Power BI で DirectQuery を使用して SAP HANA データ ソースに接続するConnect to SAP HANA data sources by using DirectQuery in Power BI

SAP HANA データ ソースへは、DirectQuery を使用して直接接続することが可能です。‎You can connect to SAP HANA data sources directly using DirectQuery. SAP HANA には 2 つの方法で接続できます。There are two options when connecting to SAP HANA:

  • SAP HANA を多次元ソースとして扱う (既定): この場合の動作は、Power BI が SAP Business Warehouse や Analysis Services など、他の多次元ソースに接続するときの動作に似たものになります。Treat SAP HANA as a multi-dimensional source (default): In this case, the behavior will be similar to when Power BI connects to other multi-dimensional sources like SAP Business Warehouse, or Analysis Services. この設定で SAP HANA に接続すると、分析または計算ビューが 1 つ選択され、そのビューのすべてのメジャー、階層、属性がフィールド一覧に表示されます。When connecting to SAP HANA using this setting, a single analytic or calculation view is selected and all the measures, hierarchies and attributes of that view will be available in the field list. ビジュアルを作成すると、集計データが常に SAP HANA から取得されます。As visuals are created, the aggregate data will always be retrieved from SAP HANA. これは推奨される方法であり、SAP HANA を利用する新しい DirectQuery レポートの既定の方法です。This is the recommended approach, and is the default for new DirectQuery reports over SAP HANA.

  • SAP HANA をリレーショナル ソースとして扱う: この場合、Power BI は SAP HANA をリレーショナル ソースとして扱います。Treat SAP HANA as a relational source: In this case, Power BI treats SAP HANA as a relational source. これにより、柔軟性が向上します。This offers greater flexibility. この方法では、メジャーを想定どおりに確実に集計し、パフォーマンスの問題を回避するように注意する必要があります。Care must be taken with this approach to ensure that measures are aggregated as expected, and to avoid performance issues.

接続方法はグローバル ツール オプションによって決定されます。これは次の画像のように、 [ファイル] > [オプションと設定][オプション] > [DirectQuery] の順に選択し、 [SAP HANA をリレーショナル ソースとして扱う] オプションをオンにすることで設定します。The connection approach is determined by a global tool option, which is set by selecting File > Options and settings and then Options > DirectQuery, then selecting the option Treat SAP HANA as a relational source, as shown in the following image.

[オプション] ダイアログのスクリーンショット。DirectQuery オプションが表示されています。

SAP HANA をリレーショナル ソースとして扱うオプションは、SAP HANA を介して DirectQuery を使う "新しい" レポートに対して使われる方法を制御します。The option to treat SAP HANA as a relational source controls the approach used for any new report using DirectQuery over SAP HANA. 現在のレポートの既存の SAP HANA 接続に影響を与えることはありません。開いている他のレポートの接続に影響を与えることもありません。It has no effect on any existing SAP HANA connections in the current report, nor on connections in any other reports that are opened. そのため、このオプションが現在選択されていない場合、 [データを取得] を使って SAP HANA に新しい接続を追加すると、その接続では SAP HANA が多次元ソースとして扱われます。So if the option is currently unchecked, then upon adding a new connection to SAP HANA using Get Data, that connection will be made treating SAP HANA as a multi-dimensional source. ただし、SAP HANA にも接続する別のレポートが開かれている場合、そのレポートは、"作成時に" 設定されたオプションに従って引き続き動作します。つまり、SAP HANA に接続しているすべてのレポートは、2018 年 2 月より前に作成された場合、SAP HANA は引き続きリレーショナル ソースとして扱われます。However, if a different report is opened that also connects to SAP HANA, then that report will continue to behave according to the option that was set at the time it was created, which means that any reports connecting to SAP HANA that were created prior to February 2018 will continue to treat SAP HANA as a relational source.

この 2 つの手法は動作が異なっており、既存のレポートの手法を切り替えることはできません。The two approaches constitute different behavior, and it's not possible to switch an existing report from one approach to the other.

