システム

Note

アクションのシステム グループは、新しいカテゴリに分離されました。 それぞれのページで、ワークステーション アクションと スクリプト アクションに関する詳細をご覧ください。

Windows 環境でさまざまなタスクを実行し、システムから情報を取得します

プロセスが次の場合
プロセスを待機する
アプリケーションの実行
プロセスを終了する
Ping
Windows の環境変数を設定する
Windows 環境変数を取得
Windows の環境変数を削除する

システム アクションの開始

システム アクションを使用して、Windows オペレーティング システムの基本的なタスクを自動化します。

アプリケーションの実行 アクションによって、インストールされているアプリケーションのいずれかを起動します。 コマンド ライン引数は、引用符で囲み、それらの間にスペースを入れる必要があります。 下の図では、アプリケーションを実行する アクションは、Word で特定のドキュメントを自動モードで開きます。

"アプリケーションの実行" アクションのスクリーンショット。

アプリケーションの実行とは別に、デスクトップ用 Power Automate を使用すると、プロセスの終了 アクションから名前または ID でプロセスを終了し、プロセスを待つ アクションからプロセスの開始または停止を待機できます。

[プロセスの待機] アクションのスクリーンショット。

Windows 環境変数を処理する場合は、それぞれのタスクに対する Windows 環境変数の設定Windows 環境変数の取得Windows 環境変数の削除 アクションを使用します。

システム アクション

プロセスが次の場合

プロセスが実行されているかどうかに基づいて、アクションの条件ブロックの開始位置を示します

入力パラメーター
引数 省略可能 承認 既定 内容
If process N/A 実行中、非実行中 実行されている 確認するプロセスの状態
Process name 無効 テキスト値 確認するプロセスの名前
作成された変数
  • このアクションは変数を生成しません
例外
例外 内容
プロセスの一覧を取得できません プロセスの一覧の取得中に問題が発生したことを示します

プロセスを待機する

プロセスが開始または停止するまで実行を中断します

入力パラメーター
引数 省略可能 承認 既定 内容
Process name 無効 テキスト値 確認するプロセスの名前
Wait for process to N/A 開始、停止 スタート画面 特定のプロセスが開始または停止するまで待機するかどうか
生成された変数
  • このアクションは変数を生成しません
例外
例外 内容
プロセスの一覧を取得できません プロセスの一覧の取得中に問題が発生したことを示します

アプリケーションの実行

関連付けられたアプリケーションを実行して、アプリケーションを実行するか、またはドキュメントを開きます

Important

高度な機能を備えた多くのアプリケーションでは、システム リソースへの不正アクセスを防ぐために、昇格された権限が必要です。 アプリケーションを実行する アクション使用してこれらのアプリケーションを起動するには、管理者の権利を使い Power Automate を実行します。 昇格した権利で Power Automate を実行 の管理者として、Power Automate の実行に関するより多くの情報を見つけることができます。

パラメーターの入力
引数 オプション 承認 既定値 内容
Application path 無効 ファイル 実行可能ファイルの完全なファイル パス
Command line arguments 有効 テキスト値 実行可能ファイル名の後に続く引数を追加します。 たとえば、アプリケーションパスに 「notepad.exe」 と入力し、コマンドライン引数に特定のテキスト ファイルを入力します
Working folder 有効 フォルダー 作業するフォルダーの完全なパス (該当する場合)。
Window style N/A 通常、非表示、最小化、最大化 普通 アプリケーション ウィンドウを開くときの外観とサイズを選択
After application launch N/A ただちに続行する、アプリケーションの読み込みを待機する、アプリケーションの完了を待機する すぐに続行 次のアクションがすぐに実行されるか、プログラムが読み込みまたは完了するまで待機するか
Timeout 有効 数値 0 続行を強制するまでの最大待機時間
生成された変数
引数 内容
AppProcessId 数値 プロセス ID 出力
AppExitCode 数値 アプリケーション終了コード
WindowHandle 数値 ウィンドウ ハンドルです。 新しいウィンドウを開くと、ウィンドウ ハンドルの値をキャッチし、この変数に格納します。 ウィンドウ ハンドルは、後のアクションでウィンドウを特定する際に役立ちます
例外
例外 内容
ファイルまたはアプリケーションが見つかりません 指定されたファイルまたはアプリケーションが見つからなかったことを示します
アプリケーションまたはファイルへのアクセスが拒否されました 指定されたアプリケーションまたはファイルに対するアクセスが拒否されたことを示します
アプリケーションのメイン ウィンドウ ハンドルを取得できません アプリケーションのメイン ウィンドウ ハンドルの取得中に問題が発生したことを示します
アプリケーションを実行できないか、ファイルを開けません 指定されたアプリケーションを実行するか、指定されたファイルを開くときに問題が発生したことを示します

Important

アプリケーション パス フィールドは、アプリケーションの実行可能ファイルを参照する必要があります。 メモ帳 または電卓に関して 計算 と入力すると、特定の既定の Windows アプリーケションを開くことができます。

コマンド ライン引数はすべて二重引用符で囲み、スペースで区切って入力する必要があります。 たとえば、Microsoft Word をユーザーのデスクトップからファイル InvoiceTemplate.docx を使用して自動モードで開くには、フィールドを "/ q" "C:\Users\username\Desktop\InvoiceTemplate.docx" のようにフォーマットする

アプリケーションの実行アクションの例。

プロセスの終了

実行中のプロセスをすぐに停止します

入力パラメーター
引数 省略可能 承認 既定 内容
Specify process by N/A プロセス ID、プロセス名 プロセス名 終了するプロセスを名前または ID のどちらで指定するかを指定
Process ID 無効 数値 終了するプロセスの ID
Process name 無効 テキスト値 終了するプロセスの 名称です。 同じ名前を持つプロセスが複数実行されている場合、すべてのプロセスが終了します
生成された変数
  • このアクションは変数を生成しません
例外
例外 内容
指定された ID のプロセスが実行されていません 指定された ID のプロセスが実行中でないことを示します
プロセスを終了できませんでした。 プロセスの終了時に問題が発生したことを示します

Ping

リモート コンピューターにネットワーク経由でアクセスできるかどうかを判断するメッセージを送信します

入力パラメーター
引数 省略可能 承認 既定 内容
Host name 無効 テキスト値 リモート コンピューターの名前または IP アドレス
Timeout 有効 数値 5000 ping 応答メッセージを待機する最大時間 (ミリ秒)
生成された変数
引数 内容
PingResult テキスト値 ping メッセージの状態 (成功または失敗)
RoundTripTime 数値 ping の完了にかかった時間 (ミリ秒)
例外
例外 内容
ping アクションを完了できません ping アクションの実行中に問題が発生したことを示します

Windows の環境変数を設定する

環境変数を特定の値に設定します

入力パラメーター
引数 省略可能 承認 既定 内容
Environment variable name 無効 テキスト値 環境変数の名前
New environment variable value 無効 テキスト値 環境変数に設定する値
Type N/A ユーザー、システム ユーザー 環境変数の種類
生成された変数
  • このアクションは変数を生成しません
例外
例外 内容
環境変数の値の設定中に問題が発生したことを示します 環境変数の値の設定中に問題が発生したことを示します
アクセス許可が不十分です ユーザーにこのアクションを実行するための十分なアクセス許可がないことを示します

Windows 環境変数を取得する

環境変数の値を取得します

入力パラメーター
引数 省略可能 承認 既定 内容
Environment variable name 無効 テキスト値 値を取得する環境変数の名前
Search for variable only in scope N/A ブール値 無効 特定のスコープでのみ変数を検索するかどうかを指定
Scope N/A ユーザー、システム ユーザー 環境変数の取得元のスコープ
生成された変数
引数 内容
EnvironmentVariableValue テキスト値 環境変数の値
例外
例外 内容
環境変数が存在しません 指定された環境変数が存在しないことを示します
アクセス許可が不十分です ユーザーにこのアクションを実行するための十分なアクセス許可がないことを示します

Windows の環境変数を削除する

指定したスコープから環境変数を削除します

入力パラメーター
引数 省略可能 承認 既定 内容
Environment variable name 無効 テキスト値 削除する環境変数の名前
Type N/A ユーザー、システム ユーザー 削除する環境変数の種類
生成された変数
  • このアクションは変数を生成しません
例外
例外 内容
環境変数を削除できませんでした 環境変数の削除中に問題が発生したことを示します
アクセス許可が不十分です ユーザーにこのアクションを実行するための十分なアクセス許可がないことを示します

Note

ドキュメントの言語設定についてお聞かせください。 簡単な調査を行います。 (この調査は英語です)

この調査には約 7 分かかります。 個人データは収集されません (プライバシー ステートメント)。