Power Apps を使用して代替キーを定義する

Power Apps では、Microsoft Dataverse を使用してテーブルの代替キーを表示および作成する簡単な方法を提供します。 代替キーの詳細については、行を参照するための代替キーを定義する を参照してください。

Power Apps では最も一般的なオプションを設定できますが、特定のオプションはソリューション エクスプローラを使用してのみ設定できます。 詳細: ソリューション エクスプローラーを使用した代替キーの定義

重要

代替キーで使用される列内のデータに、/#<>*%&:\\? などの文字が含まれている場合は、GET または PATCH のアクションは機能しません。 一意性のみを必要とする場合はこの方法も使用することができますが、これらのキーをデータ統合の一部として使用する必要がある場合は、文字を持つデータを持たない列上でキーを作成するのが最善です。

代替キーを表示

  1. Power Apps (make.powerapps.com) で、データ > テーブル から、表示するべき列を含むテーブルを選択します。
  2. キー を選択すると、定義された代替キーのリストが表示されます。

代替キーを作成する

  1. 代替キーの表示 中に 新しいキー を選択します。

  2. パネルを使用して 表示名 を設定し、代替キーの作成に使用する列を選択します。

    名前 列は、表示名に基づいて設定されます。

    代替キー定義の例。

  3. 完了 を選択してパネルを閉じます。

  4. 代替キーを作成するには、テーブルの保存 をクリックします。

注意

代替キーはすぐに使用できません。 テーブルを保存して代替キーをサポートするデータベースのインデックスを作成すると、システム ジョブが開始されます。

代替キーの削除

代替キーを表示しているとき、削除するキーを選択し、コマンド バーから Delete キー を選択します。

関連項目

開発者ドキュメント: 代替キーに関する作業

注意

ドキュメントの言語設定についてお聞かせください。 簡単な調査を行います。 (この調査は英語です)

この調査には約 7 分かかります。 個人データは収集されません (プライバシー ステートメント)。