Power BI の新しいワークスペースで作業を整理する

"ワークスペース" は、同僚と共同でダッシュボード、レポート、データセット、およびページ分割されたレポートのコレクションを作成する場所です。 新しいワークスペース エクスペリエンスでは、コンテンツへのアクセスをより適切に管理できます。 この記事では、新しいワークスペースの概要、および新しいワークスペースと従来のワークスペースとの違いについて説明します。 従来のワークスペースと同様、新しいワークスペースでも引き続きアプリを作成し、配布できます。

新しいワークスペースを作成するには、 新しいワークスペース エクスペリエンスの作成に関するページを参照してください。

Power BI の新しいワークスペース エクスペリエンス

アップグレードされた新しいワークスペースと既にあるクラシック ワークスペースは、並行して共存させることができます。 既定のワークスペースの種類は、新しいワークスペース エクスペリエンスです。 必要な場合は、Microsoft 365 グループに基づいて、引き続きクラシック ワークスペースを作成して使用することもできます。 クラシック ワークスペースを移行する場合、 詳細については、「Power BI でクラシック ワークスペースを新しいワークスペースにアップグレードする」を参照してください。

新しいワークスペースとクラシック ワークスペースの違い

新しいワークスペースでは、一部の機能が再設計されています。 主な違いは次のとおりです。

  • クラシック ワークスペースのように、新しいワークスペースを作成しても Microsoft 365 グループが作成されることはありません。 新しいワークスペースの管理はすべて Office 365 ではなく、Power BI で行われます。 必要に応じて、引き続き Microsoft 365 グループを使用して、コンテンツへのユーザー アクセスを管理することができます。 これは、Microsoft 365 グループをワークスペース アクセス リストに追加するだけです。
  • 新しいワークスペースでより柔軟なアクセス許可の管理を行うために、より細分化されたワークスペース ロールを使用する。 従来のワークスペースでは、メンバーおよび管理者リストに追加できるのは個人のみです。
  • ユーザー グループをワークスペース ロールに割り当てる: 新しいワークスペースでは、ユーザー管理が容易になるように、複数の Active Directory セキュリティ グループ、配布リスト、Microsoft 365 グループをこれらのロールに追加することができます。
  • 連絡先リスト: 新しいワークスペースでは、ワークスペース アクティビティに関する通知を受け取るユーザーを指定することができます。
  • テンプレート アプリを作成する: "テンプレート アプリ" は新しいワークスペースでのみ作成できます。 テンプレート アプリとは、組織外の顧客に配布できるアプリのことです。 その後、これらの顧客はテンプレート アプリを使用して、自分のデータに接続できます。 テンプレート アプリの詳細については、こちらを参照してください。
  • データセットを共有する: 特定のワークスペース外のデータセットを共有するには、そのデータセットを含むレポートを、新しいワークスペースのいずれかに保存する必要があります。 クラシック ワークスペースからデータセットを共有することはできません。 共有データセットの詳細については、こちらを参照してください。
  • 組織のコンテンツ パック:クラシック ワークスペースで組織のコンテンツ パックを作成し、使用します。 それらを新しいワークスペースで作成したり、使用したりすることはできません。 新しいワークスペースでは、組織のコンテンツ パックはアプリとテンプレート アプリに置き換えられます。 組織のコンテンツパックは非推奨とされます。 今こそ、ご利用のコンテンツ パックをアプリにアップグレードする良い機会です。 タイムラインについては、こちらの Power BI 管理者がクラシック ワークスペースをアップグレードできることについてのお知らせに関するブログ記事のワークスペース アップグレード ロードマップに関するセクションを参照してください。

この記事では、これらの機能について詳しく説明します。

注意

Power BI では、メンバーになっているすべての Microsoft 365 グループが引き続き一覧表示されます。 これにより、既存のワークフローを変更しなくても済みます。

動作が異なる機能

新しいワークスペースでは、一部の機能の動作が異なります。 これらの違いは、お客様から寄せられたフィードバックに基づく意図的なものです。 これにより、ワークスペースでの共同作業に対するより柔軟なアプローチが可能になります。

