会社の職場アカウントとパートナー ダッシュボード

適用対象

  • パートナー センター

職場アカウントが必要な理由

アカウント ユーザーが職場アカウントのユーザー名とパスワードを使ってパートナー ダッシュボードにサインインできるように、会社の職場アカウントを新しいパートナー ダッシュボード アカウントにリンクする必要があります。

会社に職場アカウントが既にある場合は、そのアカウントをパートナー ダッシュボード アカウントにリンクできます。

注意: 既存の職場アカウントの使用を決める前に、パートナー ダッシュボードでの作業を必要とするアカウント内のユーザーの数を考慮してください。 パートナー ダッシュボードで作業する必要がないユーザーがアカウントに含まれている場合、パートナー ダッシュボードで作業する必要があるユーザーだけの新しいアカウントを作成することを検討してください。

職場アカウントが会社にまだない場合は、登録プロセスを通じて無料で作成できます。

職場アカウントが会社に既にあるかどうかわからない場合

会社に職場アカウントがあるかどうかわからない場合は、次の手順に従って確認します。 Microsoft Azure または Office 365 のアクティブなサブスクリプションがある場合は、既に職場アカウントが用意されています。

  1. Azure 管理ポータル (https://ms.portal.azure.com) にサインインします。
  2. メニューから Azure Active Directory を選択し、ドメイン名を選択します。
  3. 既に職場アカウントがある場合、ドメイン名が表示されます。

既存の職場アカウントの使用

既存の職場アカウントを使おうとしてもサインインで問題が発生する場合、状況に最も合うシナリオを次の図から探し、推奨される手順に従います。

職場アカウントがあるか、作成する必要があるかのチェック

Azure AD でドメインを追加する方法について詳しくは、Azure AD でのドメインの追加または関連付けに関するページをご覧ください。

Microsoft Azure について

Microsoft Azure は、マイクロソフトが管理するデータセンターのグローバル ネットワークで企業がアプリケーションの構築、展開、管理に使うことができるパブリック クラウド プラットフォームです。 企業は、Azure を使って、物理的なコンピューターではなく仮想的な機能やサービスを提供する仮想 IT インフラストラクチャを構築します。

Azure サブスクリプションを購入すると、実質的にはセキュリティで保護された専用のペースを Azure パブリック クラウド内に借りることになります。会社の物理的なビジネスを行うためにオフィス ビルのフロアを借りるのと大きな違いはありません。 オフィス ビルの所有者に対して、企業はテナントです。

Azure 職場アカウントは、Azure パブリック クラウドにおける企業の分離された専用の仮想表現です。Azure、Microsoft Intune、Office 365などの Microsoft クラウド サービスにサブスクライブすると作成されます。

職場アカウントには、Azure AD ユーザーとユーザーに関する情報 (パスワード、プロフィール データ、アクセス許可など) がホストされます。 職場アカウントには、グループ、アプリケーション、および会社とそのセキュリティに関連する他の情報も含まれています。