2020 年 3 月のお知らせMarch 2020 announcements

このページでは、2020 年 3 月の Microsoft パートナー センターのお知らせについて詳しく説明します。This page details the announcements for Microsoft Partner Center for March 2020.

2020 年のお知らせ:2020 年 1 月 | 2020 年 2 月 | 2020 年 3 月 | 2020 年 4 月 | 2020 年 5 月2020 announcements: January 2020 | February 2020 | March 2020 | April 2020 | May 2020


Microsoft は 2020 年 4 月 21 日より、Office 365 中小企業向け (SMB) プランの名前を変更します。Microsoft will rename Office 365 small and medium business (SMB) offers from April 21, 2020

[カテゴリ]Categories

  • 日付:2020-03-30Date: 2020-03-30
  • 次のように入力します。製品サービス/市場Type: Offers/Markets
  • 状態:近日提供予定Status: Coming Soon

要約:Summary:

2020 年 4 月 21 日に、Microsoft はすべての Office 365 SMB プランの名前を変更します。On April 21, 2020, Microsoft will rename all Office 365 SMB offers. これはお客様に、Microsoft の価値とラインアップをさらに正しくお伝えするための良い機会となります。This is a great opportunity to communicate our value and lineups more consistently to our customers.

対象:Impacted Audience:

すべてのクラウド ソリューション プロバイダー (CSP) パートナー様。All Cloud Solution Provider (CSP) partners.

詳細情報Details

2020 年 4 月 21 日に、Office 365 SMB オファリングの名前が変更されます。On April 21, 2020, we will be changing the names of our Office 365 SMB offerings:

  • Office 365 Business Essentials は、 Microsoft 365 Business Basic になります。Office 365 Business Essentials will become Microsoft 365 Business Basic . これは、基本的なクラウド サービスをお探しのお客様のためのエントリ レベルのオファリングです。This is our entry-level offering for customers looking for basic cloud services.
  • Office 365 Business Premium は Microsoft 365 Business Standard になります。Office 365 Business Premium will become Microsoft 365 Business Standard . これは、クラウド サービスやクラウドに接続されたデスクトップ アプリなどを含む、SMB 向けの主要なオファリングです。This is our core offering for SMBs, including cloud services and cloud-connected desktop apps.
  • Microsoft 365 Business は Microsoft 365 Business Premium になります。Microsoft 365 Business will become Microsoft 365 Business Premium . これは、さらなるセキュリティ、デバイス、ID の価値をお探しの、ハイエンドの SMB 向けの主要な SKU です。This remains our Hero SKU for high-end SMBs looking for additional security, device and identity value.

また、次の 2 つの Office クライアント サブスクリプションの新しい名前として、 Microsoft 365 Apps も導入します。We will also adopt Microsoft 365 Apps as the new name for our two Office client subscriptions:

  • Office 365 Business は、Microsoft 365 Apps for business になりますOffice 365 Business will become Microsoft 365 Apps for business
  • Office 365 ProPlus は、Microsoft 365 Apps for enterprise になりますOffice 365 ProPlus will become Microsoft 365 Apps for enterprise

お客様の運用への影響Impact on your operations

価格、機能、ビジネス モデルには変更はありません。There are no changes to prices, features or business model. Office 365 Enterprise SKU および Microsoft 365 Enterprise SKU には、名前の変更はありません。There are also no naming changes to Office 365 Enterprise SKUs and Microsoft 365 Enterprise SKUs. すべての SKU とプランの名前変更は、パートナー センターのサブスクリプション名に自動的に反映されます。All SKU and offer renaming will automatically flow into subscription names in the Partner Center.

パートナーのビジネス チャンスPartner opportunity

この名前変更により、お客様が各オファリングに含まれるさまざまな価値をより適切に理解できるようになり、パートナー様のアカウントのアップセルの機会をより確かなものとすることができます。This renaming allows customers to better understand the incremental value included in each offering, allowing you to better position upsell opportunities for your accounts.

また、Office 365 と Microsoft 365 Business プランの名前の不整合にも対処しています。It also addresses name inconsistencies in the Office 365 / Microsoft 365 Business plans. 同様に、この名前変更により、新しい Microsoft 365 Apps for business / enterprise を通じて販売される主要な Office アプリケーションと、幅広いプランとを明確に区別できます。Similarly, this renaming clearly separates core Office applications, sold through the new Microsoft 365 Apps for business / enterprise, from broader plans.

その他の資料Additional resources

詳細については、M365 パートナーのランディング ページをご覧ください。Please visit our M365 Partner landing page to know more.

次の手順Next Steps

価格表についての詳細を理解し、お客様の組織内のすべての適切な担当者にこの情報を共有してください。Please familiarize yourself with the price list and share this information with all appropriate contacts in your organization.

新しい名前を反映するために、製品関連資料の更新が必要となる場合があるため、営業担当者には特に注意を促してください。Pay particular attention to your colleagues in Sales Operations and Marketing, as they may need to update product collaterals to reflect the new names.

ご質問がある場合Questions?

これらのプランに関するその他の質問については、関連する Yammer パートナー コミュニティをご確認いただくか、Microsoft アカウント チームの担当者にお問い合わせください。For any further question about these offers, please check your relevant Yammer communities and contact your representative in the Microsoft account team. ぜひ一緒に素晴らしい仕事をしましょう。Let's do great work together.


直接請求パートナーから間接リセラーへの移行を完了するのに役立つ、新しいパートナー センターの機能New Partner Center capabilities to help direct bill partners complete their transition to indirect reseller

[カテゴリ]Categories

  • 日付:2020-03-20Date: 2020-03-20
  • 次のように入力します。機能Type: Capabilities
  • 状態:提供中Status: Now Available
  • 詳細情報Learn more

要約:Summary:

顧客が直接請求テナントから間接プロバイダー テナントに CSP サブスクリプションを移管できるようにする、新しい機能の提供が開始されました。New capabilities are available to help customers transfer their CSP subscriptions from direct bill tenants to indirect provider tenants.

対象:Impacted Audience:

間接リセラーおよび間接プロバイダーに移行する直接請求パートナー様。Direct bill partners transitioning to indirect resellers, and indirect providers.

詳細情報Details

2018 年 8 月 31 日の時点で、Microsoft は、クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) プログラムでの直接請求パートナーの登録要件を更新しました。As of August 31, 2018, Microsoft updated the enrollment requirements for direct bill partners in the Cloud Solution Provider (CSP) program. CSP プログラムは拡張を続けており、Microsoft では、すべてのパートナー様が顧客の需要の増加に確実に対応できるようにしたいと考えています。As the CSP program continues to grow, we want to ensure that all partners are positioned to address increasing customer demand accordingly.

直接請求テナントから間接プロバイダー テナントに顧客の CSP サブスクリプションを移管するための新しい機能をご利用いただけます。New capabilities to transfer customers' CSP subscriptions from direct bill tenants to indirect provider tenants are available. この新機能により、直接請求パートナー様の間接リセラーへの移行が簡単になり、プログラム内のビジネスの成長を促進することができます。This new functionality will ease the transition for direct bill partners to indirect resellers, helping to accelerate business growth within the program.

詳細については、CSP のプランに関するページをご覧ください。Review the CSP offers page for more information.

注意

移管では、ライセンスベースのサブスクリプションと Azure サブスクリプションのみがサポートされます。Transfers will only support Licensed-based subscriptions and Azure subscriptions. Azure プランとコマーシャル マーケットプレースの購入は手動で移管する必要があります。You will need to manually transfer your Azure plan and Commercial marketplace purchases. 次のドキュメントに記載されているサブスクリプションの取り消しと更新が行われることに注意してください。Azure プランコマーシャル マーケットプレースPlease note this involves canceling and renewing the subscriptions outlined in the following documents: Azure plan and Commercial marketplace. サーバー サブスクリプションと Azure 予約は 1 回限りの購入であるため、間接プロバイダー テナントに移管する必要はありません。Since server subscriptions and Azure reservations are a one-time purchase, these will not need to be transferred to an indirect provider tenant. 詳細については、CSP のプランに関するページをご覧ください。Visit the CSP offers page for more information.

その他の情報Additional Resources:

次の手順Next Steps

利用できるリソースをご確認になり、組織の適切な関係者と共有してください。Review the available resources and share with the appropriate stakeholders in your organization.

ご質問がある場合Questions?

ご質問がある場合や詳細情報が必要な場合は、サポートにお問い合わせくださいPlease contact Support for questions, queries, or more information.


現場担当者向けの新しい Microsoft 365 エントリレベル SKU - CSPNew Microsoft 365 entry-level SKU for Firstline Workers - CSP

[カテゴリ]Categories

  • 日付:2020-03-10Date: 2020-03-10
  • 次のように入力します。製品サービス/市場Type: Offers/Markets
  • 状態:近日提供予定Status: Coming Soon

要約:Summary:

2020 年 4 月 1 日に、Microsoft は Microsoft 365 F-SKU ラインアップに新しいオファーを導入します。これにより、現場担当者に対するさらなる価値と、パートナー様がさらに成長できる機会が提供されます。On April 1, 2020, Microsoft will introduce new offers in the Microsoft 365 F-SKU line-up, providing better value to Firstline Workers and growth opportunities for our partners.

対象:Impacted Audience:

Enterprise Agreement (EA)、Enterprise Agreement Subscription (EAS)、Microsoft Products and Services Agreement (MPSA) の取引を行う、すべてのパートナー様。All partners transacting through Enterprise Agreement (EA), Enterprise Agreement Subscription (EAS), and the Microsoft Products and Services Agreement (MPSA).

この変更は、商用および政府機関のユーザーのみに影響します。This change impacts Commercial and Government users only.

詳細情報Details

2020 年 4 月 1 日に、Microsoft は新しいエントリレベルの SKU を導入し、Microsoft 365 Enterprise SKU のラインアップを改訂します。On April 1, 2020, Microsoft will introduce a new entry-level SKU and reposition the Microsoft 365 Enterprise SKU line-up.

ブランド変更 O/M365 F1: Office / Microsoft 365 F1 として現在ご存知のものは、Office / Microsoft 365 F3 になります。Rebranding O/M365 F1: What are currently known as Office / Microsoft 365 F1 will become Office / Microsoft 365 F3. すべてのお客様に、さらに多くの利点をご利用いただけるようになります。All customers will be backfilled with additional value.

新しいエントリレベルの SKU: 新しいエントリレベルの SKU は Microsoft 365 F1 と呼ばれ、現場担当者向けにカスタマイズされた機能、拡張されたセキュリティ、すべての従業員に対する優れた ID 機能を提供します。New entry-level SKU: The new entry-level SKU will be called Microsoft 365 F1 and will offer value tailored to Firstline Workers, extended security and identity value to all workers. このプランには、Teams、SharePoint Online、Yammer Enterprise、Stream、EMS E3、および Office Web / Mobile Apps 用の読み取り専用アクセスが含まれています。This offer includes Teams, SharePoint Online, Yammer Enterprise, Stream, EMS E3, and read-only access for Office Web / Mobile Apps.

これらの変更によって、現場担当者はさらに多くの利点を活用できるようになり、パートナー様はさらに多くのユーザーをすばやく獲得できるようになります。These changes will provide better value for First line Workers and allow partners to tap into a significant user growth opportunity. こちらからその他のドキュメントにアクセスして、価値提案とパートナー様の次のステップについての詳細をご確認ください。Check our additional documents here to know more about the value proposition and your next steps.

タイムラインの変更Change timeline 変更Change
2020 年 3 月 1 日March 1, 2020 新しいエントリレベルの SKU は、プレビューの価格表で公開されています。仮の名前は Microsoft 365 F0 ですThe new entry-level SKU is published in the preview price list, with the temporary name of Microsoft 365 F0
3 月中Throughout March Microsoft は、この変更を公開します。Microsoft will publicly disclose this change. その間、パートナー様はマーケティング資料を作成し、社内営業チームの準備を整える必要があります。Meanwhile, you should create your marketing collaterals and ready your internal sales teams.
2020 年 4 月 1 日April 1, 2020 - 製品の価格表では、新しいエントリ レベルの SKU の名前が Microsoft 365 F1 (旧称 M365 F0) に変更されました。- On the production price list, the new entry level-SKU has been renamed Microsoft 365 F1 (was M365 F0). - 製品の価格表では、以前 O/M365 F1 と呼ばれていたものが O/M365 F3 と呼ばれるようになりました。- On the production price list, what was previously known as O/M365 F1 has been renamed O/M365 F3. - バックエンドでは、Office 365 F1 および Microsoft 365 F1 を 2020 年 3 月 31 日まで使用していたお客様は、自動的に Office と Microsoft 365 の F3 プランに移行されました。- On our backend, customers that were on Office 365 F1 and Microsoft 365 F1 up to March 31, 2020, have been automatically transitioned to Office and Microsoft 365 F3 plans. - 次のセクションに従って、プランに機能が追加されます。- Additional value is backfilled in the plans, as per section below.

追加の機能は、2020 年 4 月 1 日に M365 F1、O/M365 F3 プランに追加されます。Additional value will be backfilled in your M365 F1, O/M365 F3 plans on April 1, 2020.

Office:Office:

  • Microsoft Teams には、F-SKU で完全な A/V および会議の権限が含まれるようになりました (3 月に製品ご契約条件に反映されます)。Microsoft Teams now includes full A/V and meeting rights in F-SKUs (to be reflected in the Product Terms in March)
  • Power Platform のステップが 2000 まで増加し、作成できるようになります (M/O365 F3 でのみ利用可能)Power Platform increases to 2000 steps and ability to create – only available in M/O365 F3
  • Microsoft Planner が既定で O/M365 F-SKU に含まれるようになりますMicrosoft Planner will be included in O/M365 F-SKUs by default

Windows:Windows:

  • 既定の製品ご契約条件に含まれる、キー管理システム ライセンス認証の権限Rights to Key Management System activation included in the default Product terms
  • 既定の製品ご契約条件に含まれる、以前のバージョンの Windows に対する権限Rights to previous versions of Windows included in the default Product terms
  • 既定の製品ご契約条件に含まれる、オンプレミスの仮想化の権限Rights to on-prem virtualization included in the default Product terms

EMS:EMS:

  • Microsoft 365 F1 と F3 の両方の SKU での E3E3 in both Microsoft 365 F1 and F3 SKUs

次の手順Next steps

プレビューの価格表について詳しくご確認ください。Please familiarize yourself with the preview price list. 2020 年 4 月 1 日に、Microsoft 365 F0 は Microsoft 365 F1 に名前が変更されることにご注意ください。Please keep in mind that on April 1, 2020, Microsoft 365 F0 will be rebranded Microsoft 365 F1. また、Microsoft 365 F1 は、Microsoft 365 F3 に名前が変更されます。Conversely, Microsoft 365 F1 will be rebranded Microsoft 365 F3.

こちらのコンテンツをご覧になり 、価値提供について、および販売を促進して新しい営業機会を創出するために必要となる可能性のあるすべてのマーケティング資料の作成についてご確認ください。Check our content here to know more about the value proposition and create all marketing collaterals you may need to accelerate sales and create new opportunities.

この情報を組織内の適切なすべての担当者に共有してください。Share this information with all appropriate contacts in your organization.

ご質問がある場合Questions?

これらのプランに関するその他のご質問がある場合は、Microsoft アカウント チームの担当者にお問い合わせください。For any further question about these offers, please contact your representative in the Microsoft account team.


更新済み:CSP での教育機関のお客様の検証に関する変更Updated: Changes to Education Customer Validation in CSP

[カテゴリ]Categories

  • 日付:2020-03-10Date: 2020-03-10
  • 次のように入力します。機能Type: Capabilities
  • 状態:提供中Status: Now Available
  • 詳細情報Learn more

対象:Impacted Audience:

教育機関/アカデミック向けプランを扱う直接請求プロバイダーおよび間接プロバイダーの CSP パートナーDirect bill and indirect provider CSP partners transacting Education/Academic offers

要約:Summary:

新機能に関する注意:パートナー様はお客様のアカウント情報を修正し、お客様が拒否された場合に、審査に再申請することができるようになりました。New functionality notice: Partners now can correct customer account information and resubmit for vetting for cases where the customer was denied. 詳細については、更新されたパートナー センター ガイドの「教育機関の顧客を作成する」で手順をご確認ください。For full details see step-by-step instructions on how to do this in the updated Creating an education customer in Partner Center guide.

顧客およびパートナー様に法令に準拠しているビジネス プラクティスを提供するための継続的な取り組みの一環として、Microsoft は、教育機関の新規顧客アカウントすべての申請について、顧客の適格性を確認する自動検証を導入しました。As part of our continued commitment to compliant business practices for customers and partners, Microsoft introduced an automated validation of all new Education customer account submissions to verify customer eligibility. 自動検証機能を開始して以降、誤った、または無効な顧客データが入力されたことによる審査の問題が増加していることが判明しました。Since we launched the automated validation capability, we have noticed an increasing number of vetting issues because incorrect or invalid customers data was entered. プロセスを合理化し、審査プロセスの遅延を最小限に抑えるために、次の手順に従ってください。To help streamline the process and minimize any delays in the vetting process, please follow the instructions below:

  • 正当な申請に対する審査失敗を調査する際の遅延を減らすために、可能な限り 正確 かつ 完全 な顧客データを入力してください。To reduce any delays in the investigation of vetting failures for legitimate entries, please ensure to enter customer data that is as accurate and as complete as possible. テスト/ダミー データでは入力しないでください。Do not enter in test/dummy data.
  • パートナー センターで教育機関の顧客を作成する際のガイド 」および「 新しい顧客ページの追加 」をご覧になり、パートナー センターで新しい教育機関の顧客を作成する際に必要な事項をご確認ください。Review the Creating an education customer in Partner Center guide and Add new customer page documenting what is required when creating a new education customer in Partner Center. 両方とも次のリソース ギャラリーにあります。Both be found in the resource gallery below.

注意

パートナー センターで教育機関の顧客を作成する際のガイド 」では、顧客情報を修正したり、審査が失敗した場合に再送信したりする方法について、詳細な手順が説明されています。The Creating an education customer in Partner Center guide now includes step-by-step instructions for how to correct customer information and resubmit if the customer has failed vetting.

次の手順/追加のリソース:Next Steps/Additional Resources:

CSP プログラム更新情報リソース ギャラリー コレクション:CSP の認定教育パートナー プログラムの変更CSP Program Updates Resource Gallery collection: Changes to Authorized Education Partner program in CSP

変更ログ:Change Log:

  • 初版の発行日:2019 年 12 月 19 日Original publication date: December 19, 2019
  • 新しいパートナー様が教育機関向けプランを販売する場合のサポートへの連絡を削除しました (不要になりました):2020 年 1 月 13 日To contact support if new partner selling education offers removed (no longer required): January 13, 2020
  • 2020 年 2 月の更新内容の追加:2020 年 2 月 10 日Added February 2020 update: February 10, 2020
  • お客様のアカウント情報を修正し、審査に再送信する新機能についての通知:2020 年 3 月 10 日Notice of new ability to correct customer account information and resubmit for vetting: March 10, 2020

Microsoft 365 クラウド サービス プロバイダーの更新情報 - 2020 年 4 月Microsoft 365 Cloud Service Provider updates – April 2020

[カテゴリ]Categories

  • 日付:2020-03-09Date: 2020-03-09
  • 次のように入力します。製品サービス/市場Type: Offers/Markets
  • 状態:近日提供予定Status: Coming Soon

要約:Summary:

2020 年 4 月、Microsoft は Microsoft 365 プランの種類と機能を拡大します。In April 2020, Microsoft is expanding the breadth and value of Microsoft 365 plans.

対象:Impacted Audience:

クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) プログラムを通じて取引を行う、すべてのパートナー様。All partners transacting through the Cloud Solution Provider (CSP) program.

詳細情報Details

2020 年 4 月 1 日に、Microsoft は Microsoft 365 プランの種類と機能を拡張します。これにより、より多くの顧客獲得の機会が得られ、パートナー様の市場投入を強化できます。On April 1, 2020, Microsoft is expanding the breadth and value of Microsoft 365 plans, providing further customer opportunities and enhancing the partners’ go-to-markets.

Microsoft 365 F-SKU ラインアップ:新しいオファーと改訂Microsoft 365 F-SKU line-up: New offers and repositioning

Microsoft は、現場担当者向けに新しいレベルのエントリ SKU を導入します。これによりパートナー様は、より多くの顧客獲得の機会を得ることができます。Microsoft will introduce a new level-entry SKU for Frontline Workers, providing a massive user growth opportunity to partners. その結果として、古い M365 F1 プランも改訂されます。Consequently, we are also repositioning the old M365 F1 plan. これは M365 F3 という名前になり、既定で追加の機能が提供されます。It will now be called M365 F3 and will provide extra value by default.

詳細については、 こちらからその他のリソースを確認してくださいLearn more by checking other resources here

無人シナリオに対応する Microsoft 365Microsoft 365 for unattended scenarios

Microsoft 365 E3 - 無人ライセンスを使用すると、自動プロセスの実行中に一般的に行われるように、サービスやその他の非ユーザー アカウントで Office アプリケーションを使用できるようになります。Microsoft 365 E3 - Unattended license enables the use of Office applications with service or other non-user accounts, as is typical during automation process execution. その場合でも、可能であれば Microsoft Graph などの製品 API を自動プロセスで利用することをお勧めします。We still recommend automation processes should leverage product APIs like Microsoft Graph when possible. また、この新しいライセンスは、生産性データとツールを使用するための新しいオプションを提供します。However, this new license can provide a new option for working with productivity data and tools.

プレビューの価格表で、次のオファーをご確認ください。自動 RPA の Microsoft 365 E3: ec3ac2d1-dd66-475a-95c8-59c32c472778Please check the following offer in the preview price list: Microsoft 365 E3 for unattended RPA: ec3ac2d1-dd66-475a-95c8-59c32c472778

Teams Premium メッセージングTeams Premium Messaging

新しい Premium Messaging SKU は、有料の Teams を含む Microsoft 365 と Office 365 のアドオンとして提供されます。A new Premium Messaging SKU will be available as an add-on to Microsoft 365 and Office 365 offers that include paid Teams.

Premium メッセージングでは、次のことが可能です。Premium Messaging enables:

  • ユーザー向けの無制限の優先度通知。Unlimited priority notifications for users. 緊急 としてタグ付けされた Teams メッセージは、20 分間、2 分ごとに受信者に通知されます。Teams messages tagged as urgent will notify recipients every 2 minutes, for a period of 20 minutes.
  • チャット、チャネル、およびタスクのコミュニケーションが対象です。Targeted communications in chats, channels and tasks.

プレビューの価格表で、次のオファーをご確認ください。高度なコラボレーション、61fde0d0-4b08-4900-b30a-e2e70e0447ba。Please check the following offer in the preview price list: Advanced Collaboration, 61fde0d0-4b08-4900-b30a-e2e70e0447ba.

次の手順Next Steps

プレビューの価格一覧についての詳細を理解し、組織内のすべての適切な担当者にこの情報を共有してください。Please familiarize yourself with the preview price list and share this information with all appropriate contacts in your organization.

ご質問がある場合Questions?

これらのプランに関するその他のご質問がある場合は、Microsoft アカウント チームの担当者にお問い合わせください。For any further question about these offers, please contact your representative in the Microsoft account team.


新しい Dynamics 365 製品が 2020 年 4 月 1 日にリリースされますNew Dynamics 365 products will be released on April 1, 2020

[カテゴリ]Categories

  • 日付:2020-03-02Date: 2020-03-02
  • 次のように入力します。製品サービス/市場Type: Offers/Markets
  • 状態:近日提供予定Status: Coming Soon

要約:Summary:

2020 年 4 月 1 日より、Microsoft は追加の Dynamics 365 製品をリリースします。Effective April 1, 2020, Microsoft will release additional Dynamics 365 products.

対象:Impacted Audience:

クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) プログラム を通じて Dynamics 365 を提供する世界中のパートナー様Partners offering Dynamics 365 through the Cloud Solution Provider (CSP) program worldwide

詳細情報Details

2020 年 4 月 1 日より、Microsoft は Dynamics Business Central Online、Dynamics Biz Apps、Power Platform の新しい製品をリリースします。Effective April 1, 2020, Microsoft will release new products for Dynamics Business Central Online, and Dynamics Biz Apps and Power Platform.

Dynamics Business Central Online オファーDynamics Business Central Online offers

次の変更は Dynamics Business Central Online オファーに対して行われ、2020 年 4 月 1 日より有効になります。The following changes will be made to the Dynamics Business Central Online offers, effective April 1, 2020:

  • CSP の Business Central 向けの新しいデータベース (DB) オファーNew database (DB) offers for Business Central in CSP
  • Sales Pro および Customer Service Pro 付属 SKU の更新Update Sales Pro and Customer Service Pro attach SKUs

Dynamics Biz Apps および Power Platform 製品Dynamics Biz Apps and Power Platform products

次の変更は Dynamics Biz Apps と Power Platform 製品に対して行われ、2020 年 4 月 1 日より有効になります。The following changes will be made to the Dynamics Biz Apps and Power Platform products, effective April 1, 2020:

  • ファーストパーティのロボティック プロセス オートメーション (RPA) オファーFirst-party Robotic Process Automation (RPA) offers
  • RPA オファーの新しいボット製品New bot product for RPA offers

こちらの「Dynamics CSP オファーの更新プログラム – 2020 年 3 月」というファイルで変更内容をご確認ください。Please see the specific changes in the file called "Dynamics CSP Offer Updates–Mar 2020" here

その他の資料:Additional resources:

次の手順Next Steps

  • この情報を組織内の適切な担当者に共有してください。Please share this information with the appropriate contacts in your organization.
  • ライセンスの更新情報と価値提案の詳細については、前のセクションと PartnerSource の その他の資料 に記載されている準備用コンテンツをご覧ください。If you want more details on the licensing updates and the value proposition, please familiarize yourself with our readiness content listed in the Additional resources in the previous section and on PartnerSource.
  • Microsoft とのオペレーションに関するサポートが必要な場合は、サポートにお問い合わせくださいIf you need support relating to your operations with Microsoft, please reach out to Support.

CSP 向けに Microsoft Defender Advanced Threat Protection (MDATP) Standalone の提供が開始されました。Now Available Microsoft Defender Advanced Threat Protection (MDATP) Standalone for CSP.

[カテゴリ]Categories

  • 日付:2020-03-02Date: 2020-03-02
  • 次のように入力します。製品サービス/市場Type: Offers/Markets
  • 状態:提供中Status: Now Available
  • 詳細情報Learn more

要約:Summary:

Microsoft は、Windows E3 ライセンスの前提条件を Microsoft Defender Advanced Threat Protection (MDATP) から削除し、すべてのサポート対象クライアント デバイス向けに MDATP を許可します。Microsoft is removing the Windows E3 license pre-requirement from Microsoft Defender Advanced Threat Protection (MDATP), allowing MDATP for all supported client devices.

対象:Impacted Audience:

  • CSP プログラムに参加しているすべてのパートナーAll partners participating in the CSP program

詳細情報Details

Microsoft は、Windows E3 ライセンスの前提条件を Microsoft Defender Advanced Threat Protection (MDATP) から削除します。Microsoft is removing the Windows E3 license pre-requirement from Microsoft Defender Advanced Threat Protection (MDATP). CSP パートナーは、Windows E3 ライセンスを所有しているかどうかに関係なく、すべてのサポート対象クライアント デバイス向けに MDATP を購入できます。CSP partners will be able to purchase MDATP for all their supported client devices, regardless of their Windows E3 license ownership.

このビジネス モデルを有効にするために、Microsoft は CSP 向けのスタンドアロン オファーの提供を開始しました。To enable this business model, Microsoft has launched a standalone offer for CSP, and it is now available.

また、既存の Windows E5、Microsoft 365 E5 Security、Microsoft 365 E5 の各プランについては、これらのオファリングには MDATP が継続して含まれるため、変更はありません。In addition, there is no change to existing Windows E5, Microsoft 365 E5 Security, and Microsoft 365 E5 offers as those offerings will continue including MDATP.

製品プラン:Product Offer:

  • Microsoft Defender Advanced Threat Protection e2dcab13-1365-417a-b624-4901e2b252f5Microsoft Defender Advanced Threat Protection e2dcab13-1365-417a-b624-4901e2b252f5
  • Microsoft Defender Advanced Threat Protection for Education 1a7a1bcc-c7bf-4c6b-b55d-d79a6e3bb3eeMicrosoft Defender Advanced Threat Protection for Education 1a7a1bcc-c7bf-4c6b-b55d-d79a6e3bb3ee

次の手順Next Steps

ご質問がある場合Questions?

Microsoft とのオペレーションに関連してご不明な点がありましたら、パートナー ダッシュボードからサポートにご連絡ください: https://partner.microsoft.com/pcv/servicerequests/createIf you have questions related to your operations with Microsoft, please contact support through your Partner Dashboard at: https://partner.microsoft.com/pcv/servicerequests/create.

変更ログChange Log

  • 2020 年 2 月 6 日: 初版の公開日:開始前のコミュニケーションFebruary 6, 2020 Original publication date: Pre-Launch Communication
  • 2020 年 3 月 2 日更新の公開日:一般提供開始March 2, 2020 Updated publication date: GA Launch (Go Live)