クラウド ソリューション プロバイダー契約、料金表、キャンペーン

適用対象

  • パートナー センター
  • 米国政府機関向け Microsoft Cloud のパートナー センター
  • Microsoft Cloud ドイツのパートナー センター

この記事では、マイクロソフトのクラウド ソリューション プロバイダー (CSP) プログラムに参加するための要件を示します。

クラウド ソリューション プロバイダー プログラム ガイド

クラウド ソリューション プロバイダー プログラムのパートナーとなるための要件が記載されています。

クラウド ソリューション プロバイダー パートナー向けプログラム ガイド

クラウド ソリューション プロバイダー パートナー契約

マイクロソフトのクラウド ソリューション プロバイダー プログラムへの参加を希望するパートナーは、この契約書に署名する必要があります。 販売を計画している市場のクラウドまたはナショナル クラウドに関するガイドを確認してください。

Microsoft Cloud リセラー契約 - 北米、中米、南米、カリブ諸国

Microsoft Cloud リセラー契約 - アジア、オーストラリア、太平洋諸国

Microsoft Cloud リセラー契約 - ヨーロッパ、中東、アフリカ

Microsoft Cloud リセラー契約 - 日本

Microsoft Cloud リセラー契約 - 韓国

Microsoft Cloud リセラー契約 - 台湾

Microsoft Cloud リセラー契約 - Microsoft Cloud ドイツ

Microsoft Cloud リセラー契約 - 米国政府機関向け Microsoft Cloud

顧客契約テンプレート

CSP のパートナーは、マイクロソフトによる契約条件 (マイクロソフト製品およびサービスの利用規約を含む) を顧客との間で確認する責任があります。 新規顧客との間で確認が必要な顧客契約は、以下のリンクからアクセスしてください。

顧客契約テンプレート

料金設定

ライセンスベースのサービスと使用量ベースのサービスの料金設定は、いずれも [ダッシュボード] メニューから [料金とプラン] ページを表示してダウンロードできます。

ライセンスベースの料金表は毎月改訂されており、新しい料金は発効日の 30 日前に公開されます。 ライセンスベースのサービスには、たとえば Office 365、Enterprise Mobility Suite、Microsoft Dynamics CRM があります。

使用量ベースの価格は変動的であり、頻繁に変更されています。 使用量ベースのサービスには、たとえば Microsoft Azure があります。

プラン

CSP パートナーは、Office 365、Enterprise Mobility Suite、Microsoft Dynamics CRM、Microsoft Azure をお客様に販売できます。 これらの製品ファミリで販売可能な製品やサービスおよび製品バンドルについて詳しくは、[ダッシュボード] メニューから [料金とプラン] ページにアクセスして、CSP のプランのマトリックスをご覧ください。 このドキュメントは毎月更新されます。

Crest Usage Record API を使用している CSP パートナーは、[料金とプラン]ページで CSP での Azure サービスの一覧を利用することもできます。