列の種類

種類に使用される名前は、使用するデザイナーによって異なります。 Power Apps では、データの形式が決定される方法が含まれる規則が使用されています。 ソリューション エクスプローラーの種類では、形式修飾子を持つデータベース データ型に沿った名前が使用されます。

Dataverse のデータ型の概要については、こちらの動画をご覧ください。

次の表には、対応する AttributeTypeDisplayName API の種類が含まれています。

Power Apps データ型 ソリューション エクスプローラーの種類 API の種類
多倍長整数 タイム スタンプ BigIntType
選択肢 オプション セット PicklistType
選択肢 MultiSelect フィールド MultiSelectPicklistType
通貨 通貨 MoneyType
顧客 顧客 CustomerType
日付と時間 日付と時間
日付と時刻 の形式
DateTimeType
日付のみ 日付と時間
日付のみ の種類
DateTimeType
10 進数 10 進数 DecimalType
期間 整数
期間 の形式
IntegerType
電子メール 1 行テキスト
メール 形式
StringType
ファイル ファイル FileType
浮動小数点数 浮動小数点数 DoubleType
イメージ イメージ ImageType
言語 整数
言語 形式
IntegerType
検索 検索 LookupType
複数行テキスト 複数行テキスト MemoType
所有者 所有者 OwnerType
電話 1 行テキスト
電話 形式
StringType
ステータス ステータス StateType
ステータスの理由 ステータスの理由 StatusType
テキスト 1 行テキスト
テキスト 形式
StringType
テキスト領域 1 行テキスト
テキスト領域 形式
StringType
株式銘柄コード 1 行テキスト
株式銘柄コード形式
StringType
タイムゾーン 整数
タイム ゾーン 形式
IntegerType
一意識別子 一意の識別子 または 主キー UniqueidentifierType
URL 1 行テキスト
URL 形式
StringType
整数 整数
なし 形式
IntegerType
はい/いいえ 2 つのオプション BooleanType

追加または編集可能な各種類の詳細については、対応するデザイナーの記事を参照してください。

列のデータの種類が API で定義される方法の詳細については、属性のメタデータを参照してください

システムにより使用される列の種類

デザイナーを使用して追加できないシステムにより使用される一部の列があります。

タイプ 説明
タイム スタンプ テーブルの更新管理のバージョン番号を取得するためにシステムが使用する、多倍長整数タイプ。
顧客 取引先企業、または取引先担当者である可能性がある顧客を指定するために使用する検索列です。
: この属性は、ソリューション エクスプローラー デザイナーを使用して追加できます。
担当者 テーブル行を所有するユーザーまたはチームを割り当てるユーザーまたはチームを参照するシステム検索列。
ステータス 状態列の詳細を提供するオプションがあるシステム列。 各オプションは使用可能な状態オプションの 1 つに関連付けられます。 オプションを追加または編集できます。

特定のテーブルにどの状態オプションを使用できるかを制御するカスタムの状態の遷移を含めることもできます。 詳細: ユーザー定義テーブルのステータス遷移の定義
状況 一般に、有効か無効のステータスに対応するオプションがあるシステム列。 いくつかのシステム属性には追加オプションがありますが、すべてのユーザー定義属性には 有効無効 のステータスオプションだけがあります。
一意識別子 システム列には、行ごとにグローバル一意識別子 (GUID) の値が保存されます。

テキスト列

テキスト列にはテキスト文字を含めることができます。 この列の種類には、テキストの表示方法を変更する複数のフォーマット オプションがあります。

テキスト列の概要については、次のビデオをご覧ください。

3 つの基本的なテキスト列タイプがあります。 以下に示す値はすべて文字数です。

列の種類名 規定値 最大値 説明
テキスト 100 4000 テキストの 1 行を受け入れいます。
テキスト領域 100 4000 テキストの複数行を受け入れます。 列に表示される行数を構成できます。 少量のテキストに使用します。
複数行テキスト 150 1048576 テキストの複数行を受け入れます。 列に表示される行数を構成できます。 大量のテキストが必要な場合に使用します。

