デプロイ パイプラインの使用を開始するGet started with deployment pipelines

この記事では、デプロイ パイプラインを使用するために必要な基本設定について説明します。This article walks you through the basic settings required for using deployment pipelines.

デプロイ パイプラインへのアクセスAccessing deployment pipelines

次の条件が満たされている場合、デプロイ パイプラインの機能にアクセスできます。You'll be able to access the deployment pipelines feature, if the following conditions are met:

注意

また、既にパイプラインを作成している場合や、パイプラインが共有されている場合は、[デプロイ パイプライン] ボタンが表示されます。You'll also be able to see the deployment pipelines button, if you previously created a pipeline, or if a pipeline was shared with you.

デプロイ パイプラインのランディング ページのスクリーンショット。

手順 1 - デプロイ パイプラインの作成Step 1 - Create a deployment pipeline

パイプラインは、[デプロイ パイプライン] タブまたはワークスペースから作成できます。You can create a pipeline from the deployment pipelines tab, or from a workspace.

パイプラインを作成したら、他のユーザーと共有したり、パイプラインを削除したりできます。After the pipeline is created, you can share it with other users or delete it. パイプラインを他のユーザーと共有すると、そのユーザーにパイプラインへのアクセス許可が与えられます。When you share a pipeline with others, the users you share the pipeline with will be given access to the pipeline. パイプラインのアクセス許可が与えられたユーザーは、パイプラインを表示、共有、編集、および削除できます。Pipeline access enables users to view, share, edit, and delete the pipeline.

[デプロイ パイプライン] タブからパイプラインを作成するCreate a pipeline from the deployment pipelines tab

[デプロイ パイプライン] タブからパイプラインを作成するには、次の手順を実行します。To create a pipeline from the deployment pipelines tab, do the following:

  1. Power BI サービスのナビゲーション ペインで、 [デプロイ パイプライン] を選択し、 [パイプラインの作成] を選択します。In Power BI service, from the navigation pane, select Deployment pipelines and then select Create pipeline.

  2. [デプロイ パイプラインの作成] ダイアログ ボックスで、パイプラインの名前と説明を入力し、 [作成] を選択します。In the Create a deployment pipeline dialog box, enter a name and description for the pipeline, and select Create.

ワークスペースからパイプラインを作成するCreate a pipeline from a workspace

新しいワークスペース エクスペリエンスの管理者であれば、既存のワークスペースからパイプラインを作成できます。You can create a pipeline from an existing workspace, providing you're the admin of a new workspace experience.

  1. ワークスペースで [パイプラインの作成] を選択します。From the workspace, select Create a pipeline.

    ワークスペースの [パイプラインの作成] ボタンのスクリーンショット。A screenshot of the create a pipeline button in a workspace.

  2. [デプロイ パイプラインの作成] ダイアログ ボックスで、パイプラインの名前と説明を入力し、 [作成] を選択します。In the Create a deployment pipeline dialog box, enter a name and description for the pipeline, and select Create.

注意

ワークスペースが組織の Premium 容量に割り当てられていない場合は、容量に割り当てるように通知が表示されます。If the workspace isn't assigned to your organization's Premium capacity, you'll get a notification to assign it to a capacity.

手順 2 - デプロイ パイプラインへのワークスペースの割り当てStep 2 - Assign a workspace to a deployment pipeline

パイプラインを作成したら、管理するコンテンツをパイプラインに追加する必要があります。After creating a pipeline, you need to add the content you want to manage to the pipeline. パイプラインにコンテンツを追加するには、パイプライン ステージにワークスペースを割り当てます。Adding content to the pipeline is done by assigning a workspace to the pipeline stage. ワークスペースはどのステージにも割り当てることができます。You can assign a workspace to any stage.

デプロイ パイプラインには、1 つのワークスペースを割り当てることができます。You can assign one workspace to a deployment pipeline. デプロイ パイプラインでは、パイプラインのさまざまなステージで使用するワークスペース コンテンツの複製が作成されます。Deployment pipelines will create clones of the workspace content, to be used in different stages of the pipeline.

デプロイ パイプラインにワークスペースを割り当てるには、次の手順に従います。Follow these steps to assign a workspace in a deployment pipeline:

  1. 新しく作成されたデプロイ パイプラインで、 [ワークスペースの割り当て] を選択します。In the newly created deployment pipeline, select Assign a workspace.

