Power BI で R を利用したカスタム ビジュアルを使用するUse R-powered custom visuals in Power BI

Power BI Desktop および Power BI サービスでは、R の知識がなく、R スクリプトを作成しなくても、R を利用したカスタム ビジュアルを使用できます。In Power BI Desktop and the Power BI service, you can use R-powered custom visuals without any knowledge of R, and without any R scripting. これにより、自分で R を学習したりプログラミングを実行したりしなくても、R ビジュアルの分析や視覚機能に加え、R スクリプトを活用できます。This enables you to harness the analytic and visual power of R visuals, and R scripts, without learning R or doing any programming yourself.

R を利用したカスタム ビジュアルを使用するには、まず、使用したい R カスタム ビジュアルを、Power BI カスタム ビジュアルAppSource ギャラリーで選択してダウンロードします。To use R-powered custom visuals, you first select and download the R custom visual you're interested in using from the AppSource gallery of custom visuals for Power BI.

以下のセクションでは、R を利用したビジュアルを Power BI Desktop で選択して読み込み、使用する方法について説明します。The following sections describe how to select, load, and use R-powered visuals in Power BI Desktop.

R カスタム ビジュアルを使用するUse R custom visuals

R を利用したカスタム ビジュアルを使用するには、各ビジュアルをカスタム ビジュアル ライブラリからダウンロードする必要があります。その後、このビジュアルは、Power BI Desktop で他の種類のビジュアルと同様に使用できます。To use R-powered custom visuals, you need to download each visual from the custom visuals library, then you can use the visual like any other type of visual in Power BI Desktop. カスタム ビジュアルを取得する場合、オンラインの AppSource サイトからダウンロードする方法と、Power BI Desktop 内から取得する方法の 2 つがあります。There are two ways to get custom visuals - you can download them from the online AppSource site, or you browse and get them from within Power BI Desktop.

AppSource からカスタム ビジュアルを取得するGet custom visuals from AppSource

オンラインの AppSource サイトからビジュアルを参照して選択する手順を以下に示します。Here are the steps to browse and select visuals from the online AppSource site:

  1. https://appsource.microsoft.com から、Power BI visuals ライブラリに移動します。[製品で絞り込む] にある [Power BI apps] チェックボックスを選択して、[すべて表示] リンクを選択します。Navigate to the Power BI visuals library, found at https://appsource.microsoft.com. Select the Power BI apps checkbox under Refine by product, then select the See all link.

  2. 左側ウィンドウのアドインの一覧から、[Power BI visual] を選択します。Select Power BI visuals from the list of Add-ins in the left pane.

  1. 関心のあるビジュアルをギャラリーから選択すると、ビジュアルに関する説明のページに移動します。Select the visual you're interested in using from the gallery, and you're taken to a page that describes the visual. [今すぐ入手する] ボタンを選択してダウンロードします。Select the Get it now button to download.

    注意

    Power BI Desktop で作成している場合は、ローカル コンピューターに R をインストールしておく必要があります。For authoring in Power BI Desktop, you need to have R installed on your local machine. ただし、ユーザーが R を利用したビジュアルを Power BI サービスに表示したい場合は、R をローカルにインストールしておく必要は "ありません"。But when users want to view an R-powered visual in the Power BI service they do not need R installed locally.

    R を利用したカスタム ビジュアルを Power BI サービスで使用するために R をインストールする必要はありませんが、Power BI Desktop で使用する場合は、ローカル コンピューターに R をインストールする "必要があります"。You do not need to install R to use R-powered custom visuals in the Power BI service, however, if you want to use R-powered custom visuals in Power BI Desktop you must install R on the local machine. R は、次の場所からダウンロードできます。You can download R from the following locations:

  2. ビジュアルがダウンロードされたら (ブラウザーから任意のファイルをダウンロードするのと似ています)、Power BI Desktop に移動し、[視覚化] ウィンドウの省略記号 ([...]) を右クリックして、[ファイルからインポートする] を選択します。Once the visual is downloaded (which is like downloading any file from your browser), go to Power BI Desktop and right-click the ellipsis (the ...) in the Visualizations pane, and select Import from file.

  3. 次の図に示すように、カスタム ビジュアルのインポートに関する警告が表示されます。You're cautioned about importing a custom visuals, as shown in the following image:

  4. ビジュアル ファイルが保存された場所に移動し、そのファイルを選択します。Navigate to where the visual file was saved, then select the file. Power BI Desktop のカスタム ビジュアルの拡張子は .pbiviz です。Power BI Desktop custom visualizations have the .pbiviz extension.

  5. Power BI Desktop に戻ると、[視覚化] ウィンドウに新しいビジュアルの種類が表示されます。When you return to Power BI Desktop, you can see the new visual type in the Visualizations pane.

  6. 新しいビジュアルをインストールする (または、R を利用したカスタム ビジュアルを含むレポートを開く) と、Power BI Desktop によって、必要な R パッケージがインストールされます。When you import the new visual (or open a report that contains a R-powered custom visual), Power BI Desktop installs the required R packages.

そこから、その他の Power BI Desktop ビジュアルと同様に、ビジュアルにデータを追加できます。From there, you can add data to the visual just as you would any other Power BI Desktop visual. 完了すると、完成したビジュアルがキャンバスに表示されます。When complete, you can see your finished visual on the canvas. 次のビジュアルでは、R を利用したビジュアル "予測" が、国連 (UN) の出生率予測 (左側のビジュアル) と共に使用されています。In the following visual, the Forecasting R-powered visual was used with United Nations (UN) birth rate projections (the visual on the left).

他の Power BI Desktop ビジュアルと同様、その R を利用したビジュアルを含むこのレポートを Power BI サービスに発行し、他のユーザーと共有することができます。Like any other Power BI Desktop visual, you can publish this report with its R-powered visuals to the Power BI service and share it with others.

新しいビジュアルが頻繁に追加されるため、ライブラリはこまめに確認してください。Check the library often, since new visuals are being added all the time.

Power BI Desktop 内からカスタム ビジュアルを入手するGet custom visuals from within Power BI Desktop

Power BI Desktop 内からカスタム ビジュアルを入手することもできます。You can also get custom visuals from within Power BI Desktop. Power BI Desktop[視覚化] ウィンドウで省略記号 (...) を右クリックして、[ストアからインポート] を選択します。In Power BI Desktop right-click the ellipsis (the ...) in the Visualizations pane, and select Import from store.

これを行うと、[Power BI カスタム ビジュアル] ダイアログが表示され、ここから入手可能なカスタム ビジュアルをスクロールして選択することができます。When you do so, the Power BI Custom Visuals dialog appears, where you can scroll through the available custom visuals and select what you would like. 名前での検索やカテゴリの選択ができるだけでなく、単に入手可能なビジュアルをスクロールすることもできます。You can search by name, select a catagory, or just scroll through the available visuals. 準備ができたら、[追加] を選択してカスタム ビジュアルを Power BI Desktop に追加します。When you're ready, just select Add to add the custom visual to Power BI Desktop.

R を利用したカスタム ビジュアルを投稿するContribute R-powered custom visuals

レポートに使用するために独自の R ビジュアルを作成した場合は、そのカスタム ビジュアルをカスタム ビジュアル ギャラリーに投稿することで、世界中に公開できます。If you create your own R visuals for use in your reports, you can share those visual with the world by contributing your custom visual to the custom visuals gallery. 投稿は GitHub を通じて行われるため、その処理については次の場所で説明されています。Contributions are made through GitHub, and the process is outlined in the following location:

R を利用したカスタム ビジュアルをトラブルシューティングするTroubleshoot R-powered custom visuals

R を利用したカスタム ビジュアルには、ビジュアルが適切に機能するために満たす必要のある特定の依存関係があります。R-powered custom visuals have certain dependencies that must be met for the visuals to work properly. R を利用したカスタム ビジュアルの実行や読み込みが正常に行われないときは、通常、次のいずれかの問題があります。When R-powered custom visuals don't run or load properly, the problem is usually one of the following:

  • R エンジンがないThe R engine is missing
  • ビジュアルの基になっている R スクリプトにエラーがあるErrors in the R script on which the visual is based
  • R パッケージが存在しないか期限切れであるR packages are missing or out of date

以下のセクションでは、発生した問題に対処するために実行できるトラブルシューティング手順について説明します。The following section describes troubleshooting steps you can take to help address trouble you run into.

R パッケージが存在しないか期限が切れているMissing or outdated R packages

R パッケージが存在しないか、古くなっていると、R を利用したカスタム ビジュアルをインストールするときにエラーが発生します。これは通常、次のいずれかの理由によるものです。When attempting to install an R-powered custom visual, you can run into errors when there are missing or outdated R packages; this is usually due to one of the following reasons:

  • R のインストールと R パッケージの間に互換性がありませんThe R installation is incompatible with the R package,
  • ファイアウォール、ウイルス対策ソフトウェア、またはプロキシの設定により、R がインターネットに接続できませんA firewall, anti-virus software, or proxy settings are preventing R from connecting to the Internet
  • インターネットの接続が遅いか、インターネット接続に問題がありますThe Internet connection is slow, or there's an Internet connection problem

Power BI チームはこれらの問題の軽減に懸命に取り組んでおり、次の Power BI Desktop には、これらの問題に対処する更新プログラムが組み込まれる予定です。The Power BI team is actively working on mitigating these issues before they reach you, and the next Power BI Desktop will incorporate updates to address these problems. それまでは、次の手順を使って問題を軽減できます。Until then, you can take one or more of the following steps to mitigate the issues:

  1. カスタム ビジュアルを削除してから、再インストールします。Remove the custom visual, then install it again. これにより、R パッケージの再インストールが開始します。This initiates a re-installation of the R packages.
  2. R のインストールが最新ではない場合は、R のインストールをアップグレードした後、前の手順のようにカスタム ビジュアルを削除して再インストールします。If your installation of R is not current, upgrade your R installation, then remove/re-install the custom visual as described in the previous step.

    • サポートされている R のバージョンは、次の図のように、R を利用したカスタム ビジュアルの説明に表示されます。Supported R versions are listed in the description of each R-powered custom visual, as shown in the following image. > [!NOTE] > 元の R のインストールを残しておき、Power BI Desktop とインストールした最新バージョンの関連付けのみを行うことができます。You can keep the original R installation, and only associate Power BI Desktop with the current version you install. [ファイル] > [オプションと設定] > [オプション] > [R スクリプト] の順に移動します。Go to File > Options and settings > Options > R scripting.
  3. R コンソールを使って、R パッケージを手動でインストールします。Install R packages manually, using any R console. 手順は次のとおりです。The steps for this approach are the following:

    a.a. R を利用したビジュアルのインストール スクリプトをダウンロードし、そのファイルをローカル ドライブに保存します。Download the R-powered visual installation script, and save that file to a local drive.

    b.b. R コンソールから、次の手順を実行します。From the R console, run the following:

    > source(“C:/Users/david/Downloads/ScriptInstallPackagesForForecastWithWorkarounds.R”)    
    

    標準的な既定のインストール場所は次のとおりです。Typical default installation locations are the following:

    c:\Program Files\R\R-3.3.x\bin\x64\Rterm.exe (for CRAN-R)
    c:\Program Files\R\R-3.3.x\bin\x64\Rgui.exe (for CRAN-R)
    c:\Program Files\R\R-3.3.x\bin\R.exe (for CRAN-R)
    c:\Program Files\Microsoft\MRO-3.3.x\bin\R.exe (for MRO)
    c:\Program Files\Microsoft\MRO-3.3.x\bin\x64\Rgui.exe (for MRO)
    c:\Program Files\RStudio\bin\rstudio.exe (for RStudio)
    
  4. 前の手順でうまくいかない場合は、次のことを試してください。If the previous steps don't work, try the following:

    a.a. R Studio を使い、上の 3.b Use R Studio and follow the step outlined in 3.b. (R コンソールからのスクリプト行の実行) に記載されている手順に従います。above (run the script line from the R console).

    b.b. 前の手順でうまくいかない場合は、R Studio[ツール] > [グローバル オプション] > [パッケージ] に移動し、[Use Internet Explorer library/proxy for HTTP] (HTTP に Internet Explorer のライブラリ/プロキシを使用する) チェック ボックスをオンにして、上の手順の 3.b をIf the previous step doesn't work, change Tools > Global Options > Packages in R Studio, and enable the checkbox for Use Internet Explorer library/proxy for HTTP, then repeat step 3.b. 繰り返します。from the above steps.

次の手順Next steps

Power BI での R については、次の追加情報を参照してください。Take a look at the following additional information about R in Power BI.