Power BI Desktop で Impala データベースに接続する

Power BI Desktop では、Impala データベースに接続し、Power BI Desktop の他のデータ ソースの場合と同様に、基になっているデータを使用できます。

Impala データベースに接続する

Impala データベースに接続するには、次の手順のようにします。

  1. Power BI Desktop の [ホーム] リボンで [データを取得] を選択します。

  2. 左側のカテゴリから [データベース] を選択します。 Impala が表示されます。

    Get Data

  3. 表示された [Impala] ウィンドウで、ボックスに Impala サーバーの名前を入力するか、貼り付けます。 [OK] をクリックします。 Power BI にデータを直接インポートしたり、DirectQuery を使用したりできます。 詳しくは、DirectQuery の使用に関する記事をご覧ください。

    Impala window

  4. プロンプトが表示されたら、資格情報を入力するか、匿名で接続します。 Impala コネクタは、匿名、基本 (ユーザー名とパスワード)、Windows 認証をサポートします。

    Impala connector

    注意

    特定の Impala サーバーのユーザー名とパスワードを入力すると、Power BI Desktop は以降もその同じ資格情報を使用して接続を試みます。 これらの資格情報を変更するには、[ファイル] > [オプションと設定] > [データ ソース設定] に移動します。

  5. 接続した後、[ナビゲーター] ウィンドウが表示され、サーバーで利用可能なデータが表示されます。 このデータから要素を選択してインポートし、Power BI Desktop で使用します。

    Navigator window

考慮事項と制限事項

Impala コネクタにはいくつかの考慮事項と制限事項があるので注意してください。

  • Impala コネクタは、3 つのサポートされた認証メカニズムのいずれかを使用して、オンプレミス データ ゲートウェイでサポートされます。
  • Impala コネクタは、文字列型のサイズが既定で 32K に制限される Impala ドライバーを使用しています。

次の手順

Power BI Desktop を使用して接続できるデータ ソースには、たくさんの種類があります。 データ ソースの詳細については、次のリソースを参照してください。