  2. [ワークスペースを選択する] ドロップダウン メニューで、パイプラインに割り当てるワークスペースを選択します。In the Choose the workspace drop-down menu, select the workspace you want to assign to the pipeline.

    注意

    ワークスペースからパイプラインを作成している場合、ワークスペースは既に選択されているため、この段階をスキップできます。If you're creating a pipeline from a workspace, you can skip this stage as the workspace is already selected.

  3. ワークスペースを割り当てるステージを選択します。Select the stage you want to assign the workspace to.

ワークスペースの割り当ての制限事項Workspace assignment limitations

  • ワークスペースは、新しいワークスペース エクスペリエンスである必要があります。The workspace must be a new workspace experience.

  • このワークスペースの管理者である必要があります。You must be an admin of the workspace.

  • このワークスペースが、他のパイプラインに割り当てられていないことを確認します。The workspace is not assigned to any other pipeline.

  • ワークスペースは、 premium 容量に存在する必要があります。The workspace must reside on a premium capacity.

  • パイプライン ステージに Power BI サンプルを含むワークスペースを割り当てることはできません。You cannot assign a workspace with Power BI samples to a pipeline stage.

注意

デプロイ パイプラインで使用できるワークスペースのみが、選択できるワークスペースの一覧に表示されます。Only workspaces that can be used with deployment pipelines, will show in the list of workspaces you can select from.

手順 3 - 空のステージにデプロイするStep 3 - Deploy to an empty stage

ソース ワークスペースのメンバーまたは管理者である Pro ユーザーは、空のステージ (コンテンツが含まれていないステージ) にコンテンツをデプロイできます。Any Pro user that's a member or admin in the source workspace, can deploy content to an empty stage (a stage that doesn't contain content). デプロイを完了するには、ワークスペースが容量に存在している必要があります。The workspace must reside on a capacity for the deployment to be completed.

空のステージにコンテンツをデプロイする場合、アイテム間のリレーションシップは維持されます。When deploying content to an empty stage, the relationships between the items are kept. たとえば、ソース ステージのデータセットにバインドされているレポートは、そのデータセットと共に複製され、その複製はターゲット ワークスペースでも同様にバインドされます。For example, a report that is bound to a dataset in the source stage, will be cloned alongside its dataset, and the clones will be similarly bound in the target workspace.

デプロイが完了したら、データセットを更新します。Once the deployment is complete, refresh the dataset. 詳細については、空のステージへのコンテンツのデプロイに関する記事を参照してください。For more information, see deploying content to an empty stage.

すべてのコンテンツをデプロイするDeploying all content

デプロイ元のステージを選択し、[デプロイ] ボタンを選択します。Select the stage to deploy from and then select the deployment button. デプロイ プロセスでは、重複するワークスペースがターゲット ステージに作成されます。The deployment process creates a duplicate workspace in the target stage. このワークスペースには、現在のステージに存在するすべてのコンテンツが含まれます。This workspace includes all the content existing in the current stage.

デプロイ パイプラインの開発ステージとテスト ステージの [デプロイ] ボタンを示すスクリーンショット。A screenshot showing the deploy button for the development and test stages in a deployment pipeline.

選択的デプロイSelective deployment

特定のアイテムのみをデプロイするには、 [詳細を表示] リンクを選択して、デプロイするアイテムを選択します。To deploy only specific items, select the Show more link, and then select the items you wish to deploy. [デプロイ] ボタンをクリックすると、選択したアイテムのみが次のステージにデプロイされます。When clicking the deploy button, only the selected items are deployed to the next stage.

ダッシュボード、レポート、およびデータセットは関連付けられており、依存関係があるため、[select related](関連アイテムの選択) ボタンを使用して、これらのアイテムが依存しているすべてのアイテムを確認できます。Since dashboards, reports and datasets are related and have dependencies, you can use the select related button to check all items that those items are dependent on. たとえば、次のステージにレポートをデプロイする場合は、[select related](関連アイテムの選択) ボタンをクリックすると、レポートが接続されているデータセットにマークが付けられ、両方が一度にデプロイされるため、レポートが中断されません。For example, if you want to deploy a report to the next stage, clicking the select related button will mark the dataset that the report is connected to, so that both will be deployed at once and the report will not break.

[詳細を表示] オプションを選択した後に使用できる、デプロイ パイプラインの選択的デプロイ オプションを示すスクリーンショット。A screenshot showing the selective deploy option in deployment pipelines, available after selecting the show more option.

