ページから、源泉徴収税の控除申請を送信できるようになりました。Partners can now do submit tax withholding credit requests from the Billing page in Partner Center. 以前は、源泉徴収税の控除申請は、パートナーセンターの [サポート] に連絡することで提出されていました。Previously, tax withholding credit requests were submitted by contacting Support on Partner Center.

提出後にさらに編集が必要になった場合は、Microsoft が再提出のために申請をパートナー様に送り返し、[課金] ページの申請の状態が更新されます。If after submission further edits are required, Microsoft will send requests back to the partner for resubmission and the status of the request will be updated on the Billing page. このとき、パートナー様は既存の申請を編集するか、新しい申請を提出するかを選択できます。At this point, a partner may choose to edit the existing request or submit a new one. 申請が承認されると、次回の請求書が更新され、支払いの義務がある金額がなくなったことが反映されます。Once a request has been approved, the next invoice will be updated to reflect the amount is no longer owed.

その他の資料:Additional resources:

ドキュメントと詳細については、CSP ギャラリー コレクションをご覧ください。Documentation and further details can be found in the CSP Gallery collection.

変更ログChange Log

  • 2020 年 2 月 25 日:初版のお知らせの発行February 25, 2020: Original announcement published

Microsoft 顧客契約の新しい同意機能がご利用いただけるようになりました。New Microsoft Customer Agreement acceptance capability available now.

[カテゴリ]Categories

  • 日付:2020-02-25Date: 2020-02-25
  • 次のように入力します。機能Type: Capabilities
  • 状態:提供中Status: Now Available
  • 詳細情報Learn more

対象:Impacted Audience:

  • CSP プログラムでの直接請求プロバイダーと間接プロバイダーDirect bill and indirect providers in the CSP program

要約:Summary:

パートナー様は、認証済み Microsoft ポータル (Microsoft 365 管理センター) で Microsoft 顧客契約を直接確認して同意していただくために、新規のお客様と既存のお客様の両方を招待できるようになりました。Partners can now invite both new and existing customers to review and accept the Microsoft Customer Agreement directly in an authenticated Microsoft portal (Microsoft 365 Admin Center).

この新しい機能により、Microsoft 顧客契約をお客様に提示する際、パートナー様は次の 2 つのオプションから選択できるようになりましたThis new capability means partners now have two options when presenting the Microsoft Customer Agreement to their customers:

  • 選択肢 1 パートナーは、以前の Microsoft Cloud 契約とほぼ同じ方法で、新しい Microsoft 顧客契約をお客様に提示できます。Option 1: Partners can present the new Microsoft Customer Agreement to customers in much the same way that they previously did for the Microsoft Cloud Agreement. お客様が契約を確認して同意した後、パートナーはお客様が Microsoft に同意したことを証明する必要があります。After a customer has reviewed and accepted the agreement, partners must attest to the customer's acceptance with Microsoft. パートナー センター ダッシュボード、パートナー センター API、.NET SDK は既に、Microsoft 顧客契約へのお客様の同意を、パートナーがこの方法で確認できるように更新されています。The Partner Center Dashboard, Partner Center API, and .NET SDK have been updated to support a partner confirming customer acceptance of the Microsoft Customer Agreement in this way.
  • オプション 2 (新機能): パートナーは、認証済み Microsoft ポータル (Microsoft 365 管理センター) で契約の確認と署名を行うよう、お客様を招待できます。Option 2 (New feature): Partners can invite customers to an authenticated Microsoft portal (Microsoft 365 Admin Center) to view and sign the agreement. このオプションでは、お客様が Microsoft 365 管理センターで直接同意すればご契約条件への同意が確認できるため、パートナーにとっては契約管理の簡素化、迅速な履行、作業量の削減が可能になります。This option enables simplified agreement management, faster implementation, and less work for partners as once the customer accepts directly within the Microsoft 365 Admin Center, it confirms approval of terms.

パートナー様は、パートナー センターのダッシュボードまたはこの新しい API により提供される新機能を使用して、新しい契約に同意したかどうかを確認することができます。Partners can learn if customers have accepted the new agreement using new functionality available in the Partner Center Dashboard or through this new API.

2020 年 2 月 1 日現在、Microsoft パブリック クラウドのすべてのリージョンで、CSP プランの新規注文を行う際は、お客様が Microsoft 顧客契約に同意したことをパートナーが確認する必要があります。As of February 1, 2020, a partner's confirmation of their customers' acceptance of the Microsoft Customer Agreement is required to make new orders for any CSP offers in all regions under Microsoft Public Cloud. CSP パートナーは、お客様が Microsoft 顧客契約に同意していることをこれらのオプションのどちらかを使用して確認しない限り、シートの変更や既存の購入内容の更新を含めて、新しい購入を処理することはできなくなりました。CSP partners are no longer able to make new purchases, including changes to seats or renewals of existing purchases, without confirming their customer has accepted the Microsoft Customer Agreement via one of these options.

