パートナーセンターでメトリックを使用して、導入と満足度を高めるUse metrics in Partner Center to increase adoption and satisfaction

適用対象Applies to

  • パートナー センターPartner Center
  • クラウド ソリューション プロバイダー プログラムCloud Solution Provider program

適切なロールAppropriate roles

  • グローバル管理者Global admin
  • ユーザー管理者User admin
  • 管理エージェントAdmin agent
  • 販売代理店Sales agent

弊社のパートナーは、多くの指標を使用してビジネスが拡大しているかどうか、重点的に投資する分野はどこであるかを測ります。Our partners use many metrics to gauge whether their business is growing and where to focus investment. パートナー センターは、顧客が購入したライセンスの使用の有無や活用方法に関するデータを提供することでそれをサポートします。Partner Center can help by providing data about if and how your customers are using the licenses that they've purchased. この情報は Office 製品 (SharePoint に含まれる OneDrive for Business を含む) について提供されます。This information is available for Office products (including OneDrive for Business, which is counted together with SharePoint).

すべての顧客のデータはクラウド ソリューション プロバイダー プログラムを通じて確認できます。You can see data for all of your customers through the Cloud Solution Provider program. 一部のお客様は、他のパートナーから、または直接 Microsoft からライセンスを購入できます。Some customers may buy licenses from other partners or directly from Microsoft. このような状況では、すべてのパートナーにわたるライセンス合計が表示されます。For these situations, you will see the total licenses across all partners. 貴社が販売したライセンスのみを表示するには、代わりに顧客のサブスクリプションに移動します。To see only your own licenses, go to the customer's subscriptions instead.

注意

現時点では、Office 365 および Dynamics 365 のデータのみが表示されます。Currently, we only show data for Office 365 and Dynamics 365. 今後は、より多くの製品のデータが表示されるようになります。We will be enabling data for additional products in the future.

ライセンスとユーザー データを検索するFind license and user data

1人の顧客またはポートフォリオ全体のライセンスとユーザーデータを検索できます。You can find license and user data for a single customer or across your portfolio.

1人の顧客のライセンスとユーザーデータを検索するFind license and user data for a single customer

  1. パートナー センター ダッシュボードにサインインします。Sign into the Partner Center dashboard.

  2. パートナーセンター から 顧客 を選択するSelect Customers from the Partner Center

  3. 顧客を選択します。Choose a customer.

  4. [ Customer insights] を選択します。Select Customer insights.

ポートフォリオ全体のライセンスとユーザーデータを検索するFind license and user data across your portfolio

  1. パートナー センター ダッシュボードにサインインします。Sign into the Partner Center dashboard.

  2. [ 分析] を選択し、メニューのいずれかの分析オプションを選択します。Select Analyze, and choose from any of the analytics options on the menu.

  3. 顧客セット全体でデプロイと使用状況データをダウンロードするには、[ エクスポート ] (下向き矢印) オプションを選択します。To download deployment and usage data across your entire customer set, select the export (down-arrow) option.

用語:Terminology:

  • 権利 = ユーザーが使用できるライセンス (不正アクセスまたは非支払いのために中断されていない、別のライセンスにアップグレードされていない、ユーザーによって取り消されていない、など)Entitlement = a license that the user is entitled to use (it is not suspended for fraud or non-payment, it hasn't been upgraded to a different license, it hasn't been canceled by the user, etc.)

  • [アクティブ] = 登録されているユーザーが過去28日間にタスクの権利を使用していた場合。Active = if the subscribed user has used the entitlement for a task in the last 28 calendar days.

  • 展開率 = 割り当てられているライセンス数/販売したライセンス数Deployment % = assigned licenses/sold licenses

  • 使用率 (%) = アクティブユーザー/合計ユーザー数Usage % = active users/total users

    使用率は 100% を超えることがあります。Sometimes the usage % is inflated, or greater than 100%. これは、いくつかの理由で発生します。This can happen for several reasons:

    • 顧客の従業員が退職し、ライセンスが新しいユーザーに転送された場合。If the customer had employee turnover and the license was transferred to a new user.

    • 顧客がある SKU について 2 つのサブスクリプションを持っており、一方が猶予期間中、無効、またはプロビジョニング解除の状態である場合。両方のサブスクリプションの権利に 28 日の期間中のアクティブな使用率が登録されますが、合計権利数にカウントされるのは一方のみです。If the customer has two subscriptions for a SKU, but one is In Grace Period, Disabled, or De-provisioned, entitlements in both subscriptions may register active usage during the 28-day period but only one is counted in the total.

    • 顧客が試用版のサブスクリプションを持っている場合。そのサブスクリプションはアクティビティにはカウントされますが合計権利数にはカウントされません。If the customer has a trial subscription, activity is counted but the subscription isn't counted towards the total entitlements.

    • 一部の顧客がライセンスで付与されている権利の数を大幅に超える Yammer を使用している場合。データが大幅に歪められることがあります。If some customers are using Yammer significantly more than they are entitled to by their license it can skew the data dramatically.

次の手順Next steps

多くのヘルプと操作方法に関する質問をフィールディング、アカウントの導入数が少ない場合、販売機会をお探しの場合は、トレーニングコースを提供することを検討してください。If you are fielding many Help and How-to questions, the adoption numbers on your account are low, or you're looking for up sell opportunities, you may want to consider offering training courses. 顧客が購入したクラウドソリューションソフトウェアをより適切に使用する方法を説明することで、生産性と満足度が向上し、サポートニーズが減少します。By teaching your customers how to better use the cloud solution software they have purchased, you're more likely to see an increase in productivity and satisfaction, and a decrease in support needs.

顧客の導入と使用を改善する方法を検討する-いくつかのシナリオConsidering how to improve customer adoption and usage - a couple scenarios

問題: ユーザーの導入率が低く、多くのライセンスが使用されていません。Problem: The user adoption rate is low, and many licenses aren't being used.

考慮す べき点: お客様は、ソフトウェアが提供できる価値を理解していない可能性があります。What to consider: Customers might not understand the value that the software could provide. 彼らは、既に行っているタスクを簡素化したり、新しい種類の生産性を実現したりするために、その日に組み込む方法を構想するのに役立つ情報を必要としています。They need help envisioning the ways they could incorporate it into their day to simplify tasks that they're already doing, or to enable new kinds of productivity.

試してみるべき こと: ケーススタディ、特定のシナリオに関するユーザーの推薦、チュートリアルのブログ、ビデオ。What to try: Case studies, user testimonials about specific scenarios, tutorial blogs, or videos.

問題: ヘルプと操作方法に関する質問に対するサポート呼び出しが大量に発生しています。Problem: There is a high volume of support calls for help and how-to questions.

考慮すべき点: お客様は、本ソフトウェア、製品バージョン、または仕事を初めて使用する場合があります。What to consider: Customers may be new to the software, to the product version, or to their task.

目的: トレーニング (個人またはオンライン) を提供する2つの戦略を使用して、顧客の全体的な専門知識を高めながら、お客様が利用できるセルフサービスオプションの一部を昇格させることができます。What to try: You can use a dual strategy of offering training (in person or online) to increase customers' overall expertise, while also promoting some of the self-service options available to customers.

サポートの連絡先情報に加えて、サポートサイトを再設計して、カスタマーの セルフサポート に記載されているセルフサービスオプションを含めることもできます。You may want to redesign your support site to also include the self-service options described in Customer self-support in addition to your support contact information.