パートナーが自分で使用するために Azure サブスクリプションを購入できるように Azure パートナー共有サービスを追加するAdd Azure Partner Shared Services so partners can buy Azure subscriptions for their own use

適切なロールAppropriate roles

  • グローバル管理者Global admin
  • 管理エージェントAdmin agent
  • 販売代理店Sales agent

Azure Partner Shared Services は、CSP プログラムのパートナー様向けの新しいプランの種類です。このプランでは、パートナー様自身が使用する Azure サブスクリプションを購入できます。Azure Partner Shared Services is a new offer type for partners in the CSP program enabling partners to purchase Azure subscriptions for their own use.パートナーにとっては、Microsoft との Azure ライセンス契約および再販契約を集約できるだけでなく、統一された方法で Azure を購入、追跡、管理できるようになります。  It creates the opportunity for partners to use a uniform method for purchasing, tracking, and managing Azure in addition to the ability to consolidate their Azure licensing and reselling agreements with Microsoft. Azure Partner Shared Services を使用すると、パートナーは、Microsoft マイクロソフトエンタープライズ契約および Web ダイレクトプログラムの場合と同じように、CSP で Azure サブスクリプションを柔軟に使用できるようになり、開発とテスト環境の構築、内部ワークロードのデプロイ、共有サービスやマルチテナントアプリケーションのホストなどのシナリオを開くことができます。With Azure Partner Shared Services, partners now have the same flexibility to use Azure subscriptions in CSP as they do in the Microsoft Enterprise Agreement and Web Direct programs, opening up scenarios such as: build development and test environments, deploy internal workloads, and host shared services or multi-tenant applications.  

共有サービス テナントを作成するCreate the shared services tenant

  1. [ 設定 ] [ > アカウント設定 ] [ > 共有サービス ] にアクセスします。Go to Settings > Account settings > Shared services.

    共有サービスのアカウント設定 >

  2. 共有サービス テナントをお持ちでない場合は、 [Create shared services] (共有サービスの作成) をクリックします。If you don't already have a shared services tenant, click Create shared services.

    共有サービスの作成

  3. これにより、共有サービス テナントが作成され、共有リソースや内部ワークロードで使用する Azure CSP Shared Services サブスクリプションの購入が行われます。This creates a shared services tenant and purchases the Azure CSP Shared Services subscription, to be used for shared resources and internal workload.

    テナントの作成とサブスクリプションの購入

Azure - Internal/Shared Services プランについてAbout the Azure- Internal/Shared Services offer

  • Azure-Internal/Shared Services サブスクリプションは、パートナーセンターを通じてアクセスされる CSP の新しい Azure プランの種類であり、パートナーは Azure を独自に使用することができます。The Azure - Internal/Shared Services subscription is a new Azure offer type in CSP accessed through Partner Center that partners get for their own use of Azure.

  • Azure-Internal/Shared Services プランは、割引とインセンティブに適合しています。Azure - Internal/Shared Services offer is eligible for discounts and incentives. Azure Partner Shared Services サブスクリプションは対象となり、RIs の購入に使用できます。Azure Partner Shared Services subscriptions are eligible and can be used to purchase RIs.

  • Azure - Internal/Shared Services プランは、共有サービス テナントにのみ適用できます。The Azure - Internal/Shared Services offer can only be applied to the shared services tenant.

  • Azure-Internal/Shared Services サブスクリプションの主な用途は、独自の開発目的で Azure を使用できるようにすることです。The primary use for the Azure - Internal/Shared Services subscription is so that you can use Azure for your own development purposes. このプランのプロビジョニングに使用する共有テナントは、Office 365 や Dynamics のライセンスなどの他のサービスには使用できません。The shared tenant you use to provision this offer cannot be used for other services such as Office 365 or Dynamics licenses.

  • サブスクリプションのキャンセルは、他のサブスクリプションと同様の方法で行うことができます。You can cancel the subscription like any other subscription. [ 設定 ] ビューの [すべての設定] [ > View all settings > 共有サービス ] にアクセスします。Go to the settings > View all settings > Shared services. Azure - Internal/Shared Services を選択して取り消します。Select the Azure - Internal/Shared Services subscription and cancel it.

Azure Partner Shared Services の利用状況の詳細にアクセスするAccessing Azure Partner Shared Services consumption details

Azure の利用状況は、CSP 請求書と調整ファイルに記載されます。You will find the Azure consumption on your CSP invoice and the reconciliation file. 請求書では、Microsoft Azure の明細項目の一部として含まれます。It will be included as part of Microsoft Azure line item in the invoice. 利用状況の詳細は、このプラン用に作成されたテナントに対して記録された調整ファイルで参照できます。The detailed consumption information will be available in the reconciliation file logged against the tenant that was created for this offer.

Azure Partner Shared Services の価格Azure Partner Shared Services pricing

Azure パートナーの共有サービスの新しい価格ファイルを確認するに Sell は、 > 価格とプラン の販売に関するページにアクセスし、当月の価格表を選択してください。To see the new pricing file for Azure Partner Shared Services go to Sell > Pricing and offers and select the current month's price list. 今後数週間のうちには、特定の価格カードの API もリリースされる予定です。In the coming weeks, a specific rate card api will also be released.

マーケットプレースのプランと Azure Partner Shared ServicesMarketplace offers and Azure Partner Shared Services

2019年3月1日の時点で、Azure Partner Shared Services (APSS) では Marketplace プランはサポートされなくなりました。As of March 1, 2019, Azure Partner Shared Services (APSS) no longer supports Marketplace offers.

マーケットプレースのサポートMarketplace support 2019 年 3 月 1 日より前にサポートされる APSSAPSS supported before March 1, 2019 2019 年 3 月 1 日以降After March 1, 2019
ライセンス持ち込み (BYOL) と無料サービスBring your own license (BYOL) and free services はいYes いいえNo
その他のサードパーティのマーケットプレースのプランOther third-party marketplace offers いいえNo いいえNo

APSS を使用してデプロイされた BYOL または無料のサービスを利用しているパートナーは影響を受けません。ただし、2019年3月1日以降、新しい BYOL または無料サービスを購入することはできません。Partners who have BYOL or free services deployed using APSS will not be impacted; however after March 1, 2019 they will not be able to purchase new BYOL or free services.

(BYOL と無料サービスだけでなく) 利用可能な Marketplace プランの完全なカタログを利用するには、CSP パートナーが web ダイレクト Azure サブスクリプションを使用して共有サービスをデプロイすることをお勧めします。To take advantage of the full catalog of Marketplace offers available (not just BYOL and free services), we recommend CSP partners deploy shared services using web direct Azure subscriptions. 以前にサードパーティの BYOL と無料のサービスリソースをデプロイしたことがあり、それを引き続き使用してサードパーティ製品をデプロイする場合は、 既存の Azure サブスクリプションの Web direct 移行に APSS サブスクリプションを移行することをお勧めします。CSP partners who have deployed third-party BYOL and free service resources from the Marketplace previously and wish to continue using them and deploy more third-party offerings are encouraged to migrate the APSS subscription to web direct Migrating Existing Azure Subscriptions.

2019年3月1日より後に APSS サブスクリプションの使用を予定しており、新しいサードパーティの Byol サービス または無料サービスをデプロイすることを計画しているパートナーは、isv の指示に従ってこれらを APSS サブスクリプションにデプロイできます。Partners, who plan to continue using APSS subscription after the March 1, 2019 and wish to deploy new third-party BYOL services or free services, can follow the instructions from ISVs to deploy these to their APSS subscriptions.

次の手順Next steps