それでは 2 つの手法をそれぞれ詳しく見ていきましょう。Let's look at more detail about each of these two approaches, in turn.

SAP HANA を多次元ソースとして扱う (既定)Treat SAP HANA as a multi-dimensional source (default)

SAP HANA に対するすべての新規接続では、この接続方法が既定で使われ、SAP HANA を多次元ソースとして扱います。All new connections to SAP HANA use this connection method by default, treating SAP HANA as a multi-dimensional source. SAP HANA への接続をリレーショナル ソースとして扱うには、 [ファイル] > [オプションと設定] > [オプション] > [直接クエリ] の順に選択し、 [SAP HANA をリレーショナル ソースとして扱う] チェック ボックスをオンにします。In order to treat a connection to SAP HANA as a relational source, you must select File > Options and settings > Options, then check the box under Direct Query > Treat SAP HANA as a relational source. この機能がプレビュー段階の間は、多次元手法で作成されたレポートは Power BI サービスに公開できません。公開すると、Power BI サービス内でレポートを開いたとき、エラーが発生します。While this feature is in Preview, reports created using the multi-dimensional approach cannot be published to the Power BI service, and doing so will result in errors when the report is opened within the Power BI service.

多次元ソースとして SAP HANA に接続する場合は、次の考慮事項が適用されます。When connecting to SAP HANA as a multi-dimensional source, the following considerations apply:

  • データ取得ナビゲーターでは、SAP HANA ビューを 1 つ選択できます。In the Get Data Navigator, a single SAP HANA view can be selected. 計測値や属性を個々に選択することはできません。It is not possible to select individual measures or attributes. 接続時にクエリは定義されません。データをインポートするときや、SAP HANA をリレーショナル ソースとして扱っているときに DirectQuery を使用するときとは異なります。There is no query defined at the time of connecting, which is different from importing data or when using DirectQuery while treating SAP HANA as a relational source. つまり、この接続方法を選択しているとき、SAP HANA SQL クエリを直接利用することはできません。This also means that it's not possible to directly use an SAP HANA SQL query when selecting this connection method.

  • 選択したビューのすべてのメジャー、階層、属性がフィールド一覧に表示されます。All the measures, hierarchies, and attributes of the selected view will be displayed in the field list.

  • ビジュアルでメジャーが使用されるとき、そのビジュアルに必要な集計レベルでメジャー値を取得するように、SAP HANA にクエリが実行されます。As a measure is used in a visual, SAP HANA will be queried to retrieve the measure value at the level of aggregation necessary for the visual. そのため、非加法メジャー (カウンターや比率など) を扱うとき、すべての集計が SAP HANA により実行されます。それ以上の集計が Power BI によって実行されることはありません。So when dealing with non-additive measures (counters, ratios, and so on) all aggregations are performed by SAP HANA, and no further aggregation is performed by Power BI.

  • SAP HANA から正しい集計値が常に得られるように、特定の制約を課す必要があります。To ensure the correct aggregate values can always be obtained from SAP HANA, certain restrictions must be imposed. たとえば、計算列を追加することはできません。同じレポート内で複数の SAP HANA ビューのデータを組み合わせることはできません。For example, it's not possible to add calculated columns, or to combine data from multiple SAP HANA views within the same report.

SAP HANA を多次元ソースとして扱うと、もう 1 つの "リレーショナル" 手法のような優れた柔軟性はなくなりますが、簡単になり、複雑な SAP HANA メジャーを扱うときでも確実に正しい集計値が得られ、通常、結果的にパフォーマンスが向上します。Treating SAP HANA as a multi-dimensional source does not offer the greater flexibility provided by the alternative relational approach, but it is simpler, and ensures correct aggregate values when dealing with more complex SAP HANA measures, and generally results in higher performance.

