Power BI Desktop の [分析] ウィンドウを使用するUsing the Analytics pane in Power BI Desktop

Power BI Desktop[分析] ウィンドウによって、動的な参照線をビジュアルに追加して、重要な傾向や情報に注目させることができます。With the Analytics pane in Power BI Desktop, you can add dynamic reference lines to visuals, and provide focus for important trends or insights. 次のように、[分析] ウィンドウは 2016 年 8 月リリース以降 (バージョン 2.37.4464.321 以降) の Power BI Desktop の [視覚化] 領域にあります。The Analytics pane is found in the Visualizations area of Power BI Desktop, beginning with the August 2016 release (version 2.37.4464.321 or later), as shown below.

注意

[分析] ウィンドウは、Power BI Desktop キャンバスでビジュアルを選択した場合にのみ表示されます。The Analytics pane only appears when you select a visual on the Power BI Desktop canvas.

予測の有効化 (プレビュー)Enable Forecasting (Preview)

さらに、Power BI Desktop (バージョン 2.39.4526.362 以降) の 2016年 9 月リリースでは、[分析] ウィンドウから予測を実行できます。In addition, with the September 2016 release of Power BI Desktop (version 2.39.4526.362 or later), you can also perform forecasting from the Analytics pane. [ファイル]、[オプションと設定]、[オプション] の順に移動し、左側のウィンドウから [プレビュー機能] を選択して、このプレビュー機能を有効にする必要があります。You must enable this preview feature, by going to File > Options and settings > Options then selecting Preview Features from the left pane. 次の図に示すように、[Forecasting] (予測) の横のチェック ボックスをオンにして機能を有効にします。Select the checkbox next to Forecasting to enable the feature, as shown in the following image. 変更内容を有効にするには、Power BI Desktop を再起動する必要があります。You'll need to restart Power BI Desktop for your changes to take effect.

[分析] ウィンドウを使用するUsing the Analytics pane

[分析] ウィンドウでは、次の種類の動的参照線を作成できます (ビジュアルの種類によっては使用できないものがあります)。With the Analytics pane, you can create the following types of dynamic reference lines (not all lines are available for all visual types):

  • X 軸の定数線X-Axis constant line
  • Y 軸の定数線Y-Axis constant line
  • 最小値線Min line
  • 最大値線Max line
  • 平均線Average line
  • 中央値線Median line
  • 百分位線Percentile line

次のセクションでは、[分析] ウィンドウと動的参照線を視覚化で使用する方法を説明します。The following sections show how you can use the Analytics pane and dynamic reference lines in your visualizations.

ビジュアルで使用可能な動的参照線を表示するには、次のようにします。To view the available dynamic reference lines for a visual, follow these steps:

  1. ビジュアルを選択または作成した後、[視覚化] セクションの [分析] アイコンを選択します。Select or create a visual, then select the Analytics icon from the Visualizations section.

  2. 作成する線の種類の下矢印を選択して、オプションを展開します。Select the down arrow for the type of line you want to create to expand its options. この例では、[平均線] を選択します。In this case, we'll select Average Line.

  3. 新しい線を作成するには、[+ 追加] を選択します。To create a new line, select + Add. テキスト ボックスをダブルクリックして名前を入力し、線の名前を指定できます。You can then specify a name for the line by double-clicking the text box, then typing in your name.

    透明度スタイル位置 (ビジュアルのデータ要素を基準にして)、ラベルを表示するかどうかなど、線についてのあらゆる種類のオプションがあります。You have all sorts of options for your line, such as selecting its color, transparency, style and position (relative to the visual's data elements), and whether to include the label. 重要なのは、[メジャー] ドロップダウンを選択することで線の基になるビジュアルのメジャーを選択できることです。[メジャー] ドロップダウンにはビジュアルのデータ要素が自動的に設定されます。And importantly, you can select which Measure in the visual you want your line to be based upon by selecting the Measure drop down, which is automatically populated with data elements from the visual. この例では、メジャーとして Weather を選択し、Average Weather というラベルを付けて、他のいくつかのオプションを次のようにカスタマイズします。In this case, we'll select Weather as the measure, label it Average Weather, and customize a few of the other options as shown below.

