CMD セッション

CMD セッションを自動化

CMD セッションを開く
CMD セッションから読み取る
CMD セッションに書き込む
CMD セッションでテキストを待機します
CMD セッションの終了

CMD アクションの使用を開始する

Power Automate で推奨されているアクションの CMD グループを使用して、Windows コマンド プロンプト タスクを自動化します。

CMD セッションを開く を使用して、コマンド プロンプトのセッションを開始します。 作業フォルダを指定し、高度な セクション内のコード ページを変更します (任意)。

CMD セッションへの書き込み アクションでは CMD セッションの変数を使用します。 コマンドを指定し、その直後に エンター を送信して実行するかどうかを選択します。 次の図では、コマンドによって現在の作業ディレクトリに新しいフォルダが作成されます。

[CMD セッションに書き込む] アクションのスクリーンショット。

後続のアクションを進める前に、コマンド プロンプトに特定の出力が表示されるようにするには、CMD セッションでテキストを待機する アクションを使用します。 期待するテキストを指定するか、正規表現を入力し、対応するオプションをチェックして正規表現を有効にします。

[テキストが CMD セッションに表示されるまで待機] アクションのスクリーンショット。

CMD セッションを終了するには、CMD セッションを閉じる アクションを使用します。

CMD アクション

CMD セッションを開く

新しい CMD セッションを開く

Important

不正アクセスを防ぐために、Windows では保護されたフォルダーにアクセスするための管理者権限が必要です。 保護されたフォルダーを CMD セッションを開く アクションで作業フォルダーとして使用するには、管理者権利のある Power Automate を実行します。 昇格した権利で Power Automate を実行 の管理者として、Power Automate の実行に関するより多くの情報を見つけることができます。

