Power BI で外部 R IDE を使用するUse an external R IDE with Power BI

Power BI Desktop では、外部の R IDE (統合開発環境) を使用して R スクリプトを作成および調整した後、Power BI でそのスクリプトを使用できます。With Power BI Desktop, you can use your external R IDE (Integrated Development Environment) to create and refine R scripts, then use those scripts in Power BI.

外部の R IDE を有効にするEnable an external R IDE

これまで、R スクリプトを作成して実行するには、Power BI Desktop の R スクリプト エディターを使用する必要がありました。Previously, you had to use the R script editor in Power BI Desktop to create and run R scripts. このリリースでは、外部の R IDE を Power BI Desktop から起動し、R IDE にデータを自動的にインポートして表示できます。With this release, you can launch your external R IDE from Power BI Desktop and have your data automatically imported and displayed in the R IDE. その後は、その外部 R IDE でスクリプトを修正してから、Power BI Desktop にスクリプトを貼り付けて、Power BI のビジュアルとレポートを作成できます。From there, you can modify the script in that external R IDE, then paste it back into Power BI Desktop to create Power BI visuals and reports.

Power BI Desktop の 2016年 9 月リリース (2.39.4526.362 バージョン) 以降、使用する R IDE を指定して、それを Power BI Desktop 内から自動的に起動させることができます。Beginning with the September 2016 release of Power BI Desktop (version 2.39.4526.362), you can specify which R IDE you would like to use, and have it launch automatically from within Power BI Desktop.

要件Requirements

この機能を使用するには、ローカル コンピューターに R IDE をインストールする必要があります。To use this feature, you need to install an R IDE on your local computer. Power BI Desktop には R エンジンは含まれず、配置もインストールも行われないので、ローカル コンピューターに R を別途インストールする必要があります。Power BI Desktop does not include, deploy or install the R engine, so you must separately install R on your local computer. 次のオプションで、使用する R IDE を選択できます。You can choose which R IDE to use, with the following options:

  • 任意の R IDE をインストールすることができます。それらの多くは、Revolution Open ダウンロード ページCRAN Repository などで、無料で入手できます。You can install your favorite R IDE, many of which are available for free, such as the Revolution Open download page, and the CRAN Repository.
  • Power BI DesktopR StudioR Tools for Visual Studio エディターを含む Visual Studio 2015 もサポートしています。Power BI Desktop also supports R Studio and Visual Studio 2015 with R Tools for Visual Studio editors.
  • さまざまな R IDE をインストールし、次のいずれかを実行して、Power BI DesktopR IDE を起動させることもできます。You can also install a different R IDE and have Power BI Desktop launch that R IDE by doing one of the following:

    • .R ファイルを、Power BI Desktop で起動させる外部 IDE に関連付けることができます。You can associate .R files with the external IDE you want Power BI Desktop to launch.
    • [オプション] ダイアログの [R スクリプトのオプション] セクションから [その他] を選択して、Power BI Desktop で起動する必要がある .exe を指定できます。You can specify the .exe that Power BI Desktop should launch by selecting Other from the R Script Options section of the Options dialog. [オプション] ダイアログを表示するには、[ファイル]、[オプションと設定]、[オプション] の順に移動します。You can bring up the Options dialog by going to File > Options and settings > Options.

複数の R IDE がインストールされている場合は、[オプション] ダイアログの [検出された R IDE] ドロップダウンから選択して、起動する R IDE を指定できます。If you have multiple R IDEs installed, you can specify which will be launched by selecting it from the Detected R IDEs drop-down in the Options dialog.

既定で、Power BI Desktop は、R Studio がローカル コンピューターにインストールされている場合、外部 R IDE としてそれを起動します。R Studio がインストールされておらず、R Tools for Visual Studio を含む Visual Studio 2015 がある場合は、代わりにそれが起動されます。By default, Power BI Desktop will launch R Studio as the external R IDE if it's installed on your local computer; if R Studio is not installed and you have Visual Studio 2015 with R Tools for Visual Studio, that will be launched instead. どちらの R IDE もインストールされていない場合は、.R ファイルに関連付けられたアプリケーションが起動します。If neither of those R IDEs is installed, the application associated with .R files is launched.

.R ファイルの関連付けが存在しない場合、[オプション] ダイアログの [優先する R IDE を参照します] セクションで、カスタム IDE へのパスを指定できます。And if no .R file association exists, it's possible to specify a path to a custom IDE in the Browse to your preferred R IDE section of the Options dialog. Power BI DesktopR IDE の起動矢印アイコンの横にある [設定] 歯車アイコンを選択して、別の R IDE を起動することもできます。You can also launch a different R IDE by selecting the Settings gear icon beside the Launch R IDE arrow icon, in Power BI Desktop.

