Power BI Desktop レポートのアクセシビリティAccessibility in Power BI Desktop reports

Power BI Desktop には、障碍を持つユーザーがより簡単に Power BI Desktop レポートを使用したり対話したりする機能が用意されています。Power BI Desktop has features that enable people with disabilities to more easily consume and interact with Power BI Desktop reports. これらは、レポートでキーボードやスクリーンリーダーを使用したり、ページ上のさまざまなオブジェクトにフォーカスをタブ移動したり、マーカーを使用して気の利いた視覚化を実行するための機能です。These features include the ability to consume a report using the keyboard or a screen reader, tabbing to focus on various objects on a page, and thoughtful use of markers in visualizations.

アクセシビリティ向上のための線および面グラフでのさまざまなマーカーの使用

注意

これらのアクセシビリティ機能は、2017 年 6 月の Power BI Desktop 以降のリリースで利用できます。These accessibility features are available with the June 2017 Power BI Desktop and later releases. また、今後のリリースでさらにアクセシビリティ機能が追加される計画です。Additional accessibility functionality is planned for future releases as well.

キーボードまたはスクリーン リーダーでの Power BI Desktop レポートの使用Consuming a Power BI Desktop report with a keyboard or screen reader

2017 年 9 月リリースの Power BI Desktop より、? キーを押すと、Beginning with the September 2017 release of Power BI Desktop, you can press the ? Power BI Desktop で利用できるアクセシビリティ キーボード ショートカットについて説明するウィンドウが開くようになりました。key to show a window that describes the accessibility keyboard shortcuts available in Power BI Desktop.

Power BI Desktop の ? キーを押し、

アクセシビリティ機能の強化により、次の方法で Power BI Desktop のレポートを、キーボードまたはスクリーン リーダーで使用できるようになりました。With the accessibility enhancements, you can consume a Power BI Desktop report with a keyboard or a screen reader with the following techniques:

Ctrl + F6 キーを使用して、特定のレポート ページ上のレポート ページ タブまたはオブジェクトのフォーカスを切り替えることが可能です。You can switch focus between the report page tabs, or objects on a given report page, using Ctrl+F6.

  • フォーカスがレポート ページ タブ上にある場合、Tab または矢印キーを使用して、1 つのレポート ページから次のレポート ページへフォーカスを移動します。When focus is on report page tabs, use the Tab or Arrow keys to move focus from one report page to the next. レポート ページのタイトルおよびそれが現在選択されているかどうかがスクリーン リーダーによって読み上げられます。The title of the report page, and whether it is currently selected, is read out by the screen reader. 現在フォーカスがあたっているレポート ページを読み込むには、Enter キーまたはスペース キーを使用します。To load the report page currently under focus, use the Enter or Space key.
  • フォーカスが読み込まれているレポート ページにある場合、Tab キーを使用してページのすべてのテキスト ボックス、画像、図形、およびグラフなどの各オブジェクトにフォーカスを移動します。When focus is on a loaded report page, use the Tab key to shift focus to each object on the page, which includes all textboxes, images, shapes, and charts. スクリーン リーダーによってオブジェクトの種類とその作成者が提供するオブジェクトの説明が読み上げられます。The screen reader reads the type of object, and a description of that object that's provided by its author.

Alt+Shift+F10 を押すと、ビジュアル メニューにフォーカスを移動できます。You can press Alt+Shift+F10 to move focus to a visual menu.

Alt+Shift+F11 を押すと、[データの確認] ウィンドウがアクセシビリティ バージョンで表示されます。You can press Alt+Shift+F11 to present an accessible version of the See data window.

Power BI Desktop で Alt+Shift+F11 を押し、ビジュアルに対して [データの確認] ウィンドウをアクセシビリティ バージョンで表示する

このような追加アクセシビリティは、スクリーン リーダーとキーボード ナビゲーションで Power BI Desktop レポートを十分に活用してもらうために開発されました。These accessibility additions were created to let users fully consume Power BI Desktop reports using a screen reader and keyboard navigation.

アクセスしやすいレポートを作成するためのヒントTips for creating accessible reports

次のヒントを使用すると、よりアクセスしやすい Power BI Desktop レポートを作成できます。The following tips can help you create Power BI Desktop reports that are more accessible.