[フィールド] 一覧には、SAP HANA ビューのメジャー、属性、階層がすべて表示されます。The Field list will include all measures, attributes, and hierarchies from the SAP HANA view. この接続手法で発生する次の動作に注意してください。Note the following behaviors that apply when using this connection method:

  • 属性が少なくとも 1 つの階層に含まれるとき、その属性は既定で非表示になります。Any attribute that is included in at least one hierarchy will be hidden by default. ただし、必要であれば、フィールド一覧のコンテキスト メニューで [非表示を表示] を選択すると表示できます。However, they can be seen if required by selecting View hidden from the context menu on the field list. 同じコンテキスト メニューから、必要に応じて、非表示を表示に変更できます。From the same context menu they can be made visible, if required.

  • SAP HANA では、そのラベルとして別の属性を使用するように属性を定義できます。In SAP HANA, an attribute can be defined to use another attribute as its label. たとえば、Product (値は 1、2、3...) では、そのラベルとして ProductName (値は Bike、Shirt、Gloves など) を使用できます。For example, Product (with values 1,2,3, and so on) could use ProductName (with values Bike, Shirt, Gloves, and so on) as its label. この場合、Product という 1 つのフィールドがフィールド一覧に表示されます。その値は Bike、Shirt、Gloves などのラベルになりますが、並べ替えと一意性の決定はキー値 1、2、3 で行われます。In this case, a single field Product will be shown in the field list, whose values will be the labels Bike, Shirt, Gloves, and so on, but which will be sorted by, and with uniqueness determined by, the key values 1,2,3. 非表示列の Product.Key も作成されます。必要であれば、基礎となるキー値にアクセスできます。A hidden column Product.Key is also created, allowing access to the underlying key values if required.

基になる SAP HANA ビューで定義されている変数が接続時に表示されて、必要な値を入力できます。Any variables defined in the underlying SAP HANA view will be displayed at the time of connecting, and the necessary values can be entered. この値は後で変更できます。リボンから [クエリを編集] を選択し、表示されたドロップダウン メニューから [パラメーターの管理] を選択します。Those values can subsequently be changed by selecting Edit Queries from the ribbon, and then Manage Parameters from the drop-down menu displayed.

許可されるモデリング操作には、DirectQuery 使用時の一般的なケースよりも制約が多くなります。SAP HANA から常に正しい集計データが得られるようにする必要があるためです。The modeling operations allowed are more restrictive than in the general case when using DirectQuery, given the need to ensure that correct aggregate data can always be obtained from SAP HANA. ただし、さまざまな追加や変更が可能です。たとえば、メジャーを定義したり、フィールドの名前を変更したり、フィールドを非表示にしたり、表示形式を定義したりできます。However, it's still possible to make many additions and changes, including defining measures, renaming and hiding fields, and defining display formats. このような変更はすべて更新時に保存され、SAP HANA ビューに行われた競合しない変更が適用されます。All such changes will be preserved on refresh, and any non-conflicting changes made to the SAP HANA view will be applied.

その他のモデリングの制限Additional modeling restrictions

DirectQuery を使用して SAP HANA に接続する (多次元ソースとして扱う) 場合のモデリング上のその他の主要な制限は次のとおりです。The primary additional modeling restrictions when connecting to SAP HANA using DirectQuery (treat as multi-dimensional source) are the following:

  • 計算列のサポートがない: 計算列を作成する機能は無効です。No support for calculated columns: The ability to create calculated columns is disabled. これは、計算列を作成するグループ化とクラスタリングも使用できないことを意味します。This also means that Grouping and Clustering, which create calculated columns, are not available.
  • メジャーのその他の制限: メジャーで使用できる、SAP HANA のサポート レベルを反映する DAX 式の制限がこの他にもあります。Additional limitations for measures: There are additional limitations imposed on the DAX expressions that can be used in measures, to reflect the level of support offered by SAP HANA.
  • リレーションシップ定義のサポートがない: 1 つのレポート内では、1 つのビューにのみクエリを実行できます。そのため、リレーションシップ定義はサポートされていません。No support for defining relationships: Only a single view can be queried within a report, and as such, there's no support for defining relationships.
  • データ ビューがない: [データ ビュー] は、通常詳細レベル データをテーブルに表示します。No Data View: The Data View normally displays the detail level data in the tables. SAP HANA などの OLAP ソースの性質から、このビューは SAP HANA では使用できません。Given the nature of OLAP sources such as SAP HANA, this view is not available over SAP HANA.
  • 列とメジャーの詳細が固定: フィールド リストにある列とメジャーの一覧は、基になるソースによって固定されており、変更できません。Column and measure details are fixed: The list of columns and measures seen in the field list are fixed by the underlying source, and cannot be modified. たとえば、列を削除したり、そのデータ型を変更したりできません (ただし、名前変更は可能です)。For example, it's not possible to delete a column, nor change its datatype (it can, however, be renamed).
  • DAX のその他の制限: メジャーの定義で使用できる DAX には、ソースの制限と一致する制限がこの他にもあります。Additional limitations in DAX: There are additional limitations on the DAX that can be used in measure definitions, to reflect limitations in the source. たとえば、テーブルに集計関数は使用できません。For example, it's not possible to use an aggregate function over a table.