  • ライセンスの適用: 新しいワークスペース エクスペリエンスへのレポートの発行には、既存のライセンス ルールが適用されます。 ユーザーが新しいワークスペースで共同作業を行ったり、Power BI サービス内で他のユーザーとコンテンツを共有したりするには、Power BI Pro または Premium Per User (PPU) のライセンスが必要です。 Pro または PPU のライセンスを持たないユーザーには、"Power BI Pro ライセンスを持つユーザーのみがこのワークスペースに発行できます" というエラーが表示されます。
  • [Members can reshare](メンバーは再共有可能) 設定: 新しいワークスペースの共同作成者ロールは、クラシック ワークスペースの [Members can reshare](メンバーは再共有可能) 設定に代わるものです。
  • 読み取り専用ワークスペース: 新しいワークスペースのビューアー ロールは、ユーザーに対する、クラシック ワークスペースへの読み取り専用アクセス許可の付与に代わるものです。 ビューアー ロールにより、新しいワークスペースのコンテンツに対して同様の読み取り専用アクセスが許可されます。
  • Pro または Premium Per User (PPU) のライセンスがないユーザー は、新しいワークスペースが Power BI Premium 容量にあれば、そのワークスペースにアクセスできます。ただし、ユーザーがビューアー ロールを持っている場合に限ります。
  • データのエクスポートをユーザーに許可する: 新しいワークスペースのビューアー ロールを持つユーザーでも、そのワークスペースのデータセットに対するビルド アクセス許可がある場合は、データをエクスポートすることができます。 詳細については、「データセットのビルド アクセス許可」をご覧ください。
  • 新しいワークスペースには、 [ワークスペースからの脱退] ボタンはありません。

ワークスペースの連絡先リスト

新しい 連絡先リスト 機能を使用すると、新しいワークスペースで発生する問題に関する通知を受け取るユーザーを指定できます。 既定では、新しいワークスペースでワークスペース管理者として指定された任意のユーザーまたはグループに通知されます。 そのリストに追加することができます。 連絡先リストのユーザーまたはグループは、新しいワークスペースのユーザー インターフェイス (UI) にも一覧表示されます。そのため、ワークスペースのエンドユーザーは連絡先を把握できます。

ワークスペースの連絡先リストを作成する方法については、こちらを参照してください。

ワークスペース OneDrive

既述のとおり、新しいワークスペースのいずれかを作成する際に、Power BI ではバックグラウンドで Microsoft 365 グループは作成されません。 しかし、新しいワークスペースに OneDrive が関連付けられていると便利な場合があります。 新しいワークスペースでワークスペース OneDrive 機能を使用すると、SharePoint ドキュメント ライブラリ ファイル ストレージをワークスペース ユーザーが利用できる Microsoft 365 グループを構成できます。 Power BI の外部にグループを作成します。

Power BI では、新しいワークスペースへのアクセス権を持つユーザーまたはグループに対する、Microsoft 365 グループのメンバーシップとアクセス許可との間の同期は行われません。 次のようにして、これらを同期させることができます。ファイル ストレージをこの設定で構成するのと同じ Microsoft 365 グループを使用して、ワークスペース アクセスを管理します。

ワークスペース OneDrive を設定する方法については、こちらを参照してください。

新しいワークスペースのロール

ロールを使用すれば、新しいワークスペースで誰が何を行うことができるかを管理できるため、チームでの共同作業が可能になります。 新しいワークスペースでは、個人、およびユーザー グループのセキュリティ グループ、Microsoft 365 グループ、配布リストにロールを割り当てることができます。

新しいワークスペースへのアクセスを許可するには、そのユーザー グループまたは個人を、管理者、メンバー、共同作成者、ビューアーのいずれかのワークスペース ロールに割り当てます。 ユーザー グループのすべてのユーザーには、割り当てられたロールが与えられます。 複数のユーザー グループに属している場合は、割り当てられているロールによって提供される最高レベルのアクセス許可が付与されます。 ユーザー グループを入れ子にすると、含まれているすべてのユーザーにアクセス許可が付与されます。 表示と操作を除く、これらの機能すべてに、Power BI Pro または Premium Per User (PPU) のライセンスが必要です。 詳細については、この記事のライセンスに関する記述を参照してください。

機能 管理者 メンバー 共同作成者 Viewer
ワークスペースの更新と削除。 [はい] チェックマーク
他の管理者を含む、ユーザーの追加と削除。 [はい] チェックマーク
共同作成者にこのワークスペースのアプリの更新を許可する [はい] チェックマーク
メンバーやその他の下位のアクセス許可を持つユーザーの追加。 [はい] チェックマーク [はい] チェックマーク
アプリのアクセス許可を発行、発行取り消し、変更する [はい] チェックマーク [はい] チェックマーク
アプリを更新する。 [はい] チェックマーク [はい] チェックマーク 許可されている場合 1
項目を共有する、またはアプリを共有する。2 [はい] チェックマーク [はい] チェックマーク
他のユーザーに項目の再共有を許可する。2 [はい] チェックマーク [はい] チェックマーク
同僚のホームでアプリを勧める [はい] チェックマーク [はい] チェックマーク
データセットのアクセス許可を管理します。3 [はい] チェックマーク [はい] チェックマーク
同僚のホームでダッシュボードとレポートを勧める [はい] チェックマーク [はい] チェックマーク [はい] チェックマーク
ワークスペースでのコンテンツの作成、編集、削除。 [はい] チェックマーク [はい] チェックマーク [はい] チェックマーク
ワークスペースへのレポートの公開と、コンテンツの削除。 [はい] チェックマーク [はい] チェックマーク [はい] チェックマーク
このワークスペース内のデータセットに基づいて、別のワークスペースにレポートを作成する。2 [はい] チェックマーク [はい] チェックマーク [はい] チェックマーク
レポートをコピーする。3 [はい] チェックマーク [はい] チェックマーク [はい] チェックマーク
オンプレミス ゲートウェイを介してデータの更新をスケジュールする。4 [はい] チェックマーク [はい] チェックマーク [はい] チェックマーク
ゲートウェイの接続設定を変更する。4 [はい] チェックマーク [はい] チェックマーク [はい] チェックマーク
項目の表示と操作。5 [はい] チェックマーク [はい] チェックマーク [はい] チェックマーク [はい] チェックマーク
ワークスペース データフローの格納データを読み取る [はい] チェックマーク [はい] チェックマーク [はい] チェックマーク [はい] チェックマーク

1 共同作成者は、ワークスペース管理者がこのアクセス許可を委任すると、ワークスペースに関連付けられているアプリを更新できます。 ただし、新しいアプリを発行したり、アクセス許可を持つユーザーを変更したりすることはできません。

2 共同作成者とビューアーが再共有アクセス許可を持っている場合、ワークスペース内のアイテムを共有することもできます。

3 レポートをコピーする場合、およびこのワークスペース内のデータセットに基づいて別のワークスペースでレポートを作成する場合は、そのデータセットに対するビルドのアクセス許可が必要です。 このワークスペース内のデータセットについては、管理者、メンバー、共同作成者のロールを持つユーザーに対して、そのワークスペース ロールを通じてビルドのアクセス許可が自動的に付与されます。

4 ゲートウェイに対するアクセス許可も必要であることに注意してください。 これらのアクセス許可は、ワークスペースのロールとアクセス許可に関係なく、他の場所で管理されます。 詳細については、オンプレミス ゲートウェイの管理に関するページを参照してください。

5 Power BI Pro ライセンスを持っていない場合でも、項目が Premium 容量内のワークスペースにあれば、Power BI サービスで項目を表示および操作することができます。

注意

  • ユーザーがロールを使用できない場合でも、そのユーザーを単独で、またはグループ単位でロールに割り当てることができます。 つまり、ライセンスを必要とするロールに、Power BI Pro または PPU のライセンスを持たないユーザーを割り当てることができます。 詳細については、この記事の「ライセンス」を参照してください。
  • ワークスペースのコンテンツを閲覧するユーザーに対して行レベルのセキュリティ (RLS) を適用するには、ビューアー ロールを使用します。 新しいワークスペースへのアクセス権を付与せずに、RLS を適用することもできます。 アプリを発行し、そのユーザーに配布するか、共有機能を使用してコンテンツを配布します。

ライセンスと管理

ライセンス

新しいワークスペースのいずれかが共有容量にある場合は、そこに追加するすべてのユーザーに Power BI Pro または Premium Per User (PPU) のライセンスが必要です。 これらのユーザーはすべて、新しいワークスペースのダッシュボードとレポートで共同作業を行うことができます。 組織内部の他のユーザーにコンテンツを配布する場合は、Power BI Pro ライセンスをそのユーザーに割り当てるか、Power BI Premium 容量にワークスペースを配置します。

