Power Automate のテンプレートからクラウド フローを作成する

開始するための良い方法は、組織のシナリオに適したテンプレートを使用することです。 テンプレートのコレクションから選択して、シナリオに最適なテンプレートを見つけることができます。 すべてのテンプレートを検索するか、カテゴリ別に参照してシナリオを見つけ、テンプレートの手順に従ってテンプレートからクラウド フローを作成します。

[!div class="mx-imgBorder"]

テンプレートは、トリガーとアクションを追加、編集、または削除して独自のフローを作成することで微調整できます。 同じフロー内またはフロー間でアクションをコピーして貼り付ける ことで、微調整を迅速化できます。

多くの組み込みテンプレートのいずれかからクラウド フローを作成します。組み込みテンプレートでは、たとえば、Microsoft 365 で上司からのメールを受け取ったときに Slack メッセージが送信されるようにすることができます。

Tip

プロセスを既に計画していて、そのプロセスに適したテンプレートが見つからない場合は、ゼロからクラウド フローを作成 してください。

ここでは、テンプレートを使用して、マネージャーが Microsoft365 でメールを送信したときに Slack メッセージを送信するフローを作成する例を示します。

前提条件

この例を完了するには、以下にアクセスできるアカウントが必要です。

テンプレートを選択する

  1. Power Automate にサインインして、左側のナビゲーション ペインで テンプレート を選択します。

  2. 検索バーを使用して Slack マネージャー を検索して、上司からメールが届いたら、Slack でメッセージを送信する テンプレートを検索してそれを選択します。

  3. Office や Slack にサインインしていない場合は サインイン を選択してプロンプトに従います。

  4. 接続を確認したら 続行 を選択します。

    フローが表示され、オレンジ色のタイトル バーに各アクションが示されます。

    テンプレートによる既定のイベントとアクション

フローをカスタマイズする

  1. イベントのタイトル バーを選択して展開し、カスタマイズします (たとえば必要なメールに対してフィルターを指定します)。

  2. 入力する必要があるアクションは自動的に展開されます。

    たとえば @ユーザー名 などのチャネルを入力する必要があるので メッセージを投稿する アクションは展開されます。 メッセージ内容のカスタマイズもできます。 既定でメッセージは件名のみを含みますが、他の情報を含めることもできます。

  3. 画面上部付近でフロー名を指定してから フローの作成 を選択します。

  4. 最後に、フローに満足したら、保存 を選択します。

これでマネージャーからメールを受け取ると、指定した情報を含む Slack メッセージを受信します。

詳細