R を使用した Power BI ビジュアルの作成Create Power BI visuals using R

Power BI Desktop では、R を使用してデータを視覚化できます。With Power BI Desktop, you can use R to visualize your data.

R をインストールするInstall R

Power BI Desktop は、R エンジンを含んでいません。また、展開やインストールも行いません。Power BI Desktop does not include, deploy, or install the R engine. Power BI Desktop で R スクリプトを実行するには、ローカル コンピューターに R を別個にインストールする必要があります。To run R scripts in Power BI Desktop, you must separately install R on your local computer. R はさまざまな場所から無料でダウンロードし、インストールできます。たとえば、Revolution Open ダウンロード ページCRAN Repository があります。You can download and install R for free from many locations, including the Revolution Open download page, and the CRAN Repository. Power BI Desktop での R スクリプトの現在のリリースでは、インストール パスで Unicode 文字と空白 (空の文字) がサポートされています。The current release of R scripting in Power BI Desktop supports Unicode characters as well as spaces (empty characters) in the installation path.

R ビジュアルを有効にするEnable R visuals

R ビジュアルを有効にするには、[ファイル]、[オプションと設定]、[オプション] の順に選択します。次に、表示される [オプション] ページで、以下の画像に示すように、[オプション] ウィンドウの [R スクリプト] セクションでローカルの R インストールが指定されていることを確認します。To enable R visuals, select File > Options and settings > Options and in the Options page that appears, make sure your local R installation is specified in the R Scripting section of the Options window, as shown in the following image. 以下のイメージでは、R のパス ローカル インストールは C:\Program Files\R\R-3.2.0 で、そのパスは、テキスト ボックスに明示的に指定されています。In the following image, the path local installation of R is C:\Program Files\R\R-3.2.0 and that path is explicitly provided in the text box. 表示されたパスが、Power BI Desktop で使用する正しいローカル R インストール先であることを確認します。Make sure the path it displays properly reflects the local R installation you want Power BI Desktop to use.

R のインストールを指定すると、R ビジュアルの作成を開始する準備が整います。Once you specify your R installation, you’re ready to begin creating R visuals.

Power BI Desktop で R ビジュアルを作成するCreate R visuals in Power BI Desktop

  1. 次の図に示すように、[視覚化] ウィンドウの [R Visual] (R ビジュアル) アイコンを選択し、R ビジュアルを追加します。Select the R Visual icon in the Visualization pane, as shown in the following image, to add an R visual.

    レポートに R ビジュアルを追加すると、Power BI Desktop は以下を実行します。When you add an R visual to a report, Power BI Desktop does the following:

    • プレース ホルダーの R ビジュアル イメージが、レポート キャンバスに表示されます。A placeholder R visual image appears on the report canvas.

    • [R スクリプト エディター] が中央ペインの下部に表示されます。The R script editor appears along the bottom of the center pane.

  2. 次に、他の Power BI Desktop ビジュアルと同様に、R スクリプトで使用するフィールドを [フィールド][値] セクションに追加します。Next, add fields you want to consume in your R script to the Values section in the Fields well, just as you would with any other Power BI Desktop visual.

    R スクリプトで使用できるのは、[フィールド] に追加されたフィールドだけです。Only fields that have been added to the Fields well are available to your R script. Power BI Desktop の R スクリプト エディターで R スクリプトを処理しているときも、新しいフィールドを追加したり、[フィールド] から不要なフィールドを削除したりできます。You can add new fields or remove unneeded fields from the Fields well while working on your R script in the Power BI Desktop R script editor. Power BI Desktop は、追加または削除したフィールドを自動的に検出します。Power BI Desktop automatically detects which fields you have added or removed.

    注意

    R ビジュアルの既定の集計タイプは、[集計しない] です。The default aggregation type for R visuals is do not summarize.

  3. これで、選択したデータを使用して、プロットを作成できます。Now you can use the data you selected to create a plot.

    フィールドを選択すると、 R スクリプト エディター は、エディター ペインの上部にあるグレー表示のセクションの選択内容に基づいてサポート R スクリプトのバインド コードを生成します。As you select fields, the R script editor generates supporting R script binding code based on your selections in the gray section along the top of the editor pane. 追加のフィールドを選択または削除すると、R スクリプト エディターのサポート コードが自動的に生成されるか、必要に応じて削除されます。As you select or remove additional fields, supporting code in the R script editor is automatically generated or removed accordingly.

    次のイメージに示される例では、3 つのフィールドが選択されました: HP、gear、および drat。In the example shown in the following image, three fields were selected: hp, gear, and drat. これらの選択の結果として、R スクリプト エディターは、次のバインド コードを生成します:As a result of those selections, the R script editor generated the following binding code:

    • データセット と呼ばれるデータ フレームが作成されますA dataframe called dataset was created
      • そのデータ フレームは、ユーザーが選択したさまざまなフィールドで構成されますThat dataframe is comprised of the different fields selected by the user
    • 既定の集計は、[集計しない] ですThe default aggregation is do not summarize
    • テーブル ビジュアルと同様、フィールドはグループ化され、重複する行は一度だけ表示されます。Similar to table visuals, fields are grouped and duplicate rows only appear once

    ヒント

    自動グループ化を行いたくない場合や、重複を含めたすべての行を表示させたい場合があります。In certain cases, you may not want automatic grouping to occur, or you may want all rows to appear, including duplicates. その場合は、インデックス フィールドを追加し、すべての行が一意と見なされるようにしてグループ化を防止します。In that case, you can add an index field to your dataset that causes all rows to be considered unique and which prevents grouping.

    生成されたデータフレームはデータセットと呼ばれ、選択された列は個々の名前でアクセスすることができます。The generated dataframe is called a dataset, and you can access selected columns by their respective names. たとえば、R スクリプトに dataset$gear と書き込んで、gear フィールドにアクセスします。For example, access the gear field by writing dataset$gear in your R script. スペースや特殊文字を使うフィールドでは、単一引用符を使用します。For fields with spaces or special characters, use single quotes.

  4. 選択したフィールドによって自動的に生成されたデータ フレームを使って、R の既定デバイスにプロットすることになる R スクリプトを書き込む準備ができました。With the dataframe automatically generated by the fields you selected, you’re ready to write a R script that results in plotting to the R default device. スクリプトが完了したら、 R スクリプト エデイタ のタイル バーから [実行] を選択します ([実行] はタイル バーの右側にあります)。When the script is complete, select Run from the R script editor title bar (Run is on the right side of the title bar).

    [実行] を選択すると、Power BI Desktop は、プロットを識別し、キャンバス上にそれを示します。When you select Run, Power BI Desktop identifies the plot and presents it on the canvas. プロセスはローカルの R インストールで実行されるため、必要なパッケージがインストールされていることをご確認ください。Since the process is executed on your local R installation, make sure the required packages are installed.

    Power BI Desktop は、次のイベントのいずれかが発生したときにビジュアルを再度プロットします:Power BI Desktop replots the visual when any of the following events occur:

    • [R スクリプト エディター] タイトル バーから [実行] が選択されたWhen you select Run from the R script editor title bar

    • データ更新、フィルター処理、または強調表示によってデータの変更が発生したWhenever a data change occurs, due to data refresh, filtering, or highlighting

      次のイメージは、相関プロット コードの例を示し、自動車の異なるタイプの属性間の相関関係をプロットします。The following image shows an example of the correlation plot code, and it plots the correlations between attributes of different types of cars.

  5. 視覚化されたより大きなビューを取得するために、 [R スクリプト エディター] を最小化することができます。To get a larger view of the visualizations, you can minimize the R script editor. Power BI Desktop での他のビジュアルのように、ドーナツ ビジュアル (上記の例のイメージの右側の丸いビジュアル) のスポーツカーのみを選択して相関プロットをクロスフィルター処理できます。And, of course, like other visuals in Power BI Desktop, you can cross filter the correlation plot by selecting only sport cars in the donut visual (the round visual on the right, in the above example image).

  6. R スクリプトを変更してビジュアルをカスタマイズしたり、パラメーターをプロット コマンドに追加して R の機能を活用したりできます。You can also modify the R script to customize the visual, and take advantage of the power of R by adding parameters to the plotting command.

    元のプロット コマンドは次のとおりです:The original plotting command was the following:

    corrplot(M, method = "color", tl.cex=0.6, tl.srt = 45, tl.col = "black")corrplot(M, method = "color", tl.cex=0.6, tl.srt = 45, tl.col = "black")

    R スクリプトでいくつかの変更があり、コマンドは次のようになりました:With a few changes in the R script, the command is now the following:

    corrplot(M, method = "circle", tl.cex=0.6, tl.srt = 45, tl.col = "black", type= "upper", order="hclust")corrplot(M, method = "circle", tl.cex=0.6, tl.srt = 45, tl.col = "black", type= "upper", order="hclust")

    その結果、R ビジュアルは円をプロットし、上半分のみ考慮に入れてクラスター相関属性のマトリックスの順序を変更します。次のイメージのとおりです。As a result, the R visual now plots circles, only considers at the upper half, and reorders the matrix to cluster correlated attributes, as shown in the following image.

    R スクリプトを実行してエラーが発生した場合、R ビジュアルはプロットされず、キャンバス上にエラー メッセージが表示されます。When executing a R script that results in an error, the R visual is not plotted and an error message is displayed on the canvas. エラーの詳細については、キャンバス上の R ビジュアル エラーから [詳細を確認する] を選択します。For details on the error, select See details from the R visual error on the canvas.

    R スクリプトのセキュリティ: R ビジュアルは R スクリプトから作成されますが、R スクリプトにはセキュリティやプライバシーのリスクがあるコードが含まれる場合があります。R scripts security: R visuals are created from R scripts, which could contain code with security or privacy risks. 初めて R ビジュアルを表示または R ビジュアルと対話しようとすると、ユーザーに対してセキュリティ警告メッセージが表示されます。When attempting to view or interact with an R visual for the first time, a user is presented with a security warning message. 作成者とソースを信頼する場合、または R スクリプトを確認して理解した場合にのみ、R ビジュアルを有効にします。Only enable R visuals if you trust the author and source, or after you review and understand the R script.

既知の制限事項Known limitations

Power BI Desktop での R ビジュアルには、いくつかの制限があります。R visuals in Power BI Desktop has a few limitations:

  • データ サイズの制限 – プロット作成で R ビジュアルが使用するデータは、150,000 行に制限されています。Data size limitations – data used by the R visual for plotting is limited to 150,000 rows. 150,000 を超える行が選択されている場合は、上位の 150,000 の行のみが使用され、メッセージがイメージに表示されます。If more than 150,000 rows are selected, only the top 150,000 rows are used and a message is displayed on the image.
  • 計算時間の制限 – R ビジュアル計算で実行時間が 5 分を超えると、エラーが発生します。Calculation time limitation – if an R visual calculation exceeds five minutes the execution times out, resulting in an error.
  • リレーションシップ – 他の Power BI Desktop ビジュアルと同様、定義されたリレーションシップを持たない異なるテーブルからデータ フィールドが選択されている場合、エラーが発生します。Relationships – as with other Power BI Desktop visuals, if data fields from different tables with no defined relationship between them are selected, an error occurs.
  • R ビジュアルは、データ更新、フィルター処理、および強調表示の際に更新されます。R visuals are refreshed upon data updates, filtering, and highlighting. ただし、イメージ自体は対話型ではなく、クロス フィルター処理のソースになることはできません。However, the image itself is not interactive and cannot be the source of cross-filtering.
  • R ビジュアルは他のビジュアルの強調表示に応答しますが、他の要素をクロス フィルター処理するために R ビジュアルの要素をクリックすることはできません。R visuals respond to highlighting other visuals, but you cannot click on elements in the R visual in order to cross filter other elements.
  • R の既定のディスプレイ デバイスにプロットされるプロットだけが、キャンバス上に正しく表示されます。Only plots that are plotted to the R default display device are displayed correctly on the canvas. 異なる R ディスプレイ デバイスを明示的に使用することは避けてください。Avoid explicitly using a different R display device.
  • このリリースでは、32 ビット版の Power BI Desktop は RRO インストールを自動的に識別しないので、[オプションと設定]、[オプション]、[R スクリプト] の順に選択して、R インストール ディレクトリへのパスを手動で入力する必要があります。In this release, RRO installations are not automatically identified by the 32-bit version of Power BI Desktop, so you must manually provide the path to the R installation directory in Options and settings > Options > R Scripting.

次の手順Next steps

Power BI での R については、次の追加情報を参照してください。Take a look at the following additional information about R in Power BI.