Microsoft Cloud for US Government のパートナー センターについてよく寄せられる質問Frequently asked questions for Partner Center for Microsoft Cloud for US Government

適用対象Applies to

  • 米国政府機関向け Microsoft Cloud のパートナー センターPartner Center for Microsoft Cloud for US Government

一般的な質問General questions

Microsoft Cloud for US Government のクラウド ソリューション プロバイダー (CSP) プログラムの詳細を確認するには、このよく寄せられる質問をご覧ください。Use these frequently asked questions to learn more about the Cloud Solution Provider (CSP) program for Microsoft Cloud for US Government. ここに記載されていない情報については、アカウント マネージャーにお問い合わせください。You can also contact your account manager for additional information.

米国政府機関向け Microsoft Cloud とは何ですか?What is Microsoft Cloud for US Government?

米国政府機関向けに一から設計された政府機関向け Microsoft Cloud では、大規模な連邦機関から小さな町の行政機関まで、米国の公共部門のお客様がさまざまなクラウド コンピューティング サービスを選択できます。Designed for the US government from the ground up, Microsoft Cloud for Government enables public sector customers in the United States—from large federal agencies to small town governments—to select from a range of cloud computing services. Microsoft は、お客様固有のニーズに対応するために、データセンターに大幅な投資を行っており、米国連邦政府および州のポリシー、規制、および要件への準拠を評価することを専門としています。To best address its customers' specific needs, Microsoft has made significant investment in data centers and is dedicated to meeting compliance with US federal and state policies, mandates, and requirements.

米国政府機関向け Microsoft Cloud の CSP プログラムには、だれが参加できますか?Who is eligible for the CSP program for Microsoft Cloud for US Government?

米国の連邦、州、地方自治体の行政機関にサービスを提供する米国内のパートナーは、Microsoft Cloud for US Government の CSP プログラム参加資格に適合します。Partners in the United States who serve US Federal, state, and local government entities in their governmental capacities are eligible for the CSP program for Microsoft Government cloud. マイクロソフトは、パートナーが米国政府機関向け Microsoft Cloud にアクセスする前に、参加資格の決定について厳密な検証プログラムを実施しています。Microsoft has a strict validation program to determine eligibility before partners can access Microsoft Government cloud. 参加資格を得るには、政府機関の顧客と連携して業務を行っていることを証明する必要があります。To qualify, you need to prove that you work with government customers. 米国政府機関向け Microsoft Cloud の CSP プログラムのサインアップ プロセスは、この検証を実行するために追加データをキャプチャするよう強化されています。The sign-up process for the CSP program in Microsoft Could for US Government has been augmented to capture additional data to perform the validation. 証明の種類としては、政府機関との契約番号や政府機関の顧客からの助成金証明書などがありますが、これらに限定されるわけではありません。Types of proof can include, but are not limited to, government contract numbers and letter of sponsorship from your government customer.

顧客向けの価格設定は商用 CSP の場合と同じですか?Is customer pricing the same as for CSP Commercial?

いいえ。No. 価格設定には、Microsoft Cloud for US Government で特別な価値を提供するための追加コストが反映されています。Pricing will reflect the additional costs to provide the unique value of Microsoft Cloud for US Government.

パートナー向けの割引モデルは同じですか?Is the partner discounting model the same?

はい。Yes. 米国政府向け Microsoft Cloud 用の CSP プログラムのパートナーディスカウントモデルは、CSP コマーシャルのパートナーディスカウントモデルと同じです。The partner discounting model for the CSP Program for Microsoft Cloud for US Government is the same as the partner discounting model for CSP Commercial.

商用 CSP は、既存のパートナー プログラムです。CSP Commercial is an existing partner program. これと米国政府機関向け Microsoft Cloud の CSP プログラムは、どのように違うのですか?How is the CSP program for Microsoft Government cloud different?

米国政府機関向け Microsoft Cloud の CSP プログラムは、以下の点で商用 CSP と異なります。The CSP program for Microsoft Government cloud is different than CSP Commercial in the following areas:

  • 参加資格: 米国政府機関向け Microsoft Cloud の CSP プログラムは、米国の連邦、州、地方自治体の行政機関にサービスを提供する米国内のパートナーのみが参加できます。Eligibility: The CSP program for Microsoft Government cloud is available only to partners in United States that serve US Federal, state, and local government entities in their governmental capacities. マイクロソフトは、パートナーが米国政府機関向け Microsoft Cloud にアクセスする前に、参加資格の決定について検証プログラムを実施しています。Microsoft has a validation program to determine eligibility before partners can access the US Government cloud.

