サポート連絡先の指定

適用対象

  • パートナー センター

顧客に対して Microsoft サービスのサブスクリプションを設定するとき、自社でサポートを提供するのではなく、指定リセラーを対象製品のテクニカル サポートとして割り当てることができます。

サポート連絡先を設定すると、指定したサポート連絡先の情報が、顧客の製品サポート ページに表示されます。 たとえば、Office 365 の顧客がサポートを必要とする場合、Office.com ページにアクセスして管理者の資格情報でログインし、[管理者] タイルを選ぶと、[サポート] セクションの下に指定のサポート連絡先が表示されます。

これは、マルチパートナー シナリオとマルチチャンネル シナリオで使用できます。

連絡先を指定する

  1. まず、指定する製品リセラーとの関係を要求します。 テクニカル サポートの代行を依頼するサポート契約について協議します。

  2. パートナー ダッシュボードで [顧客] を選択して顧客を選んだ後、Office 365 Business Premium などのサブスクリプションを選びます。

  3. [指定のサポート連絡先] で、指定する製品リセラーを選び、[送信] をクリックします。

    注:

    • サブスクリプションを新しく作成した時点では、指定のサポート連絡先は、既定で間接プロバイダーに設定されています。 これを、代理管理者特権を持つ間接リセラーに変更することもできます。

    • リセラーの名前が利用可能なサポート連絡先の一覧に表示されない場合は、関係を要求してそれらのリセラーを追加します。 関係が確立されると、それらのリセラーが一覧に表示されます。

  4. 変更内容が正しいことを確認した後、[閉じる] を選びます。

顧客との再販業者関係の削除