レポート クエリの削除 API

この API ではユーザー定義クエリを削除します。

要求の構文

Method 要求 URI
DELETE https://api.partnercenter.microsoft.com/insights/v1/mpn/ScheduledQueries/{queryId}

要求ヘッダー

ヘッダー Type 説明
承認 string 必須。 フォーム内の Azure Active Directory (AAD) アクセストークンBearer <token>
Content-Type string Application/JSON

パス パラメーター

パラメーター名 Type 必須 説明
queryId string いいえ 引数で指定された ID を持つクエリのみの詳細を取得するフィルター

Query parameter (クエリ パラメーター)

なし

要求ペイロード

なし

用語集

None

応答

応答ペイロードは、次のように構成されます。

応答コード: 200、400、401、403、404、500

応答ペイロードの例:

{ 
  "Value": [ 
    { 
      "QueryId": "string", 
      "Name": "string", 
      "Description": "string", 
      "Query": "string", 
      "Type": "string", 
      "User": "string", 
      "CreatedTime": "string", 
    } 
  ], 
  "TotalCount": 0, 
  "Message": "string", 
  "StatusCode": 0, 
}

用語集

次の表に、応答の主な要素を定義します。

パラメーター 説明
QueryId 削除されたクエリの一意の UUID
名前 削除されたクエリの名前
説明 削除されたクエリの説明
クエリ 削除されたクエリのレポート クエリ文字列
ユーザーが作成したクエリのユーザーのために設定
User クエリを作成したユーザーの ID
CreatedTime クエリの作成時刻
TotalCount Value 配列内のデータセットの数
Message API の実行からのステータス メッセージ
StatusCode 結果コード。 200、400、401、403、500 の値になる可能性があります