Power BI の高可用性、フェールオーバー、およびディザスター リカバリーに関する FAQPower BI high availability, failover, and disaster recovery FAQ

この記事では、Power BI サービスでユーザーに高可用性、ビジネス継続性およびディザスター リカバリーがどのように提供されるかについて説明します。This article explains how the Power BI service delivers high availability and provides business continuity and disaster recovery to its users. この記事を読み終える頃には、高可用性がどのように実現されるか、どのような状況で Power BI によってフェールオーバーが実行されるのか、また、フェールオーバー時にサービスに求められることについての理解が深まっているはずです。After reading this article, you should have a better understanding of how high availability is achieved, under what circumstances Power BI performs a failover, and what to expect from the service when it fails over.

Power BI における "高可用性" にはどのような意味がありますか。What does "high availability" mean for Power BI?

Power BI は、フル マネージドのサービスとしてのソフトウェア (SaaS) です。Power BI is fully managed software as a service (SaaS). Microsoft では、ユーザーがいつでも自分のレポートにアクセスできるように、インフラストラクチャ エラーに対して回復力を持たせるように設計し、運用しています。Microsoft designs and operates it to be resilient to infrastructure failures so that users can always access their reports. サービスは 99.9% SLA によってサポートされます。The service is supported by a 99.9% SLA.

Power BI のフェールオーバーとはWhat is a Power BI failover?

Power BI では、ビジネス継続性を保証するために Azure データセンター (リージョンともいう) 内の各コンポーネントの複数のインスタンスを保持します。Power BI maintains multiple instances of each component in Azure datacenters (also known as regions) to guarantee business continuity. サービスが停止したか、問題が発生し、Power BI がリージョンでアクセス不可または操作不能となった場合、Power BI ではバックアップ インスタンスに対するそのリージョン内のすべてのコンポーネントが失敗します。If there is an outage, or an issue that causes Power BI to be inaccessible or inoperable in a region, Power BI fails all its components in that region to a backup instance. フェールオーバーによって、可用性と運用性は (Microsoft Trust Center に示されているように、通常は同じ地理的場所内の) 新しいリージョンの Power BI サービス インスタンスに復元されます。The failover restores availability and operability to the Power BI service instance in a new region (usually within the same geographic location, as noted in the Microsoft Trust Center).

フェールオーバーされた Power BI サービスのインスタンスでサポートされるのは、_読み取り操作_のみです。つまり、フェールオーバー中は、更新、レポートの発行操作、ダッシュボードまたはレポートの変更、および Power BI メタデータの変更が必要となるその他の操作 (レポートへのコメントの挿入など) はサポートされません。A failed-over Power BI service instance supports only read operations, which means the following operations aren't supported during failover: refreshes, report publish operations, dashboard or report modifications, and other operations that require changes to Power BI metadata (for example, inserting a comment in a report). (オンプレミス データ ソースに対する DirectQuery と Live Connect に基づいていない) ダッシュボードやレポートの表示などの読み取り操作は、引き続き正常に機能します。Read operations, such as displaying dashboards and displaying reports (that are not based on DirectQuery or Live Connect to on-premises data sources) continue to function normally.

バックアップ インスタンスとデータとの同期はどのように保持されますか。How are backup instances kept in sync with my data?

Power BI サービスのすべてのコンポーネントでは、そのバックアップ インスタンスを定期的に同期します。All Power BI service components regularly sync their backup instances. 15 分ごとのポイントインタイム同期については、Power BI でアップロードまたは変更されたコンテンツが対象となります。We target a 15-minute point-in-time sync for any content uploaded or changed in Power BI. フェールオーバーが発生した場合、Power BI では Azure ストレージ geo 冗長レプリケーションAzure SQL geo 冗長レプリケーションを使用して、バックアップ インスタンスが他のリージョンに存在することを保証し、フェールオーバーの場合に使用できるようにします。In the event of a failover, Power BI uses Azure storage geo-redundant replication and Azure SQL geo redundant replication to guarantee backup instances exist in other regions and can be used in the case of a failover.

フェールオーバー クラスターはどこに配置されますか。Where are the failover clusters located?