新しいワークスペースが Power BI Premium 容量にある場合、ビューアー ロールを持つユーザーは、Power BI Pro または Premium Per User (PPU) のライセンスがない場合でも、そのワークスペースにアクセスできます。 しかし、これらのユーザーに管理者、メンバー、共同作成者などの上位ロールを割り当てると、そのユーザーがワークスペースにアクセスしようとしたときに Pro 試用版を開始するように求められます。 Pro または Premium Per User (PPU) のライセンスを持っていないユーザーがビューアー ロールを使用できるようにする場合は、そのユーザーが、個人またはユーザー グループの一員として、他のワークスペース ロールも持っていないことを確認してください。また、クラシック ワークスペースを使用していないことも確認してください。 クラシック ワークスペースでは、ロールはサポートされません。

新しいワークスペース エクスペリエンスへのレポートの発行には、既存のライセンス ルールがより厳格に適用されます。 Pro または Premium Per User (PPU) のライセンスなしで Power BI Desktop またはその他のクライアント ツールから発行しようとすると、"Power BI Pro ライセンスを持つユーザーのみがこのワークスペースに発行できます" というエラーが表示されます。

注意

Power BI US Government は、"無料" ライセンスとして利用することはできません。 ライセンスの詳細については、「米国政府顧客向け Power BI」を参照してください。

ゲスト ユーザー

既定では、Azure AD B2B ゲスト ユーザーはワークスペースにアクセスできません。 Power BI 管理者は、組織内のコンテンツの編集および管理を外部のゲスト ユーザーに許可できます。 有効にされたゲスト ユーザーは、アクセス許可のあるワークスペースにアクセスできます。

新しいワークスペース エクスペリエンスのワークスペースの管理

新しいワークスペース エクスペリエンスの管理は、Power BI 管理ポータルにあります。 Power BI 管理者は、ワークスペースの作成およびアプリの配布を行うことができる組織内のユーザーを決定します。 "管理者ポータル" の記事でユーザーがワークスペースを作成する機能を管理する方法をお読みください。

管理者はまた、組織内のすべてのワークスペースの状態を確認できます。 ワークスペースの管理、復旧、および削除もできます。 "管理者ポータル" の記事でワークスペース自体を管理する方法をお読みください。

監査

Power BI では、新しいワークスペース エクスペリエンスのワークスペースの次のアクティビティが監査されます。

フレンドリ名 操作名
Power BI フォルダーを作成しました CreateFolder
Power BI フォルダーを削除しました DeleteFolder
Power BI フォルダーを更新しました UpdateFolder
Power BI フォルダーへのアクセスを更新しました UpdateFolderAccess

詳細については、Power BI 監査に関するページをご覧ください。

制限事項と考慮事項

注意すべき制限事項:

  • ワークスペースに格納できるのは、最大で 1,000 データセット、またはデータセットあたり 1,000 レポートです。
  • Power BI Pro ライセンスを持つユーザーは、最大 1,000 ワークスペースのメンバーになることができます。
  • Power BI Publisher for Excel はサポートされていません。

よく寄せられる質問

既存のコンテンツへのリンクは、新しいワークスペース エクスペリエンスの影響を受けますか?

いいえ。 従来のワークスペースにある既存の項目へのリンクは、新しいワークスペース エクスペリエンスの影響を受けません。 新しいワークスペース エクスペリエンスが一般提供 (GA) されることで、作成する既定のワークスペースは変わりますが、既存のワークスペースは変更されません。

既存のワークスペースは、GA によって新しいワークスペース エクスペリエンスにアップグレードされますか?

いいえ。 新しいワークスペース エクスペリエンス GA によって変更されるのは、新しいワークスペース エクスペリエンスの既定のワークスペースの種類だけです。 Microsoft 365 グループを基にした既存の従来のワークスペースは変更されません。

Microsoft 365 グループに対して今後もワークスペースが自動作成されますか?

はい。 両方の種類のワークスペースが並行してサポートされるため、ワークスペースの一覧には、アクセスできるすべての Microsoft 365 グループが引き続き一覧表示されます。

次の手順