Power BI Desktop レポートでグリッド線と "グリッドにスナップ" を使用するUse gridlines and snap-to-grid in Power BI Desktop reports

Power BI Desktop のレポート キャンバスには、グリッド線と "グリッドにスナップ" 機能が提供されました。グリッド線を使用すると、レポート上でビジュアルを一直線に並べることができます。また、"グリッドにスナップ" 機能を使用すると、レポート内のビジュアルがきれいに揃えられ、間隔が均等に見えるようになります。The Power BI Desktop report canvas provides gridlines that let you neatly align visuals on a report page, and also provides snap-to-grid functionality so visuals in your reports look clean, aligned, and evenly spaced.

Power BI Desktop では、レポートのオブジェクトの重ね順 (前面へ移動、背面へ移動) を調整したり、キャンバスで選択したビジュアルを配置したり均等に整列したりすることもできます。In Power BI Desktop you can also adjust the z-order (bring forward, send backward) of objects on a report, as well as align or evenly distribute selected visuals on the canvas.

グリッド線と "グリッドにスナップ" を有効にするEnabling gridlines and snap-to-grid

グリッド線と "グリッドにスナップ" を有効にするには、リボンの [表示] を選択し、[グリッド線の表示][描画オブジェクトをグリッドにスナップ] のチェック ボックスをオンにします。To enable gridlines and snap-to-grid, select the View ribbon, then enable the checkboxes for Show gridlines and Snap objects to grid. これらのチェック ボックスは 1 つまたは両方を選択できます。つまり、別々に動作します。You can select one or both boxes; they operate independently.

注意

[グリッド線の表示][描画オブジェクトをグリッドにスナップ] が使用できない場合は、任意のデータ ソースに接続すると、使用できるようになります。If Show gridlines and Snap objects to grid are disabled, connect to any data source and they become enabled.

グリッド線を使用するUsing gridlines

グリッド線は、複数のビジュアルが一直線に並んでいるかどうかを確認できる、視覚的なガイドです。Gridlines are visual guides that let you see whether two or more visuals are properly aligned. 2 つ (以上) のビジュアルが水平方向または垂直方向に一直線に並んでいるかどうかを確認する場合は、ガイドラインを使用すると、これらの罫線が一直線に並んでいるかどうかを視覚的に確認できます。When you're trying to determine whether two (or more) visuals are aligned horizontally or vertically, you use the gridlines to visually determine whether their borders align.

"Ctrl キーを押しながらクリック" を使用すると、複数のビジュアルを一度に選択できます。これにより、選択したすべてのビジュアルの罫線が表示されるため、ビジュアルが一直線に並んでいるかどうかを簡単に確認できます。You can use CTRL+Click to select more than one visual at a time, which displays all selected visuals' borders, easily letting you see whether the visuals are properly aligned.

ビジュアル内でグリッド線を使用するUsing gridlines inside visuals

Power BI では、ビジュアル内にもグリッド線があります。データ ポイントや値を比較するための視覚的ガイドになります。In Power BI there are also gridlines inside visuals, which provide visual guides for comparing data points and values. 2017 年 9 月リリースの Power BI Desktop 以降、X 軸カードと Y 軸カード (ビジュアル タイプに基づく) でビジュアル内のグリッド線を操作できるようになりました。カードは [視覚化] ウィンドウの [書式] セクションにあります。Beginning with the September 2017 release of Power BI Desktop, you can now manage the gridlines within visuals using the X-Axis or Y-Axis card (as appropriate based on visual type), found in the Format section of the Visualizations pane. ビジュアル内では、グリッド線の次の要素を操作できます。You can manage the following elements of gridlines within a visual:

  • グリッド線のオン/オフを切り替えるTurn gridlines on or off
  • グリッド線の色を変更するChange the color of gridlines
  • グリッド線のストローク (幅) を調整するAdjust the stroke (the width) of gridlines
  • 実線、破線、点線など、ビジュアルのグリッド線のスタイルを選択するSelect the line style of the gridlines in the visual, such as solid, dashed, or dotted

グリッド線の特定の要素を変更することは、ビジュアルに暗い背景が使用されているレポートで特に役立ちます。Modifying certain elements of gridlines can be especially useful in reports where dark backgrounds are used for visuals. 次の画像では、X 軸カードの [グリッド線] セクションを確認できます。The following image shows the Gridlines section in the X-Axis card.

"グリッドにスナップ" を使用するUsing snap-to-grid

[描画オブジェクトをグリッドにスナップ] チェック ボックスをオンにした場合、Power BI Desktop のキャンバス上のすべてのビジュアルは、移動 (またはサイズ変更) すると、自動的に最も近いグリッドの軸に合わせて整列されます。これにより、さらに簡単に複数のビジュアルが同じ水平方向または垂直方向の配置またはサイズに揃うようになります。When you enable Snap objects to grid, all visuals on the Power BI Desktop canvas that you move (or resize) are automatically aligned to the nearest grid axis, making it much easier to ensure two or more visuals align to the same horizontal or vertical location or size.

これで完了です。グリッド線グリッドにスナップを使用して、簡単にレポート内のビジュアルを一直線に並べることができました。And that's all there is to using gridlines and snap-to-grid to easily ensure the visuals in your reports are neatly aligned.

重ね順、配置、整列の使用Using z-order, align, and distribute

レポートでのビジュアルの前面から背面への順序 (要素の重ね順) も管理できます。You can also manage the front-to-back order of visuals in a report, often referred to as the z-order of elements. これにより、任意の方法でビジュアルを重ね合わせ、各ビジュアルの前後関係を調整することができます。This allows you to overlap visuals in any way you want, then adjust the front-to-back order of each visual. この順序指定は、[書式] リボンの [整列] セクションの [前面へ移動] ボタンと [背面へ移動] ボタンを使って行います。これは、ページでビジュアルを選ぶとすぐに表示されます (ビジュアルが選択されていない場合は使用できません)。This ordering is done using the Bring Forward and Send Backward buttons, found in the Arrange section of Format ribbon, which appears as soon as you select on or more visuals on the page (and is not available if no visual is selected).

[書式] リボンでは、さまざまな方法でビジュアルを配置することもできます。The Format ribbon also allows you to align your visuals in many different ways. これにより、最善であると信じられる見た目や操作性でページ上のビジュアルを配置できます。This allows you to ensure your visuals appear on the page in the alignment that you believe looks and works best.

次の図に示すように、ビジュアルを 1 つ選び、[配置] ボタンを使って、レポート キャンバスの端 (または中央) にビジュアルを配置します。When one visual is selected, using the Align button aligns that visual to the edge (or center) of the report canvas, as shown in the following image.

複数のビジュアルを選ぶと、まとめて配置され、配置には既に配置されているビジュアルの境界が使われます。When two or more visuals are selected, they are aligned together and use the existing aligned boundary of the visuals for alignment. たとえば、2 つのビジュアルを選んで [左揃え] ボタンを選ぶと、ビジュアルは選択したすべてのビジュアルのうち左端の境界に揃えられます。For example, with two visuals selected and the Align Left button selected, the visuals will align to the left-most boundary of all selected visuals.

レポート キャンバスの全体に、ビジュアルを縦または横に整列することもできます。You can also distribute your visuals evenly across the report canvas, either vertically or horizontally. それには、[書式] リボンの [整列] ボタンを使います。Just use the Distribute button from the Format ribbon.

これらのグリッド線、配置、整列ツールからいくつか選択するだけで、レポートを望む見た目にすることができます。With a few selections from these gridlines, alignment, and distribution tools, your reports will look just how you want them.