Microsoft Trust Center に示されていない限り、バックアップ インスタンスは、組織が Power BI にサインアップしたときに選択されたのと同じ地理的場所 (geo) 内に存在します。Backup instances reside within the same geographic location (geo) that you selected when your organization signed up for Power BI, except where noted in the Microsoft Trust Center. geo には複数のリージョンを含めることができ、Microsoft では、データの回復性のために特定の geo 内のいずれかのリージョンにデータをレプリケートする場合があります。A geo can contain several regions, and Microsoft may replicate data to any of the regions within a given geo for data resiliency. Microsoft では、geo 外に顧客データをレプリケートしたり、移動したりすることはありません。Microsoft will not replicate or move customer data outside the geo. Power BI によって提供される geo とそれに含まれるリージョンとのマッピングについては、Microsoft Trust Center を参照してください。For a mapping of the geos offered by Power BI and the regions within them, see the Microsoft Trust Center.

Microsoft ではフェールオーバーすることをどのように決定するのですか。How does Microsoft decide to fail over?

フェールオーバーがいつ必要になる可能性があるかを示す 2 つの異なるシステムがあります。There are two different systems that indicate when a failover might be required:

  • 外部および内部の監視プローブでは、正しく操作できない、あるいは可用性が欠如していることを示します。Our external and internal monitoring probes indicate a lack of availability or inability to operate properly. 示される内容は、Power BI コンポーネント、またはリージョン内の Power BI が依存する 1 つ以上のサービスで検出されたサービス停止に基づく場合があります。Such indications can be based on outages detected in Power BI components or one or more of the services that Power BI depends on in a region.
  • リージョン内の重大なサービス停止については、Microsoft Azure の中央オペレーション チームによって通知されます。Microsoft Azure's central operations team informs us of a critical outage in a region.

いずれの場合も、Power BI エグゼクティブ チームのメンバーがフェールオーバーすることを決定します。つまり、決定自体は自動化されていません。In both cases, Power BI executive team members make the decision to fail over; the decision itself isn't automated. 決定されると、フェールオーバーのプロセスが自動的に実行されます。Once the decision is made, the process of failing over takes place automatically.

Power BI が現在、フェールオーバー モードかどうかを確認するにはどうすればよいですか。How do I know Power BI is now in failover mode?

Power BI のサポート ページ (https://powerbi.microsoft.com/support/) に通知が投稿されます。A notification is posted on the Power BI support page (https://powerbi.microsoft.com/support/). 通知には、ダッシュボードの発行、更新、作成、複製、およびアクセス許可の変更など、フェールオーバー時に利用できない主な操作が含まれます。The notification includes the major operations that are not available during the failover, including publish, refresh, create dashboard, duplicate dashboard, and permission changes.

Power BI でのフェールオーバーにはどれくらいかかりますか。How long does it take Power BI to fail over?

フェールオーバーが必要であると判断されてから、Power BI が再度運用可能になるには約 15 分かかります。Power BI takes approximately 15 minutes to become operational again once it's identified that a failover is required. フェールオーバーが必要であることの判断の時間は、破損のシナリオによって異なります。The time to identify that a failover is required varies, based on the scenario that is broken.

フェールオーバーが実行されると、Power BI は Azure Storage の GEO レプリケーションを使用してフェールオーバーを実行します。Once a failover is performed, Power BI uses Azure Storage GEO replication to perform the failover. このようなレプリケーションのリターン ポイントは通常 15 分ですが、SLA で Azure Storage のこの時間が保証されていないため、Power BI でも時間の保証はありません。Such replications usually have a return point of 15 minutes, however, Azure Storage does not guarantee this timeframe with an SLA, and thus, Power BI is also unable to guarantee a timeframe.

Premium 容量が使用できなくなった場合、ワークスペースとレポートはどうなりますか。What happens to workspaces and reports if my Premium capacity becomes unavailable?

Premium 容量が使用できなくなった場合、ワークスペースとレポートは、以前にそれらに対するアクセス権を持っていた Power BI Pro ライセンスを持つすべてのユーザーが引き続きアクセスして表示できます。If a Premium capacity becomes unavailable, workspaces and reports remain accessible and visible to all Power BI Pro licensed users who previously had access to them.

自分の Power BI インスタンスはいつ元のリージョンに戻りますか。When does my Power BI instance return to the original region?

Power BI サービス インスタンスは、フェールオーバーの原因となった問題が解決されたときに元のリージョンに戻ります。Power BI service instances return to their original region when the issue that caused the failover is resolved. Power BI のサポート ページを確認してください。問題が解決されると、Power BI チームによって、フェールオーバーについて記述された通知が削除されます。Check the Power BI support page: When the issue is resolved, the Power BI team removes the notification that describes the failover. その時点で、操作は正常な状態に戻ります。At that point, operations should be back to normal.

自分の Power BI ソリューションの可用性に対して、自分に責任がありますか。Am I responsible for the availability of my Power BI solution?

組織で使用される Power BI ソリューションに次の要素のいずれかが含まれている場合は、ソリューションの高可用性が保たれていることを保証するために何らかの対応が必要です。If the Power BI solution used in your organization involves one of the following elements, you must take some measures to guarantee that the solution remains highly available:

  • 組織で Power BI Premium が使用されている場合は、デプロイの負荷需要を満たすために Premium 容量のサイズが設定されていることを確認する必要があります。If your organization uses Power BI Premium, you must ensure that the Premium capacity is sized to meet the load demands of your deployment. Power BI Premium の計画と展開に関するホワイトペーパー、および Power BI Premium 容量メトリック アプリに関するページは、計画とこの要件を満たすのに役立つ場合があります。The Power BI Premium Planning and Deployment whitepaper, and the Power BI Premium Capacity Metrics app can help you to plan and meet this requirement. Power BI の管理ポータルとメトリック アプリには、役立つ新しい機能が定期的に追加されています。We regularly add new features to the metrics app and the admin portal in Power BI to help.
  • 組織でオンプレミス データ ゲートウェイを使用してオンプレミスのデータ ソースにアクセスする場合は、高可用性をサポートするために、この記事の説明に従ってゲートウェイを設定する必要があります。If your organization accesses on-premises data sources using the on-premises data gateway, you must set the gateway up as described in this article to support high availability. インポート モードでレポートを更新するか、DirectQuery または Live Connect を使用してデータまたはデータ モデルにアクセスするかに関係なく、このガイダンスに従ってください。Follow this guidance whether you're refreshing reports in import mode, or you're accessing data or data models by using DirectQuery or Live Connect.

フェールオーバー モードの場合、ゲートウェイは機能しますか。Will gateways function when in failover mode?

いいえ。No. オンプレミス データ ソースで必要なデータ (直接クエリと Live Connect に基づくすべてのレポートとダッシュボード) は、フェールオーバー中には機能しません。Data required from on-premises data sources (any reports and dashboards based on Direct Query and Live Connect) won't work during a failover. しかし、ゲートウェイの構成は変更されません。The gateway configuration doesn't change though. Power BI インスタンスが元の状態に戻ると、ゲートウェイは正常な機能に戻ります。When the Power BI instance returns to its original state, the gateways return to their normal functions.

プライマリ リージョンで深刻な障害が発生し、長時間にわたってオンラインに戻すことができなくなった場合、フェールオーバーされたプライマリ リージョンでは、読み取りと書き込みの両方が操作可能となり、お客様は新しいリージョンに対してゲートウェイを再デプロイして構成することができるようになります。In the event of an extreme disaster in a primary region that prevents bringing it back online for considerable duration, the failed-over primary region will allow both read and write operations and customers can redeploy and configure gateways against the new region.

お客様は、新しいゲートウェイを別のコンピューターにインストールするか、既存のゲートウェイを引き継ぐことができます。Customers can choose to install a new gateway on a different machine or take over their existing gateway. 古いゲートウェイに関連付けられているすべてのデータソースが新しいゲートウェイに引き継がれるため、既存のゲートウェイを使用する方が簡単です。Taking over the existing gateway should be simpler, since all the data sources associated with the old gateway will be carried over to the new one.