  • [線][面][複合][散布][バブル] の各ビジュアルでは、マーカーをオンにし、線ごとに異なる [マーカーの図形] を使用できます。For Line, Area, and Combo visuals, as well as for Scatter and Bubble visuals, turn markers on, and use a different Marker shape for each line.

    • [マーカー] をオンにするには、[視覚エフェクト] ウィンドウで [書式] セクションを選択し、[図形] セクションを展開して、スクロール ダウンして [マーカー] トグルを探し、それを [オン] にします。To turn Markers on, select the Format section in the Visualizations pane, expand the Shapes section, then scroll down to find the Markers toggle and turn it to On.
    • 次に、各線の名前 (または [領域] グラフを使用している場合は領域) をその [図形] セクションのドロップダウン ボックスから選択します。Then, select the name of each line (or area, if using an Area chart) from the drop-down box in that Shapes section. ドロップダウン リストの下では、選択した線に使用されるマーカーの形状、色、サイズなどの多くの側面を調整できます。Below the drop-down, you can then adjust many aspects of the marker used for the selected line, including its shape, color, and size.

    アクセシビリティ向上のための線および面グラフでのさまざまなマーカーの使用

    • 各線に別のマーカーの図形を使用すると、レポートの使用者は個々の線 (または領域) を区別するのが容易になります。Using a different Marker shape for each line makes it easier for report consumers to differentiate lines (or areas) from each other.
  • 前の項目に加えて、色を使って情報を伝達してはいけません。As a follow on to the previous bullet, don't rely on color to convey information. 線上の図形 (前の項目で説明したマーカー) を使うことをお勧めします。Using shapes on lines (markers, as described in the previous bullets) is helpful.
  • テーマ ギャラリーからコントラストの高い、色覚に障碍があるユーザーにとって見やすいテーマを選択し、[テーマ] プレビュー機能を使用してそれをインポートします。Select a theme that is high contrast and color blind friendly from the theme gallery, and import it using the Theming preview feature.
  • レポートのすべてのオブジェクトに、[代替テキスト] を用意します。For every object on a report, provide Alt Text. これを行うと、レポートのコンシューマーは、ビジュアル、画像、図形またはテキストボックスを見ることができなくても、ビジュアルが何を伝えるものであるか理解できるようになります。Doing so ensures that consumers of your report understand what you are trying to communicate with a visual, even if they cannot see the visual, image, shape, or textbox. Power BI Desktop レポートのすべてのオブジェクトには、(ビジュアルや図形などの) オブジェクトを選択して、[視覚エフェクト] ウィンドウで [書式] セクションを選択し、[全般] を展開し、一番下までスクロールし、[代替テキスト] テキスト ボックスに入力を行い、代替テキストを入力することができます。You can provide Alt Text for any object on a Power BI Desktop report by selecting the object (such as a visual, shape, etc.) and in the Visualizations pane, select the Format section, expand General, then scroll to the bottom and fill in the Alt Text textbox.

    レポートのすべてのオブジェクトには、[視覚エフェクト]、[形式]、[全般]、[代替テキスト ボックス] から代替テキストを追加できます。

  • レポートのテキストと背景色の間に十分なコントラストがあることを確認します。Make sure your reports have sufficient contrast between text and any background colors.
  • 読みやすいテキストのサイズとフォントを使います。Use text sizes and fonts that are easily readable. 小さいテキスト サイズや読みにくいフォントは、アクセシビリティを損ないます。Small text size, or fonts that might be difficult to read, are unhelpful for accessibility.
  • すべてのビジュアルにタイトル、軸ラベル、データ ラベルを含めます。Include a title, axis labels, and data labels in all visuals.

考慮事項と制限事項Considerations and limitations

アクセシビリティ機能には、次の一覧に示すように既知の問題と制限があります。There are a few known issues and limitations to the accessibility features, described in the following list:

  • 埋め込みレポートを含む Power BI サービスで表示されるレポートでは、JAWS がサポートされています。JAWS is supported in reports that are viewed in the Power BI service, including any embedded reports. JAWS は Power BI Desktop でもサポートされていますが、画面読み上げを正しく機能させるには、Power BI Desktop ファイルを開く前にスクリーン リーダーを開く必要があります。JAWS is also supported in Power BI Desktop, however you must open the screen reader before opening any Power BI Desktop files, in order for screen reading to work properly.

次の手順Next steps