UI 要素を使用して自動化する

UI オートメーション グループ配下のアクションは、ウィンドウやアプリケーションとの直接的なやり取りを意図して設計されています。 画像認識や絶対座標に頼らずにこの結果を得るには、Power Automate Desktop は UI 要素 を利用してウィンドウとその要素を識別しています。

UI 要素

UI オートメーションのアクションを使用する場合、UI 要素を入力値として使用する必要があります:

UI 要素の入力

新しい UI 要素を追加するには、アクションのプロパティから直接追加するか、デザイナーの右側にある UI 要素ペインから追加します:

新しい UI 要素の追加

フローに要素を追加するには、それを強調表示して Ctrl と左クリック を押します:

UI 要素のキャプチャ

終了後は、完了 を押します。 キャプチャされた UI 要素はすべて UI 要素ペインに追加されます。

UI 要素ペインにアクセスするには、フローデザイナの右側にある UI 要素 タブを選択します。

UI 要素ペインにアクセスします

ソート アイコンを選択することで、要素をアルファベット順に並べ替えることができます。 UI 要素の名前を変更、削除するには、アイテムを右クリックして適切な機能を選択します。

キャプチャされた要素をアクションで使用するには、ドロップダウンリストから要素を選択するだけです:

UI 要素を入力として追加する

要素の種類

キャプチャされた要素は、キャプチャされたアプリケーションの種類に基づいて、主に次の 2 つのカテゴリに分類されます: UI コントロールWeb コントロール

互換性のある Web ブラウザ (Internet Explorer、Microsoft Edge、Firefox、Google Chrome) で表示される Web ページの一部であるキャプチャされた要素は、Web コントロールとして自動的に保存され、Web オートメーション のアクションの入力として使用することができます。 他のすべての要素は UI コントロールと見なされ、それぞれのアクションで使用できます。

要素のプロパティ

UI 要素を右クリックし、セレクターの編集 を選択して要素のセレクターを管理します。 これにより、セレクター ビルダーが表示され、ビジュアル エディターでセレクターを編集できます。

ビジュアル セレクター エディター

セレクターの値を手動で入力するには、ビジュアル エディターをオフに切り替えると、セレクターのテキスト値が編集可能になります。

手動のセレクター エディター

Note

ドキュメントの言語設定についてお聞かせください。 簡単な調査を行います。 (この調査は英語です)

この調査には約 7 分かかります。 個人データは収集されません (プライバシー ステートメント)。