注意

自動更新は影響を受けません。Auto-renewals are not impacted.

次のステップ:Next steps:

  • お客様が Microsoft 顧客契約にまだ同意していない場合、2020 年 2 月 1 日からは、新しい注文に対しては同意が必須となります。If a customer has not accepted the Microsoft Customer Agreement, it is mandatory as of February 1, 2020, for new orders. パートナーは、次のいずれかを行う必要があります。Partners must either attest. オプション 1: お客様が契約に同意したことを証明するか、オプション 2: Microsoft 365 管理センターを使用して契約に直接同意するようにお客様を招待する。Option 1: that customers have accepted the agreement, or Option 2: invite customers to accept the agreement directly through Microsoft 365 Admin Center.
  • 既存の Microsoft Cloud 契約の証明に API を使用しているパートナーは、更新された API を使用して既存の実装を変更する必要があります。Partners using APIs for the existing Microsoft Cloud Agreement attestation need to revise their existing implementation with updated API.
  • エージェントとリセラーを対象として、新しい契約の内容について、および新しい契約の提示とお客様の同意の確認についてのトレーニングを実施します。Train your agents and resellers on the new agreement terms, and on presenting the new agreement and validating customer acceptance.

その他の情報Additional Resources:

パートナーは、Microsoft 顧客契約の内容を、こちらの CSP ギャラリー ページで確認できます。Partners can view the Microsoft Customer Agreement content available on this CSP Gallery page. 例:Including:

  • CSP ガイドの中の Microsoft 顧客契約 (更新済み)A Microsoft Customer Agreement in CSP guide (updated)
  • Microsoft 顧客契約についてよく寄せられる質問 (更新済み)Microsoft Customer Agreement FAQs (updated)

変更ログ:Change Log:

  • 2020 年 2 月 11 日:元のアナウンスの投稿February 11, 2020: Original announcement posted
  • 2020 年 2 月 25 日:顧客直接同意の状態を取得するための、この新しい API に関するお知らせが更新されました。February 25, 2020: Announcement updated with this new API for getting the status of a customer's direct acceptance.

ライセンスベースの価格表 3 月のプレビューが更新されましたLicense-based price list March preview updated

[カテゴリ]Categories

  • 日付:2020-02-19Date: 2020-02-19
  • 次のように入力します。製品サービス/市場Type: Offers/Markets
  • 状態:提供中Status: Now Available

要約:Summary:

最近発表された Microsoft Defender の今後のリリースをサポートするため、以前の 3 月のプレビュー ファイル (2020 年 1 月 31 日の投稿) では除外されていた次の 2 つのオファーが含まれるように、ライセンスベースの 3 月のプレビュー価格ファイルを更新しました。To support the up and coming release of Microsoft Defender recently announced, we have updated the license-based March preview pricing file to include these two offers, previously left off the March preview file posted on 2020-01-31:

オファー:Microsoft Defender Advanced Threat Protection オファー ID: e2dcab13-1365-417a-b624-4901e2b252f5Offer: Microsoft Defender Advanced Threat Protection Offer ID: e2dcab13-1365-417a-b624-4901e2b252f5

オファー:Microsoft Defender Advanced Threat Protection for Education オファー ID:1a7a1bcc-c7bf-4c6b-b55d-d79a6e3bb3eeOffer: Microsoft Defender Advanced Threat Protection for Education Offer ID: 1a7a1bcc-c7bf-4c6b-b55d-d79a6e3bb3ee

この 2 つの新しいオファーは、プレビュー ファイルに加えられた唯一の変更です。These two new offers are the only changes made to the preview file. 3 月のプレビューは、2020 年 2 月 14 日 午後 1 時 (太平洋標準時) に更新されました。The March preview was updated on 2020-02-14, 1PM PST.

2 月のライセンスベースの価格に関する問題February license-based pricing issues

2 月の価格表とオファー一覧表の既知の問題を以下に示します。Below are the known issues in the February price list and offer list matrix. 以前に報告された ERP の問題と、以下の問題への対処が実施される時期について、2 月 10 日月曜日に更新情報をお知らせする予定です。I will have an update Monday 2/10 on the ERP issues previously reported and also on when the below issues can be addressed. ただし、2 月については以下の点に注意してください。But for February:

以下のオファーは、2 月のライセンスベースの価格表に記載されていますが、オファー一覧表には記載されていません。Below are offers in the February license-based price list but not the offer list matrix.

