Power Automate Desktop におけるガバナンス

ユーザーが Power Automate Desktop を手動で更新できないようにする

次のレジストリ エントリを使用すると、ユーザーが自分のマシン上で Power Automate Desktop を手動で更新するのを防ぎ、更新通知を受け取ります。

Hive HKEY_LOCAL_MACHINE
キー SOFTWARE\Microsoft\Power Automate Desktop
件名 DisableOptionalUpdates
DWORD

  • 1: ユーザーは手動で Power Automate Desktop を更新できません。

Microsoftアカウントを使用して、ユーザーが Power Automate Desktop アクセスできないようにする

次のレジストリ エントリを使用すると、ユーザーがアカウントを使用するマシン上のデスクトップで Power Automate Desktop にログインできないようにすることができます。

Hive HKEY_LOCAL_MACHINE
キー SOFTWARE\Microsoft\Power Automate Desktop
件名 RestrictMSAAccountsSignIns
DWORD

  • 1: ユーザーは Microsoft アカウントを使用してサインインできません

ユーザーが職場または学校アカウントを使用して Power Automate Desktop にアクセスできないようにする

次のレジストリ エントリを使用して、アテンド型 RPA ライセンスのユーザーごとのプランなしで、ユーザーが職場または学校アカウントで Power Automate Desktop にログインしないようにできます。

Hive HKEY_LOCAL_MACHINE
キー SOFTWARE\Microsoft\Power Automate Desktop
件名 RestrictNoLicenseOrgIDAccountsSignIns
DWORD

  • 1: ユーザーは、アテンド型 RPA ライセンスのユーザーごとのプランなしで、職場または学校アカウントを使用してサインインできません

ユーザーは職場または学校アカウントあるいは組織の premium アカウントを使用して Power Automate Desktop にアクセスできないようにする

次のレジストリ エントリを使用して、アテンド型 RPA ライセンスのユーザーごとのプランなしで、ユーザーが職場または学校アカウントあるいは組織の premium アカウントで Power Automate Desktop にログインしないようにできます。

Hive HKEY_LOCAL_MACHINE
キー SOFTWARE\Microsoft\Power Automate Desktop
件名 RestrictOrgIDAccountsSignIns
DWORD

  • 1: ユーザーは職場または学校アカウントまたは組織の premium アカウントを使用してサインインできません

Note

  • 1 以外の値を設定するか、値をまったく設定しないと、ユーザーが Power Automate Desktop にアクセスできるようになります。 すべてのレジストリ キーを 1 に設定した場合、ユーザーはどのタイプのアカウントでも Power Automate Desktop にログインすることができません。

Power Automate Desktop へのアクセスを制限する

Windows 10 を搭載したワークステーションで Power Automate Desktop アクセスを制限するには、Applocker を使用します。

Power Automate Desktop を構成して、企業のプロキシ サーバーと対話する

IT 管理者は、次のレジストリ キーを設定して、Power Automate Desktop と企業のプロキシ サーバーとの対話を構成できます。

Hive HKEY_LOCAL_MACHINE
キー SOFTWARE\Microsoft\Power Automate Desktop
名称 ProxyServer
タイプ String

  • ProxyAddress: Port (例: myproxy.com:3128): 構成されたプロキシ サーバーとポートは、Windows で構成されたプロキシ サーバーとポートを上書きします。

Power Automate Desktop を構成して、企業のプロキシ サーバーをバイパスする

Hive HKEY_LOCAL_MACHINE
キー SOFTWARE\Microsoft\Power Automate Desktop
名称 DisableWindowsProxy
タイプ DWORD

  • 1: Power Automate Desktop では Windows プロキシ設定を受け付けず、Power Automate Desktop のトラフィックに対してプロキシ サーバーはバイパスされます。

Power Automate Desktop を構成し、現在のユーザー資格情報で企業のプロキシ サーバーへの認証を行う

Hive HKEY_LOCAL_MACHINE
キー SOFTWARE\Microsoft\Power Automate Desktop
名称 UseDefaultProxyCredentials
タイプ DWORD

  • 1: Power Automate Desktop は、現在のユーザー資格情報で企業のプロキシ サーバーへの認証を行います。

詳細情報を見る