Microsoft Cloud ドイツのクラウド ソリューション プロバイダー プログラムへの登録

適用対象

  • Microsoft Cloud ドイツのパートナー センター

開始する前に

クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) プログラムに参加している Microsoft パートナーは、Microsoft Cloud ドイツのパートナー センターを使用して、欧州連合 (EU) または 欧州自由貿易連合 (EFTA) の加盟国/地域の顧客にクラウド ソリューションとクラウド サービスを販売することができます。

詳細については、Microsoft Cloud ドイツのパートナー センターを参照してください。

既にパートナー センターにアカウントをお持ちで、Microsoft Cloud ドイツの CSP に登録をご希望の場合は、Microsoft Cloud ドイツのパートナー センター用に別のアカウントを作成する必要があります。

重要
CSP プログラムに登録済みで、Microsoft Cloud ドイツの加盟国/地域内の顧客とパートナーにも販売を行うには、その特定の市場用に新しいパートナー センター アカウントを作成する必要があります。

パートナー センター アカウントを作成して Microsoft Cloud ドイツの CSP に登録するには、次の情報を入力する必要があります (登録プロセスを開始する前にあらかじめこの情報を調べておくことをお勧めします)。

  • お勤め先の Microsoft Partner Network (MPN) ID
  • Microsoft Cloud ドイツの対象国/地域 (現在は EU と EFTA の加盟国/地域に限定されています) のいずれかにある、お勤め先企業の事務所の住所

登録方法

手順 1 - Microsoft Cloud ドイツ用にパートナー センターのアカウントを作成する

  1. Microsoft Cloud ドイツの CSP に登録するには、https://partnercenter.microsoft.com/register/resellereujoinnow にアクセスして [サインイン] を選びます。

  2. 全体管理者の資格情報を使用して、貴社の Office 365、Microsoft Azure、Microsoft Dynamics の Microsoft Cloud ドイツ アカウントにサインインします。 これらのポータルのアカウントをお勤め先がお持ちでない場合は、[1 つ作成] を選択してサインアップしてください。

  3. 以下の情報を参考にパートナー センター アカウント作成フォームに入力し、[続行] を選びます。

    市場| お勤め先企業の所在国/地域を選びます。 EU または EFTA の加盟国/地域に事務所を持つ企業のみが、Microsoft Cloud ドイツ プログラムに参加して、対象市場の顧客に販売を行うことができます。 アカウントの作成後に市場を変更することはできません。 複数の市場で販売を行うには、販売を行う市場ごとにアカウントを作成します。

    Office location (事務所所在地) | Microsoft Cloud ドイツの対象市場内にある、お勤め先企業の代表事務所の住所と電話番号を入力します。

    パートナー センター管理者 | Microsoft に対応するプライマリ管理者アカウントとして指定でき、契約に署名することが可能な従業員の連絡先情報を入力します。

  4. ロボットでないことを証明するために、電話/SMS での認証が求められる場合があります。 電話番号は、前の画面で使用したものを入力します。 認証が終わったら Create account を選びます。 アカウントの確認画面が表示されます。 この画面の情報は後から必要になるので、保存またはメモしておきます。 [続行] を選びます。

手順 2 - Microsoft Cloud ドイツの対象市場でクラウド ソリューション プロバイダー パートナーとして申し込む

  1. Microsoft Partner Network ID やお勤め先のカスタマー サポートに関する情報など、不足している情報を登録フォームに入力します。

  2. Accept and continue を選びます。 アプリケーションの確認には数日かかる場合があります。 完了後、メールでお知らせします。

    重要
    Accept and continue を選択することにより、お勤め先の代理として行為する権限が認められていることを確認するもの、そして Microsoft がお勤め先のクラウド ソリューション プロバイダー アプリケーションを確認する前に与信審査を実行することを許可するものと見なされます。

手順 3 - Microsoft Cloud ドイツのリセラー契約に署名する

  1. アプリケーションの承認メールに記載されているリンクから、Microsoft Cloud ドイツのパートナー センターにサインインします。

  2. [契約] ページで条項を読み、同意する場合は Accept and continue を選択して Microsoft Cloud Germany のリセラー契約にデジタル署名します。 アカウントの作成には数時間かかる場合があります。 Microsoft Cloud ドイツのパートナー センターからサインアウトして、後でもう一度サインインします。

手順 4 - ドイツの Azure Portal でユーザーを管理エージェント ロールに割り当てる

Microsoft Cloud ドイツでは、ドイツ国内で運用される専用ネットワークを使用して、ドイツのデータ センターから Microsoft Azure の独立したインスタンスを提供しています。 管理者がドイツの Azure Portal でユーザーとライセンスを管理することを許可するには、手動で管理エージェントのロールを管理者に割り当てる必要があります。


ユーザーを管理エージェント ロールに割り当てると、ダッシュボード メニューに [顧客] メニューが表示され、顧客の一覧にアクセスし、新しい顧客を追加できるようになります。

  1. ドイツの Azure Portal (https://portal.microsoftazure.de/) にサインインします。

  2. 管理エージェント ロールを組織内の適切なユーザーに割り当てます。 これを行うには、組み込みの AdminAgent グループにこれらのユーザーを追加する必要があります。 これを行う方法については、「Azure Active Directory テナントでユーザーのグループ メンバーシップを管理する」を参照してください。