Power BI でボタンを使用するUse buttons in Power BI

Power BI でボタンを使用したレポートを作成すると、ユーザーが Power BI コンテンツにマウス ポインターを重ねたり、クリックや対話操作を行うことができる、アプリのように動作する魅力的な環境を作成できます。Using buttons in Power BI lets you create reports that behave similar to apps, and thereby, create an engaging environment so users can hover, click, and further interact with Power BI content. ボタンは、Power BI DesktopPower BI サービスのレポートに追加できます。You can add buttons to reports in Power BI Desktop and in the Power BI service. ご自分のレポートを Power BI サービスで共有すると、それらはあなたのユーザーに対してアプリのように動作します。When you share your reports in the Power BI service, they provide an app-like experience for your users.

Power BI のボタン

レポート内にボタンを作成するCreate buttons in reports

Power BI Desktop でボタンを設定するCreate a button in Power BI Desktop

Power BI Desktop でボタンを作成するには、 [挿入] リボンで [ボタン] を選択すると、ドロップダウン メニューが表示されます。ここでは、次の図のように、オプションのコレクションからボタンを選択できます。To create a button in Power BI Desktop, on the Insert ribbon, select Buttons and a drop-down menu appears, where you can select the button you want from a collection of options, as shown in the following image.

Power BI Desktop でボタン コントロールを追加する

Power BI サービスでボタンを作成するCreate a button in the Power BI service

Power BI サービスでボタンを作成するには、レポートを編集ビューで開きます。To create a button in the Power BI service, open the report in Editing view. 上部のメニュー バーで [ボタン] を選択すると、次の図のように、オプションの集合から希望するボタンを選択できるドロップダウン メニューが表示されます。Select Buttons in the top menu bar and a drop-down menu appears, where you can select the button you want from a collection of options, as shown in the following image.

Power BI サービスにボタン コントロールを追加する

ボタンをカスタマイズするCustomize a button

ボタンは、Power BI Desktop で作成しても、Power BI サービスで作成しても、残りの手順は同じです。Whether you create the button in Power BI Desktop or the Power BI service, the rest of the process is the same. そのボタンをレポート キャンバス上で選択すると、 [視覚化] ウィンドウに、あなたの要件に合わせてボタンをカスタマイズできる多くの方法が示されます。When you select the button on the report canvas, the Visualizations pane shows you the many ways you can customize the button to fit your requirements. たとえば、 [視覚化] ウィンドウのカードでスライダーを切り替えると、 [ボタン テキスト] をオンまたはオフにできます。For example, you can turn Button Text on or off by toggling the slider in that card of the Visualizations pane. また、さまざまなプロパティのうち、ボタンのアイコン、ボタンの塗りつぶし、タイトル、およびユーザーがレポートまたはボタンを選択したときに行われるアクションを変更することができます。You can also change the button icon, the button fill, the title, and the action that's taken when users select the button in a report, among other properties.

Power BI レポートのボタンを書式設定する

アイドル状態、マウスのポイント時、または選択時のボタンのプロパティを設定するSet button properties when idle, hovered over, or selected

Power BI のボタンには 3 つの状態があります: 既定 (マウスでポイントされていないとき、または選択されていないときに表示されます)、マウスのポイント時、または選択時 (通常、クリック時として参照されます)。Buttons in Power BI have three states: default (how they appear when not hovered over or selected), when hovered over, or when selected (often referred to as being clicked). [視覚化] ウィンドウのカードの多くは、ボタンをカスタマイズするために十分な柔軟性があり、3 つの状態を基に個別に変更できます。Many of the cards in the Visualizations pane can be modified individually based on those three states, providing plenty of flexibility for customizing your buttons.

[視覚化] ウィンドウの次のカードでは、3 つの状態に基づいてボタンの書式設定または動作を調整できます。The following cards in the Visualizations pane let you adjust formatting or behavior of a button based on its three states:

  • ボタンのテキストButton Text
  • アイコンIcon
  • 枠線Outline
  • 塗りつぶしFill

各状態に表示されるボタンを選択するには、カードのいずれかを展開して、カードの上部に表示されるドロップダウンを選択します。To select how the button should appear for each state, expand one of those cards and select the drop-down that appears at the top of the card. 次の図では、 [アイコン] カードが展開され、ドロップダウンが選択され、3 つの状態が表示されています。In the following image, you see the Icon card expanded, with the drop-down selected to show the three states.

Power BI レポートのボタンの 3 つの状態

ボタンにアクションを選択するSelect the action for a button

ユーザーが Power BI でボタンを選択されたときに実行されるアクションを選択できます。You can select which action is taken when a user selects a button in Power BI. [視覚化] ウィンドウの [アクション] カードからボタン アクションのオプションにアクセスできます。You can access the options for button actions from the Action card in the Visualizations pane.