次のオファーは使用できず、今後の価格表から削除されます:The following offer is not available and will be removed from future price lists:

オファー:Microsoft 365 電話システム - 仮想ユーザー評価版オファー ID: b9a1d576-43fd-464b-8ad9-4b1eafc5db77Offer: Microsoft 365 Phone System - Virtual User Trial Offer ID: b9a1d576-43fd-464b-8ad9-4b1eafc5db77

これらのプランは利用できますが、プラン一覧表には記載されていません。These offers are available but not in the offer list matrix. プラン マトリックスの詳細については、2020 年 1 月からの以前のプラン一覧表を参照してください。Consult the previous offer list matrix from January 2020 for offer matrix details.

オファー:Pro Direct Support for Dynamics 365 Unified Operations オファー ID: 09dc6202-bfbb-44fb-9c87-b12c90084010Offer: Pro Direct Support for Dynamics 365 Unified Operations Offer ID: 09dc6202-bfbb-44fb-9c87-b12c90084010

オファー:Pro Direct Support for Dynamics 365 Unified Operations for Faculty オファー ID: c3b23a21-76e2-46e7-ae4f-60e1bdb96beaOffer: Pro Direct Support for Dynamics 365 Unified Operations for Faculty Offer ID: c3b23a21-76e2-46e7-ae4f-60e1bdb96bea

オファー:Pro Direct Support for Dynamics 365 Unified Operations for Students オファー ID: 1835808d-06a2-42c5-9f09-82c2e7ed5c72Offer: Pro Direct Support for Dynamics 365 Unified Operations for Students Offer ID: 1835808d-06a2-42c5-9f09-82c2e7ed5c72

これらのオファーは価格一覧に含まれていませんが、含まれているべきものです。These offers were not in the Price List but should be. このオファーの価格は変更されていないため、12 月 19 日の価格表を参照してください。Consult the December 19 price list, as prices have not changed for this offer.

オファー:Microsoft 365 A1 オファー ID: 778a4dce-0014-4d53-8647-314ef2b091d2Offer: Microsoft 365 A1 Offer ID: 778a4dce-0014-4d53-8647-314ef2b091d2

オファー:Dynamics 365 Remote Assist Attach 試用版オファー ID: 7ce81df9-f10c-49a3-843d-e9de6fdc779fOffer: Dynamics 365 Remote Assist Attach Trial Offer ID: 7ce81df9-f10c-49a3-843d-e9de6fdc779f

オファー:Dynamics 365 Remote Assist 試用版オファー ID: 545484f9-1c3e-426d-a387-0aa029146443Offer: Dynamics 365 Remote Assist Trial Offer ID: 545484f9-1c3e-426d-a387-0aa029146443

ERP の問題ERP issues

以前報告された、CSP 価格表とその他の Microsoft サイトとの間の不一致は、依然調査中です。Previously reported discrepancies between CSP price list and other Microsoft sites is still under investigation. 一部の通貨 (特に、NZD) についてわずかな違いが報告されており、CSP の価格表に記載されている推定小売価格 (ERP) は、Microsoft のパブリック Web サイトに掲載されている料金と異なります。There were some slight differences reported for some currencies, notably NZD, where estimated retail prices (ERP) in the CSP price lists were different than prices posted on the Microsoft public web sites. チームでは、これらの問題を調査中です。The team is still investigating these issues. これらの ERP の価格は、パートナー様への課金額には影響しませんが、顧客に対する価格設定方法を決定するためにパートナー様により使用されます。These ERP values have no impact on how much partners are billed; they are used however by partners to determine how to set their prices for customers.


リマインダー - 対処が必要です:2020 年 2 月 29 日までに、ベースライン ポリシーからセキュリティの既定値群に移行してください。Reminder - Action Required: Transition from baseline policies to security defaults before Feb 29, 2020

[カテゴリ]Categories

  • 日付:2020-02-12Date: 2020-02-12
  • 次のように入力します。機能Type: Capabilities
  • 状態:提供中Status: Now Available
  • 詳細情報Learn more

対象者Target audiences

  • CSP プログラムのすべてのパートナーAll partners in the CSP program
  • アドバイザーAdvisors
  • コントロール パネルのベンダーControl panel vendors

要約:Summary:

これは、必須のパートナー セキュリティ要件に関する重要な更新情報です。This important update regarding the mandatory partner security requirements. 2020 年 2 月 29 日 より、Azure Active Directory (Azure AD) の "ベースライン" ポリシーが削除され、"セキュリティの既定値群" に置き換えられます。これは、対象者様とそのお客様のための、さらに包括的な保護ポリシーのセットです。Effective February 29, 2020 , Azure Active Directory (Azure AD) "baseline" policies will be removed and replaced with "security defaults", a more comprehensive set of protection policies for you and your customers. Azure AD のセキュリティの既定値群を使用すると、一般的な攻撃に対して、事前に構成されたセキュリティ設定で組織を保護することができます。Security defaults in Azure AD can help protect your organization with pre-configured security settings for common attacks.

Microsoft のシステムによると、対象者様の組織では現在ベースライン ポリシーが使用されており、セキュリティの既定値群への移行が済んでいません。Our system indicates that your organization currently uses baseline policies, but have not yet transitioned to security defaults. 2 月 29 日までにセキュリティの既定値群に移行していない場合、パートナー テナントでベースライン ポリシーを使用して有効になっている多要素認証 (MFA) が失われます。ビジネスの中断を避けるため、直ちにセキュリティの既定値群を有効化してくださいIf you do not transition to security defaults before February 29, you will lose multi-factor authentication (MFA) enabled with baseline policies on your partner tenants. Enable security defaults as soon as possible to avoid any business disruptions.

主な考慮事項Key considerations

セキュリティの既定値ポリシーは、パートナーが、ビジネス ニーズに応じてセキュリティ要件に MFA を実装するために選択することができるオプションの 1 つです。Security defaults policy is one of the options that partners can choose to implement MFA for the security requirements depending on their business needs. 基本レベルのセキュリティが追加料金なしで有効になります。It offers a basic level of security enabled at no extra cost. Azure AD で組織の MFA を有効にする方法に関する記事と、以下の考慮点についてご確認ください。Review how to enable MFA for your organization with Azure AD and the key considerations below:

  • 条件付きアクセスを使用しているパートナー様の場合、セキュリティの既定値は使用できません。For the partners who are using conditional access, security defaults will not be available.
  • セキュリティの既定値群では、管理者ポリシーおよびエンドユーザー保護ポリシーに必要な MFA、サービス管理に必要な MFA を含む、すべてのポリシーが同時に適用されます。Security defaults enforce all policies at once including the required MFA for admins policy, end-user protection policy, and required MFA for service management.
  • 現時点では、パートナーに対してレガシ認証のブロックは強制されません。Blocking legacy authentication will not be enforced for partners at this time. ただし、侵害された ID に関連するほとんどのイベントは、従来の認証を使用したサインインの試行が原因であるため、パートナーにはこれらの古いプロトコルの利用を停止することをお勧めします。However, since most events related to compromised identities come from sign-in attempts using legacy authentication, partners are encouraged to move away from these older protocols.
  • セキュリティの既定値群は、Azure AD Connect 同期アカウントを自動的に除外します。Security defaults automatically excludes the Azure AD Connect Sync account.
  • セキュリティの既定値は、プレビュー版のベースライン ポリシーに置き換わって一般提供されます。Security defaults are the general availability replacement of the preview baseline policies. セキュリティの既定値を有効にしたパートナーは、ベースライン ポリシーを有効にすることはできなくなります。Once a partner enables the security defaults, they will no longer be able to enable baseline policies.

セキュリティの既定値群に関する次の手順とリソースNext steps and resources for security defaults

現在ベースライン ポリシーを使用しているパートナーの方:Partners who are currently using the baseline policies:

間接プロバイダー:Indirect providers:

  • 変更について、Microsoft CSP プログラムのリセラーに通知します (こちらのメール テンプレートを使用してください)。Inform your resellers in the Microsoft CSP program about the change (use this email template). 現在、リセラーがベースライン ポリシーを使用している場合は、リセラーがセキュリティの既定値群を有効にすることを確認してください。Ensure that your resellers enable the security defaults if they are currently using baseline policies.

注意

現在ベースライン ポリシーを使用していて、パートナー センターの連絡先情報を持っているリセラーには、Microsoft からも直接お知らせします。Microsoft will also directly communicate to your resellers who are currently using the baseline policies and have Partner Center contact information.

パートナーのセキュリティ要件についてご不明な点がある場合は、こちらからその他のリソースをご覧ください。If you have any questions for the partner security requirements, check out additional resources here.

信頼できる Microsoft のエコシステムを運営するための、皆様のパートナーシップとコミットメントにつきまして、心より感謝申し上げます。We sincerely appreciate your partnership and commitment to ensuring our ecosystem runs on trust.

変更ログChange Log

  • 2020 年 1 月 8 日:初版のお知らせの発行January 8, 2020: Original announcement published
  • 2020 年 2 月 12 日:リマインダーのお知らせの発行February 12, 2020: Reminder announcement published

2020 年 2 月 1 日、インドのユーザーを持つ多国籍顧客に対して、電話会議のオファーの提供が開始されましたAudio Conferencing offers introduced to multinational customers with users in India on February 1, 2020

[カテゴリ]Categories

  • 日付:2020-02-05Date: 2020-02-05
  • 次のように入力します。製品サービス/市場Type: Offers/Markets
  • 状態:提供中Status: Now Available
  • 詳細情報Learn more

要約:Summary:

Microsoft は、2020 年 2 月 1 日、インドのユーザーを持つ多国籍顧客に対して電話会議プランの提供を開始しました。Microsoft introduced Audio Conferencing offers to multinational customers with users in India on February 1, 2020. これらのプランは、完全新規の顧客および更新の顧客に使用できます。You can use the offers for net new and renewing customers.

対象:Impacted Audience:

電話会議を使用しており、インドにユーザーが存在する可能性のある顧客を持つクラウド ソリューション プロバイダー (CSP) パートナー。Cloud Solution Provider (CSP) partners with customers using Audio Conferencing who might have users in India.

詳細情報Details

Microsoft は、インドに拠点を置くユーザーを持つ多国籍企業に対して、新しいユーザー電話会議プランの提供を開始しました。Microsoft introduced a new user Audio Conferencing offer to multinational companies with users based in India.

新しいプランを購入する必要のあるパートナーWho needs to purchase the new offer

このプランは、インド以外に拠点を置く顧客が、インドに物理的に拠点を置くユーザーにサブスクリプションを割り当てている場合にのみ、購入する必要があります。You should purchase this offer only if your customers located outside of India have assigned subscriptions to users physically located in India. この場合、パートナーは、インドに物理的に拠点を置くユーザーと同数のアドオン プランを購入する必要があります。In this case, you should buy as many add-on offers as there are users physically located in India.

顧客の法人がインドに拠点を置いている場合は、このプランを購入しないでください。You shouldn't purchase the offer if your customer's legal entity is based in India. 最適な処理の進め方について、地元の Microsoft アカウント チームにお問い合わせください。Check with the local Microsoft account team on how to best proceed.

購入のタイミングWhen to purchase

現在のユーザーは、更新まで USD4 プランを継続できます。Current users can keep the USD4 offer until renewal. インドのユーザーを持つ、完全新規の多国籍顧客および更新する多国籍顧客は、今後、新しいプランを見積もることが必要になります。Net new and renewing multinational customers with users in India will need to quote the new offer going forward.

新しいプランNew offers

プランの一覧 0aa62437-b86a-48bd-ae51-85c8dcec5e6d を参照してください。Refer to the offer list 0aa62437-b86a-48bd-ae51-85c8dcec5e6d.

次の手順Next steps

価格表の内容をご確認ください。Familiarize yourself with the price list. また、組織内の適切な担当者すべて (特に営業チーム) に情報を共有してください。Also share this information with all appropriate contacts in your organization, particularly your sales team.

ご質問がある場合Questions?

これらのプランについてご不明な点がありましたら、関係する Yammer パートナー グループをご確認ください。If you have any questions about these offers, check your relevant Yammer partner group.


新しい価格シートと外国為替レートの API が Azure プランの価格に対して利用できるようになりましたNew price sheet and foreign exchange rate APIs available for Azure plan pricing

[カテゴリ]Categories

  • 日付:2020-02-04Date: 2020-02-04
  • 次のように入力します。機能Type: Capabilities
  • 状態:提供中Status: Now Available
  • 詳細情報Learn more

対象:Impacted Audience:

CSP プログラムに参加し、Azure プランの従量課金メーターおよび予約の取引と再販を行い、Microsoft パートナー センターとの統合でパートナー センター API を使用している直接請求プロバイダーおよび間接プロバイダー。Direct bill and indirect providers in the CSP program who are transacting and reselling Azure plan consumption meters and reservations and use partner center APIs in their integration with Microsoft Partner Center.

要約:Summary:

CSP での Azure の新しいコマース エクスペリエンスを活用すると、購入や販売のエクスペリエンスを合理化して、より多くの顧客を獲得し、収益性を高めることができます。The new commerce experience for Azure in CSP can help you acquire more customers and drive higher profitability with streamlined buying and selling experiences.

新しいエクスペリエンスの一部として、 新しい価格 API の提供が開始されたことをお知らせします。これは、 従量課金と予約に関する Azure プランの価格 、および Microsoft によってサポートされている請求通貨の 外国為替レート指標 をプログラムにより取得します。As part of the new experience, we are excited to announce the availability of new pricing APIs that programmatically retrieve Azure plan pricing for consumption and reservations and foreign exchange rates indexes for billing currencies supported by Microsoft. 新しい価格 API を使用することで、パートナーは価格情報の取得プロセスの自動化と簡略化を実現できます。With the new pricing API, partners can automate and simplify the process of retrieving pricing information.

新しい価格 API には次の機能が備わっています。The new pricing APIs provide the following capabilities:

  • パートナーは、Azure サービスの価格や為替レートのデータをプログラムにより取得できます。Enables partners to programmatically retrieve pricing for Azure services and exchange rate data
  • パートナーは価格情報を、Azure リソースのメーター価格 (米国ドル) や、Azure プランに当てはまる場合の予約を含めて取得できます。Helps partners get pricing information including meter pricing in USD for Azure resources and reservations when applied to Azure plan
  • パートナーは、新しいエクスペリエンス (Azure プラン) のもとで、サポートされている請求通貨の月ごとの為替レートを取得できます。Enables partners to retrieve monthly exchange rates for the supported billing currencies under the new experience (Azure plan)
  • 当月または以前の月の価格または外国為替レートのいずれかを取得する機能を提供します。Offers the ability to retrieve either pricing or foreign exchange rates for the current month or previous months

注意

これは、Azure プランの価格に固有のまったく新しい API リソースです。This is a net-new API resource specific to Azure plan pricing.

  • Azure プランに含まれない以前の Azure サブスクリプションにデプロイされた既存の Azure リソースや予約については、既存の RateCard API を引き続き使用する必要があります。The existing RateCard API should still be used for existing Azure resources or reservations deployed to previous Azure subscriptions not part of the Azure plan.
  • これらの API は、パートナー センター API とは別のエンド ポイント (その API をホストしているドメイン) に存在します。These APIs are on a different end point (a domain hosting the API) to the Partner Center APIs.

パートナーの次のステップとリソース:Partner next steps and resources:

変更ログChange Log

  • 2020 年 2 月 4 日:初版のお知らせの発行February 4, 2020: Original announcement published

パートナー センターのサポート エクスペリエンスが変更されましたChanges to partner center support experience

[カテゴリ]Categories

  • 日付:2020-02-04Date: 2020-02-04
  • 次のように入力します。機能Type: Capabilities
  • 状態:提供中Status: Now Available

対象:Impacted Audience:

  • パートナー センターでサポート リクエストを作成するすべてのユーザー。All users who create support requests in Partner Center.

要約:Summary:

パートナー センターでは、すべてのパートナー センター プログラムのサポート リクエスト フローの合理化が進められています。Partner Center is streamlining the support request flow for all Partner Center programs.

詳細情報Details

パートナーの問題に最適なサポート トピックを選択することで、パートナー センターがその問題に関して必要とされるすべての情報を収集し、その問題をより迅速に適切なサポート エンジニアのもとに届けることができます。Selecting a support topic that best describes the partner's issue enables Partner Center to collect all the required information for the issue and more quickly get it to the right support engineers. パートナーがサービス要求をログに記録するのに最適な場所を見つけやすくするための変更が現在行われています。We are making changes to simplify how partners find the best place to log their service requests:

  • クイック検索により、その問題に最適なトピックを見つけやすくなります。The quick search makes it easier to find the topic that best describes the issue.
  • ユーザーは、"フィルターを表示" して、利用可能なサポート トピックに移動することもできます。Users can also “show filters” to navigate available support topics.
  • 重複するトピックは削除され、他のトピックの説明もより明瞭なものに更新されました。Redundant topics have been removed and other topic descriptions have been updated to be clearer.

これらの変更は、2 月 3 日の週に提供開始されます。These changes will start to be available to you the week of 3 February.

その他の資料:Additional resources:

変更ログChange Log

  • 2020 年 2 月 4 日:初版のお知らせの発行February 4th, 2020: Original announcement published

必須:CSP での Microsoft 顧客契約への同意。Now required: Microsoft Customer Agreement acceptance in CSP.

[カテゴリ]Categories

  • 日付:2020-02-04Date: 2020-02-04
  • 次のように入力します。機能Type: Capabilities
  • 状態:提供中Status: Now Available
  • 詳細情報Learn more

対象:Impacted audience:

  • CSP プログラムでの直接請求プロバイダーと間接プロバイダーDirect bill and indirect providers in the CSP program

要約:Summary:

クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) プログラムの新しい Microsoft 顧客契約が 2019 年 10 月に有効になり、既存の Microsoft Cloud 契約と置き換わりました。The new Microsoft Customer Agreement in the Cloud Solution Provider (CSP) program became available effective October 2019, replacing the existing Microsoft Cloud Agreement. 新しいシンプルな顧客契約では、お客様の購入方法を問わず、お客様に一貫した購入条件を提供します。The new, simplified customer agreement provides consistent purchase terms for customers – regardless of the way customers choose to buy.

2020 年 2 月 1 日より、CSP の直接請求プロバイダーおよび間接プロバイダーは、Microsoft パブリック クラウドでの CSP オファーについて、お客様が Microsoft 顧客契約に同意したことを確認する必要があります。Starting February 1, 2020, direct bill and indirect providers in CSP are required to confirm customer's acceptance of the Microsoft Customer Agreement for any CSP offers under Microsoft Public Cloud. パートナー様は、新しい契約に対するお客様の同意を確認することなく、シート数の変更やその日付以降の既存の購入内容の更新などを含めた、そのお客様に対する新しい購入を処理することはできません (自動更新は影響を受けません)。Without confirming the customer's acceptance for the new agreement, partners will not be able to make a new purchase for the customer including changing seats and renewal of existing purchases from that date ( auto-renewal will not be impacted).

パートナーは、既存の Microsoft Cloud 契約時と同じ方法で、新しい契約をお客様に提示することができます。Partners can present the new agreement to customers in the same way they did for the existing Microsoft Cloud Agreement. お客様が契約を確認して同意すると、パートナーはパートナー センターでお客様の同意を確認する必要があります。After a customer reviews and accepts the agreement, partners must confirm the customer's acceptance on Partner Center. 新しい契約がサポートされるよう、パートナー センター Web ユーザー インターフェイス、API、.NET SDK が更新されました。The Partner Center web user interface, API, and .NET SDK have been updated to support the new agreement.

詳細については、こちらのページにある CSP の Microsoft 顧客契約に関するリソースをご確認ください。For more information, review the resources about the Microsoft Customer Agreement in CSP located on this page.

次の手順Next steps

  • パートナー センター Web ユーザー インターフェイスまたは API を使用してお客様の同意を確認するConfirm customer’s acceptance using the Partner Center web user interface or API.
  • 既存の Microsoft Cloud 契約の API を使用しているパートナーは、更新された API を使用して既存の実装を変更する必要があります。Partners using APIs for the existing Microsoft Cloud Agreement need to revise their existing implementation with updated API.
  • エージェントとリセラーを対象として、新しい契約条件の内容について、および新しい契約の提示とお客様の同意の確認についてのトレーニングを実施します。Train your agents and resellers on the new agreement terms, and presenting the new agreement and validating customer acceptance.

注意

また、2019 年 11 月にリリースされた Azure の CSP での新しいコマース エクスペリエンス経由で購入するためにも、Microsoft 顧客契約へのお客様の同意が必要です。Customer acceptance of the Microsoft Customer Agreement is also required for purchasing via the new commerce experience in CSP for Azure that was released in November 2019. CY2020 の第 1 四半期には、CSP のパートナーに対してパートナー センターの追加のオプションも表示されるようになります。これにより、パートナーは認証済みの Microsoft ポータル (Microsoft 365 管理センター) にお客様を招待し、お客様が Microsoft 顧客契約を表示して直接署名できるようにすることができます。In Q1 CY2020, partners in CSP will also start to see the additional option on Partner Center that will enable partners to invite customers to an authenticated Microsoft portal (Microsoft 365 Admin Center) and have customers view and sign the Microsoft Customer Agreement directly.

変更ログ:Change Log:

  • 2020 年 1 月 28 日:元のリマインダーを投稿。Jan 28, 2020: Original reminder posted.
  • 2020 年 2 月 4 日:Microsoft 顧客契約が必須になったことを反映するようにお知らせを更新。Feb 4, 2020: Announcement updated to reflect the Microsoft Customer Agreement is now required.

Microsoft は、2020 年 2 月 1 日に Dynamics 365 の追加製品をリリースしました。Microsoft has released additional Dynamics 365 products, effective February 1, 2020

[カテゴリ]Categories

  • 日付:2020-02-03Date: 2020-02-03
  • 次のように入力します。製品サービス/市場Type: Offers/Markets
  • 状態:提供中Status: Now Available

要約:Summary:

Microsoft は、2020 年 2 月 1 日に Dynamics 365 の追加製品をリリースしました。Microsoft released additional Dynamics 365 products on February 1, 2020.