  4. データ ラベルを表示する場合は、[データ ラベル] スライダーをオンにします。If you want to have a data label appear, move the Data label slider on. このスライダーをオンにすると、次の図のようにデータ ラベルの他のオプションが表示されます。When you do so, you get a whole host of additional options for your data label, as shown in the following image.

  5. [分析] ウィンドウの [平均線] 項目の横に数字が表示されます。Notice the number that appears next to the Average line item in the Analytics pane. この数字は、ビジュアルで現在有効になっている動的な線の数とその種類を示します。That tells you how many dyanmic lines you currently have on your visual, and of which type. Cost of Living[最大値線] を追加した場合、[分析] ウィンドウに [最大値線] 動的参照線もこのビジュアルに適用されたことが示されます。If we add a Max line for Cost of Living, you can see that the Analytics pane shows that we now also have a Max line dynamic reference line applied to this visual.

選択したビジュアルに動的参照線を適用できない場合は (この例では [マップ] ビジュアル)、[分析] ウィンドウを選択すると次のように表示されます。If the visual you've selected can't have dynamic reference lines applied to it (in this case, a Map visual), you'll see the following when you select the Analytics pane.

[分析] ウィンドウで動的参照線を作成することにより、あらゆる種類の興味深い情報に焦点を当てることができます。There are all sorts of interesting insights you can highlight by creating dynamic reference lines with the Analytics pane.

動的参照線を適用できるビジュアルの拡張など、機能の拡充が予定されているので、ときどき確認してみてください。We're planning more features and capabilities, including expanding which visuals can have dynamic reference lines applied to them, so check back often for what's new.

予測の適用Apply Forecasting

予測機能を使用するには、ビジュアルを選択し、[分析] ウィンドウの [予測] セクションを展開します。You can use the Forecast feature by selecting a visual, then expanding the Forecast section of the Analytics pane. [予測の長さ][信頼区間] など、予測を変更するための多数の入力を指定できます。You can specify many inputs to modify the forecast, such as the Forecast length, the Confidence interval, and others. 次の図は、予測が適用された基本線ビジュアルを示していますが、想像力を働かせて (および予測機能を試してみて) モデルにどのように適用できるかを確認してください。The following image shows a basic line visual with forecasting applied, but you can use your imagination (and play around with the forecasting feature) to see how it can apply to your models.

制限事項Limitations

動的参照線を使用できるかどうかは、使用されているビジュアルの種類によって決まります。The ability to use dynamic reference lines is based on the type of visual being used. 次の一覧では、現在各動的線を使用できるビジュアルを示します。The following list shows which dynamic lines are currently available for which visuals:

次のビジュアルではすべての動的線を使用できます。Full use of dynamic lines are available on the following visuals:

  • 面グラフArea chart
  • 折れ線グラフLine chart
  • 散布図Scatter chart
  • 集合縦棒グラフClustered Column chart
  • 集合横棒グラフClustered Bar chart

次のビジュアルでは、 [分析] ウィンドウの 定数線 のみを使用できます。The following visuals can use only a constant line from the Analytics pane:

  • 積み上げ面グラフStacked Area
  • 積み上げ横棒グラフStacked Bar
  • 積み上げ縦棒グラフStacked Column
  • 100% 積み上げ横棒グラフ100% Stacked Bar
  • 100% 積み上げ縦棒グラフ100% Stacked Column

次のビジュアルでは、現在は 傾向線 のみを使用できます。For the following visuals, a trend line is currently the only option:

  • 非積み上げ折れ線グラフNon-stacked Line
  • 集合縦棒グラフClustered Column chart

最後に、次のような非デカルト ビジュアルには、現在は [分析] ウィンドウの動的線を適用できません。Lastly, non-Cartesian visuals cannot currently apply dynamic lines from the Analytics pane, such as:

  • マトリックスMatrix
  • 円グラフPie chart
  • ドーナツDonut
  • テーブルTable

次の手順Next steps

Power BI Desktop を使用すると、さまざまなことを行えます。There are all sorts of things you can do with Power BI Desktop. そのような機能について詳しくは、次のリソースをご覧ください。For more information on its capabilities, check out the following resources: