Power BI レポートのフィルター処理と共有Filter and share a Power BI report

"共有" は、自分のダッシュボードおよびレポートに他のユーザーがアクセスできるようにするのによい方法です。Sharing is a good way to give a few people access to your dashboards and reports. フィルター処理されたバージョンのレポートを共有したい場合は、どうすればよいでしょうか。What if you want to share a filtered version of a report? 特定の都市または営業担当者または年のデータのみをレポートに表示したい場合があります。Maybe you want the report to show only data for a specific city or salesperson or year. この記事では、レポートをフィルター処理し、フィルター処理されたバージョンのレポートを共有する方法について説明します。This article explains how to filter a report and share the filtered version of the report. フィルター処理されたレポートを共有するには、レポートの URL にクエリ パラメーターを追加する方法もあります。Another way to share a filtered report is to add query parameters to the report URL. いずれの場合でも、受信者が最初にレポートを開くときにレポートがフィルター処理されます。In both cases, the report is filtered when recipients first open it. レポートのフィルター選択は、クリアすることができます。They can clear the filter selections in the report.

フィルター処理されたレポート

Power BI では、レポートの共同作業や配布を行う他の方法も用意されています。Power BI also offers other ways to collaborate and distribute your reports. 共有する際、共有元と共有先の双方に Power BI Pro ライセンスが必要です。または、コンテンツを Premium 容量に格納する必要があります。With sharing, you and your recipients need a Power BI Pro license, or the content needs to be in a Premium capacity.

サンプル データに沿ってフォローするFollow along with sample data

この記事では、マーケティングと売上のサンプル テンプレート アプリを使用します。This article uses the Marketing and Sales sample template app. 試してみたいですか。Want to try it?

  1. マーケティングと売上サンプル テンプレート アプリをインストールします。Install the Marketing and Sales sample template app.

  2. アプリを選択し、 [アプリを探索] を選択します。Select the app and select Explore app.

    サンプル データを探索する

  3. 鉛筆アイコンを選択して、アプリと共にインストールしたワークスペースを開きます。Select the pencil icon to open the workspace that you installed with the app.

    アプリの編集の鉛筆

  4. ワークスペースのコンテンツ一覧で [レポート] を選択し、売上およびマーケティングのサンプル PBIX のレポートを選択します。In the workspace content list, select Reports, then select the report Sales and Marketing Sample PBIX.

    サンプル レポートを開く

    これで、先に進むことができます。Now you're ready to follow along.

レポートにフィルターを設定するSet a filter in the report

編集ビューでレポートを開き、フィルターを適用します。Open a report in Editing view and apply a filter.

この例では、マーケティングと売上サンプル テンプレート アプリの YTD Category ページをフィルター処理して、RegionCentral と等しい値のみを表示しています。In this example, we're filtering the YTD Category page of the Marketing and Sales sample template app to show only values where Region equals Central.

[レポート フィルター] ウィンドウ

レポートを保存します。Save the report.

フィルター処理されたレポートを共有するShare the filtered report

  1. [共有] を選択します。Select Share.

    [共有] を選択します。

  2. [受信者に電子メールの通知を送信する] をオフにして、代わりにフィルター処理されたリンクを送信できるようにします。また、 [現在のフィルターとスライサーでレポートを共有する] を選択し、 [共有] を選択します。Clear Send email notification to recipients, so you can send a filtered link instead, select Share report with current filters and slicers, then select Share.

    フィルターを使用してレポートを共有する

  3. [共有] をもう一度選択します。Select Share again.

    [共有] を選択します。

  4. [アクセス] タブを選択し、 [共有レポート ビューの管理] を選択します。Select the Access tab, then select Manage shared report views.

    共有レポート ビューの管理

  5. 目的の URL を右クリックし、 [リンクのコピー] を選択します。Right-click the URL you want, and select Copy link.

    フィルター処理されたリンクのコピー

  6. このリンクを共有すると、受信者にはフィルター処理されたレポートが表示されます。When you share this link, recipients will see your filtered report.

制限事項と考慮事項Limitations and considerations

レポートの共有について留意すべき事項:Things to keep in mind about sharing reports:

  • アクセス許可を管理する、レポートまたはダッシュボードを共有する、またはアプリを発行するという方法でデータセットを共有すると、行レベルのセキュリティ (RLS) によってアクセスが制限されない限り、データセット全体へのアクセスが付与されます。When you share a dataset by managing permissions, by sharing reports or dashboards, or by publishing an app, you're granting access access to the entire dataset unless row-level security (RLS) limits their access. レポートの作成者は、列を非表示にする、ビジュアル上のアクションを制限するなど、レポートを表示したり、操作したりするときのユーザー エクスペリエンスをカスタマイズする機能を使用できます。Report authors may use capabilities that customize user experiences when viewing or interacting with reports, for example hiding columns, limiting the actions on visuals, and others. そのようなカスタマイズされたユーザー エクスペリエンスによって、データ ユーザーがデータセットでアクセスできる対象が制限されることはありません。These customized user experience do not restrict what data users can access in the dataset. 個人の資格情報によってアクセスできるデータが決定されるよう、データセットの行レベルセキュリティ (RLS) を使用します。Use row-level security (RLS) in the dataset so that each person's credentials determine which data they can access.

次の手順Next steps