Power BI Desktop での R スクリプトの実行Run R scripts in Power BI Desktop

Power BI Desktop で R スクリプトを直接実行し、生成されたデータセットを Power BI Desktop データ モデルにインポートできます。You can run R scripts directly in Power BI Desktop, and import the resulting datasets into a Power BI Desktop data model.

R をインストールするInstall R

Power BI Desktop で R スクリプトを実行するには、ローカル コンピューターに R をインストールする必要があります。To run R scripts in Power BI Desktop, you need to install R on your local machine. R はさまざまな場所から無料でダウンロードし、インストールできます。たとえば、Revolution Open ダウンロード ページCRAN Repository があります。You can download and install R for free from many locations, including the Revolution Open download page, and the CRAN Repository. Power BI Desktop での R スクリプトの現在のリリースでは、インストール パスで Unicode 文字と空白 (空の文字) がサポートされています。The current release of R scripting in Power BI Desktop supports Unicode characters as well as spaces (empty characters) in the installation path.

R スクリプトを実行するRun R scripts

Power BI Desktop で数回の手順を踏むことで、R スクリプトを実行し、データ モデルを作成し、データ モデルからレポートを作成し、Power BI サービスで共有できます。With just a few steps in Power BI Desktop you can run R scripts and create a data model, from which you can create reports, and share them on the Power BI service. Power BI Desktop の R スクリプトは、小数点 (.) とコンマ (,) が含まれる数値形式をサポートするようになりました。R scripting in Power BI Desktop now supports number formats that contain decimals (.) and commas (,).

R スクリプトを準備するPrepare an R script

Power BI Desktop で R スクリプトを実行するには、ローカル R 開発環境でスクリプトを作成し、それが正常に動作することを確認します。To run an R script in Power BI Desktop, create the script in your local R development environment, and make sure it runs successfully.

Power BI Desktop でスクリプトを実行するには、新しく、変更されていないワークスペースでスクリプトが正常に動作することを確認します。To run the script in Power BI Desktop, make sure the script runs successfully in a new and unmodified workspace. つまり、すべてのパッケージと依存関係を明示的に読み込み、実行する必要があります。This means that all packages and dependencies must be explicitly loaded and run. source() を利用し、依存スクリプトを実行できます。You can use source() to run dependent scripts.

Power BI Desktop で R スクリプトを準備し、実行するとき、いくつかの制限があります。When preparing and running an R script in Power BI Desktop, there are a few limitations:

  • インポートできるのはデータ フレームだけです。Power BI にインポートするデータがデータ フレームで表されていることを確認してください。Only data frames are imported, so make sure the data you want to import to Power BI is represented in a data frame
  • 型が「複合」や「ベクトル」の列はインポートされず、作成されたテーブルではエラー値で置換されます。Columns that are typed as Complex and Vector are not imported, and are replaced with error values in the created table.
  • 「該当なし」の値は、Power BI Desktop では NULL 値に変換されます。Values that are N/A are translated to NULL values in Power BI Desktop
  • R スクリプトは、30 分以上実行するとタイムアウトになります。Any R script that runs longer than 30 minutes times out
  • ユーザー入力の待機中など、R スクリプトの対話的呼び出しでスクリプトの実行が停止します。Interactive calls in the R script, such as waiting for user input, halts the script’s execution
  • R スクリプト内で作業ディレクトリを設定する場合は、作業ディレクトリへの相対パスではなく、完全パスを定義する 必要 があります。When setting the working directory within the R script, you must define a full path to the working directory, rather than a relative path

R スクリプトを実行し、データをインポートするRun your R script and import data

  1. Power BI Desktop では、R スクリプトのデータ コネクタは [データの取得]にあります。In Power BI Desktop, the R Script data connector is found in Get Data. R スクリプトを実行するには、[データの取得]>[詳細...] の順に選び、次の図に示すように [その他]>[R スクリプト] の順に選びます。To run your R Script, select Get Data > More..., then select Other > R Script as shown in the following image.

  2. R がローカル コンピューターにインストールされている場合、最近インストールしたバージョンが R エンジンとして選択されます。If R is installed on your local machine, the latest installed version is selected as your R engine. スクリプトをスクリプト ウィンドウにコピーし、 [OK]を選択します。Simply copy your script into the script window and select OK.

  3. R がインストールされていないか、識別されない場合、あるいはローカル コンピューターに複数のインストールが存在する場合、 [R インストール設定] を展開してインストール オプションを表示するか、R スクリプトを実行するインストールを選択します。If R is not installed, is not identified, or if there are multiple installations on your local machine, expand R Installation Settings to display installation options, or to select which installation you want to run the R script.

    R がインストールされているが、識別されない場合、 [R インストール設定]を展開するとき、テキスト ボックスにその場所を明示的に指定できます。If R is installed is not identified, you can explicitly provide its location in the text box provided when you expand R Installation Settings. 上の画像では、パス C:\Program Files\R\R-3.2.0 がテキスト ボックスに明示的に指定されています。In the above image, the path C:\Program Files\R\R-3.2.0 is explicitly provided in the text box.

    R インストール設定は、[オプション] ダイアログの [R スクリプト] セクションの中央に配置されています。R installation settings are centrally located in the R Scripting section of the Options dialog. R インストール設定を指定するには、[ファイル] > [オプションと設定] を選んでから、[オプション] > [R スクリプト] を選びます。To specify your R installation settings, select File > Options and settings and then Options > R Scripting. R の複数のインストールを使用できる場合、ドロップダウン メニューが表示され、使用するインストールを選べます。If multiple installations of R are available, a drop-down menu appears that allows you to select which installation to use.

  4. [OK] を選択し、R スクリプトを実行します。Select OK to run the R Script. スクリプトが正常に実行されたら、生成されたデータ フレームを選択し、Power BI モデルに追加できます。When the script runs successfully, you can then choose the resulting data frames to add to the Power BI model.

更新Refresh

Power BI Desktop で R スクリプトを更新できます。You can refresh an R script in Power BI Desktop. R スクリプトを更新するとき、Power BI Desktop は Power BI Desktop 環境で R スクリプトをもう一度実行します。When you refresh an R script, Power BI Desktop runs the R script again in the Power BI Desktop environment.

次の手順Next steps

Power BI での R については、次の追加情報を参照してください。Take a look at the following additional information about R in Power BI.