顧客の Azure 支出の予算の設定

適用対象

  • パートナー センター
  • 米国政府機関向け Microsoft Cloud のパートナー センター
  • Microsoft Cloud ドイツのパートナー センター

顧客の Azure の支出を予算内に収めるため、月額支出予算を設定して Azure の請求金額が予算を超えないように制限できます。 Azure の支出予算を設定すると、月の途中に顧客の Azure 関連の支出を予算と比較できます。 この機能を使うと、次のことができます。

  • 顧客の支出が予算限度に近づいた場合にメールで通知を受け取ります。
  • 顧客の毎月の Azure コストの見込みを確認します。
  • 正しく構成されていないサービス、または詐欺を暗示する異常な利用状況の傾向を見つけます。
  • お客様と連携して根本的な問題を特定し、コストを管理します。
  • 貴社と顧客のニーズに合わせて、予算をより高い額に変更します。

Azure の支出データは推定値であり、実際の請求金額は異なることがあります。また、税、クレジット、調整額、または適用されることがあるその他の料金は値に反映されていません。 支出データは 1 日 1 回更新されます。 Azure ポータルでアカウント設定を変更しない限り、顧客の Azure サービスおよびリソースの使用は継続され、顧客に課金されます。

この機能は、サンドボックスまたは Test in Production (TIP) アカウントでは使用できません。

メール通知を有効にする

  1. [ダッシュボード] メニューの [Microsoft Azure のご利用状況] を選びます。
  2. 顧客の使用量が予算の 80% に達した場合に通知を受け取るには、[メールの取得] オプションをオンにします。 これにより、Azure の請求を監視できます。 通知を受け取る既定のメール アドレスを個人のアドレスなどに変更できます。

予算を設定する

  1. [ダッシュボード] メニューの [Microsoft Azure のご利用状況] を選びます。
  2. 予算を設定する顧客を選択します。
  3. [毎月の予算] ボックスに値を入力し、[適用] を選びます。
  4. 現在の支出を確認するには、このページに戻ります。
  5. 個々の予算は、お客様の管理ページの [Usage-based subscriptions] (使用量ベースのサブスクリプション) で設定することもできます。

予算を削除する

  1. [ダッシュボード] メニューの [Microsoft Azure のご利用状況] を選びます。
  2. 一覧から顧客を選びます。
  3. [予算の削除] を選びます。

明細コストを確認する

  1. [ダッシュボード] メニューで [顧客] を選びます。
  2. 顧客の一覧からお客様を選びます。
  3. お客様の管理ページで、[Usage-based subscriptions] (使用量ベースのサブスクリプション) からサブスクリプションを選びます。 そのサブスクリプションの現在の推定使用量とサービスごとの明細コストの一覧を表示します。