視覚エフェクトのその他の制限Additional visualization restrictions

DirectQuery を使用して SAP HANA に接続する (多次元ソースとして扱う) とき、ビジュアルには制約があります。There are restrictions in visuals when connecting to SAP HANA using DirectQuery (treat as multi-dimensional source):

  • 列集計ができない: ビジュアルでは列の集計を変更できません。常に [集計しない] です。No aggregation of columns: It's not possible to change the aggregation for a column on a visual, and it is always Do Not Summarize.

SAP HANA をリレーショナル ソースとして扱うTreat SAP HANA as a relational source

リレーショナル ソースとしての SAP HANA に接続することを選択すると、いくつかの点で柔軟性が強化されます。When choosing to connect to SAP HANA as a relational source, some additional flexibility becomes available. たとえば、計算列を作成したり、複数の SAP HANA ビューからデータを含めたり、生成されたテーブル間で関係を構築したりできます。For example, you can create calculated columns, include data from multiple SAP HANA views, and create relationships between the resulting tables. ただし、SAP HANA をこのように使用するとき、次のような結果が得られるように、接続の扱われ方について特定の側面を理解することが大切です。However, when using SAP HANA in this manner, it's important to understand certain aspects of how connections are treated, to ensure the following:

  • SAP HANA ビューに非加算的な方法 (たとえば、単純な合計ではなく、個別のカウントまたは平均) が含まれているとき、結果が想定したものになります。The results are as expected, when the SAP HANA view contains non-additive measures (for example, distinct counts, or averages, rather than simple sums).
  • 結果のクエリが効率的です。The resulting queries are efficient

[データの取得] または [クエリ エディター] で定義したクエリで集計を実行するとき、SQL Server など、リレーショナル ソースの動作を最初に確認することをお勧めします。It's useful to start by clarifying the behavior of a relational source such as SQL Server, when the query defined in Get Data or Query Editor performs an aggregation. 次の例では、 [クエリ エディター] で定義したクエリは、ProductID での平均価格を返しています。In the example that follows, a query defined in Query Editor returns the average price by ProductID.

ProductID 別に平均価格を返すクエリが [クエリ エディター] で定義されていることを示す図。

データが (DirectQuery ではなく) Power BI にインポートされる場合、次の結果になります。If the data is being imported into Power BI (versus using DirectQuery), the following would result:

  • データは、 [クエリ エディター] で作成したクエリで定義した集計レベルでインポートされます。The data is imported at the level of aggregation defined by the query created in Query Editor. たとえば、製品ごとの平均価格です。For example, average price by product. これでは、ビジュアルで使用できる ProductIDAveragePrice の 2 つの列を持つテーブルが作成されます。This results in a table with the two columns ProductID and AveragePrice that can be used in visuals.
  • ビジュアルでは、それ以降のすべての (SumAverageMin などの) 集約は、そのインポートされたデータに対して実行されます。In a visual, any subsequent aggregation (such as Sum, Average, Min, others) is performed over that imported data. たとえば、ビジュアルに AveragePrice を含めると、既定で Sum 集計が使用され、各 ProductIDAveragePrice の合計 (この例では 13.67) が返されます。For example, including AveragePrice on a visual will use the Sum aggregate by default, and would return the sum over the AveragePrice for each ProductID – which in this example case would be 13.67. これは、ビジュアルで使用される (MinAverage などの) すべての代替の集計関数にも当てはまります。The same applies to any alternative aggregate function (such as Min, Average, so on) used on the visual. たとえば、AveragePriceAverage では、6.66、4、および 3 の平均である 4.56 が返されます。元の表の 6 つのレコードの Price の平均 (5.17) ではありません。For example, Average of AveragePrice returns the average of 6.66, 4 and 3, which equates to 4.56, and not the average of Price on the six records in the underlying table, which is 5.17.

インポートの代わりに DirectQuery を使用した場合 (同じリレーショナル ソースで)、同じセマンティクスが当てはまり、結果はまったく同じになります。If DirectQuery (over that same relational source) is being used instead of Import, the same semantics apply and the results would be exactly the same:

  • 同じクエリの場合、データが実際にインポートされない場合でも、論理的に正確に同じデータがレポート層に表示されます。Given the same query, logically exactly the same data is presented to the reporting layer – even though the data is not actually imported.

  • ビジュアルでは、それ以降の (SumAverageMin などの) すべての集約がクエリの論理テーブルに対して再度実行されます。In a visual, any subsequent aggregation (Sum, Average, Min, others) is again performed over that logical table from the query. ここでも、AveragePriceAverage を含むビジュアルでは、同様に 4.56 が返されます。And again, a visual containing Average of AveragePrice returns the same 4.56.

それでは、接続をリレーショナル ソースとして扱うときの SAP HANA について考えてみましょう。Now let's consider SAP HANA, when the connection is treated as a relational source. Power BI は SAP HANA の、メジャーを含むことができる分析ビュー計算ビューの両方で使用することができます。Power BI can work with both Analytic Views and Calculation Views in SAP HANA, both of which can contain measures. しかしながら、SAP HANA のアプローチは、このセクションで先に紹介したものと同じ原則に従います。つまり、 [データの取得] または [クエリ エディター] に定義したクエリによって使用可能なデータが決定され、ビジュアル内のそれ以降のすべての集計はそのデータに対して行われます。これは、インポートと DirectQuery の両方に対しても同様です。Yet today the approach for SAP HANA follows the same principles as described previously in this section: the query defined in Get Data or Query Editor will determine the data available, and then any subsequent aggregation in a visual is over that data, and the same applies for both Import and DirectQuery.
ただし、SAP HANA の性質を考えた場合、最初の [データの取得] ダイアログまたは [クエリ エディター] で定義したクエリは常に集計クエリであり、一般に、実際に使用される集計が SAP HANA ビューによって定義されているメジャーを含みます。However, given the nature of SAP HANA, the query defined in the initial Get Data dialog or Query Editor is always an aggregate query, and generally will include measures where the actual aggregation that will be used is defined by the SAP HANA view.

上の SQL Server の例と同等なものとして、IDProductIDDepotID を含む SAP HANA ビュー、およびビューで Average of Price として定義されている AveragePrice を含むメジャーがあります。The equivalent of the SQL Server example above is that there is a SAP HANA view containing ID, ProductID, DepotID, and measures including AveragePrice, defined in the view as Average of Price.

[データの取得] エクスペリエンスで ProductIDAveragePrice メジャー用の選択が行われた場合、それではその集計データを要求するビューに対するクエリが定義されています (上記の例では、簡単にするために SAP HANA SQL の構文と完全に一致しない疑似 SQL を使用しています)。If in the Get Data experience, the selections made were for ProductID and the AveragePrice measure, then that is defining a query over the view, requesting that aggregate data (in the earlier example, for simplicity pseudo-SQL is used that doesn’t match the exact syntax of SAP HANA SQL). すると、ビジュアルで定義されている以降の集計は、このようなクエリの結果がさらに集計されます。Then any further aggregations defined in a visual are further aggregating the results of such a query. SQL Server の場合で説明したように、これはインポートおよび DirectQuery の両方の場合に当てはまります。Again, as described above for SQL Server, this applies both for the Import and DirectQuery case. DirectQuery の場合、 [データの取得] または [クエリ エディター] からのクエリは SAP HANA に送信される 1 つのクエリのサブセレクト内で使用されます。したがって、これでは、さらなる集計の前に、すべてのデータは読み込まれません。In the DirectQuery case, the query from Get Data or Query Editor will be used in a subselect within a single query sent to SAP HANA, and thus it is not actually the case that all the data would be read in, prior to aggregating further.

これらのすべての考慮事項と動作では、SAP HANA で DirectQuery を使用するとき、重要な事項に従うことが要求されます。All of these considerations and behaviors necessitate the following important considerations when using DirectQuery over SAP HANA:

  • SAP HANA のメジャーが非加算的である場合 (たとえば、単純な Sum Min または Max ではない場合)、ビジュアルで実行される以降のすべての集計では注意が必要です。Attention must be paid to any further aggregation performed in visuals, whenever the measure in SAP HANA is non-additive (for example, not a simple Sum, Min, or Max).

  • [データの取得] または [クエリ エディター] では、必要なデータを取得するのに、必要な列のみを含める必要があります。それは、結果がクエリになるという事実が反映された、SAP HANA に送信可能な妥当なクエリである必要があります。In Get Data or Query Editor, only the required columns should be included to retrieve the necessary data, reflecting the fact that the result will be a query, that must be a reasonable query that can be sent to SAP HANA. たとえば、以降のビジュアルで必要になる可能性があるという考えから、列を数十選択した場合、DirectQuery の単純なビジュアルのサブセレクトで使用されている集計クエリにも、それらの数十の行が含まれることを意味します。これは、通常パフォーマンスを低下させます。For example, if dozens of columns were selected, with the thought that they might be needed on subsequent visuals, then even for DirectQuery a simple visual will mean the aggregate query used in the subselect will contain those dozens of columns, which will generally perform poorly.

例を見てみましょう。Let's look at an example. 次の例では、 [データの取得] ダイアログ ボックスで 5 つ列 (CalendarQuarterColorLastNameProductLineSalesOrderNumber) をメジャー OrderQuantity と共に選択した場合、後で作成する Min OrderQuantity を含む単純なビジュアルには、次の SAP HANA への SQL クエリが含まれることを意味します。In the following example, selecting five columns (CalendarQuarter, Color, LastName, ProductLine, SalesOrderNumber) in the Get Data dialog, along with the measure OrderQuantity, will mean that later creating a simple visual containing the Min OrderQuantity will result in the following SQL query to SAP HANA. 灰色の部分は、 [データの取得] / [クエリ エディター] からのクエリを含むサブセレクトです。The shaded is the subselect, containing the query from Get Data / Query Editor. このサブセレクトにより結果のカーディナリティが多くなる場合、結果の SAP HANA のパフォーマンスが低下する可能性があります。If this subselect gives a high cardinality result, then the resulting SAP HANA performance will likely be poor.

クエリ例のスクリーンショット。SAP HANA に SQL クエリを実行しています。

この動作のため、 [データの取得] または [クエリ エディター] で選択するアイテムは、それが結果として SAP HANA で妥当なクエリとなる、必要なもののみに制限することをお勧めします。Because of this behavior, we recommend the items selected in Get Data or Query Editor be limited to those items that are needed, while still resulting in a reasonable query for SAP HANA.

ベスト プラクティスBest practices

SAP HANA に接続するためのいずれの手法でも、DirectQuery の使用に関する推奨事項は SAP HANA にも適用されます。特に、良好なパフォーマンスの確保に関連するものに適用されます。For both approaches to connecting to SAP HANA, recommendations for using DirectQuery also apply to SAP HANA, particularly those related to ensuring good performance. これらの推奨事項の詳細は、「Power BI で DirectQuery を使用する」という記事を参照してください。These recommendations are described in detail in the article using DirectQuery in Power BI.

制限事項Limitations

次の一覧は、完全にサポートされていないか、Power BI を使用した場合に異なる動作をする SAP HANA の機能をすべてまとめたものです。The following list describes all SAP HANA features that are not fully supported, or features that behave differently when using Power BI.

  • 親子階層 - 親子階層は Power BI に表示されません。Parent Child Hierarchies - Parent child hierarchies will not be visible in Power BI. これは、Power BI が SQL インターフェイスを利用して SAP HANA にアクセスするためです。親子階層には SQL 経由では完全にアクセスできません。This is because Power BI accesses SAP HANA using the SQL interface, and parent child hierarchies cannot be fully accessed via SQL.
  • その他の階層メタデータ - 階層の基本構造が Power BI に表示されますが、一部の階層メタデータ (不均衡階層の動作制御など) には効力がありません。Other hierarchy metadata - The basic structure of hierarchies is displayed in Power BI, however some hierarchy metadata (such as controlling the behavior of ragged hierarchies) will have no effect. 繰り返しになりますが、これは SQL インターフェイスによって課される制限に起因します。Again, this is due to the limitations imposed by the SQL interface.
  • SSL を使用した接続 - SSL と共にインポートと多次元を使用して接続できますが、リレーショナル コネクタに SSL を使用するように構成された SAP HANA インスタンスに接続することはできません。Connection using SSL - You can connect using Import and multi-dimensional with SSL, buy cannot connect to SAP HANA instances configured to use SSL for the relational connector.
  • 属性ビューのサポート - Power BI は分析ビューと計算ビューに接続できるが、属性ビューには直接接続できません。Support for Attribute views - Power BI can connect to Analytic and Calculation views, but cannot connect directly to Attribute views.
  • カタログ オブジェクトのサポート - Power BI はカタログ オブジェクトに接続できません。Support for Catalog objects - Power BI cannot connect to Catalog objects.
  • 公開後、変数に変更する - レポートの公開後、Power BI で直接、SAP HANA 変数の値を変更することはできません。Change to Variables after publish - You cannot change the values for any SAP HANA variables directly in the Power BI service, after the report is published.

既知の問題Known issues

次の一覧は、Power BI を使用して SAP HANA (DirectQuery) に接続するときに発生する既知の問題をまとめたものです。The following list describes all known issues when connecting to SAP HANA (DirectQuery) using Power BI.

  • Counters やその他のメジャーについてクエリを実行するときの SAP HANA の問題 - 分析ビューに接続しているとき、Counter メジャーやその他の比率メジャーが同じビジュアルに含まれている場合、SAP HANA から間違ったデータが返されます。SAP HANA issue when query for Counters, and other measures - Incorrect data is returned from SAP HANA if connecting to an Analytical View, and a Counter measure and some other ratio measure, are included in the same visual. これは SAP ノート 2128928 で取り上げられています (計算列と Counter にクエリを実行すると、予想外の結果が返される)。This is covered by SAP Note 2128928 (Unexpected results when query a Calculated Column and a Counter). この場合、比率メジャーが正しくなくなります。The ratio measure will be incorrect in this case.

  • 1 つの SAP HANA 列から複数の Power BI 列 - 一部の計算ビューで、複数の階層で 1 つの SAP HANA 列が使用されるとき、SAP HANA はこれを 2 つの別々の属性として表示します。Multiple Power BI columns from single SAP HANA column - For some calculation views, where a SAP HANA column is used in more than one hierarchy, SAP HANA exposes this as two separate attributes. 結果的に、Power BI で 2 つの列が生成されます。This results in two columns being created in Power BI. ただし、このような列は既定で非表示になります。階層を伴うか、列を直接伴うクエリはすべて正しく動作します。Those columns are hidden by default, however, and all queries involving the hierarchies, or the columns directly, behave correctly.

次の手順Next steps

DirectQuery の詳細については、次のリソースを参照してください。For more information about DirectQuery, check out the following resources: