オンプレミス データ ゲートウェイとは

注意

最近、オンプレミス データ ゲートウェイのドキュメントが改訂されました。これらは Power BI に固有のコンテンツと、ゲートウェイでサポートされるすべてのサービスに適用される一般的なコンテンツに分割されています。 現在見ているのは、Power BI のコンテンツです。 この記事について、またはゲートウェイのドキュメントの全体的なエクスペリエンスに関してフィードバックを提供するには、記事の一番下までスクロールしてください。

オンプレミス データ ゲートウェイはブリッジとして機能し、オンプレミス データ (クラウド内に存在しないデータ) といくつかの Microsoft クラウド サービスとの間でデータをすばやく安全に転送できます。 そのようなクラウド サービスには、Power BI、PowerApps、Power Automate、Azure Analysis Services、Azure Logic Apps があります。 ゲートウェイを使用することにより、組織はオンプレミス ネットワーク上のデータベースやその他のデータソースを維持しながら、そのオンプレミス データをクラウド サービスで安全に使用することができます。

ゲートウェイのしくみ

ゲートウェイの概要

ゲートウェイのしくみの詳細については、「オンプレミス データ ゲートウェイのアーキテクチャ」を参照してください。

ゲートウェイの種類

ゲートウェイには次の 2 種類があり、それぞれ異なるシナリオで使用されます。

  • オンプレミス データ ゲートウェイ の場合、複数のユーザーが複数のオンプレミスのデータ ソースに接続できます。 単一のゲートウェイ インストールで、サポートされているすべてのサービスでオンプレミス データゲートウェイを使用できます。 このゲートウェイは、複数のユーザーが複数のデータ ソースにアクセスする複雑なシナリオに適しています。

  • オンプレミス データ ゲートウェイ (個人用モード) の場合、1 人のユーザーがソースに接続できます。他のユーザーとは共有できません。 オンプレミスのデータ ゲートウェイ (個人用モード) は、Power BI でのみ使用できます。 このゲートウェイは、レポートを作成するユーザーが 1 人だけであり、データ ソースを他のユーザーと共有する必要がないシナリオに適しています。

  • 仮想ネットワーク データ ゲートウェイ を使用すると、複数のユーザーが仮想ネットワークによって保護された複数のデータ ソースに接続できるようになります。 これは Microsoft が管理するサービスであるため、インストールする必要はありません。 このゲートウェイは、複数のユーザーが複数のデータ ソースにアクセスする複雑なシナリオに適しています。

ゲートウェイの使用

ゲートウェイを使用するための 4 つの主要な手順があります。

  1. ローカル コンピューターにゲートウェイをダウンロードしてインストールします。
  2. ご利用のファイアウォールやその他のネットワーク要件に基づいてゲートウェイを構成します。
  3. 他のネットワーク要件も管理および操作できるゲートウェイ管理者を追加します。
  4. ゲートウェイを使用して、オンプレミスのデータ ソースを更新します。
  5. エラーが発生した場合にゲートウェイのトラブルシューティングを行います。

次のステップ

その他の質問 Power BI コミュニティを利用してください