2020 年 11 月のお知らせNovember 2020 announcements

このページでは、2020 年 11 月の Microsoft パートナー センターのお知らせについて詳しく説明します。This page details the announcements for Microsoft Partner Center for November 2020.

2020 年のお知らせ:4 月 | 5 月 | 6 月 | 7 月 | 8 月 | 9 月 | 10 月 | 11 月2020 announcements: April | May | June | July | August | September | October | November


パートナー センターで従量制課金の SaaS プランを購入できるようになるIntroducing the ability to purchase SaaS offers with metered billing in Partner Center

CategoriesCategories

  • 日付:2020 年 11 月 24 日Date: 2020-11-24
  • 機能Capabilities

まとめSummary

クラウド ソリューション プロバイダー プログラムに参加しているパートナーは、パートナー センターで従量制課金の SaaS プランを購入できるようになります。Microsoft is introducing the ability for partners in the Cloud Solution Provider program to purchase SaaS offers with metered billing in Partner Center.

対象Impacted audience

すべてのパートナーAll partners

詳細Details

クラウド ソリューション プロバイダー プログラムに参加しているパートナー (Indirect Provider と Direct Bill Partner の両方を含む) は、パートナー センターで 従量制課金の SaaS プランを購入できるようになります。Microsoft is introducing the ability for partners in the Cloud Solution Provider program, including indirect providers and direct bill partners, to purchase SaaS offers with metered billing in Partner Center. 現在、クラウド ソリューション プロバイダー プログラムのパートナーは、 Azure portal で従量制課金の SaaS プランを表示して購入することができます。Today, partners in the Cloud Solution Provider program are able to view and purchase SaaS offers with metered billing through the Azure portal. この新しいエクスペリエンスにより、パートナーは、他の種類の SaaS プランと同じように、パートナー センターの CSP マーケットプレースと API を通じて、これらのプランを購入できるようになります。 This new experience will allow partners to purchase these offers through the CSP Marketplace in Partner Center and the API as they do for other SaaS offer types.

次のステップNext steps

この情報を社内の適切なすべての担当者に共有してください。Share this information with all appropriate contacts in your company.


統合された新しいアカウント管理エクスペリエンスNew, unified account management experience

CategoriesCategories

  • 日付:2020 年 11 月 18 日Date: 2020-11-18
  • 機能Capabilities

まとめSummary

11 月 18 日以降、パートナー センターで、パートナー向けのユーザー エクスペリエンスが向上する新しいアカウント管理エクスペリエンスのロールアウトが開始されます。Starting November 18, Partner Center will begin rolling out the new account management experience that will improve the user experience for partners. パートナーは、[設定] > [アカウントの設定] から、すべてのプログラムのアカウントを管理できるようになります。Partners will now be able to manage their account for all programs from Settings -> Account settings.

対象Impacted audience

すべてのパートナーAll partners

詳細Details

アカウント管理での重要な変更点として、以前は分かれていた商用プログラム (Microsoft Partner Network、クラウド ソリューション プロバイダー、紹介など) の登録パートナーを対象とする [パートナーの設定] ビューと、開発者プログラム (コマーシャル マーケットプレース、Windows & Xbox など) の登録パートナーを対象とする [開発者向け設定] ビューが、 [アカウントの設定] ビューに統合されます。The key change in account management is the integration of the previously separate Partner settings view for partners enrolled in commercial programs (Microsoft Partner Network, Cloud Solution Provider, Referrals, etc.) and Developer settings view for partners enrolled in Developer programs (Commercial Marketplace, Windows & Xbox, etc.) into a unified Account settings view.

エントリ ポイントEntry point

パートナー センター ダッシュボードにサインインし、 [設定]  アイコンを選択して、 [アカウントの設定] をクリックします。Sign into the Partner Center dashboard, and then select the  Settings icon and click on Account settings. すべてのプロファイルと設定が組み合わされたため、パートナーと開発者のどちらかを選択する必要はなくなりました。You no longer must choose between Partner and Developer as all profiles and settings are now combined.

左側のナビゲーション階層Left navigation hierarchy

  • 組織プロファイルOrganization profile
    • [法的情報] - 法人プロファイル、パートナー プロファイル、会社の所在地を管理します。Legal - Manage your legal business profile, partner profile, and company locations.
    • [テナント] - Azure AD テナント (商用と開発者) に関するすべての情報をここで追跡します。Tenants - All your information about your Azure AD tenants, commercial and developer, is tracked here.
    • [識別子] - 会社のパートナー センター ID (MPNID、publisherId など)。Identifiers - Partner Center identities for your company - your MPNIDs, publisherIds, etc.
  • [ユーザー管理] - 1 か所からユーザーを管理し、商用および開発者のロールを割り当てます。User management - Manage your users and assign them commercial and developer roles from one place. グループと Azure AD アプリケーションもここから管理できます。You can also manage groups and Azure AD Applications from here.

次のステップNext steps

この情報を社内の適切なすべての担当者に共有してください。Share this information with all appropriate contacts in your company.


中規模市場向け Office 365 E1 キャンペーン (ラテン アメリカ、アジア太平洋、インド)Office 365 E1 for mid-market Promo (LATAM, APAC and India)

CategoriesCategories

  • 日付: 2020 年 11 月 18 日Date 2020-11-18
  • 製品サービス/市場Offers/Markets

まとめSummary

ラテン アメリカ、インド、アジア太平洋 (アジア太平洋内の成熟市場を除く) の新興市場向け限定で、中規模市場を対象とする新しい Office 365 E1 キャンペーンが導入されます。We are introducing a new Office 365 E1 Promo for the mid-market, restricted to the emerging markets of LATAM, India and APAC (excluding developed markets within APAC).

影響を受ける対象ユーザーImpacted Audience

上記の参加市場でクラウド ソリューション プロバイダー (CSP) プログラムを通じて取引を行う、すべてのパートナー。All partners transacting through the Cloud Solution Provider (CSP) program in the participating markets listed above.

詳細Details

キャンペーンは、CSP 向け Office 365 E1 での 30% の割引で構成されています。The Promo consists of 30% discount on Office 365 E1 for CSP. 2020 年 12 月 1 日に開始し、2020 年 5 月 31 日までの 6 か月間利用できます。It will launch on December 1, 2020 and will be available for 6 months, until May 31, 2020. このキャンペーンは、MW クラウドを初めて使用する、500 シート以下のお客様だけが利用できます。This Promo is only available for customers who are new to the MW cloud and have up to 500 seats. これは、クラウドへの移行を可能にするために、ラテン アメリカ、インド、アジア太平洋の新興市場に限定されていることに注意してください。Please note that this is restricted to emerging markets of LATAM, India and APAC, in order to enable transition to the cloud.

特典の詳細Offer details

プラン名Offer name プラン IDOffer ID
中規模市場向け Office 365 E1 キャンペーンOffice 365 E1 for mid-market Promo d20fdad5-f524-45e4-97b1-59a94c21778fd20fdad5-f524-45e4-97b1-59a94c21778f

次のステップNext steps

これは 12 月 1 日から利用可能になります。それまでの間に、(参加しているリージョンの) 組織内のすべての適切な連絡先とこの情報を共有してください。This will be available on December 1 - in the meantime, please share this information with all appropriate contacts within your organization (in the participating regions). 参加しているリージョンでまだクラウドを利用していないお客様とのエンゲージメントを始めてください。Start engaging with customers who are not in the cloud yet in the participating regions.

疑問がある場合Questions?

質問、問い合わせ、詳細については、パートナー センター サポートにお問い合わせください。Please contact Partner Center support for any questions, queries, or further information.


特定の国での顧客のスクリーニングを強化するためのパートナーセンター API の更新とユーザー インターフェイス (UI) の機能強化Partner Center API updates and user interface (UI) enhancements to strengthen customer screening in certain countries

CategoriesCategories

  • 日付: 2020 年 11 月 17 日Date 2020-11-17
  • 機能 | 強化された顧客スクリーニングCapabilities | Enhanced customer screening

対象Impacted audience

クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) プログラムに参加していて、以下の国に新規または既存の顧客がいる Direct Bill Partner または Indirect Provider。Direct bill partners or indirect providers participating in the Cloud Solution Provider (CSP) program who have new or existing customers in the following countries:

  • アルメニア (AM)Armenia (AM)
  • アゼルバイジャン (AZ)Azerbaijan (AZ)
  • ベラルーシ (BY)Belarus (BY)
  • ハンガリー (HU)Hungary (HU)
  • カザフスタン (KZ)Kazakhstan (KZ)
  • キルギス (KG)Kyrgyzstan (KG)
  • モルドバ (MD)Moldova (MD)
  • ロシア (RU)Russia (RU)
  • タジキスタン (TJ)Tajikistan (TJ)
  • ウズベキスタン (UZ)Uzbekistan (UZ)
  • ウクライナ (UA)Ukraine (UA)

まとめSummary

法令に準拠したビジネス慣行に関するお客様とパートナーへの Microsoft の継続的コミットメントの一環として、特定の国の顧客を持つ一部のパートナーに対し、パートナーが既存顧客のサブスクリプションの更新または新規顧客の新しいサブスクリプションの作成を試みるときに、これらの顧客に関していくつか追加のデータ フィールドの入力をお願いするようになります。As part of Microsoft's continued commitment to customers and partners around compliant business practices, some partners with customers in certain countries will now be asked to complete a few extra fields of data about these customers when the partner next attempts to update an existing customer subscription or create a new subscription for a new customer.

詳細Details

Microsoft の基盤は信頼です。Microsoft runs on trust. Microsoft は、CSP プログラムでの顧客サブスクリプションの取引について、顧客検証のための法令に準拠した安全な手段の提供に努めています。We’re committed to providing a compliant, safe, and secure method of customer validation for transacting customer subscriptions in the CSP program. この取り組みの一環としてパートナー センターの API と UI に拡張機能が導入され、次の条件をすべて満たすパートナーに影響があります。As part of this effort, we've introduced Partner Center API and UI enhancements that will impact partners who meet all of the following criteria:

  • パートナーと Microsoft の間に直接請求関係があります (Direct Bill Partner や Indirect Provider など)The partner has a direct billing relationship with Microsoft (such as, a direct bill partner or an indirect provider); and,

  • パートナーは、次の国の新規または既存の顧客と取引があります: アルメニア (AM)、アゼルバイジャン (AZ)、ベラルーシ (BY)、ハンガリー (HU)、カザフスタン (KZ)、キルギス (KG)、モルドバ (MD)、ロシア (RU)、タジキスタン (TJ)、ウズベキスタン (UZ)、ウクライナ (UA)The partner does business with new or existing customers in the following countries: Armenia (AM), Azerbaijan (AZ), Belarus (BY), Hungary (HU), Kazakhstan (KZ), Kyrgyzstan (KG), Moldova (MD), Russia (RU), Tajikistan (TJ), Uzbekistan (UZ), and Ukraine (UA)

これらの国に顧客を持つそのようなパートナーは、次にその顧客のサブスクリプションの更新または作成を試みるときに、特定の顧客の 法的識別子 (顧客の 組織の INN とも呼ばれます) および顧客の 電話番号 の提供を求められるようになります。For such partners with a customer in these countries, the partner will now be required to submit the specific customer's Legal Identifier (also known as the customer's Organization INN) and the customer's Phone Number when the partner next attempts to update or create a subscription for that customer. また、これらのパートナーは、必要に応じて、顧客の ミドル ネーム も入力することを選択できるようになります。These partners can now also choose to enter an optional, Middle Name for the customer as well.

パートナー センターの機能強化Partner Center enhancements

  • 特定の国における顧客の検証を向上させるためのパートナー センターの UI の機能強化Partner Center UI enhancements to improve validation of customers in specific countries

  • 特定の国における顧客の検証の向上をサポートする新しい APINew APIs to support improved validation of customers in specific countries

パートナー センターの UI の変更 - [顧客アカウント] ページChanges to the Partner Center UI - Customer Account page

パートナー センターの [顧客アカウント] ページが、次のように更新されました。The Partner Center Customer Account page has been updated as follows:

  1. [Organization INN](組織の INN) (法的識別子とも呼ばれます)。Organization INN (also known as the Legal Identifier). 特定の国の顧客の場合、このフィールドが必須になります。This field is now required for customers in specific countries.

    注意

    データは英数字のみで入力する必要があり、ハイフン、特殊文字、スペースは使用できません。Data must be entered in alpha-numeric characters only, without any hyphens, special characters, or spaces. パートナーは、これらの国の顧客の連絡先と協力して、税 ID や INN 番号など、顧客の法的識別子の状態を確認する必要があります。Partners will need to work with their customer contact in these countries to confirm the customer's legal identifier status, such as their Tax ID or INN number. 国固有の情報の詳細については、次の表を参照してください。For more country-specific information, see the following table.

  2. [ミドル ネーム]Middle Name. このフィールドは、すべての顧客について省略可能です。This field is optional for all customers. 顧客のミドル ネームまたはイニシャルがわかっている場合、パートナーはここに入力できます。If you know the customer's middle name or initial, the partner can enter it here.

  3. [電話番号]Phone Number. このフィールドは以前は省略可能でしたが、特定の国の顧客については必須になりました。This field was previously optional, but is now required for customers in specific countries.

国固有の [Organization INN](組織の INN) (法的識別子) フィールドの要件を以下に示します。Country-specific Organization INN (Legal Identifier) field requirements appear below.

Country A14 領域A14-Area ISO 国番号ISO country code フィールドの文字の要件Field character requirements ネイティブ言語での国固有のフィールド名Country-specific field name in native language 英語の翻訳またはコメントEnglish translation or comments
アルメニアArmenia CEECEE AMAM 8 または 10 桁8 or 10 digits УНН/NZOU/НЗОУ/ հանրային ծառայության համարանիշը UNN/Public サービス番号UNN/Public service number
アゼルバイジャンAzerbaijan CEECEE AZAZ 7 または 10 桁7 or 10 digits ИНН/VOEN/ПИК TIN/INN/PICTIN/INN/PIC
ベラルーシBelarus CEECEE BYBY 9 桁9 digits УНП UNP (これは税 ID を意味します)UNP (this means Tax ID)
ハンガリーHungary CEECEE HUHU 10 または 11 桁10 or 11 digits TIN TIN (税 ID)TIN (Tax ID)
カザフスタンKazakhstan CEECEE KZKZ 12 桁12 digits БИН/ИИН BIN/IINBIN/IIN
キルギスタンKyrgyzstan CEECEE KGKG 14 桁14 digits ИНН UNN/Public サービス番号UNN/Public service number
モルドバMoldova CEECEE MDMD 6、7、8、または 13 桁6, 7, 8, or 13 digits IDNO/IDNP 法人に割り当てられた一意の状態識別番号 (IDNO) は、会計コードとしても構成されます。The unique state identification number (IDNO) assigned to the legal entity is constituted also, as fiscal code. "オープン データ data.gov.md の政府ポータルで Ministry of Information and Communications Technology によって発行され、モルドバ共和国で登録された会社に関する State Register of Law Units。""State Register of Law Units regarding companies registered in the Republic of Moldova published by the Ministry of Information and Communications Technology on the governmental portal of open data data.gov.md."
ロシアRussia CEECEE RURU 9、10、または 12 桁9, 10, or 12 digits ИНН INNINN
タジキスタンTajikistan CEECEE TJTJ 9、10、または 12 桁9, 10, or 12 digits ИНН/ЕИН/КПП INN/EIN/KPPINN/EIN/KPP
ウズベキスタンUzbekistan CEECEE UZUZ 9 桁9 digits INN INNINN
ウクライナUkraine CEECEE UAUA 8、10、または 12 桁8, 10, or 12 digits EGRPOU/EDRPOU 法人の識別コードIdentification code of a legal entity

パートナー センター API への変更Changes to the Partner Center API

パートナー センター API については、次のコントラクトの変更が行われています。The following contract changes will be made to the Partner Center API. これらの変更は、前に説明した国の顧客アカウントを管理するパートナーに限定されます。These changes are limited to partners who manage customer accounts in the countries previously mentioned.

