Power BI Desktop でのデータ分類Data categorization in Power BI Desktop

Power BI Desktop では、ユーザーが列に対してデータ カテゴリを指定すれば、Power BI Desktop が視覚化するときにその列の値をどのように扱うべきかを自動的に見極めます。In Power BI Desktop, you can specify the Data Category for a column so Power BI Desktop knows how it should treat its values when in a visualization.

Power BI Desktop にデータがインポートされると、データそのものだけでなく、テーブル名と列名、主キーがあるかどうかなどの情報も取得されます。Power BI Desktop はその情報を利用して推測し、視覚化を作成するときの既定のユーザー エクスペリエンスの質を高めます。When Power BI Desktop imports data, not only does it get the data itself, it also gets information such as the table and column names, whether it’s a primary key, etc. With that information, Power BI Desktop makes some assumptions about how to give you a good default experience when creating a visualization.

たとえば、Power BI Desktop は、列に数値が含まれていることを検出すると、ユーザーはその列を何らかの方法で集計するだろうと判断して、その列を [値] 領域に置きます。Here’s an example: When Power BI Desktop detects a column has numeric values, you’ll probably want to aggregate it in some way, so it’s placed in the Values area. あるいは、列に日付/時刻値が含まれている場合は、ユーザーはその列を折れ線グラフの時間階層軸として使用するだろうと推測します。Or, for a column with date time values, it assumes you’ll probably use it as a time hierarchy axis on a line chart.

しかし、地理的な場所など、判断がもう少し難しい場合があります。But, there are some cases that are a bit more challenging, like geography. Excel ワークシートにある次の表について考えてみましょう。Consider the following table from an Excel worksheet:

Power BI Desktop は GeoCode 列に含まれるコードを、国の省略形として扱うべきでしょうか? それとも米国の州の省略形でしょうか?Should Power BI Desktop treat the codes in the GeoCode column as an abbreviation for a Country or a US State? このようなコードはどちらの意味も持つので、明確にはわかりません。It’s not clear because a code like this can mean either one. たとえば、AL はアラバマ州とアルバニア、AR はアーカンソー州とアルゼンチン、CA はカリフォルニア州とカナダの意味になり得ます。For instance, AL can mean Alabama or Albania, AR can mean Arkansas or Argentina, or CA can mean California or Canada. これは、地図上に GeoCode フィールドを表示しようとするときに違いが出ます。It makes a difference when we go to chart our GeoCode field on a map. Power BI Desktop は、世界地図の画像で国を強調表示するべきでしょうか? それとも米国の画像で州を強調表示するべきでしょうか?Should Power BI Desktop show a picture of the world with countries highlighted or a picture of the United States with states highlighted? このような場合は、データにデータ カテゴリを指定することができます。You can specify a Data Category for data just like this. データ分類を指定して、Power BI Desktop が使用できる情報をさらに細分化すれば、最適なビジュアルを得ることができます。Data categorization further refines the information Power BI Desktop can use to provide the best visualizations.

データ カテゴリを指定するにはTo specify a Data Category

  1. レポート ビューまたはデータ ビューの [フィールド] リストの一覧で、異なる分類でソートしたいフィールドを選択します。In Report View or Data View, in the Fields list, select the field you want to be sorted by a different categorization.
  2. リボンの [モデリング] タブで、[データ カテゴリ] ドロップダウン リストをクリックします。On the ribbon, in the Modeling tab, click on the Data Category: drop down list. このリストには、列に対して選択可能なデータ カテゴリが表示されます。This shows the list of possible data categories you can choose for your column. 列の現在のデータ型には使えない項目は選べなくなっています。Some selections might be disabled if they won’t work with the current data type of your column. たとえば、列がバイナリ データ型である場合、Power BI Desktop で地理的なデータ カテゴリを選べなくなります。For example, if a column is a binary data type, Power BI Desktop won’t let you choose geographic data categories.

これで完了です。And that’s it! ビジュアルで通常想定されるすべての動作は、自動的に動作するようになります。Any behavior that normally accrues to a visual will now work automatically.

関心がある場合は、Power BI モバイル アプリの地理的フィルタリングについても参照してください。You might also be interested in learning about geographic filtering for Power BI mobile apps.