  • オンボード: 米国政府機関向け Microsoft Cloud の CSP プログラムには、商用 CSP とは別のオンボードが必要です。Onboarding: Partners need to onboard to the CSP program for Microsoft Cloud for US Government separately from CSP Commercial.

  • 製品の利用可能性: Azure Government と、Office 365、Enterprise Mobility + Security、Dynamics 365 などのライセンスベースのサービスは、Microsoft Government Cloud の CSP プログラムで利用できます。Product availability: Both Azure Government and license-based services like Office 365, Enterprise Mobility + Security, and Dynamics 365 are available in the CSP program for Microsoft Government Cloud.

  • 契約: Microsoft クラウド リセラー契約 (MCRA) が、固有の政府機関向けの条件を反映するように更新されました。Contracting: The Microsoft Cloud Reseller Agreement (MCRA) has been updated to reflect unique government terms.

  • パートナー センターの機能: 法規制とコンプライアンスの要件を満たすために、米国政府機関向け Microsoft Cloud の CSP プログラムについては、パートナー センターの一部の機能が有効になりません。Partner Center functionality: Certain features of Partner Center will not be enabled for the CSP program for Microsoft Cloud for US Government to meet regulatory and compliance requirements. パートナーは、代わりに Azure Active Directory (Azure AD) や Graph API を使用して、ユーザーとグループの管理に関連するタスクを実行できます。Partners can use Azure Active Directory (Azure AD) or Graph API instead to perform tasks related to user and group management. 米国政府向けの Microsoft Cloud のためにライセンスベースのサービスを CSP で利用できる場合は、マルチチャネルとマルチパートナーのシナリオをサポートするリレーションシップ要求機能を、起動後に利用できるようになります。The Relationship request feature to support multi-channel and multi-partner scenarios will be available post-launch when license-based services are available on CSP for Microsoft Cloud for US Government.

まだ CSP パートナーではありません。I am not a CSP partner yet. CSP パートナーになる方法に関する詳しい情報はどこで確認できますか?Where can I find more information on how to become a CSP partner?

パートナーが利用できる登録モデルの詳細については、Microsoft Partner Network のクラウド ソリューション プロバイダーに関するページを参照してください。To learn more about enrollment models available to partners, see Cloud Solution Provider on the Microsoft Partner Network.

How does licensing work? (ライセンスはどのように機能しますか。)How does licensing work?

Microsoft クラウド リセラー契約 (MCRA)Microsoft Cloud Reseller Agreement (MCRA)

MCRA によって、パートナーは CSP を使用して再販できます。The MCRA authorizes partners to resell using CSP. 米国政府機関向け Microsoft Cloud をオンボードする際には、この契約の米国政府機関向けクラウドのバージョンが受け入れられます。The US Government Cloud version of this agreement is accepted when onboarding to Microsoft Cloud for US Government. このバージョンには、標準的なクラウド リセラー契約の後に、米国政府機関向けクラウドに関する補遺と追加条項 A が含まれています。This version has a US Government Cloud Addendum and Exhibit A after the standard Cloud Reseller Agreement.

米国政府機関向け Microsoft Cloud の MCRA は、次の 2 つの点で標準 MCRA と異なります。MCRA for Microsoft Cloud for US Government is different from the standard MCRA in the following two ways:

  • 米国政府機関向けクラウドに関する補遺には、米国政府機関向けのクラウド サービスの取引に関するパートナーの追加の責任事項が含まれています。US Government Cloud Addendum contains additional partner responsibility for transacting US Government Cloud services.

  • には、CSP とその顧客の間に入力された米国政府機関向けのクラウドサービスのすべての契約に組み込む必要がある Microsoft カスタマーアグリーメント (Microsoft カスタマーアグリーメント) が含まれています。Exhibit A contains the Microsoft Customer Agreement (Microsoft Customer Agreement) that must be incorporated into every contract for US Government Cloud services entered into between the CSP and its customer.

