Oracle データベースへの接続Connect to an Oracle database

Power BI Desktop を使用して Oracle データベースに接続するには、Power BI Desktop を実行しているコンピューター上に適切な Oracle クライアント ソフトウェアをインストールする必要があります。In order to connect to an Oracle database with Power BI Desktop, the correct Oracle client software must be installed on the computer running Power BI Desktop. 使用する Oracle クライアント ソフトウェアは、インストールした Power BI Desktop のバージョン ( 32 ビットバージョンか 64 ビットバージョン) によって異なります。Which Oracle client software you use depends on which version of Power BI Desktop you have installed - the 32-bit version or the 64-bit version.

サポートされるバージョン: Oracle 9 以降、Oracle クライアント ソフトウェア 8.1.7 以降。Supported versions: Oracle 9 and later, Oracle client software 8.1.7 and later.

インストールされている Power BI Desktop バージョンの特定Determining which version of Power BI Desktop is installed

どのバージョンの Power BI Desktop がインストールされているかを特定するには、[ファイル] > [ヘルプ] > [バージョン情報] の順に選択し、次に [バージョン] 行を確認します。To determine which version of Power BI Desktop is installed, select File > Help > About then check the Version: line. 次の図の場合、Power BI Desktop の 64 ビット バージョンがインストールされています。In the following image, a 64-bit version of Power BI Desktop is installed:

Oracle クライアントのインストールInstalling the Oracle client

Power BI Desktop の 32 ビット バージョンの場合、次のリンクをクリックして 32 ビット Oracle クライアントをダウンロードし、インストールします。For 32-bit versions of Power BI Desktop, use the following link to download and install the 32-bit Oracle client:

Power BI Desktop の 64 ビット バージョンの場合、次のリンクをクリックして 64 ビット Oracle クライアントをダウンロードし、インストールします。For 64-bit versions of Power BI Desktop, use the following link to download and install the 64-bit Oracle client:

Oracle データベースへの接続Connect to an Oracle database

一致する Oracle クライアント ドライバーがインストールされると、Oracle データベースに接続できます。Once the matching Oracle client driver is installed, you can connect to an Oracle database. 接続するには、次の手順を実行します。To make the connection, take the following steps:

  1. [データの取得] ウィンドウから、[データベース] > [Oracle データベース] を選択します。From the Get Data window, select Database > Oracle Database

  2. 表示される [Oracle データベース] ダイアログでサーバーの名前を指定し、[接続] を選択します。In the Oracle Database dialog that appears, provide the name of the server, and select Connect. SID が必要な場合、サーバー名/SID の形式で指定します。If a SID is required, you can specify that using the format: ServerName/SID.

  3. ネイティブ データベース クエリを使用してデータをインポートする場合、[Oracle データベース] ダイアログで [詳細オプション] セクションを展開して [SQL ステートメント] ボックスを開き、クエリを入力します。If you want to import data using a native database query, you can put your query in the SQL Statement box, available by expanding the Advanced options section of the Oracle Database dialog.

  4. [Oracle データベース] ダイアログに Oracle データベース情報 (SID やネイティブ データベース クエリといったオプションの情報を含む) を入力したら、[OK] を選択して接続します。Once your Oracle database information is entered into the Oracle Database dialog (including any optional information such as a SID or a native database query), select OK to connect.
  5. Oracle データベースがデータベース ユーザー資格情報を必要とする場合、ダイアログで指示が表示されたら資格情報を入力します。If the Oracle database requires database user credentials, input those credentials in the dialog when prompted.