対象:Impacted audience:

  • クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) プログラムを通じて Dynamics 365 を提供する世界中のパートナー (別途指示がない場合)Partners offering Dynamics 365 through the Cloud Solution Provider (CSP) program worldwide (unless advised differently)

詳細情報Details

Microsoft は、2020 年 2 月 1 日に Dynamics Biz Apps と Power Platform 製品の新製品をリリースしました。Microsoft released new products for Dynamics Biz Apps and Power Platform Products on February 1, 2020.

Biz Apps と Power PlatformBiz Apps and Power Platform

2020 年 2 月 1 日に、Biz Apps と Power Platform のオファー向けに、次の新規および更新されたオファーがリリースされました。On February 1, 2020, the following new and updated offers for Biz Apps and Power Platform offers were released:

Human Resources (新規オファー)Human Resources (new offers)

  • Dynamics 365 HR ユーザーは、Dynamics 365 Unified Ops Additional DB/File Capacity USL オファーを購入できます。Dynamics 365 HR users can purchase Dynamics 365 Unified Ops Additional DB/File Capacity USL offers.
  • Dynamics 365 HR Self-Serve オファーDynamics 365 HR Self-Serve offers
  • Dynamics 365 Human Resources (ユーザー、テナント)Dynamics 365 Human Resources (user, tenant)

Supply Chain Management 向け IoT インテリジェンス (新規オファー)loT Intelligence for Supply Chain Management (new offers)

  • IoT インテリジェンス シナリオ (テナント レベル) - 最大 6 つのシナリオと 10 台のコンピューター (前提条件:Supply Chain/Unified Ops Management のユーザー ベースまたは接続 SKU)IoT Intelligence Scenario (tenant level)—includes entitlement up to six scenarios and ten machines (prerequisite: Supply Chain/Unified Ops Management user base or attach SKU)
  • IoT インテリジェンスの追加コンピューター (テナント レベル) - 顧客に追加の 10 台のコンピューター用ライセンスを提供するアドオン (前提条件:IoT インテリジェンス シナリオ SKU)IoT Intelligence Additional Machine (tenant level) add-on for the add-on that licenses the customer for ten additional machines (prerequisite: IoT Intelligence Scenario SKU)

E コマース名の変更eCommerce name change

  • Dynamics 365 Retail オファーは、Dynamics 365 Commerce に変更されました。Dynamics 365 Retail offer has been changed to Dynamics 365 Commerce.

Customer Insights ライセンスの更新。Customer Insights license update. 次の SKU のライセンスの種類が、AddOn から NON に変更されました。The following SKUs have had the licensing type changed from AddOn to NON:

  • Dyn365ECstmrInsights ShrdSvr ALNG SubsVL MVLDyn365ECstmrInsights ShrdSvr ALNG SubsVL MVL
  • Dyn365ECstmrInsightsEDU ShrdSvr ALNG SubsVL MVLDyn365ECstmrInsightsEDU ShrdSvr ALNG SubsVL MVL

Dynamics 365 Human Resouces では、次のオファーは提供されなくなりました。The following offers are no longer available for Dynamics 365 Human Resources:

  • Dynamics 365 TalentDynamics 365 Talent
  • Dynamics 365 for Talent from SADynamics 365 for Talent from SA
  • Attract、Onboard、Comprehensive HiringAttract, Onboard, and Comprehensive Hiring

2020 年 2 月 1 日より、Microsoft は既存の Dynamics および Power Platform オファーの名前を、他のチャネルやリージョンで使用されているものと一致させるために、一部の製品ファミリおよびオファーの名前を変更しました。On February 1, 2020, Microsoft changed the names of some product families and offers to align the naming for existing Dynamics and Power Platform offers in other channels and regions. 具体的な変更については、こちらの「Dynamics CSP オファーの名前の変更 – 2020 年 2 月」という名前のファイルをご覧ください。See the specific changes in the file titled "Dynamics CSP Offer Name Changes—Feb 2020" here.

その他の資料Additional resources

次の手順Next steps

この情報を組織内およびお客様と共有してください。Share this information within your organization and with your customers.

ライセンスの更新や価値の提案について詳しくは、「 その他の資料 」セクションおよび PartnerSource にある、Microsoft の準備用コンテンツをお読みください。If you want to dig deeper into the licensing updates and the value proposition, familiarize yourself with our readiness content in the Additional resources section and on PartnerSource.

Microsoft とのオペレーションに直接関連するサポートが必要な場合は、サポートにお問い合わせくださいIf you need support strictly relating to your operations with Microsoft, contact support.