Power Apps におけるモデル駆動型アプリとは ?

モデル駆動型アプリの概要

モデル駆動型アプリの設計は、フォームビューチャートダッシュボード などのようなコンポーネントをアプリデザイナーツールを使用して テーブル へ追加することに焦点を当てたアプローチです。 さらに、リレーションシップ は、テーブル間のナビゲーションを可能にし、データが不必要に繰り返されないようにテーブルを接続します。

コードがほとんどないかないアプリ デザイナーを使用して、単純なアプリか非常に複雑なアプリをビルドできます。

プロセス駆動型アプリ

モデル駆動型アプリは、データ密度が高く、ユーザーが関連するレコード間を簡単に移動できるようにするプロセス駆動型アプリに特に適しています。 たとえば、新入社員のオンボーディング、販売プロセスの管理、銀行などの組織のメンバーのリレーションシップなどの複雑なプロセスを管理するアプリを構築している場合は、モデル駆動型アプリが最適です。

データ モデリング

モデル駆動型アプリと呼ばれていますが、多くの場合、データ・モデル 駆動型アプリのように考える方が簡単です。 これは、Microsoft Dataverse 内にデータモデルが格納されていないため、モデル駆動型アプリを作成することはできないからです。

ユーザー体験

ユーザーの観点からは、すべてのモデル駆動型アプリは同様の体験を提供し、これは両方とも多くのユーザーと使用するデバイスに対して アクセス可能です。 この体験は、以下に示す図のようになります。

この例では、アプリには 3 つの テーブル (課題、アイデア、チームプロジェクト) と、1 つの ダッシュボード、および複数の チャートビュー が含まれています。 ユーザーは、左側のウィンドウまたはダッシュボードを使用してテーブル間を移動できます。

サンプル モデル駆動型アプリ

モデル駆動型アプローチの利点

デザイナーがアプリ レイアウトを完全に制御する キャンバス アプリ 開発とは違い、モデル駆動型アプリではアプリ レイアウトの多くが自動的に決まり、アプリに追加する コンポーネント によって大部分が指定されます。

このアプリケーション開発方法には、いくつかの注目すべき利点があります。

  • データ モデルリレーションシップ が作成された場合、コンポーネントに重点を置いたノーコード設計者が豊富なため、ビルド プロセスは比較的迅速です。
  • アプリは、デスクトップからモバイルまで、さまざまなデバイスで同様のユーザー インターフェイスを備えています。
  • このアプリは、アクセス可能で、自動的に 応答可能 です。
  • ユーザー体験は、すべてのモデル駆動型アプリで一貫しています。 ユーザーが 1 つのモデル駆動型アプリに自信を持ったら、それ以降のアプリは組織内で簡単に採用できます。
  • 開発、テスト、運用 環境 の間でのアプリの移行を使用することは、ソリューション を使用すれば比較的簡単です。

モデル駆動型アプローチの利点に関する詳細

モデル駆動型アプリとキャンバス アプリの比較

キャンバス アプリでは、アプリの作成者がアプリのレイアウトを完全に制御します。 モデル駆動型アプリでは、レイアウトの多くは追加するコンポーネントによって決まります。 重点は、複雑なアプリの設計よりも、ビジネス データをすばやく確認して意思決定を行うことに置かれます。

カテゴリ モデル駆動型アプリ キャンバス アプリ
データ プラットフォーム Dataverse のみ コネクタを使用する Dataverse とその他の多く
デザイン体験 デザインに焦点を当てたコードのないコンポーネント Power Fx 式を使用した制御プロパティの操作
UI コントロール 限定的、主にカスタマイズ フル コントロール
アプリの一貫性 高 – 主に選択したテーブルとビューに基づいて異なります 多くの場合、設計者がユーザー体験を大幅に制御していることを考えると低いです
環境間の移行 シンプル データソースの更新が必要になる可能性があるため、複雑になる可能性があります
作成のスピード 迅速 設計の複雑さとの関連
レスポンシブ 自動レスポンシブ このように設計されている場合にのみ応答します
リレーションシップを介したナビゲーション 自動、ただしリレーションシップが存在する場合 Power Fx 式を使用して設計および適用された場合のみ
アクセシビリティ機能 組み込み アプリに組み込まれています: アクセス可能なキャンバス アプリを作成する

モデル駆動型アプリの構築と共有を行う手順

基本レベルで、モデル駆動型アプリの作成は次のエリアで構成されています。

  • ビジネス データのモデル化
  • ビジネス プロセスの定義
  • アプリの作成
  • セキュリティ ロールを構成する
  • アプリの共有

アプリの構築に費やされる時間の大部分は、ビジネス データのモデル化に費やされ、場合によってはビジネス プロセスの定義に費やされます。 セキュリティ ロールのカスタマイズは、組織のニーズによって異なります。

モデル駆動型アプリの作成についての詳細

モデル駆動型アプリを使用する

ユーザーがモデル駆動型アプリを適切にナビゲートして、生産的を高める方法で操作できるようにするために、ドキュメントを作成しました。

モデル駆動型アプリの使用についての詳細

モデル駆動型アプリをモバイル デバイスで使用して、オフライン モードで実行できます。

アプリケーション ライフサイクル管理を支援するソリューションを使用する

アプリケーション ライフサイクル管理 はアプリの構想から寿命の終わりまで開発する方法です。

ソリューション は、ビジネス内で使用する製品を提供するために必要なすべての要素のラッパーとして機能するために使用されます。

少なくとも、モデル駆動型アプリには、単一のテーブル、サイトマップ、アプリ自体が必要です。 ただし、モデル駆動型アプリには通常、かなりの量が含まれ、これには、キャンバス アプリ、セキュリティ ロール、環境変数などが含まれます。

ソリューション エクスプローラー

ソリューションは、これらの要素を環境間で移行できる手段を提供します。 したがって、ソリューションは、アプリケーション ライフサイクル管理戦略の重要な部分です。

モデル駆動型アプリを作成するときは、ソリューション内で作成する必要があります。

モデル駆動型アプリを構築するための最小要件

モデル駆動型アプリは複雑にもなり得ます。 ただし、それらを構築するための最小要件は比較的簡単です。

  • Microsoft Power Apps ライセンス
  • Power Platform 環境 を作成するための 容量。 これは Power Apps と Dynamics 365 ライセンスで保持されているの機能です。
  • Power Platform 環境。
  • 環境内の Dataverse データベース。 これは、環境を作成するときに選択されます。 詳細情報: データベースのある環境を作成する
  • モデル駆動型アプリが作成される環境で、メーカーがシステム カスタマイザーまたは環境メーカーとして機能するための特権。 詳細情報: 定義済みのセキュリティ ロールについて
  • テーブル。 (規定で存在するアカウントを含む多くの標準テーブルがあります。)
  • 一つのテーブル 。 (すべてのテーブルには、少なくとも 1 つの列と、多くのシステム列があります。)
  • レコードを表示するための 1 つのテーブル ビュー。 (規定で番号があります。)
  • データを入力するための、1 つのテーブル フォーム。 (規定で 1 つあります。)

アプリ デザイナー を使用して、テーブルを サイトマップ に追加することによりモデル駆動型アプリを作成され、アプリの検証と公開プロセスを実行します。

次の手順

モデル駆動型アプリの値についての詳細

シンプルなモデル駆動型アプリをビルドすることは 始めるのに最適な方法です。 そうする前に ソリューションを作成 したいかもしれません。

モデル駆動型アプリの作成についての詳細は、モデル駆動型アプリを構築する手順 をご覧ください。

Power Apps を初めて使用する場合、Power Apps を使用してアイデアを完全に機能するソリューションに変換する方法について学ぶには、Power Apps プロジェクトの計画 から始めてください。

モデル駆動型アプリ コンポーネントを理解する は、モデル駆動型アプリを構成する要素のいくつかを理解するのに役立ちます。

Power Platform のライセンスについての詳細

注意

ドキュメントの言語設定についてお聞かせください。 簡単な調査を行います。 (この調査は英語です)

この調査には約 7 分かかります。 個人データは収集されません (プライバシー ステートメント)。