Power BI 内のボタンのアクション

ボタン アクションのオプションは次のとおりです。Here are the options for button actions:

  • [戻る] では、ユーザーはレポートの前のページに戻ります。Back returns the user to the previous page of the report. これは、ドリルスルー ページで便利です。This is useful for drill-through pages.
  • [ブックマーク] では、現在のレポートに定義されたブックマークに関連付けられたレポート ページを表示できます。Bookmark presents the report page that's associated with a bookmark that is defined for the current report. Power BI のブックマークについて詳しくは、こちらをご覧ください。Learn more about bookmarks in Power BI.
  • [ドリルスルー] では、ブックマークを使用せずに、ユーザーの選択に基づいてフィルター処理されたドリルスルー ページに移動できます。Drill through navigates the user to a drill-through page filtered to their selection, without using bookmarks. レポートのドリルスルー ボタンについて、詳しくはこちらをご覧ください。Learn more about drill-through buttons in reports.
  • [ページ ナビゲーション] では、レポート内の別のページに、この場合もブックマークを使用せずに、ユーザーを移動できます。Page navigation navigates the user to a different page within the report, also without using bookmarks. 詳細については、この記事の「ページ ナビゲーションの作成」を参照してください。See Create page navigation in this article for details.
  • [Q&A] では、 [Q&A Explorer] (Q&A エクスプローラー) ウィンドウが開きます。Q&A opens a Q&A Explorer window.

特定のボタンには、既定のアクションが自動的に選択されます。Certain buttons have a default action selected automatically. たとえば、 [Q&A] ボタンの種類では、既定のアクションとして [Q&A] を自動的に選択します。For example, the Q&A button type automatically selects Q&A as the default action. このブログの投稿を確認すると、Q&A Explorer の詳細を確認できます。You can learn more about Q&A Explorer by checking out this blog post.

使用するボタン上で Ctrl キーを押しながらクリックして、レポートを作成するボタンを試したり、テストしたりすることができます。You can try or test the buttons you create for your report by using CTRL+CLICK on the button you want to use.

ページ ナビゲーションを作成するCreate page navigation

[アクション] の種類の [ページ ナビゲーション] では、ブックマークをまったく保存または管理せずに、ナビゲーション エクスペリエンス全体を構築できます。With the Action type Page navigation, you can build an entire navigation experience without having to save or manage any bookmarks at all.

ページ ナビゲーション ボタンを設定するには、アクションの種類が [ページ ナビゲーション] のボタンを作成し、 [宛先] ページを選択します。To set up a page navigation button, create a button with Page navigation as the action type, and select the Destination page.

ページ ナビゲーションのアクション

カスタム ナビゲーション ウィンドウを構築し、ナビゲーション ボタンを追加することができます。You can build a custom navigation pane, and add the navigation buttons to it. ご自分のナビゲーション ウィンドウに表示するページを変更するときに、ブックマークを編集して管理する必要はありません。You avoid having to edit and manage bookmarks if you want to change which pages to show in your navigation pane.

ナビゲーション ページを作成する

また、他の種類のボタンで行えるのと同様に、ヒントを条件付きで書式設定することもできます。Additionally, you can conditionally format the tooltip as you can do with other button types.

条件付きでナビゲーション先を設定するSet the navigation destination conditionally

条件付き書式を使用することで、メジャーの出力に基づいてナビゲーション先を設定できます。You can use conditional formatting to set the navigation destination, based on the output of a measure. たとえば、ユーザーの選択に基づいてさまざまなページに移動する 1 つのボタンを使用することで、レポート キャンバス上の領域を節約することができます。For example, you may want to save space on your report canvas by having a single button to navigate to different pages based on the user’s selection.

[移動] ボタンを使用して移動する

上に示した例を作成するには、まず、ナビゲーション先の名前を含む単一列テーブルを作成します。To create the example shown above, start by creating a single-column table with the names of the navigation destinations:

テーブルの作成

Power BI では、文字列の完全一致を使用してドリルスルー先を設定します。そのため、入力した値がドリルスルー ページ名と完全に一致していることを再確認してください。Power BI uses exact string match to set the drill-through destination, so double-check that the entered values exactly align with your drill-through page names.

テーブルを作成した後、それを単一選択スライサーとしてページに追加します。After you've created the table, add it to the page as a single-select slicer:

移動スライサー

次に、ページ ナビゲーション ボタンを作成し、移動先の条件付き書式オプションを選択します。Then create a page navigation button and select the conditional formatting option for the destination:

ページ ナビゲーション ボタン

作成した列の名前 (ここでは、Select a destination) を選択します。Select the name of the column you created, in this case, Select a destination:

Select a destination

これで、ボタンによって、ユーザーの選択に応じてさまざまなページに移動できるようになりました。Now the button can navigate to different pages, depending on the user’s selection.

[移動] ボタンを使用して移動する

ナビゲーション用の図形と画像Shapes and images for navigation

ページ ナビゲーションのアクションは、ボタンだけでなく図形と画像でもサポートされています。Page navigation action is supported for shapes and images, not just buttons. 組み込み図形の 1 つを使用した例を次に示します。Here’s an example using one of the built-in shapes:

ナビゲーションに矢印を使用する

画像を使用した例を次に示します。Here’s an example using an image:

ナビゲーションに画像を使用する

ボタンでの画像の塗りつぶしのサポートButtons support fill images

ボタンでは、画像の塗りつぶしがサポートされます。Buttons support fill images. 画像の塗りつぶしと組み込みのボタンの状態 (既定、ポイント時、押したとき、無効 (ドリルスルー用)) を組み合わせることで、ボタンの外観をカスタマイズできます。You can customize the look and feel of your button with fill images combined with the built-in button states: default, on hover, on press, and disabled (for drill through).

ドリルスルー ボタンの画像の塗りつぶし

[塗りつぶし][オン] に設定してから、異なる状態用の画像を作成します。Set Fill to On, then create images for the different states.

画像の塗りつぶしの設定

次の手順Next steps

ボタンと似た機能またはボタンと相互作用する機能の詳細については、次の記事をご覧ください。For more information about features that are similar or interact with buttons, take a look at the following articles: