レポート実行の再開 API

実行時に、この API は一時停止されたレポートのスケジュールされた実行を再開します。

要求の構文

Method 要求 URI
PUT https://api.partnercenter.microsoft.com/insights/v1/mpn/ScheduledReport/resume/{ReportID}

要求ヘッダー

ヘッダー Type 説明
承認 string 必須。 フォーム内の Azure Active Directory (AAD) アクセストークンBearer <token>
Content-Type string Application/JSON

パス パラメーター

パラメーター名 Type 必須 説明
reportId string No 変更されるレポートの ID

Query parameter (クエリ パラメーター)

なし

要求ペイロード

なし

用語集

None

応答

応答ペイロードは、次のように構成されます。

応答コード: 200、400、401、403、404、500

応答ペイロードの例:

{ 
  "Value": [ 
    { 
      "ReportId": "string", 
      "ReportName": "string", 
      "Description": "string", 
      "QueryId": "string", 
      "Query": "string", 
      "User": "string", 
      "CreatedTime": "string", 
      "ModifiedTime": "string", 
      "ExecuteNow": true, 
      "StartTime": "string", 
      "ReportStatus": "string", 
      "RecurrenceInterval": 0, 
      "RecurrenceCount": 0, 
      "CallbackUrl": "string", 
      "CallbackMethod": "string", 
      "Format": "string" 
    } 
  ], 
  "TotalCount": 0, 
  "Message": "string", 
  "StatusCode": 0, 
} 

用語集

次の表に、応答の主な要素を定義します。

パラメーター 説明
ReportId 再開されたレポートの汎用一意識別子 (UUID)
ReportName 作成時にレポートに指定された名前
説明 レポートの作成時に指定された説明
QueryId レポートの作成時に渡されたクエリ ID
クエリ このレポートに対して実行されるクエリ テキスト
User レポートの作成に使用するユーザー ID
CreatedTime レポートが作成された時刻。 時刻の形式は yyyy-MM-ddTHH:mm:ssZ です
ModifiedTime レポートが最後に変更された時刻。 時刻の形式は yyyy-MM-ddTHH:mm:ssZ です
Execu レポートの作成時に設定された実行時のフラグ
StartTime レポートの実行が開始される時刻。 時刻の形式は yyyy-MM-ddTHH:mm:ssZ です
ReportStatus レポート実行のステータス。 有効な値は、一時停止、アクティブ、および非アクティブです。
RecurrenceInterval レポートの作成中に指定された繰り返し間隔
RecurrenceCount レポートの作成中に指定された繰り返し回数
CallbackUrl 要求で指定されたコールバック URL
"/" メソッド 要求に指定されたコールバックメソッド
フォーマット レポート ファイルの形式
TotalCount Value 配列内のデータセットの数
Message API の実行からのステータス メッセージ
StatusCode 結果コード。 200、400、401、403、500 の値になる可能性があります