選択肢

選択肢 と呼ばれる複数選択列を追加して、フォーム (メイン、簡易作成、簡易ビュー) とメールのテンプレートをカスタマイズできます。 選択肢列を追加するときは、ユーザーが選択できる複数の値を指定することができます。 ユーザーはフォームに記入する際、ドロップダウン リストに表示される値 1 つ、複数またはすべてを選択できます。

たとえば、組織が複数の領域または地域で実行すると、事業地域列の複数の場所または地域を含めることができます。 ユーザーは使用可能な値の一覧から、1 つまたは複数の場所を選択できます。

選択肢は読み取り専用グリッド、編集可能グリッドおよびほとんどのフォームで使用できます。 複数選択の選択肢は、次のものと一緒に使用することはできません:

  • ワークフロー、ビジネス プロセス フロー、アクション、ダイアログ、ビジネス ルール、チャート、ロールアップ列、または計算列。
  • レポート、SLA1、ルーティング規則1

1テーブルには Dynamics 365 Customer Service が必要です。

フォーム

複数選択列は以下のフォームの種類でサポートされます。

フォームの種類 可用性
Turbo フォーム 有効
更新フォーム 読み取り専用 (列は利用可能ですが、編集ができません)
レガシ フォーム 無効
一括編集フォーム 無効

複数選択の選択肢の値を設定するために、組織で定義されているグローバル選択肢を使用できます。

正しいタイプの数値を使用する

数値列フィールドに使用する正しいタイプを選択する際に、整数 または 通貨 タイプを選択する決断は簡単であるべきです。 浮動小数点 または 小数 の数値を使用する選択は、もっと複雑です。

このビデオを見て、使用する数字列の種類を決定してください。

小数は、指定したとおりにデータベースに格納されます。 浮動小数点数の数値は、その値の近似値が格納されます。 正確な値があるのに、なぜ近似値を使用するのか? 答えは、異なるシステム パフォーマンスを得るためです。

きわめて正確な計算が必要なレポートを提供する必要がある場合、または別の値と等しいまたは等しくない値を検索するクエリを使用する場合は小数を用います。

端数を表すデータを格納する場合や、不等号演算子を使用して他の値と比較するクエリする値を表すデータを格納する場合、浮動小数点数を使用します。 ほとんどの場合は、小数と浮動小数の違いには気づきません。 非常に正確な計算が必要とする以外、浮動小数点数が適しています。

多倍長整数 (または BigInt) は、最大値が 9,223,372,036,854,775,807 の大きな数値です。 これは、整数および小数の機能を超える非常に大きな数値を格納するために使用されます。 これを、タイム スタンプ値のストレージ、一意の ID、および 1,000 億を超える数などとして使用するユーザーもいます。

注意

BigIntは 現在、API を介してのみ使用できます。 これには、列の作成、データの作成、およびデータ管理が含まれます。

通貨列の使用

通貨列は、組織の行に使用できる複数の通貨を設定できるようにします。 組織で複数の通貨を使用する場合は、通常、基本通貨を使用する値を提供して計算を実行したいと思います。 他の通貨列持たないテーブルに通貨列を追加するとき、2 つ追加の列が追加されます。

  • 検索列は、組織で設定されたアクティブな通貨に設定できる 通貨 を呼び出します。 設定 > 事業部管理 > 通貨 で、組織に複数の有効な通貨を設定できます。 そこで、通貨と組織に設定された基本通貨との為替レートを指定できます。 複数の有効な通貨がある場合、通貨列をフォームに追加すると、ユーザーがこの行の金額に適用する通貨を指定できるようになります。 これにより、フォームの通貨列に表示される通貨記号が変更されます。

    個人も個人用オプションを変更して、作成した行の既定の通貨を選択することができます。

  • 為替レート と呼ばれる小数列は、テーブルと関連付けられた選択した通貨の基本通貨に対する為替レートを提供します。 この列をフォームに追加すると、ユーザーは値を表示できますが、編集できません。 為替レートは通貨と共に保存されます。

追加した通貨列ごとに、名前に接尾辞 _Base がある他の通貨列が追加されます。 この列には、追加した通貨列の計算値および基本通貨が格納されます。 この列をフォームに追加すると、編集できません。

通貨列を構成するときは、精度値を選択できます。 次の表に示したとおり、3 つのオプションだけです。

オプション 説明
[小数以下の精度の設定値] これは、設定 > 管理 > システム設定 > 全般タブ にある価格に使用する単一の組織の精度です。
通貨の有効桁数 このオプションは、行の通貨に定義されている精度を適用します。
特定の精度 これらの設定では、0 から 4 の間の値を使用して特定のセットの精度を定義することができます。

検索の別のタイプ

新しい検索列を作成するときには、今作業中のテーブルと検索で定義される ターゲット行の種類 との間の新しい多対 1(N:1) のテーブル関係を作成します。 この関連付けには追加構成オプションがあります。これらのオプションは、テーブル間の関連付けの作成と編集に説明されています。 すべてのカスタム検索では、単一のターゲット行の種類に対して単一の行の参照が可能なだけです。

ただし、すべての検索がこの方法で検索するわけではありません。 次に示すように、異なる種類のシステム検索があります。

検索の種類 内容
簡易 特定のテーブルに対して 1 つの参照が可能になります。 すべてのカスタム検索は、このタイプです。
顧客 取引先企業または取引先担当者の行に対する単一の参照を使用できます。
担当者 チームまたはユーザー行に対する単一の参照を使用できます。 すべてのチームまたはユーザー所有のテーブルには、次のうち 1 つがあります。 詳細については次を参照してください: テーブルをアプリの検索オプションとして追加する
PartyList 複数のテーブルに対する複数の参照を使用できます。 これらの検索は、E-mail テーブルの 宛先 および CC 列に見られます。 これらは、電話および予定テーブルでも使用されます。
関連 複数のテーブルに対する単一の参照を使用できます。 これらの検索は、活動で使用する関連列にあります。

イメージ列

イメージ列を使用して、アプリケーションに行ごとに単一の画像を表示します。 各テーブルには、イメージ列を 1 つのみ設定できます。 標準テーブルではなく、ユーザー定義テーブルにイメージ列を追加できます。 一部の標準テーブルには、イメージ列が定義されています。

テーブルにイメージ列があっても、モデル駆動型アプリにイメージを表示するには 2 つの設定を設定を有効にする必要があります。

  • 標準テーブル定義 プライマリ イメージ プロパティ値は 既定イメージ に設定する必要があります。 ユーザー定義テーブルには、カスタム イメージ列が必要です。 次に、ユーザー定義テーブル定義の プライマリ イメージ 値にそのイメージ列を選択できます。
  • イメージが表示されるテーブル フォームでは、Show image in the form プロパティが有効になっている必要があります。

ユーザーはイメージを選択して、各自のコンピューターから写真をアップロードすることができます。 イメージは 10 MB 未満で、次の形式の 1 つである必要があります。

  • jpg
  • jpeg
  • gif
  • tif
  • tiff
  • bmp
  • png

イメージをアップロードするとき、.jpg 形式に変換され、すべてのダウンロードされた画像もこの形式を使用します。 動画の .gif をアップロードした場合、最初のフレームのみが保存されます。

イメージをアップロードすると、サムネイル画像として 144 x 144 ピクセルの最大サイズまでサイズ変更されます。 ユーザーはイメージがこのサイズで問題なく表示されるように、それをアップロードする前にサイズ変更するか端を切り取る必要があります。 すべての画像は正方形に切り取られます。 イメージの両側が 144 ピクセルより小さければ、イメージは小さなほうの側面に合わせて正方形に切り取られます。

注意

画像列は、ビジネス プロセス フロー、ビジネス ルール、チャート、ロールアップ列、または計算列では使えません。

画像列を作成してフォームに追加する

  1. https://make.powerapps.com に移動して、ソリューション を選択して、次に、画像列を追加するテーブル フォームを含むアンマネージド ソリューションを開きます。

  2. 目的のテーブルを開いてから タブを選択します。

  3. コマンド バーで、列の追加 を選択します。

  4. 次のプロパティに値を入力または選択して、完了 を選択します。

    • レシピ画像 などの 表示名
    • 名前。 これは、ソリューション発行者プレフィックスを含む一意の名前であり、一度保存すると変更できません。
    • データ型画像 を選択します。
    • プライマリ イメージ。 プライマリ画像として設定されている画像列は、フォームの右上隅に表示されます。 各テーブルにはプライマリ 画像列を 1 つのみ設定できます。
    • 列セキュリティを有効にします。 特定の列へのアクセスを制御するために使用します。 詳細: アクセスを制御するフィールド レベル セキュリティ
    • 監査の有効化。 テーブル レコードおよびユーザー アクセスに対して加えられた変更のログの記録とユーザー アクセスが有効化されているので、活動を後で見直すことができます。 詳細: セキュリティおよび法令遵守の監査データとユーザーの活動
    • 対話型エクスペリエンス ダッシュボードで並べ替え可能。 インタラクティブ ダッシュボードの構成に使用される列を指定します。 詳細: フィルター列、およびインタラクティブ ダッシュボードのセキュリティロールの構成
    • 画像の最大サイズ。 既定値は 10,240 KB です。 最小数量が 1 KB、および最大数量が 30,720 KB です。
  5. テーブルの保存 を選択します。

  6. フォーム タブを選択して、テーブル メイン フォームなどの編集のためのフォームを開きます。

  7. 画像列をフォーム キャンバスに追加します。

  8. フォーム エディター コマンド バーで、保存 を選択して、公開 を選択してユーザーに対して画像列を利用可能にします。

アプリ ユーザーがフォームに表示するイメージを選択できるようになりました。 アプリ ユーザーがレコードのフォームを開くとき、ファイルの選択 を選択して、画像を選択し、レコードを保存します。 次に、画像列が配置されているフォームに画像が表示されます。

この例の画像列はプライマリ画像であるため、画像はフォームの左上にも表示されます。

レシピ テーブル レコードに表示されたフライドポテトのプライマリ画像を使用した実行時のフォーム

ユーザーは 開く を選択して、新しいブラウザ タブに画像をフルサイズで表示するか、消去 を選択してレコード と Dataverse から画像を削除できます。

画像データを操作する開発者の詳細:

ファイル列

[このトピックはプレリリース ドキュメントであり、変更されることがあります。]

ファイル 列は、バイナリ データを格納するために使用されます。 この列の主な使用目的は、単一のイメージ、メモ、または添付ファイルを保存することです。 ただし、そのほかの形式のバイナリ データの保存もできます。 このデータ型の 1 つ以上の列を、既存の標準のカスタマイズ可能なテーブルまたはカスタム テーブルに追加できます。

既定の 最大ファイル サイズ は 32 MBで、設定できる最大サイズは 10 GBです。 ファイル サイズの制限は、テーブルに追加されるファイル タイプの列ごとに個別に設定できます。

注意

  • 最大ファイル サイズが一度保存されると、変更できません。
  • ファイル列は、ビジネス プロセス フロー、ビジネス ルール、チャート、ロールアップ列、または計算列では使えません。

ファイル列を作成するには、Power Apps の左側のペインで ソリューション を選択して、必要なソリューションを開き、必要なテーブルを開きます。 タブで 列を追加 を選択し、列のプロパティ ペインで、データ型 として ファイル を選択します。

ファイルのデータ型。

ファイル データを操作する開発者のための詳細: ファイル属性

注意

ドキュメントの言語設定についてお聞かせください。 簡単な調査を行います。 (この調査は英語です)

この調査には約 7 分かかります。 個人データは収集されません (プライバシー ステートメント)。