生成されたコードを確認する

生成された VBScript コードが次のイメージに示されています。

記録によって生成された VBScript コードのスクリーンショット。

次の VBScript を示すスクリーンショット: If Not IsObject application Then Set SapGuiAuto GetObject quot SAPGUI quot Set application SapGuiAuto GetScriptingEngine End If If Not IsObject connection Then Set connection application Children 0 End If If Not IsObject session Then Set session connection Children 0 End If If IsObject WScript Then WScript ConnectObject session quot on quot WScript ConnectObject application quot on quot End If session findById quot wnd 0 quot maximize session findById quot wnd 0 tbar 0 okcd quot text quot PA30 quot session findById quot wnd 0 quot sendVKey 0 session findById quot wnd 0 usr ctxtRP50G PERNR quot text quot.

次の画像は、SAP GUI オートメーションスクリプトの構造を示しています。

構文を示すためにマークアップされた VBScript コードのスクリーンショット。

If Not ステートメントと End If ステートメントがすべて SAP GUI オブジェクトモデルの初期化の一部であることを示すスクリーンショット。<br>session.findById は GUI セレクターです。<br>wnd[0] は GuiFrameWindow です。<br>/ usr / は GuiUserArea です。<br>txtP0006-STRAS は GuiTextField です。<br>.text = "My Street 13" は、フィールド値を設定します。