入力パラメーター
引数 オプション 承認 既定値 内容
Working folder 有効 フォルダー CMD セッションを開始するフォルダーの完全なパス (該当する場合)
Change code page N/A ブール値 セッションの現在のコード ページを変更するかどうかを指定する
Encoding 無効 ASMO-708: アラビア語 (ASMO 708)、Big5: 繁体字中国語 (Big5)、cp1025: IBM EBCDIC (キリルセルビアン - ブルガリア語)、cp866: キリル語 (DOS)、cp875: IBM EBCDIC (ギリシャ語モダン)、csISO2022JP: 日本語 (JIS -1バイトのカナを許可)、DOS-720:アラビア語 (DOS)、DOS-862:ヘブライ語 (DOS)、EUC-CN:簡体字中国語 (EUC)、EUC-JP:日本語 (JIS 0208-1990および0212-1990)、euc -jp: 日本語 (EUC)、euc-kr: 韓国語 (EUC)、GB18030: 簡体字中国語 (GB18030)、gb2312: 簡体字中国語 (GB2312)、hz-gb-2312: 中国語簡体字 (HZ)、IBM-Thai: IBM EBCDIC (タイ)、IBM00858: OEM Multilingual Latin I、IBM00924: IBM Latin-1、IBM01047: IBM Latin-1、IBM01140: IBM EBCDIC (米国-カナダ-ユーロ)、IBM01141: IBM EBCDIC (ドイツ-ユーロ)、IBM01142: IBM EBCDIC (デンマーク - ノルウェー - ユーロ)、IBM01143: IBM EBCDIC (フィンランド - スウェーデン - ユーロ)、IBM01144: IBM EBCDIC (イタリア - ユーロ)、IBM01145: IBM EBCDIC (スペイン - ユーロ)、IBM01146: IBM EBCDIC、IBM01147: IBM EBCDIC (フランス - ユーロ)、IBM01148: IBM EBCDIC (国際 - ユーロ)、IBM01149: IBM EBCDIC (アイスランド-ユーロ)、IBM037: IBM EBCDIC (米国 - カナダ)、IBM1026: IBM EBCDIC (トルコ ラテン5)、IBM273: IBM EBCDIC (ドイツ)、IBM277: IBM EBCDIC (デンマーク - ノルウェー)、IBM278: IBM EBCDIC (フィンランド -スウェーデン)、IBM280:IBM EBCDIC (イタリア)、IBM284:IBM EBCDIC(スペイン)、IBM285:IBM EBCDIC(英国)、IBM290:IBM EBCDIC(日本語カタカナ)、IBM297:IBM EBCDIC(フランス)、IBM420:IBM EBCDIC(アラビア)、IBM423: IBM EBCDIC (ギリシャ語)、IBM424: IBM EBCDIC (ヘブライ語)、IBM437: OEM米国、IBM500: IBM EBCDIC (国際)、ibm737: ギリシャ語 (DOS)、ibm775: バルティック (DOS)、ibm850: 西ヨーロッパ(DOS)、ibm852: 中央ヨーロッパ (DOS)、IBM855: OEMキリル語、ibm857: トルコ語 (DOS)、IBM860: ポルトガル語 (DOS)、ibm861: アイスランド語 (DOS)、IBM863: フランス語カナダ (DOS)、IBM864: アラビア語 ( 864)、IBM865:北欧(DOS)、ibm869:ギリシャ語、現代(DOS)、IBM870:IBM EBCDIC(多言語ラテン2)、IBM871:IBM EBCDIC(アイスランド)、IBM880:IBM EBCDIC(キリルロシア語)、IBM905:IBM EBCDIC(トルコ語)、iso-2022-jp:日本語(JIS)、iso-2022-jp:日本語(JIS-Allow 1 byt eカナ - SO/SI)、iso-2022-kr: 韓国語 (ISO)、iso-8859-1: 西ヨーロッパ (ISO)、iso-8859-13: エストニア (ISO)、iso-8859-15: ラテン語9 (ISO)、iso-8859-2: 中央ヨーロッパ (ISO)、iso-8859-3: ラテン語3 (ISO)、iso-8859-4: バルト海 (ISO)、iso-8859-5: キリル文字 (ISO)、iso-8859-6: アラビア語 (ISO)、iso-8859-7: ギリシャ語 (ISO)、iso-8859-8: ヘブライ語 (ISO-Visual)、iso-8859-8-i: ヘブライ語 (ISO-Logical)、iso-8859-9: トルコ語 (ISO)、Johab: 韓国語 (Johab)、koi8-r: キリル文字 (KOI8-R)、koi8-u: キリル文字 (KOI8-U)、ks_c_5601-1987: 韓国語、macintosh: 西ヨーロッパ (Mac )、shift_jis: 日本語 (Shift-JIS)、us-ascii: US-ASCII、utf-16: Unicode、utf-16BE: Unicode (Big-Endian)、utf-32: Unicode (UTF-32)、utf-32BE : Unicode (UTF-32 Big-Endian)、utf-7: Unicode (UTF-7)、utf-8: Unicode (UTF-8)、windows-1250: 中央ヨーロッパ (Windows)、windows-1251: キリル文字 (Windows )、Windows-1252: 西ヨーロッパ (Windows)、windows-1253: ギリシャ語 (Windows)、windows-1254: トルコ語 (Windows)、windows-1255: ヘブライ語 (Windows)、windows-1256: アラビア語 (Windows)、windows-1257: バルト海 (Windows)、windows-1258: ベトナム語 (Windows)、windows-874: タイ語 (Windows)、x-Chinese-CNS: 繁体字中国語 (CNS)、x-Chinese-Eten: 繁体字中国語 (Eten )、x-cp20001: TCA台湾、x-cp20003: IBM5550台湾、x-cp20004: TeleText台湾、x-cp20005: 王台湾、x-cp20261: T.61、x-cp20269: ISO-6937、x-cp20936:簡体字中国語 (GB2312-80)、x-cp20949: 韓国語Wansung、x-cp50227: 簡体字中国語 (ISO-2022)、x-EBCDIC-KoreanExtended: IBM EBCDIC (韓国拡張)、x-Europa: Europa、x-IA5:西ヨーロッパ (IA5)、x-IA5-ドイツ語: ドイツ語 (IA5)、x-IA5-ノルウェー語: ノルウェー語 (IA5)、x-IA5-スウェーデン語: スウェーデン語 (IA5)、x-iscii-as: ISCII Assamese、x- iscii-be: ISCII Bengali、x-iscii-de: ISCII Devanagari、x-iscii-gu: ISCII Gujarati、x-iscii-ka: ISCII Kannada、x-iscii-ma: ISCII Malayalam、x-iscii-or: ISCII Oriya、x-iscii-pa: ISCIIパンジャビ、x-iscii-ta: ISCIIタミル、x-iscii-te: ISCII Telugu、x-mac-arabic: アラビア語 (Mac)、x-mac-ce: 中央ヨーロッパ (Mac )、x-mac-chinesesimp: 中国語の簡単な説明fied (Mac), x-mac-chinesetrad: 繁体字中国語 (Mac), x-mac-croatian: クロアチア語 (Mac), x-mac-cyrillic: キリル語 (Mac), x-mac-greek: ギリシャ語 (Mac), x-mac-hebrew: ヘブライ語 (Mac), x-mac-icelandic: アイスランド語 (Mac), x-mac-japanese: 日本語 (Mac), x-mac-korean: 韓国語 (Mac), x-mac-romanian:ルーマニア語 (Mac), x-mac-thai: タイ語 (Mac), x-mac-turkish: トルコ語 (Mac), x-mac-ukrainian: ウクライナ語 (Mac)` utf-8 : Unicode (UTF-8) 出力の読み込み時に使用するエンコード
作成された変数
引数 内容
CmdSession CMD セッション 後の CMD アクションで使う CMD セッション
例外
例外 内容
コマンド セッションを開始できません CMD セッションの開始で問題が発生したことを示します
作業ディレクトリが存在しません 作業ディレクトリを特定しようとしたときにエラーが発生したことを示します

