クラウド フローへの条件の追加

特定の条件が true の場合にのみクラウド フローが 1 つ以上のタスクを実行することを指定します。 たとえば、特定のキーワードを含むツイートが 10 回以上リツイートされた場合のみ電子メールを受け取るように指定します。

前提条件

条件を追加する

  1. Power Automate で、自分のフロー を選択します。

    まだサイン インしていない場合は、サイン インが求められる場合があります。

  2. 自分のフロー からいずれかのフローを選択し、続いて その他のコマンド (3 つの点で表わされています) を選択します。

    編集を選択する

    このチュートリアルでは、Twitter のトリガーと SharePoint のアクションを使用した例を説明します。

  3. 編集 を選択します。

  4. 最後のアクションの配下にある 新規ステップ > 条件 を選択します。

  5. 条件 カードで、左側ボックスの空の領域を選択します。

    動的コンテンツ 一覧が表示されます。

  6. リツイート数 を選択してボックスに追加します。

  7. 条件 カード中央のボックスで、と等しい、またはよりも多い を選択します。

  8. 右側のボックスに 10 を入力します。

    パラメーターが設定されているオブジェクト名ボックス

    以上で条件の設定が完了しました。以下の手順を完了すると、 リツイート数 が 10 以上の場合に電子メールが送信されます。

  9. 送信条件が はいの場合 で、アクションの追加 を選択します。

  10. 検索バーに 電子メールの送信 と入力し、続いて 電子メールの送信 (V2) を選択します。

    検索して電子メールを送信する

  11. 電子メールの送信 (V2) カードを好みに合わせて構成し、リツイート数 が 10 より大きい場合にフローが送信するメールの内容を示します。

    また、リツイート数 が 10 以下の場合に適用する、いいえの場合 の条件を設定することもできます。

  12. フローを保存します。

Tip

条件カードの 追加 ボタンで複雑な条件を作成することができます。

複雑な条件の追加

利用可能なを身につける。

次の手順

詳細設定モードで条件に式を使用する方法について説明します。