Power BI Desktop から R IDE を起動するLaunch an R IDE from Power BI Desktop

Power BI Desktop から R IDE を起動するには、次の手順を実行します。To launch an R IDE from Power BI Desktop, take the following steps.

  1. Power BI Desktop にデータを読み込みます。Load data into Power BI Desktop.
  2. [フィールド] ウィンドウで使用するフィールドをいくつか選択します。Select some fields from the Fields pane that you want to work with. スクリプトのビジュアルをまだ有効にしていない場合は、有効にするように促されます。If you haven't enabled script visuals yet, you'll be prompted to do so.

  3. スクリプトのビジュアルを有効にすると、[視覚化] ウィンドウで R のビジュアルを選択できます。選択すると、スクリプトの結果を表示できる空白の R のビジュアルが作成されます。When script visuals are enabled, you can select an R visual from the Visualizations pane, which creates a blank R visual that's ready to display the results of your script. [R スクリプト エディター] ウィンドウも表示されます。The R script editor pane also appears.

  4. R スクリプトで使用するフィールドを選択できるようになります。Now you can select the fields you want to use in your R script. フィールドを選択すると、選択したフィールドに基づいて [R スクリプト エディター] フィールドにスクリプト コードが自動的に作成されます。When you select a field, the R script editor field automatically creates script code based on the field or fields you select. [R スクリプト エディター] ウィンドウで R スクリプトを直接作成する (または貼り付ける) ことも、ウィンドウを空白のままにすることもできます。You can either create (or paste) your R script directly in the R script editor pane, your you can leave it empty.

    注意

    R ビジュアルの既定の集計タイプは、[集計しない] です。The default aggregation type for R visuals is do not summarize.

  5. Power BI Desktop から R IDE を直接起動できるようになります。You can now launch your R IDE directly from Power BI Desktop. [R スクリプト エディター] のタイトル バーの右側にある [Launch R IDE] (R IDE を起動) ボタンを選択します (次の図を参照)。Select the Launch R IDE button, found on the right side of the R script editor title bar, as shown below.

  6. 次の図のように、指定した R IDE が Power BI Desktop によって起動されます (この図では、RStudio が既定の R IDE です)。Your specified R IDE is launched by Power BI Desktop, as shown in the following image (in this image, RStudio is the default R IDE).

    注意

    スクリプトを実行した後で Power BI Desktop からデータをインポートするために、Power BI Desktop はスクリプトの最初の 3 行を追加します。Power BI Desktop adds the first three lines of the script so it can import your data from Power BI Desktop once you run the script.

  7. Power BI Desktop[R スクリプト エディター] ウィンドウで作成したスクリプトは、R IDE の 4 行目以降に表示されます。Any script you created in the R script editor pane of Power BI Desktop appears starting in line 4 in your R IDE. この状態になれば、R IDE で R スクリプトを作成できます。At this point you can create your R script in the R IDE. R IDE で R スクリプトが完成した後は、それをコピーし、Power BI Desktop[R スクリプト エディター] ウィンドウに貼り付けて戻す必要があります。ただし、Power BI Desktop が自動的に生成したスクリプトの先頭 3 行は除外する必要があります。Once your R script is complete in your R IDE, you need to copy and paste it back into the R script editor pane in Power BI Desktop, excluding the first three lines of the script that Power BI Desktop automatically generated. スクリプトの先頭の 3 行は、Power BI Desktop にコピーしないでください。これらの行は、Power BI Desktop から R IDE にデータをインポートするためだけに使用されたものです。Do not copy the first three lines of script back into Power BI Desktop, those lines were only used to import your data to your R IDE from Power BI Desktop.

既知の制限事項Known limitations

Power BI Desktop から直接 R IDE を起動するには、いくつかの制限があります。Launching an R IDE directly from Power BI Desktop has a few limitations:

  • R IDE から Power BI Desktop へのスクリプトの自動的なエクスポートはサポートされていません。Automatically exporting your script from your R IDE into Power BI Desktop is not supported.
  • R クライアント エディター (RGui.exe) は、エディター自体がファイルを開く機能をサポートしていないため、サポートされていません。R Client editor (RGui.exe) is not supported, because the editor itself does not support opening files.

次の手順Next steps

Power BI での R については、次の追加情報を参照してください。Take a look at the following additional information about R in Power BI.