CMD セッションから読み取る

CMD セッションの出力を読み取ります

入力パラメーター
引数 省略可能 承認 既定 内容
CMD session 無効 CMD セッション 既に開いている CMD セッション
Separate output from error N/A ブール値 無効 標準出力と標準エラーを別々の変数に格納するか、または結合して 1 つにするかを指定します
作成された変数
引数 内容
CmdOutput テキスト値 CMD セッションの標準出力
CmdError テキスト値 CMD セッションの標準エラー
例外
例外 内容
CMD セッションが閉じています 指定された CMD セッションが閉じていることを示します

CMD セッションに書き込む

開いている CMD セッションでコマンドを実行します

入力パラメーター
引数 省略可能 承認 既定 内容
CMD session 無効 CMD セッション 既に開いている CMD セッション変数
command 無効 テキスト値 実行するコマンドの名前
コマンド後に エンター を送信 N/A ブール値 コマンド後に エンター を送信するかどうかを指定します
作成された変数
  • このアクションは変数を生成しません
例外
例外 内容
CMD セッションに書き込めません CMD セッションへの書き込みエラーを示します
CMD セッションが閉じています 指定された CMD セッションが閉じていることを示します

CMD セッションでテキストを待機します

既に開いている CMD セッションで特定のテキストを待機します

入力パラメーター
引数 省略可能 承認 既定 内容
CMD session 無効 CMD セッション 開いている CMD セッション変数
Text to wait 無効 テキスト値 標準出力または標準エラーに表示されるのを待機するテキストまたは正規表現
Is regular expression N/A ブール値 無効 通常のテキストではなく正規表現を待機するかどうかを指定します
Ignore case N/A ブール値 有効 テキストの大文字と小文字を区別せずに、待機するテキストを標準出力または標準エラーと一致させるかどうかを指定します
Timeout 有効 数値 0 テキストが表示されるまで無期限に待機するか、設定した時間内にテキストが表示されない場合は失敗するかを指定します

Note

Power Automate の正規表現エンジンは .NET です。 詳細については、正規表現言語 - クイック リファレンス を参照してください。

作成された変数
  • このアクションは変数を生成しません
例外
例外 内容
CMD セッションが閉じています 指定された CMD セッションが閉じていることを示します
テキストの待機中にタイムアウトが発生しました テキストがコマンド セッションに表示される前に指定されたタイムアウト期間が経過したことを示します

CMD セッションの終了

既に開いている CMD セッションを閉じる

入力パラメーター
引数 省略可能 承認 既定 内容
CMD session 無効 CMD セッション CMD セッションを閉じます。 オープンな CMD セッション アクションでこの変数を指定します
作成された変数
  • このアクションは変数を生成しません
例外
  • このアクションには例外は含まれません

Note

ドキュメントの言語設定についてお聞かせください。 簡単な調査を行います。 (この調査は英語です)

この調査には約 7 分かかります。 個人データは収集されません (プライバシー ステートメント)。