MCRA に表示される microsoft カスタマーアグリーメント (Microsoft カスタマーアグリーメント)Microsoft Customer Agreement (Microsoft Customer Agreement) presented as Exhibit A in MCRA

CSP は、米国政府機関向け Microsoft Cloud を購入する顧客と CSP の間で締結される政府機関向けの契約に追加条項 A を組み込む必要があります。CSPs are required to incorporate Exhibit A in the government Contract entered between CSPs and customers purchasing Microsoft Cloud for US Government. この契約は、パートナー センターで公開され、英語で提供されています。The agreement is published on the Partner Center, and is available in English.

米国政府機関向け microsoft カスタマーアグリーメントは、次の2つの方法で標準の Microsoft カスタマーアグリーメントとは異なります。Microsoft Customer Agreement for US Government Cloud is different from the standard Microsoft Customer Agreement in the following two ways:

  • その顧客と共に CSP の契約に組み込む必要があります。It is required to be incorporated into the CSP's contract with its customer.

  • 連邦、州、地方自治体の法律と規制に準拠するように調整されています。It has been tailored to comply with federal, state, and local laws and regulations.

Microsoft Cloud ディストリビューター契約 (MCDA)Microsoft Cloud Distributor Agreement (MCDA)

Microsoft Cloud ディストリビューター契約 (MCDA) は、販売代理店に CSP 経由での販売を認可するものです。The Microsoft Cloud Distributor Agreement (MCDA) authorizes distributors to sell via CSP. 米国政府機関向けクラウド バージョンの MCDA には、標準的な Microsoft クラウド リセラー契約 (MCRA) の後に、米国政府機関向けクラウドに関する補遺と追加条項 A が含まれています。The US Government Cloud version of the MCDA has a US Government Cloud Addendum and Exhibit A after the standard Microsoft Cloud Reseller Agreement (MCRA).

米国政府機関向け Microsoft Cloud の MCDA は、次の 2 つの点で標準 MCDA と異なります。MCDA for Microsoft Cloud for US Government is different from the standard MCDA in the following two ways:

  • 米国政府機関向け Microsoft Cloud に関する補遺には、米国政府機関向けのクラウド サービスの取引に関するパートナーの追加の責任事項が含まれています。Microsoft Cloud for US Government Addendum contains additional partner responsibility for transacting US Government Cloud services.

  • この製品には、CSP とその顧客の間に入力された米国政府機関向けのクラウドサービスのすべての契約に組み込む必要がある Microsoft カスタマーアグリーメント (Microsoft カスタマーアグリーメント) が含まれています。Exhibit A contains Microsoft Customer Agreement (Microsoft Customer Agreement) that needs to be incorporated into every contract for US Government Cloud services entered into between the CSP and its customers.

Microsoft Cloud for US Government を販売するには、どのような資格条件が必要ですか。What are the qualifications to sell Microsoft Cloud for US Government?

米国政府機関向け Microsoft Cloud の CSP プログラムを販売するための資格条件は商用 CSP の資格条件と同じで、直接パートナーと間接リセラーの両方が対象です。Qualification criteria to sell the CSP program for Microsoft Government Cloud is the same as the qualification criteria for CSP Commercial, open to both direct partners and indirect resellers. 商用 CSP プログラムの間接リセラーとして承認されている場合は、米国政府機関向け Microsoft Cloud の CSP プログラムの間接リセラーとして再登録する必要はありません。You do not need to be re-nominated to be an indirect reseller for the CSP program for Microsoft Government Cloud if you are approved as an indirect reseller for CSP Commercial.

既存のパートナーがI am an existing partner. 米国政府機関向け Microsoft Cloud の販売を行うには、何が必要ですか。What do I need to do to sell Microsoft Cloud for US Government?

パートナーは、法規制とコンプライアンスの要件を満たすために、米国政府機関向け Microsoft Cloud の CSP プログラムにオンボードする必要があります Partners will need to onboard to the CSP program for Microsoft Cloud for US Government to meet regulatory and compliance requirements. (Microsoft Cloud for US Government へのオンボードと商用 CSP へのオンボードは別です)。オンボードが完了すると、Microsoft Cloud for US Government 内で顧客の作成や利用可能なプランの処理を行うことができます。(Onboarding for Microsoft Cloud for US Government is separate from onboarding for CSP Commercial.) Once you onboard, you can create customers and transact offers available within Microsoft Cloud for US Government. API を利用している場合は、Microsoft National Cloud のパートナー センター向けの開発に関するページを参照してください。If you are leveraging APIs, see Developing for Partner Center for Microsoft National Cloud.

