マルチチャンネルのサポート

適用対象

  • パートナー センター
  • 米国政府機関向け Microsoft Cloud のパートナー センター
  • Microsoft Cloud ドイツのパートナー センター

パートナー ダッシュボードのマルチチャンネル機能は、顧客が他から購入したサブスクリプションの管理やサポートをパートナーに依頼する場合のシナリオに対応します。 マルチチャンネルのサポートは次の場合に適用されます。

  • 顧客が既にマイクロソフトから直接サブスクリプションを購入した場合、または Advisor プログラム、Open プログラム、EA プログラムを通じて購入した場合。

  • 顧客がクラウド ソリューション プロバイダー プログラムに参加していないまたは Microsoft Syndication パートナーでないサード パーティからサブスクリプションを購入した場合。 顧客は既存のライセンスベースのサブスクリプションを、クラウド ソリューション プロバイダー プログラムに参加していない別のパートナーに切り替えることはできません。サブスクリプションの期間が終了するまで待つか、移行する前にサブスクリプションをキャンセルする必要があります。

ライセンスベースのサービス

マルチチャンネル アカウントのサポートを提供するには、サブスクリプションを管理するためのアクセス許可を顧客に要求する必要があります。 この手順について詳しくは、「顧客との再販業者関係の要求」をご覧ください。

使用量ベースのサービス

顧客が、Advisor プログラム、Open プログラム、EA プログラムなどの別のチャンネルから Microsoft Azure サブスクリプションを既に取得している場合、パートナーはパートナー センターで新しい Azure サブスクリプションを作成し、サブスクリプションの詳細情報を手動で入力した後、個別のサービスまたはサブスクリプション全体を取り消す必要があります。

たとえば、顧客が別のパートナーの Microsoft Azure サブスクリプションを既に持っている場合は、Azure サービスを他のパートナーに切り替えることができます。 詳しくは、「Azure サブスクリプションの別のパートナーへの切り替え」をご覧ください。

重要
現在、CSP パートナーが別の CSP パートナーにオンライン サービスを再販することはできません。 マイクロソフトでは、すべてのプログラムのポリシーと機能を継続的に見直してています。 機能のリリースに関するすべての情報は、パートナー ダッシュボードなど、通常の伝達方法でお知らせします。

関連項目

他のパートナーとの連携

間接のリセラー向け: 「間接プロバイダーとの提携

間接プロバイダー向け: 「間接リセラーとの提携