注意

  • レポートまたはダッシュボードが依存しているアイテムがデプロイ先のステージに存在しない場合、そのレポートまたはダッシュボードを次のステージにデプロイすることはできません。You can't deploy a report or dashboard to next stage if the items it's dependent on do not exist in the stage you are deploying to.
  • データセットを使用せずにレポートまたはダッシュボードをデプロイすると、予期しない結果になることがあります。You might get unexpected results if you choose to deploy a report or dashboard without its dataset. これは、ターゲット ステージのデータセットが変更され、デプロイ元のステージにあるデータセットと同じではなくなった場合に発生する可能性があります。This can happen when the dataset in the target stage, has changed and is no longer identical to the one in the stage you're deploying from.

逆方向のデプロイBackwards deployment

前のステージにデプロイすることもできます。たとえば、既存のワークスペースを運用ステージに割り当ててから、最初にテスト ステージにデプロイし、次に開発用のステージにデプロイします。You can choose to deploy to a previous stage, for example in a scenario where you assign an existing workspace to a production stage and then deploy it backwards, first to the test stage, and then to the development one.

前のステージへのデプロイは、前のステージのコンテンツが空の場合にのみ機能します。Deploying to a previous stage works only if the previous stage is empty of content. 前のステージにデプロイする場合、特定のアイテムを選択することはできません。When deploying to previous stage, you can't select specific items. ステージ内のすべてのコンテンツがデプロイされます。All content in the stage will be deployed.

テスト ステージまたは運用ステージのメニューから使用できる、前のステージへのデプロイ ボタンを示すスクリーンショット。A screenshot showing the deploy to previous stage button, available from the test or production stage menus.

手順 4 - データセット ルールを作成するStep 4 - Create dataset rules

デプロイ パイプラインで作業する場合、異なるステージで構成が異なる場合があります。When working in a deployment pipeline, different stages may have different configurations. たとえば、各ステージは異なるデータベースまたは異なるクエリ パラメーターを持つことがあります。For example, each stage can have different databases or different query parameters. 開発ステージでは、データベースからサンプル データをクエリしますが、テスト ステージおよび運用ステージではデータベース全体に対してクエリを実行します。The development stage might query sample data from the database, while the test and production stages query the entire database.

パイプラインのステージ間でコンテンツをデプロイする場合、データセット ルールを構成することで、一部の設定をそのまま維持しながらコンテンツを変更できます。When you deploy content between pipeline stages, configuring dataset rules enables you to allow changes to content, while keeping some settings intact.

データセット ルールは、各データセットのデータ ソースとパラメーターに対して定義されます。Dataset rules are defined on data sources and parameters, in each dataset. これらは、特定のデータセットのデータ ソースまたはパラメーターの値を決定します。They determine the values of the data sources or parameters for a specific dataset. たとえば、運用ステージのデータセットが運用データベースを指すようにするには、このためのルールを定義します。For example, if you want a dataset in a production stage to point to a production database, you can define a rule for this. このルールは、適切なデータセットの下、運用ステージで定義されます。The rule is defined in the production stage, under the appropriate dataset. ルールが定義されると、テストから運用にデプロイされたコンテンツは、データセット ルールで定義されている値を継承し、ルールが変更されず、かつ有効である限り、常に適用されます。Once the rule is defined, content deployed from test to production, will inherit the value as defined in the dataset rules, and will always apply as long as the rule is unchanged and valid.

注意

データセット ルールは、ソースとターゲットのデータ ソースの種類が同じ場合にのみ機能します。Dataset rules work only when the source and target data source are of the same type.

データセット ルールの作成Create a dataset rule

  1. データセット ルールを作成するパイプライン ステージで、 [デプロイの設定] をクリックします。In the pipeline stage you want to create a dataset rule for, select Deployment settings.

    各デプロイ パイプライン ステージの右上にある、デプロイの設定ボタンのスクリーンショット。

  2. [Deployment settings](デプロイの設定) ウィンドウで、ルールを作成するデータセットを選択します。From the Deployment settings pane, select the dataset you want to create a rule for.

    データセット ルールを作成するデータセットの選択を示すスクリーンショット。A screenshot showing selecting a dataset for creating a dataset rule.

  3. 作成するルールの種類を選択し、リストを展開してから [ルールの追加] を選択します。Select the type of rule you want to create, expand the list, and then select Add rule.

    データ ソース ルールの選択と、ルールの追加オプションのクリックを示すスクリーンショット。A screenshot showing selecting a data source rule, and clicking the add rule option.

データセット ルールの種類Dataset rule types

作成できるルールには、次の 2 種類があります。There are two types of rules you can create:

  • データ ソース ルール データ ソースの一覧は、ソース パイプライン ステージのデータセットから取得されます。Data source rules The data source list is taken from the dataset of the source pipeline stage. データ ソースの一覧から、置換するデータ ソースを選択します。From the data source list, select a data source to be replaced. 次のいずれかの方法を使用して、ソース ステージの値に置き換わる値を選択します。Use one of the following methods to select a value to replace the one from the source stage:

    1. 一覧から選択します。Select from a list.

    2. [その他] を選択し、新しいデータ ソースを手動で追加します。Select Other and manually add the new data source. 同じ種類のデータ ソースにのみ変更できます。You can only change to a data source from the same type.

  • パラメーターのルール パラメーターの一覧からパラメーターを選択します。現在の値は表示されています。Parameter rules Select a parameter from the list of parameters; the current value is shown. 値を、各デプロイ後に有効にする値に編集します。Edit the value to the value you want to take effect after each deployment.

データセット ルールの制限事項Dataset rule limitations

  • データセット ルールを作成するには、データセットの所有者である必要があります。You must be the dataset owner to create a dataset rule.

  • データセット ルールを開発ステージで作成することはできません。Dataset rules cannot be created in the development stage.

  • アイテムが削除されると、そのルールも削除されます。When an item is removed or deleted, its rules are deleted too. これらのルールを復元することはできません。These rules cannot be restored.

  • ルールで定義されたデータ ソースまたはパラメーターがソース データセットから変更または削除された場合、ルールは無効になり、デプロイは失敗します。If the data source or parameters defined in a rule are changed or removed from the source dataset, the rule will not be valid and the deployment will fail.

  • Any または Binary 型のパラメーターには、パラメーター ルールを定義できません。Parameter rules cannot be defined for parameters that are of type Any or Binary. 詳細については、データセット更新パラメーターの制限事項に関する記事をご覧ください。For more information, see datasets update parameters restrictions.

  • データ ソース ルールは、次のデータ ソースに対してのみ定義できます。Data source rules can only be defined for the following data sources:

    • Azure Analysis ServicesAzure Analysis services
    • SQL Server Analysis Services (SSAS)SQL Server Analysis Services (SSAS)
    • Azure SQL ServerAzure SQL Server
    • [データベースのインポート]SQL server
    • OData フィードOdata Feed
    • OracleOracle
    • SapHana (インポート モードでのみサポートされます。ダイレクト クエリ モードではサポートされません)SapHana (only supported for import mode; not direct query mode)
    • SharePointSharePoint
    • TeradataTeradata

    その他のデータ ソースについては、パラメーターを使用してデータ ソースを構成することをお勧めします。For other data sources, we recommend using parameters to configure your data source.

手順 5 - 1 つのステージから別のステージへのコンテンツのデプロイStep 5 - Deploy content from one stage to another

パイプライン ステージにコンテンツを作成したら、次のステージにデプロイできます。Once you have content in a pipeline stage, you can deploy it to the next stage. 別のステージへのコンテンツのデプロイは、通常、パイプラインで何らかのアクションを実行した後に行われます。Deploying content to another stage is usually done after you've performed some actions in the pipeline. たとえば、開発ステージでコンテンツに対して開発を行ったり、テスト ステージでコンテンツをテストしたりなどです。For example, made development changes to your content in the development stage, or tested your content in the test stage. ステージ間でコンテンツを移動するための一般的なワークフローは、開発からテスト、そしてテストから運用です。A typical workflow for moving content from stage to stage, is development to test, and then test to production. このプロセスの詳細については、既存のワークスペースにコンテンツをデプロイする方法に関するセクションを参照してください。You can learn more about this process, in the deploy content to an existing workspace section.

コンテンツをデプロイ パイプラインの次のステージにデプロイするには、ステージの下部にある [デプロイ] ボタンを選択します。To deploy content to the next stage in the deployment pipeline, select the deploy button at the bottom of the stage.

テスト ステージおよび運用ステージのカードを確認するときに、最後のデプロイ時間を確認できます。When reviewing the test and production stage cards, you can see the last deployment time. これは、コンテンツがそのステージに最後にデプロイされた日時を示します。This indicates the last time content was deployed to the stage.

デプロイ時間は、ステージが最後に更新されたときを確立するのに役立ちます。Deployment time is useful for establishing when a stage was last updated. また、テストと運用デプロイの間の時間を追跡する場合にも便利です。It can also be helpful if you want to track time between test and production deployments.

ステージの比較Comparing stages

2 つの連続したステージにコンテンツがある場合、コンテンツはコンテンツ アイテムのメタデータに基づいて比較されます。When two sequential stages have content, the content is compared based on the content items metadata. この比較内容には、データの比較やステージ間の更新時間は含まれません。This comparison doesn't include comparing data or refresh time between stages.

デプロイ パイプラインとその比較インジケーターを示すスクリーンショット。A screenshot showing a deployment pipeline with its comparison indicators.

2 つの連続したステージ間の相違点をすばやく視覚的に把握できるようにするため、ステージの間には比較用のアイコン インジケーターが表示されています。To allow a quick visual insight into the differences between two sequential stages, a comparison icon indicator appears between them. 比較インジケーターには、次の 2 つの状態があります。The comparison indicator has two states:

  • 緑色のインジケーター – 両方のステージの各コンテンツ アイテムのメタデータは同じです。Green indicator – The metadata for each content item in both stages, is the same.

  • オレンジ色のインジケーター – 次の条件のいずれかが満たされた場合に表示されます。Orange indicator - Appears if one of these conditions is met:

    • 各ステージのコンテンツ アイテムの一部が、変更または更新されています (メタデータが異なります)。Some of the content items in each stage, were changed or updated (have different metadata).
    • ステージ間のアイテム数に違いがあります。There is a difference in the number of items between the stages.

2 つの連続したステージが異なる場合は、オレンジ色の比較アイコンの下に [比較] リンクが表示されます。When two sequential stages aren't the same, a compare link appears underneath the orange comparison icon. リンクをクリックすると、[比較] ビューの両方のステージでコンテンツ アイテム リストが開きます。Clicking the link opens the content item list in both stages in Compare view. 比較ビューを使用すると、各パイプライン ステージのアイテム間の変更や相違点を追跡できます。Compare view helps you track changes or differences between items, in each pipeline stage. 変更されたアイテムには、次のいずれかのラベルが付きます。Changed items get one of the following labels:

  • [New](新規) – ソース ステージの新しいアイテム。New – A new item in the source stage. これは、ターゲット ステージには存在しないアイテムです。This is an item that doesn't exist in the target stage. デプロイ後、このアイテムはターゲット ステージに複製されます。After deployment, this item will be cloned to the target stage.

  • [Different](差分あり) – ソースとターゲットの両方のステージに存在するアイテムで、最後のデプロイの後にいずれかのバージョンが変更されています。Different – An item that exists both in the source and the target stage, were one of the versions was changed after the last deployment. デプロイ後、変更が行われた場所に関係なく、ターゲット ステージのアイテムがソース ステージのアイテムで上書きされます。After deployment, the item in the source stage will overwrite the item in the target stage, regardless of where the change was made.

  • [Missing from](不足) – このラベルは、アイテムがソース ステージにはないが、ターゲット ステージには表示されていることを示します。Missing from – This label indicates that an item appears in the target stage, but not in the source stage.

    注意

    デプロイは、 [Missing from](不足) しているアイテムには影響しません。Deployment will not impact missing from items.

比較ビューを展開し、デプロイ パイプラインのステージ間でのアイテムの比較を可能にする比較オプションを示すスクリーンショット。A screenshot showing the compare option which expands the compare view and allows comparing items between deployment pipeline stages.

コンテンツのオーバーライドOverriding content

ソース ステージのコンテンツに変更を加えた後にデプロイすると、ターゲット ステージで変更した内容が上書きされます。When you deploy after making changes to content in the source stage, the content you changed in the target stage is overwritten. [デプロイ] をクリックすると、上書きされるアイテムの数を示す警告が表示されます。After clicking deploy, you'll get a warning listing the number of items that will be overwritten.

デプロイしようとしているステージのアイテムに対して、デプロイによる変更が行われる直前に表示される、置き換えられたコンテンツの警告を示すスクリーンショット。

次のステージにコピーされるアイテム、およびコピーされないアイテムの詳細については、デプロイ プロセスについて理解する方法に関する記事を参照してください。You can learn more about which items are copied to the next stage, and which items are not copied, in Understand the deployment process.

次の手順Next steps