パートナー インセンティブに違いはありますか?Is there any difference in partner incentives?

いいえ。No. Microsoft Cloud for US Government の CSP プログラムにおけるパートナー インセンティブは、商用 CSP の場合と同じです。Partner incentives for the CSP program for Microsoft Cloud for US Government are the same as partner incentives for CSP Commercial. パートナー インセンティブの詳細については、Microsoft Partner Network ポータルを参照してください。To learn more about partner incentives, sign in to the Microsoft Partner Network portal.

請求に関する変更はありますか?Are there any changes to billing?

いいえ。No. Microsoft Cloud for US Government の CSP プログラムにおける請求条件および要件は、商用 CSP の場合と同じです。Billing criteria and requirements for the CSP Program for Microsoft Cloud for US Government are the same as billing criteria and requirements for CSP Commercial. 請求に関する詳細については、Microsoft Partner Network を参照してください。To learn more about billing, review the resources on Microsoft Partner Network.

商用データセンターでホストされているデータの場合、米国政府の Microsoft Cloud に変更することはできますか?For data hosted in commercial data centers, is it possible to change to Microsoft Cloud for US Government?

米国政府向けの Microsoft Cloud の分離の整合性を容易に維持するために、お客様の既存のサービスを米国政府向けの Microsoft Cloud に移行するメカニズムはありません。In order to facilitate and maintain the integrity of the isolation of Microsoft Cloud for US Government, there are no mechanisms to move a customer's existing services into Microsoft Cloud for US Government. 顧客やパートナーが Azure を使用している場合、米国政府機関向け Microsoft Cloud 内の新しい環境へのデータの移行は自己責任になります。If a customer or partner has Azure, they will be responsible for any data moves into a new environment within Microsoft Cloud for US Government.

Azure の米国政府の Microsoft Cloud に関する質問Questions about Microsoft Cloud for US Government for Azure

Microsoft Cloud for US Government for Azure とは何ですか?What is Microsoft Cloud for US Government for Azure?

Azure Government クラウドは、セキュリティ、プライバシーと管理、コンプライアンス、透過性の基本原則に基づいて構築されたクラウド プラットフォームを提供します。Azure Government cloud delivers a cloud platform built upon the foundational principles of security, privacy and control, compliance, and transparency. 公的機関に対して、物理的に分離された Microsoft Azure のインスタンスが提供されます。このインスタンスでは、Microsoft Azure のアーキテクチャに基づくすべてのシステムやアプリケーションについて、米国政府機関向けに必要な世界レベルのセキュリティおよびコンプライアンス サービスが採用されています。Public Sector entities receive a physically isolated instance of Microsoft Azure that employs world-class security and compliance services critical to US government for all systems and applications built on its architecture. これらのサービスには、FedRAMP および DoD コンプライアンス認証、CJIS の州レベルの契約、HIPAA 関係機関の契約を発行する機能、IRS 1075 のサポートなどがあります。These services include FedRAMP and DoD compliance certifications, CJIS state-level agreements, the ability to issue HIPAA Business Associate Agreements, and support for IRS 1075. Azure Government は、適格審査を受けた米国人によって運用され、オンプレミスまたはクラウドでソリューションを構築および展開するための複数のハイブリッド シナリオをサポートします。Operated by screened US persons, Azure Government supports multiple hybrid scenarios for building and deploying solutions on-premises or in the cloud. また、公的機関は迅速なスケール変更や、超大規模なクラウド サービスの保証されたアップタイムを活用できます。Public Sector entities can also take advantage of the instant scalability and guaranteed uptime of a hyper-scale cloud service.

Microsoft Cloud for US Government の CSP プログラムでは、すべての Azure サービスが提供されますか?Does the CSP program for Microsoft Cloud for US Government offer all Azure services?

現在は、IaaS (サービスとしてのインフラストラクチャ) と基本的なプラットフォーム/データ プランが利用可能です。Infrastructure as a service (IaaS) and fundamental platform and data offerings are available now. ロードマップは継続的に更新されます。また、パートナー センターでは商用 CSP 用ドキュメントなどのドキュメントが提供されます (認証が必要です)。The roadmap is updated on an ongoing basis and we provide documentation similar to documentation for CSP Commercial within Partner Center (authentication required). ここでは、現在利用可能な Azure Government のサービスを確認できますが、従来のコンピューティング、ネットワーク、ストレージ、およびクラウド サービスなど、一部のサービスは使用できないことに注意が必要ですYou can review Azure Government Services currently available here, but note that some services, such as classic compute, networking, storage and cloud services are not designed for and do not work for CSP.

