Power BI レポートの設定を変更する

適用対象: ✔️ Power BI Desktop ✔️ Power BI サービス

Power BI Desktop および Power BI サービスのレポート設定を使用すると、レポート閲覧者が行うレポート操作の方法を制御することができます。 たとえば、彼らがレポートのフィルターを保存したり、レポート内のビジュアルを個人用に設定したり、レポート ページを側部に沿ってではなくレポートの下部にわたってタブとして表示したりするのを許可することができます。

Screenshot of the report Settings pane in the Power BI service.

まず、次の記事を読むことをお勧めします。

それでは作業を始めましょう。

前提条件

Power BI Desktop で [設定] ウィンドウを開く

  1. [ファイル][オプションと設定][オプション] の順に選択します。

  2. [現在のファイル][レポートの設定] を選択します。

    Screenshot of report Settings pane in Power BI Desktop

    この記事の残りの部分では、いくつかの特定のレポート設定に注目します。

Power BI サービスで [設定] ウィンドウを開く

  1. レポートの読み取りビューで、[ファイル][設定] の順に選択します。

    Screenshot of File menu to Settings.

  2. [設定] ウィンドウに、このレポートに対して設定できるトグルが複数表示されます。 この記事の残りの部分では、それらのいくつかに注目します。

ダッシュボード、レポート、アプリをおすすめに登録し、同僚の Power BI ホーム ページの [おすすめ] セクションに表示させることができます。 詳細については、コンテンツをおすすめに登録する方法に関するページを参照してください。

[ページ ウィンドウ] を設定する

現在、Power BI サービス内で変更できるのは [ページ ウィンドウ] 設定のみです。 [ページ ウィンドウ] をオンに切り替えると、レポートの閲覧者にはレポート ページ タブが、読み取りビュー内のレポートの側部に沿ってではなく、下部に沿って表示されます。 編集ビューでは、レポート ページ タブは既にレポートの下部に配置されています。

Screenshot of setting the Pages pane.

フィルターを制御する

レポートの [設定] ウィンドウには、レポートに対して閲覧者が行うフィルターの操作を制御するための設定が 3 つあります。 以下のリンクから記事「Power BI レポートでフィルターを書式設定する」にアクセスすれば、各設定の詳細を確認できます。

データのエクスポート

既定では、レポート内のビジュアルから、レポートの閲覧者は概要または基本のデータをエクスポートすることができます[データのエクスポート] を使用すると、彼らに、概要データのみのエクスポートを許可することも、レポートからのデータのエクスポートを一切許可しないこともできます。

ビジュアルのカスタマイズ

レポート内のビジュアルを変更し、個人用に設定することを閲覧者に許可できます。 詳細については、レポートの閲覧者がビジュアルを個人用に設定できるようにする方法に関するページを参照してください。

次のステップ