注意

パートナー センターからの JSON 応答の厳密な解釈を使用しているパートナーの場合、パートナー側での更新が完了していないと、これらの変更により影響を受ける可能性があります。If you are a partner using a strict interpretation of the JSON response from Partner Center, you may be impacted by these changes if updates are not completed on your end. JSON をパートナー センター API と統合することは推奨されません。JSON is not a recommended integration with Partner Center APIs.

REST リソースの更新Updates to REST resources 関連するパートナー センター ドキュメントRelated Partner Center documentation
新しい必須フィールド: organizationRegistrationNumberNew required field: organizationRegistrationNumber - 顧客を作成する- Create a customer
- Indirect Reseller の顧客を作成する- Create a customer for an indirect reseller
- 顧客リソース- Customer resources
更新されて必須になったフィールド: PhoneNumberUpdated field now required: PhoneNumber
省略可能なフィールド: MiddleNameOptional field: MiddleName
- ユーティリティ リソース- Utility resources
新しい BadRequest REST エラーコード: 600002、600049、600050、600051New BadRequest REST error codes: 600002, 600049, 600050, 600051 - パートナー センター REST エラー コード- Partner Center REST error codes

顧客に対して提案される外部コントラクト:Proposed external contract for customers:

public class CustomerCompanyProfile : ResourceBaseWithLinks
{
               public string TenantId { get; set; }
               public string Domain { get; set; }
               public string CompanyName { get; set; }
               public Address Address { get; set; }
               public string Email { get; set; }
 
                // Newly added fields
               public string OrganizationRegistrationNumber { get; set; }
}
 
public class Address
{
                public string Id { get; set; }
                public string Country { get; set; }
                public string Region { get; set; }
                public string City { get; set; }
                public string PostalCode { get; set; }
                public string AddressLine1 { get; set; }
                public string AddressLine2 { get; set; }
                public string AddressLine3 { get; set; }
                public string FirstName { get; set; }
                public string LastName { get; set; }
                public string PhoneNumber { get; set; }
                public string EmailAddress { get; set; }
 
                // Newly added fields
                public string MiddleName { get; set; }
}

新しいコマース オファーに関するパートナー請求通貨の EU/EFTA の変更。EU/EFTA Change of Partner Billing Currency for new commerce offers.

CategoriesCategories

  • 日付: 2020 年 11 月 17 日Date 2020-11-17
  • 機能Capabilities

影響を受ける対象ユーザーImpacted Audience

EU/EFTA 地域のクラウド ソリューション プロバイダー プログラムを通じて取引を行うパートナーPartners transacting through the Cloud Solution Provider program in the EU/EFTA region

まとめSummary

欧州連合 (EU) および欧州自由貿易協会 (EFTA) の地域では、クラウド ソリューション プロバイダー プログラムにおけるすべての新しいコマース オファーで、顧客の請求場所ではなく、パートナーの請求場所が使用されるようになります。In the European Union (EU)/European Free Trade Association (EFTA) region, all new commerce offers in the Cloud Solution Provider program will use partner billing location instead of customer billing location. つまり、Microsoft による請求は、顧客の所在地の通貨ではなく、パートナーの所在地の通貨に基づいて行われれます。This means that partners will be billed by Microsoft based on their location currency, not their customers’ location currency. これは、次の 2 つのフェーズで実行されます。This will be done in two phases:

  • フェーズ 1: CSP で新しいコマース オファーを購入した新しい顧客Phase 1: New customers purchasing a new commerce offer in CSP

2021 年 1 月以降、新しい顧客が新しいコマース オファーを購入したパートナーには、パートナーの所在地の通貨でそれらの購入の請求が行われます。Starting January 2021, partners who have new customers purchasing new commerce offers will be billed for those purchases in partner location currency. 既存の顧客が CSP で新しいコマース オファーを既に購入しているパートナーの場合は、このフェーズの間は、引き続き顧客の請求場所の通貨で課金されます。Partners with existing customers who have already purchased new commerce offers in CSP, will continue to be billed in the currency of the customer’s billing location during this phase.

  • フェーズ 2: 2021 年 1 月より前に CSP で新しいコマース オファーを購入した既存の顧客Phase 2: Existing customers who purchased a new commerce offer in CSP prior to January 2021

フェーズ 1 の後、2021 年を通して、Microsoft は、2021 年 1 月より前に CSP で新しいコマース オファーを購入した既存の顧客がいるパートナーに対する新しいコマース オファーの請求を、顧客の所在地の通貨から、パートナーの所在地の通貨に移行します。Following Phase 1 and during calendar year 2021, Microsoft will transition the billing of new commerce offers for partners with existing customers, who purchased a new commerce offer in CSP prior to January 2021, from customer location currency to partner location currency. パートナーには、この変更が実装される前に通知されます。Partners will be notified in advance before this change is implemented.

[注意] この変更による影響があるのはパートナーの請求通貨だけであり、CSP での新しいコマース オファーの価格には影響ありません。[Note] This change will only impact partner billing currency and not the pricing of new commerce offers in CSP.

この変更の対象となる新しいコマース オファーは次のとおりです。Azure プランの一部である Azure のサブスクリプション、Azure の予約、サーバーのサブスクリプション、永続的なソフトウェア、およびクラウド ソリューション プロバイダー プログラムでの Microsoft コマーシャル マーケットプレースの購入。The new commerce offers in scope for this change are: Azure subscriptions that are part of an Azure plan, Azure reservations, server subscriptions, perpetual software, and Microsoft commercial marketplace purchases in the Cloud Solution Provider program.

パートナーの特典Partner benefits

  • この更新により、EU/EFTA 地域における、新しいコマース エクスペリエンスでの複数の通貨による請求に関する複雑さとオーバーヘッドが軽減されます。This update will reduce the complexity and overhead with multi-currency invoicing in the EU/EFTA region for the new commerce experience.

  • パートナーは、1 つの通貨にまとめられた請求書を受け取るようになり、顧客の所在地の通貨ごとに請求書を受け取ることはなくなります。Partners will receive a consolidated invoice in a single currency and will no longer receive an invoice for each customer location currency.

  • インセンティブの支払いは、パートナーの請求書の通貨と同じ通貨で行われます。Incentive payouts will be in the same currency as the partner’s invoice currency.

  • パートナーは、複数の通貨での請求に伴う複雑さが軽減されるため、現在はアカウントの調整に取られている時間とリソースが解放されます。Partners will notice reduced billing complexity caused by multi-currency invoicing, which will free up time and resources currently associated with reconciling accounts.

  • 新しいコマース オファーをまだ採用していないパートナーの場合、この変更により以前のパートナー請求モデルと一致するようになり、パートナーは CSP の新しいコマース エクスペリエンスにいっそう簡単に移行できます。For partners who have not yet adopted new commerce offers, this change aligns with the previous partner billing model, enabling partners to more easily transition to the new commerce experience in CSP.

リソースResources

このトピックの情報については、Microsoft パートナー Web サイトの「オペレーションギャラリー」を参照してください。Review the information about this topic in the [Operations Gallery](https://partner.microsoft.com/resources/collection/eu-efta-changes-collection#/ on the Microsoft partner website.


パートナー センター API を呼び出しているパートナーに対する API の調整API throttling to partners calling Partner Center APIs

CategoriesCategories

  • 日付: 2020 年 11 月 17 日Date 2020-11-17
  • 機能Capabilities

まとめSummary

Microsoft は、特定の期間のパフォーマンスがいっそう安定するように、パートナー センター API を呼び出しているパートナーに対する API 調整を導入しています。Microsoft is introducing API throttling to partners calling Partner Center APIs for a more consistent performance within a given time span.

対象Impacted audience

クラウド ソリューション プロバイダー プログラムを通じて取引を行うパートナー様Partners transacting through the Cloud Solution Provider program

詳細Details

Microsoft は、パートナー センター API を呼び出しているパートナーの特定の期間のパフォーマンスがいっそう安定するよう、API の調整を 2021 年 Q1 に導入しています。Microsoft is implementing API throttling in Q1 2021 to allow a more consistent performance within a time span for partners calling the Partner Center APIs. リソースの過剰な使用を防ぐため、調整により、特定の期間内におけるサービスの要求の数が制限されます。Throttling limits the number of requests to a service within a certain time span to prevent the overuse of resources. 調整のしきい値を超えた場合、パートナー センターにより、そのクライアントからのそれ以上の要求が一定期間制限されます。When a throttling threshold is exceeded, Partner Center will limit any further requests from that client for a period of time.

パートナーの特典Partner benefits

パートナー センターは大量の要求を処理するように設計されていますが、少数のパートナーによって膨大な数の要求が行われた場合、すべてのパートナーに最適なパフォーマンスと信頼性を維持するために調整が役立ちます。Partner Center is designed to handle a high volume of requests, but if an overwhelming number of requests are made by a few partners, throttling will help maintain optimal performance and reliability for all partners. ダウンタイムが最小限に抑えられます。It ensures minimal downtime. 大量の要求を削減することにより、すべてのパートナーに対して安定したパフォーマンスを確保できます。By reducing the high volume of requests, we can ensure a consistent performance for all partners.

調整対象の APIAPIs to be throttled

操作Operation パートナー センターのドキュメントPartner Center documentation
{baseURL}/v1/customers/{customer_id}/subscriptions{baseURL}/v1/customers/{customer_id}/subscriptions 顧客のすべてのサブスクリプションを取得するGet all of a customer's subscriptions
{baseURL}/v1/customers/{customer_id}/subscriptions/{subscription_id}{baseURL}/v1/customers/{customer_id}/subscriptions/{subscription_id} ID でサブスクリプションを取得するGet a subscription by ID
{baseURL}/v1/customers/{customer_id}/orders{baseURL}/v1/customers/{customer_id}/orders 顧客の注文をすべて取得するGet all of a customer's orders
{baseURL}/v1/customers/{customer_id}/orders/{order_id}{baseURL}/v1/customers/{customer_id}/orders/{order_id} ID ごとに注文を取得するGet an order by ID
{baseURL}/v1/customers/{customer_id}/orders/{order_id}/provisioningstatus{baseURL}/v1/customers/{customer_id}/orders/{order_id}/provisioningstatus サブスクリプションのプロビジョニング状態を取得するGet subscription provisioning status
{baseURL}/v1/customers/{customer_id}/subscriptions/{subscription_id}{baseURL}/v1/customers/{customer_id}/subscriptions/{subscription_id} 注文とサブスクリプションを管理するManage orders and manage a subscription
{baseURL}/v1/customers/{customer_id}/subscriptions/{subscription_id}/addons{baseURL}/v1/customers/{customer_id}/subscriptions/{subscription_id}/addons サブスクリプションのアドオンの一覧を取得するGet a list of add-ons for a subscription
{baseURL}/v1/customers/{customer_id}/subscriptions/{subscription_id}/azureEntitlements{baseURL}/v1/customers/{customer_id}/subscriptions/{subscription_id}/azureEntitlements サブスクリプションの Azure エンタイトルメントの一覧を取得するGet a list of Azure entitlements for a subscription
{baseURL}/v1/customers/{customer_id}/subscriptions/{subscription_id}/registrationstatus{baseURL}/v1/customers/{customer_id}/subscriptions/{subscription_id}/registrationstatus サブスクリプションの登録状態を取得するGet subscription registration status
{baseURL}/v1/customers/{customer-tenant-id}/transfers{baseURL}/v1/customers/{customer-tenant-id}/transfers 顧客の譲渡をすべて取得するGet all of a customer's transfers
{baseURL}/v1/productUpgrades/{upgrade-id}/status{baseURL}/v1/productUpgrades/{upgrade-id}/status 製品のアップグレード状態を取得するGet product upgrade status
{baseURL}/v1/customers/{customer-id}/subscriptions/{subscription-id}/conversions{baseURL}/v1/customers/{customer-id}/subscriptions/{subscription-id}/conversions 試用版の変換プランの一覧を取得するGet a list of trial conversion offers

この発表は、今後の変更をパートナーが早期に認識し、準備できるようにするためのものです。This announcement is aimed at providing partners with early awareness of the upcoming changes, thus allowing them to prepare. パートナーには、これらの API について理解を深め、調整されることがないように、アクティビティ ログ API を使用して効率化を検討することを、強くお勧めします。We highly recommend that partners familiarize themselves with these APIs and consider using the activity log API for more efficiency and to avoid throttling. この機能の詳細については、API 調整ガイダンスに関するページを参照してください。For more information on this feature, refer to the details in API throttling guidance.

次のステップNext steps

API 調整ガイダンスを確認し、必要な手順を実行します。Review API throttling guidance, and take the necessary steps.


MCA 要求の重複による 409 エラー409 errors due to duplicate MCA requests

CategoriesCategories

  • 日付: 2020 年 11 月 16 日Date 2020-11-16
  • 機能Capabilities

ContextContext

  • 今年の 2 月、パートナーは Microsoft 顧客契約 (MCuA) への署名を求められました。In February this year partners were requested to sign the Microsoft Customer Agreement (MCuA). これは、以前の Microsoft Cloud 契約 (MCA) からの移行でした。This was a migration from the previous Microsoft Cloud Agreement (MCA).
  • この変更の一部として、パートナーには、こちらに記載されているように、契約の種類のパラメーターを含めることをお願いしました。As a part of this change partner were requested the partners were requested to include the agreement Type parameter as documented here.

次に起こったこと:What happened next:

  • 実装にパラメーターの要求を含めなかったパートナーがいます。Not all partners included the parameter request within their implementation. そのようなパートナーには、Microsoft は MCA をお返ししました。Microsoft returned the MCA to those partners.
  • その後、パートナーは署名要求を顧客に再送信し、MCA を Microsoft に再送信しました。The partner would then resend the signing request to the customer and resend the MCA to Microsoft.
  • このような重複により、Microsoft がパートナーにサービスを提供する機能に影響がありました。The duplication impacted Microsoft's ability to provide service to partners.
  • 2020 年 9 月、複数のフォーラムの Yammer を通じて、パートナーにパラメーターの修正をお願いする通知を送りました。In September, 2020 we sent out a notification to partners, via Yammer in multiple forums, requesting that partners fix the parameter. Microsoft は重複を受け付けなくなり、409 エラーが発生するようになりました。Microsoft could no longer accept the duplicates and they would receive 409 errors.

[注意] これは、パートナー向けの新しいコントラクトおよび API の変更ではありませんでした。[Note] this was NOT a new contract/ API change for partners.

  • 10 月には、問題を解決するため、重複する要求が最も多かったパートナーと詳しく話し合いました。In October we worked closely with partners who'd had the most duplicate requests to fix the issue.
  • 現時点では、要求を確認し、問題のテストと解決に関を支援できるように連絡していただくよう、パートナーに案内をお送りし、違反の多い上位 10 社には個人的なメールを送っています。Currently, we are reminding partners, as well as sending personal emails to the top 10 offenders, to review their requests and reach out to us so that we can help them test and resolve the issue.
  • 2020 年 11 月 10 日に、重複の受け付けを停止し、パラメーターを修正していないパートナーには 409 エラーが発生するようになりました。On November 10, 2020 we stopped accepting duplicates, and partners who had not corrected the parameters, experienced 409 errors.
  • それ以降、重複を受け付けないという変更をロールバックしています。We have since rolled back the change to not accept duplicates.
  • ただし、2021 年 1 月 14 日には、重複は再び受け付けられなくなります。However, on January 14, 2021, we will again no longer accept duplicates. これにより、パートナーにはパートナー側の調整を行うための時間がさらに提供されます。This allows partners further time to make any adjustments on their end. 詳しい話し合いを行った 11 月 16 日に、パートナーからは更新を展開するという通知を既に受け取っています。We have already received notification from a partner that they plan to deploy an update on 11/16 on which we will work closely with them.
  • パートナーには、ソリューションの更新が期待どおりに動作するよう、変更を含むフライトにテナントを追加することによってテストを行うことができるように、ご連絡いただくことをお願いします。We ask that partners reach out to us so we can help them test by adding their tenants to a flight with the changes so they can ensure that their solution update works as expected.

パートナー向けの次のステップNext steps for partners

  • パートナー センターのこれらの新しい UI と API の変更を確認します。Review these new Partner Center UI and API changes. これらの国のいずれかで、次に顧客のサブスクリプションの作成または既存のサブスクリプションの更新を試みるときに、顧客のアカウント情報を調べて、その顧客の 2 つの新しい必須フィールドにデータが追加されていることを確認します: 組織の INN (法的識別子) と電話番号。When you next attempt to create a customer subscription or update an existing subscription for a customer in one of these countries, check the customer's account information to make sure you have added data to the two new, required fields for that customer: Organization INN (Legal Identifier) and Phone Number. この情報は、パートナー センターのダッシュボードまたは Partner Center API を使用して更新できます。You can update this information via the Partner Center dashboard or via Partner Center APIs.

  • この情報を組織内の該当するチームと共有し、これらの変更内容に対して準備できるようにします。Share this information with the appropriate teams within your organization to help them prepare for these changes.


テストが利用可能:教育機関の顧客の検証プロセスにおけるパートナー センター API とユーザー インターフェイス (UI) の機能強化Testing available: Partner Center API and user interface (UI) enhancements for the Education customer validation process

CategoriesCategories

  • 日付: 2020 年 11 月 10 日Date 2020-11-10
  • 機能 |効率とスケールの向上Capabilities | Drive Efficiency & Scale

対象Impacted audience

クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) プログラムを通じてアカデミック向けオファーを販売しているパートナー様。Partners selling Academic offers through the Cloud Solution Provider (CSP) program.

まとめSummary

教育機関の顧客の検証プロセスにおけるパートナー センター API の更新と UI の機能強化のテストを利用できるようになりました。Testing is now available for Partner Center API updates and UI enhancements for the Education customer validation process.

詳細Details

Microsoft の基盤は信頼です。Microsoft runs on trust. Microsoft は、CSP プログラムにおけるアカデミック向けオファーの取引について、顧客検証のための法令に準拠した安全な手段の提供に努めています。We’re committed to providing a compliant, safe, and secure method of customer validation for transacting Academic offers in the CSP program. この一環として、本会計年度の第 2 四半期 (FY21 Q2) にパートナー センター API と UI の機能強化が導入されます。As part of this, we’re introducing Partner Center API and UI enhancements in the second quarter of this fiscal year (FY21 Q2). これらの機能強化により、顧客検証プロセスの明確さと可視性が向上し、より正確なデータを入力できるようになり、顧客検証の成功が促進されます。These enhancements will add clarity and visibility into the customer-validation process, as well as the ability to input more accurate data, which will drive improved customer-validation success.

パートナー センターの機能強化Partner Center enhancements

  • 正確なデータ入力をサポートし、Microsoft による教育機関顧客の検証プロセスを改善するための新しい GET および POST Qualifications API。New GET and POST Qualifications APIs to support accurate data entry and improve the Education customer validation process by Microsoft.

  • 正確なデータ入力をサポートし、Microsoft による教育機関顧客の検証プロセスを改善するための UI の拡張機能。UI enhancements to support accurate data entry and improve the Education customer validation process by Microsoft.

テストTesting

顧客検証の成功に必要な API とデータ入力について理解を深めるために、パートナー様は 2020 年 10 月から、これらの拡張機能をテストすることができます。To gain a better understanding of the APIs and data entry required for successful customer validation, partners will be able to test these enhancements from October 2020. 正確なスケジュールと参加方法の詳細については、近日中にお知らせします。We’ll provide more details soon on the exact timing and how to participate. 既存のパートナー センター API は、FY21 Q2 末までに廃止されます。The existing Partner Center APIs will be retired before the end of FY21 Q2. その時点で、新しいパートナー センター API に移行しておく必要があります。At that time, you’ll need to have transitioned to the new Partner Center APIs.

  • パートナー テストの期間は、2020 年 10 月 2 日から 12 月 2 日までです。Testing available The partner test dates are from October 2 to December 2, 2020. 参加を希望するパートナー様は、パートナー センターの教育機関の顧客向けテスト ガイドをダウンロードして、準備やサインアップの方法、およびテスト段階に関する概要をご確認ください。Partners who want to participate should download the Partner Center Education customer testing guide for how to get ready, how to sign up, and what to expect during the testing phase.

図書館と博物館の顧客Library and Museum customers

これらの拡張機能に加えて、FY21 Q2 中に、図書館および博物館の顧客向けにアカデミック価格のオファーを提供できるようになり、CSP オファーを取り引きできる教育機関の顧客が拡大することをお知らせいたします。In addition to these enhancements, we’re excited to announce that in FY21 Q2, we’ll enable Academic-priced offers for Library and Museum customers, expanding the Education customers with whom you can transact CSP offers.

Microsoft では、すべての顧客または提案された顧客の適格教育ユーザーとしての状態をレビューする権利を留保します。Microsoft reserves the right to review the status of any customer or proposed customer as a qualified educational user. 詳細については、アカデミック適格教育ユーザーの要件に関するページを参照してください。Refer to the Academic Qualified Education User requirements for full details.

次のステップNext steps


CategoriesCategories

  • 日付:2020 年 11 月 5 日Date: 2020-11-5
  • 機能Capabilities

まとめSummary

2020 年 11 月 5 日から、パートナー大学の商用ライセンス パートナーのコンテンツも、オペレーション資料ギャラリーで入手できるようになります。Starting November 5 2020, Commercial Licensing partner content from Partner University will also be available on the Operations Readiness Gallery.

対象Impacted audience

コマーシャル パートナーCommercial partners

詳細Details

2020 年 11 月 5 日から、パートナー大学の商用ライセンス パートナーのコンテンツも、オペレーション資料ギャラリーで利用できるようになります。Starting November 5, 2020, Commercial Licensing partner content from Partner University will also be available on the Operations Readiness Gallery. これにより、オペレーション資料ギャラリーの既存の運用および商用ライセンス パートナーの開始コンテンツが、パートナー大学の有用な商用ライセンス パートナーのコンテンツと統合されます。This consolidates the already existing operational and Commercial Licensing partner launch content on the Operations Readiness Gallery with our enduring Commercial Licensing partner content from Partner University. そのため、パートナーはよりシームレスな準備作業を行うことができます。It will thus provide partners a more seamless readiness experience. オペレーション資料ギャラリーには、次のコレクションが追加されています。The following collections have been added to the Operations Readiness Gallery:

次の手順Next steps

この情報を組織内の適切なすべての担当者に共有してください。Share this information with all appropriate contacts in your organization.


Microsoft Teams Rooms Premium SKU の発売Microsoft Teams Rooms Premium SKU launch

CategoriesCategories

  • 日付:2020 年 11 月 3 日Date: 2020-11-3
  • 製品サービス/市場Offers/Markets

まとめSummary

Microsoft Teams の Microsoft Teams Rooms Premium SKU がクラウド ソリューション プロバイダー (CSP) プログラム経由で利用可能になりました。Microsoft Teams Rooms Premium SKU for Microsoft Teams through the Cloud Solution Provider (CSP) program is now available.

対象Impacted audience

クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) プログラムを通じて取引を行う、すべてのパートナー様All partners transacting through the Cloud Solution Provider (CSP) program

詳細Details

Microsoft Teams Rooms 用の新しい Microsoft Teams Rooms Premium SKU が、パートナー様を通して CSP を購入している顧客に対して、デバイスあたり月額 50 米国ドルでご利用いただけるようになります。The new Microsoft Teams Rooms Premium SKU for Microsoft Teams Rooms is now available to your customers purchasing CSP through you at USD50 per device per month. Microsoft Teams Rooms Premium SKU は、Microsoft Teams Rooms Standard SKU (以前はミーティング ルーム ライセンスと呼ばれていました) の代わりになります。The Microsoft Teams Rooms Premium SKU is an alternative to the Microsoft Teams Rooms Standard SKU (previously called Meeting Room License). この SKU には、Microsoft Teams、Skype for Business Online、Intune 管理に必要なライセンスなど、Standard オファリングの提供内容すべてが含まれています。This SKU includes everything in the standard offering, such as the necessary licenses for Microsoft Teams, Skype for Business Online, and Intune management. それに加えて、このオファリングでは、公衆交換電話網 (PSTN) の統合に必要な電話システムと、電話会議 (利用可能な場合) も使用可能です。The offering also enables Phone System—necessary for Public Switched Telephone Network (PSTN) integration—and Audio Conferencing, where available.

Premium オファリングでは、顧客は、新たにリリースされた Microsoft Teams Rooms マネージド サービスにアクセスできます。このサービスでは、専門家が顧客に代わって会議室の管理と操作を行います。With the premium offering, customers have access to the newly released Microsoft Teams Rooms Managed Services, where experts handle the management and operations for meeting rooms on behalf of the customer. このクラウドベースの IT 管理および監視サービスにより、Microsoft Teams Rooms のデバイスと周辺機器を最新かつ安全な状態に保つことができます。This cloud-based IT management and monitoring service keeps Microsoft Teams Rooms devices and their peripherals up to date and secure. また、これらは積極的に監視および管理されており、優れた室内エクスペリエンスのために最適化された環境が維持されます。They’re also proactively monitored and managed, maintaining an environment optimized for a great in-room experience.

サービス開始時にリリース済みReleased at launch

**** Microsoft Teams Rooms Standard 15 米国ドル/デバイス/月Microsoft Teams Rooms Standard USD15 device per month Microsoft Teams Rooms Premium 50 米国ドル/デバイス/月Microsoft Teams Rooms Premium USD50 device per month
Skype for BusinessSkype for Business はいYes
Microsoft TeamsMicrosoft Teams はいYes はいYes
電話システムPhone System はいYes はいYes
電話会議Audio Conferencing はいYes はいYes
Microsoft IntuneMicrosoft Intune はいYes はいYes
Microsoft Teams Rooms Standard 15 米国ドル/デバイス/月Microsoft Teams Rooms Standard USD15 per device per month Microsoft Teams Rooms Premium 50 米国ドル/デバイス/月Microsoft Teams Rooms Premium USD50 per device per month
Microsoft Teams Rooms マネージド サービスMicrosoft Teams Rooms Managed Services はいYes
世界全域で使用可能Worldwide availability はいYes 選ばれた市場In select markets

Microsoft Teams Rooms マネージド サービスMicrosoft Teams Rooms Managed Services

  • プロアクティブな管理:パッチの適用や構成管理などを含む、会議室システムの 24 時間 365 日の管理。Proactive management: 24x7x365 management of your room systems including patching, configuration management, and more.
  • リアルタイム監視と根本原因の分析:Microsoft によって促進される調整されたインシデント管理対応による監視と検出。必要に応じて顧客と連携します。Real-time monitoring and root-cause analysis: Monitoring and detection with orchestrated incident management response driven by Microsoft in coordination with the customer, when needed. モバイル アプリにより、出先でもアラートを受け取ることができます。The mobile app allows you to stay alerted on-the-go.
  • 管理された更新:アプリケーション、Windows サポート技術情報、ファームウェアの更新の管理と配信。Managed updates: Management and delivery of application, Windows KB, and firmware updates.
  • セキュリティ脅威の防止:Microsoft Defender Advanced Threat Protection によるセキュリティ脅威の防止。Security threat protection: Security threat protection via Microsoft Defender Advanced Threat Protection.
  • カスタマー サポート:専用のサービス オペレーション センターを通じて 24 時間 365 日体制のチケット サポートを提供します。自動化されていないケースに対するインシデントの修復もサポートされています。Customer support: 24x7x365 ticket support through our dedicated service operations center with assisted incident remediation for non-automated cases. きめ細かいロールベースのアクセス制御。Granular role-based access control.
  • 分析情報と推奨事項:顧客全体の分析情報と、会議室の正常性、在庫、使用状況、オンライン会議、インシデントの傾向に関する報告が集計されます。Insights and recommendations: Aggregated insights across customers and reports on room health, inventory, usage, online meetings, and incident trends.

特典の詳細Offer details

プラン名Offer name プラン IDOffer ID マテリアル IDMaterial ID
Teams Rooms PremiumTeams Rooms Premium 5db9aa31-f039-4740-b122-a33514e4c4925db9aa31-f039-4740-b122-a33514e4c492 6XB-000076XB-00007
Teams Rooms Premium (米国とカナダ)Teams Rooms Premium (USA and CAN) 03070f91-cc77-4c2e-b269-4a214b3698ab03070f91-cc77-4c2e-b269-4a214b3698ab 6XB-000086XB-00008
教職員用 Teams Rooms PremiumTeams Rooms Premium for faculty d0c9a9a9-c9b6-41d7-9148-b60115c36c95d0c9a9a9-c9b6-41d7-9148-b60115c36c95 6Y5-000056Y5-00005

次のステップNext steps

  • 新しいプランと利用できる地域について理解を深めるには、よく寄せられる質問 (FAQ) をご覧ください。Familiarize yourself with the new offer and its geographical availability, visit the frequently asked questions (FAQ).
  • 新しいプランと利用できる地域について理解を深めてください。Become familiar with the new offer and its geographical availability.
  • Microsoft Rooms と関連するプランの詳細については Microsoft Team Rooms をご覧ください。Learn more about Microsoft Rooms and related offers at Microsoft Team Rooms.
  • Teams のミーティング ルームでプラクティスを開発し、共同販売に対応したオファーを作成するには、「Teams パートナー ガイド」をご利用ください。Use the Teams Partner Guide to develop your practice with Teams Meeting Rooms, and create a Co-sell Ready offer.
  • 製品ソリューションとサービスの詳細については、「Microsoft Teams Rooms に関する FAQ」をご覧ください。Review the Microsoft Teams Rooms FAQ to learn more about the product solution and services.
  • 組織内のすべての関係者とこの情報を共有し、アップセルとクロスセルの機会について理解してください。Share this information with all appropriate contacts in your organization and understand the upsell and cross-sell opportunities.

Government Community Cloud (GCC) 向けの新しい Microsoft Teams Advanced Communications SKU が近日提供予定New Microsoft Teams Advanced Communications SKUs for Government Community Cloud (GCC) coming soon

CategoriesCategories

  • 日付:2020-11-2Date: 2020-11-2
  • 製品サービス/市場Offers/Markets

まとめSummary

GCC 向けの新しい Microsoft Teams 用 Advanced Communications アドオン SKU が、2020 年 12 月 1 日から利用できるようになります。The new Advanced Communications add-on SKU for Microsoft Teams in GCC will be available from December 1, 2020.

対象Impacted audience

クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) プログラムを通じて取引を行う、すべてのパートナー様All partners transacting through the Cloud Solution Provider (CSP) program

詳細Details

GCC 向けの新しい Microsoft Teams 用 Advanced Communications アドオンは、1 ユーザーあたり月額 12 米国ドルで提供されるようになりました。The new Advanced Communications add-on for Microsoft Teams in GCC is now available at USD12 per user per month. このアドオン SKU は、Microsoft Teams が含まれる他のどの Microsoft 365 スイートにも追加して購入できます。The add-on SKUs can be purchased on top of any other Microsoft 365 suite that contains Microsoft Teams. Advanced Communications は、大規模な会議、通信ポリシー、統合、IT 管理用の高度なツールのための一連の新機能を提供します。Advanced Communications provides a new set of capabilities for large meetings, communication policies, integrations, and advanced tools for IT management.

特典の詳細Offer details

プラン名Offer name プラン IDOffer ID マテリアル IDMaterial ID
GCC 向けの Advanced CommunicationsAdvanced Communications for GCC 56fe76f5-f4ba-4fac-9561-d0daf59b01a156fe76f5-f4ba-4fac-9561-d0daf59b01a1 7FB-000037FB-00003

よく寄せられる質問Frequently asked questions

Advanced Communications の概要What is Advanced Communications? この新しい Microsoft Teams アドオンは、お客様のコミュニケーション エクスペリエンスをさらに向上させるのに役立ちます。This new Microsoft Teams add-on enables customers to further enhance their communication experience. これは、顧客が登録している任意の Microsoft 365 SKU の追加として購入できます。It can be purchased on top of any Microsoft 365 SKU that they are subscribed to.

コストはいくらかかりますか?How much does it cost? この商用 ERP は、1 ユーザーあたり月額 12 米国ドルです。The commercial ERP is USD12 per user per month.

このアドオンを購入できるのはどの顧客ですか?Which customers can purchase the add-on? GCC の顧客がアドオンを購入できます。GCC customers can purchase the add-on.

どのようにして購入できますか?How can it be purchased? このアドオンは、Enterprise Agreement、Enterprise Agreement サブスクリプション、教育ソリューション加入契約、CSP、または Web ダイレクトから購入できます。The add-on can be purchased through Enterprise Agreement, Enterprise Agreement Subscription, Enrollment for Education Solutions, CSP, or Web Direct.

どこで販売できますか?Where can it be sold? 米国市場で販売できます。It can be sold in US markets.

前提条件は何ですか?What are the prerequisites? Microsoft Teams が含まれるすべての Microsoft 365 または Office 365 スイートでこのアドオンを利用できます。Any Microsoft 365 or Office 365 suite that includes Microsoft Teams can have this add-on.

次のステップNext steps

組織内の関係者とこの情報を共有し、アップセルとクロスセルの機会を理解します。Share this information with the relevant contacts in your organization and understand the upsell and cross-sell opportunities. Teams パートナー ガイドのリソースに関するセクションを参照してください。Review the resources section of the Teams Partner Guide.


Dynamics 365:最近のリリースと、今後の新しいオファーおよび製品Dynamics 365: Recently launched and upcoming new offers and products

CategoriesCategories

  • 日付:2020-11-2Date: 2020-11-2
  • 製品サービス/市場Offers/Markets

対象Impacted audience

直接プロバイダー、間接プロバイダー、間接リセラーDirect providers, indirect providers, and indirect resellers

詳細Details

新しいプランNew offers

Microsoft では、2020 年 11 月 1 日に Dynamics 365 Project Operations オファーをリリースし、商用顧客向けの Dynamics 365 Project Service Automation (PSA) を削除しました。On November 1, 2020, Microsoft released Dynamics 365 Project Operations offers and removed Dynamics 365 Project Service Automation (PSA) for commercial customers. この記事では、このリリースによる二重使用権の対応付けと、独立系ソフトウェア ベンダー (ISV) による新しい組み込みオファーに関する追加の情報をお知らせします。This communication provides additional information regarding dual use rights mapping from this launch and new independent software vendor (ISV) embedded offers.

Project Operations ISV Embed オファーProject Operations ISV Embed offers

Microsoft では、2020 年 11 月 1 日にクラウド ソリューション プロバイダー (CSP) 顧客を対象として、Dynamics 365 for Project Operations 向けの 3 つの追加の 36 か月 ISV Embed オファーをリリースしました。On November 1, 2020, Microsoft released three additional 36-month ISV Embed offers for Dynamics 365 for Project Operations to Cloud Solution Provider (CSP) customers. SKU の詳細については、Dynamics CSP オファー - 2020 年 11 月の Excel ドキュメントの [Project Operations] タブをご覧ください。See the Project Operations tab in the Dynamics CSP Offers-November 2020 Excel document for the SKU details.

Project Operations の二重使用権の対応付けProject Operations dual-use rights mapping

Project Operations オファーに関する Dynamics 365 二重使用権のオンプレミス対応付けについての情報は、次の表をご覧ください。You can find information on Dynamics 365 dual use rights on-premises mapping for the Project Operations offers in the following table:

D365 Operations オファーD365 Operations offer D365 オンプレミス二重使用権の対応付けD365 on-premises dual use rights mapping
D365 Operations オファーD365 Operations offer D365 オンプレミス二重使用権の対応付けD365 on-premises dual use rights mapping
D365 Project OperationsD365 Project Operations D365 for Operations オンプレミス (AX Server)、Dyn365 Project Operations SKU (109108477) を使用D365 for Operations, on-prem (AX Server) using the Dyn365 Project Operations SKU (109108477)
D365 Project Operations AttachD365 Project Operations Attach D365 for Operations オンプレミス (AX Server)、Dyn365 Project Operations SKU (109108477) を使用D365 for Operations, on-prem (AX Server) using the Dyn365 Project Operations SKU (109108477)
Project Operations を含む D365 FinanceD365 Finance with Project Operations D365 for Operations オンプレミス (AX Server)、Dyn365 Project Operations SKU (109108477) を使用D365 for Operations, on-prem (AX Server) using the Dyn365 Project Operations SKU (109108477)
Project Operations を含む D365 Finance AttachD365 Finance Attach with Project Operations D365 for Operations オンプレミス (AX Server)、Dyn365 Project Operations SKU (109108477) を使用D365 for Operations, on-prem (AX Server) using the Dyn365 Project Operations SKU (109108477)
Project Operations を含む D365 Unified Operations – ActivityD365 Unified Operations – Activity with Project Operations D365 for Operations オンプレミス (AX Server)、Dyn365 Project Operations SKU (109108477) を使用D365 for Operations, on-prem (AX Server) using the Dyn365 Project Operations SKU (109108477)

発表済みPreviously announced

2020 年 11 月 1 日に Microsoft では次に挙げる新規および更新された Dynamics 365 および Power Platform オファーと製品を CSP 向けにリリースしました。On November 1, 2020, Microsoft released the following new and updated Dynamics 365 and Power Platform offers and products for CSP:

  • Dynamics 365 Customer Voice USLDynamics 365 Customer Voice USL

オファー ID の詳細については、Dynamics CSP オファー - 2020 年 11 月の Excel ドキュメントの [Project Operations] タブをご覧ください。Review the Project Operations tab in the Dynamics CSP Offers-November 2020 Excel document for the offer ID details.

詳細なリソースについては、Microsoft Dynamics 365 Customer Voice のホーム ページをご覧ください。You can find more resources on the Microsoft Dynamics 365 Customer Voice home page.

次のステップNext steps

この情報を組織内の関係する担当者と共有してください。Share this information with the relevant people in your organization.


非営利団体向けの Microsoft 365 Business Voice の導入Introducing Microsoft 365 Business Voice for nonprofit organizations

CategoriesCategories

  • 日付:2020-11-2Date: 2020-11-2
  • 製品サービス/市場Offers/Markets

まとめSummary

2020 年 11 月 1 日に Microsoft では非営利組織向けの Microsoft 365 Business Voice に新しい SKU を導入しました。On November 1 2020, Microsoft introduced new SKUs for Microsoft 365 Business Voice for nonprofit organizations.

対象Impacted audience

直接プロバイダー、間接プロバイダー、間接リセラーDirect providers, indirect providers, and indirect resellers

詳細Details

2020 年 11 月 1 日に Microsoft では Business Voice の新しい SKU を導入しました。On November 1, 2020, Microsoft introduced new SKUs for Business Voice. 完全なスイートは、カナダ、英国、米国で利用できます。The full suite is available in Canada, the United Kingdom, and the United States. Business Voice (通話プランなし) は、他のすべての市場で利用できるようになります。Business Voice without Calling Plan will be available in all other markets.

Microsoft 365 Business Voice は、中小企業向けのクラウド ベースの電話システムであり、Office 365 に組み込まれています。Microsoft 365 Business Voice is a cloud-based phone system for small- and medium-sized businesses, which are built into Office 365. 顧客の Office 365 サブスクリプションに Business Voice を追加すると、通話、チャット、ミーティングが 1 つのアプリケーション (Microsoft Teams) で、オールインワンの通信およびコラボレーション ソリューションとして提供されます。Adding Business Voice to a customer's Office 365 subscription delivers an all-in-one communication and collaboration solution with calling, chat, and meetings in a single application, Microsoft Teams.

料金の詳細については価格表をご覧ください。Refer to the price list for pricing details.

Microsoft 365 Business Voice は、次のサブスクリプションに最大 300 ユーザーまで追加できます。Microsoft 365 Business Voice can be added onto the following subscriptions for up to 300 users:

  • Office 365:Business Essentials、Business Premium、A1、E1、A3、E3Office 365: Business Essentials, Business Premium, A1, E1, A3, and E3
  • Microsoft 365:Business、A3、E3Microsoft 365: Business, A3, and E3

次の手順Next steps

  • プレビューの価格一覧についての詳細を理解し、組織内のすべての適切な担当者にこの情報を共有してください。Familiarize yourself and share the information in the preview price list with all appropriate contacts in your organization.
  • クラウド ソリューション プロバイダー プログラムの更新リソース ギャラリーにあるすべての準備資料をご確認ください。中小企業向けの Microsoft 365 Business Voice の導入Review all readiness materials on the Cloud Solution Provider Program Updates resource gallery: Introducing Microsoft 365 Business Voice for small and medium businesses.

Microsoft 365 Business Voice でクラウド ソリューション プロバイダー (CSP) プロモーションが利用可能Cloud Solution Provider (CSP) promo for Microsoft 365 Business Voice is now available

CategoriesCategories

  • 日付:2020-11-2Date: 2020-11-2
  • 製品サービス/市場Offers/Markets

まとめSummary

通話プラン付きの Microsoft 365 Business Voice と通話プランなしの Microsoft 365 Business Voice の新規および更新サブスクリプションで、割引価格を利用できます。Discount pricing available for New and renewal subscriptions of Microsoft 365 Business Voice with Calling Plan and Microsoft 365 Business Voice without Calling Plan.

対象Impacted audience

CSP プログラム経由で取引のあるすべてのパートナー様All partners transacting through the CSP program

詳細Details

2020 年 11 月 1 日から 2021 年 4 月 30 日まで、通話プラン付きの Microsoft 365 Business Voice と通話プランなしの Microsoft 365 Business Voice の新規および更新サブスクリプションには割引価格が適用されます。Effective November 1, 2020 through April 30, 2021, new and renewal subscriptions of Microsoft 365 Business Voice with Calling Plan and Microsoft 365 Business Voice without Calling Plan are subject to discount pricing. 通話プラン付きの Microsoft 365 Business Voice には 12 か月で 25% の割引、通話プランなしの Microsoft 365 Business Voice には 12 か月で 33% の割引が適用されます。Microsoft 365 Business Voice with Calling Plan is subject to a 25 percent discount for 12 months, and Microsoft 365 Business Voice without Calling Plan is subject to a 33 percent discount for 12 months.

特典の詳細Offer details

プラン名Offer name プラン IDOffer ID マテリアル IDMaterial ID
Microsoft 365 Business Voice 導入プロモーションMicrosoft 365 Business Voice Adoption Promo e7d1d0fa-b769-45c7-aaea-c3e6f7402691e7d1d0fa-b769-45c7-aaea-c3e6f7402691 PZX-00006PZX-00006
Microsoft 365 Business Voice 導入プロモーションMicrosoft 365 Business Voice Adoption Promo ef3ff6bb-a288-4a56-9204-97b37ff9a0b8ef3ff6bb-a288-4a56-9204-97b37ff9a0b8 PZW-00019PZW-00019
Microsoft 365 Business Voice (米国) 導入プロモーションMicrosoft 365 Business Voice (US) Adoption Promo 4244aed3-90ae-4754-8dc8-37f2e8d84e854244aed3-90ae-4754-8dc8-37f2e8d84e85 PZW-00020PZW-00020
Microsoft 365 Business Voice (通話プランなし) 導入プロモーションMicrosoft 365 Business Voice (without calling plan) Adoption Promo b71df433-6fd9-4549-886d-577f7aa06070b71df433-6fd9-4549-886d-577f7aa06070 PZY-00019PZY-00019
Microsoft 365 Business Voice (通話プランなし) 導入プロモーションMicrosoft 365 Business Voice (without calling plan) Adoption Promo 4ba4d580-4902-42b0-8411-a27358dd54054ba4d580-4902-42b0-8411-a27358dd5405 PZY-00016PZY-00016
Microsoft 365 Business Voice (通話プランなし) 導入プロモーションMicrosoft 365 Business Voice (without calling plan) Adoption Promo bbfd896b-e3d4-45ba-9319-14104d400069bbfd896b-e3d4-45ba-9319-14104d400069 PZY-00018PZY-00018
Microsoft 365 Business Voice (通話プランなし) 米国向け導入プロモーションMicrosoft 365 Business Voice (without Calling Plan) for US Adoption Promo 9b05d0b7-cfb4-42f1-9cc3-f698dba2838e9b05d0b7-cfb4-42f1-9cc3-f698dba2838e PZY-00017PZY-00017

これらのプロモーションは、次の顧客に影響します。These promotions affect the following customers:

  • まったくの新規顧客のテナントNet new customer tenants
  • CSP、Web ダイレクト、またはその他の Microsoft 商用チャネルで何らかの Business Voice または電話会議ライセンスについてアクティブまたは最近 (過去 30 日以内に) キャンセルされたサブスクリプションがない既存の顧客のテナントExisting customer tenants who do not have an active or recently canceled (within the last 30 days) subscription on any Business Voice or Audio Conferencing license on CSP, Web Direct, or any other Microsoft commercial channel

その他のリソースAdditional resources

次のステップNext steps

  • 会議と通話のプロモーションについての詳細を理解し、組織内のすべての該当する担当者とこの情報を共有します。Familiarize yourself with these meeting and calling promo opportunities and share this information with all appropriate contacts in your organization.
  • これらの販売促進を Microsoft 365 の営業活動に組み込みます。Incorporate these promotions in your Microsoft 365 sales motions.
  • Business Voice を Teams に追加する価値について顧客の意識を高めます。Drive awareness among customers about the value of adding Business Voice to Teams.