米国政府機関向け Microsoft Cloud の CSP プログラムで開発を行うには?What do I need to do to develop with the CSP program for Microsoft Cloud for US Government?

米国政府機関向け Microsoft Cloud のパートナー センターを使用した開発の詳細については、米国政府機関向け Microsoft Cloud のパートナー センターによる開発に関するページを参照してください。For more information about developing with Partner Center for Microsoft Cloud for US Government see, Developing with Partner Center for Microsoft Government Cloud.

API の相違点はありますか?Are there any differences in APIs?

米国政府機関向け Microsoft Cloud の CSP プログラムにおける API および統合要件は、商用 CSP の場合と同じです。APIs and integration requirements for the CSP program for Microsoft Cloud for US Government are identical to APIs and integration requirements for CSP Commercial. 米国政府機関向け Microsoft Cloud 内のエンドポイントの詳細については、「パートナー センター REST の URL」を参照してください。For more information about endpoints in Microsoft Cloud for US Government see, Partner Center REST URLs.

注意

Microsoft Cloud for US Government の CSP プログラムでは、CREST API を使用できません。CREST APIs will not be available for the CSP program for Microsoft Cloud for US Government. これらの API は CSP で廃止に向けて処理中であるため、米国政府機関向け Microsoft Cloud でも使用できません。These APIs are being deprecated in CSP and therefore not available for Microsoft Cloud for US Government. 法規制とコンプライアンスの要件を満たすために、米国政府機関向け Microsoft Cloud の CSP プログラムでは、次の API は利用できません。To meet regulatory and compliance requirements, the following APIs will not be available in the CSP program for Microsoft Cloud for US Government.

ユーザー アカウントの管理User Account Management

  • 顧客のユーザー アカウントを作成するCreate user accounts for a customer
  • 顧客のユーザー アカウントを削除するDelete user accounts for a customer
  • 顧客のユーザー アカウントを更新するUpdate user accounts for a customer
  • 顧客のすべてのユーザー アカウントの一覧を取得するGet a list of all user accounts for a customer
  • 顧客のユーザー パスワードをリセットするReset user password for a customer
  • 顧客のユーザー ロールを取得するGet user roles for a customer
  • 顧客のユーザー ロールを設定するSet user roles for a customer
  • 顧客の削除されたユーザーを表示するView deleted users for a customer
  • 顧客の削除されたユーザーを復元するRestore a deleted user for a customer

ライセンス管理License Management

  • 利用可能なライセンスの一覧を取得するGet a list of available licenses
  • ユーザーにライセンスを割り当てるAssign licenses to a user
  • ユーザーに割り当てられているライセンスを確認するCheck which licenses are assigned to a user

Microsoft Cloud for US Government の CSP プログラムで使用できない API について、回避策はありますか?Is there a workaround for APIs not available in the CSP program for Microsoft Cloud for US Government?

パートナーは、パートナーのユーザーアカウント管理に Azure portal、Azure AD PowerShell、または Graph API を使用できます。Partners can use the Azure portal, Azure AD PowerShell, or the Graph API for partner user account management. その他の技術情報については、米国政府機関向けクラウドのパートナー センターによる開発に関するページを参照してください。For additional technical information see, Developing with Partner Center for Government Cloud.

その他のリソースに関する質問Questions about other resources

詳細情報を得るには?Where can I learn more?

次のリンクを使用して、CSP プログラムについて理解し、米国政府向け Microsoft Cloud のパートナーセンターでの開発について学ぶことができます。Use the following links to familiarize yourself with the CSP program and learn about developing with Partner Center for Microsoft Cloud for US Government.

他にも質問がある場合は?Where should I go if I still have questions?

ここに記載されていない情報については、アカウント マネージャーにお問い合わせください。Contact your account manager for additional information. さらに、Azure Government の CSP に固有の Yammer グループにご参加ください。In addition, join our Yammer group specific to CSP for Azure Government.

次のステップNext steps