Power BI Desktop で SAP BW Connector を使用するUse the SAP BW Connector in Power BI Desktop

Power BI Desktop で、SAP BusinessWarehouse (BW) のデータにアクセスできます。With Power BI Desktop, you can access SAP BusinessWarehouse (BW) data.

SAP BW Connector のインストールInstallation of SAP BW Connector

SAP BW Connector を使用するには、次の手順でインストールしてください。To use the SAP BW Connector, go through the following installation steps:

  1. ローカル コンピューターに SAP NetWeaver ライブラリをインストールします。Install the SAP NetWeaver library on your local machine. SAP NetWeaver ライブラリは、SAP の管理者から入手するか、SAP Software Download Center から直接入手してください。You can get the SAP Netweaver library from your SAP administrator, or directly from the SAP Software Download Center. SAP Software Download Center は構成が頻繁に変更されるので、サイトのナビゲーションに関する具体的なガイダンスはありません。Since the SAP Software Download Center changes its structure frequently, more specific guidance for navigating that site is not available. 通常、SAP NetWeaver ライブラリは、SAP クライアント ツールのインストールにも含まれます。The SAP NetWeaver library is usually included also in the SAP Client Tools installation.

    最新バージョンをダウンロードできる可能性がある場所は、SAP Note #1025361 に記載されています。You may be able to search for SAP Note #1025361 to get the download location for the most recent version. SAP NetWeaver ライブラリのアーキテクチャ (32 ビットまたは 64 ビット) がインストールされている Power BI Desktop と一致することを確認した後、SAP Note に従って SAP NetWeaver RFC SDK に含まれるすべてのファイルをインストールします。Make sure the architecture for the SAP NetWeaver library (32-bit or 64-bit) matches your Power BI Desktop installation, then install all files included in the SAP NetWeaver RFC SDK according to the SAP Note.

  2. [データの取得] ダイアログの [データベース] カテゴリに SAP Business Warehouse Server エントリが含まれるようになります。The Get Data dialog includes an entry for SAP Business Warehouse Server in the Database category.

SAP BW Connector の機能SAP BW Connector features

Power BI Desktop で SAP BW Connector のプレビュー版を使うと、SAP Business Warehouse サーバーのキューブからデータをインポートできます。The SAP BW Connector preview in Power BI Desktop lets users import data from their SAP Business Warehouse Server cubes. DirectQuery を SAP BW Connector と一緒に使用することもできます。You can also use DirectQuery with the SAP BW Connector. 接続を確立するには、[サーバー][システム番号][クライアント ID] を指定する必要があります。You must specify a Server, System Number and Client ID to establish the connection.

また、[Advanced options] (詳細設定オプション) として、言語コードと、指定したサーバーに対して実行するカスタム MDX ステートメントの 2 つを指定できます。You can also specify two additional Advanced options: Language code, and a custom MDX statement to run against the specified server.

MDX ステートメントを指定しなかった場合、[ナビゲーター] ウィンドウが表示されます。このウィンドウには、サーバーで利用可能なキューブのリストのほか、項目をドリルダウンし、利用可能なキューブからディメンションやメジャーなどの項目を選択するオプションが表示されます。If no MDX statement was specified you are presented with the Navigator window, which displays the list of cubes available in the server, the option to drill down and select items from the available cubes, including dimensions and measures. Power BI は、BW Open Analysis Interface OLAP BAPI によって公開されているクエリとキューブを公開しています。Power BI exposes queries and cubes exposed by the BW Open Analysis Interface OLAP BAPIs.

サーバーから 1 つ以上の項目を選択すると、選択項目に基づいた出力テーブルのプレビューが作成されます。When you select one or more items from the server, a preview of the output table is created, based on their selection.

[ナビゲーター] ウィンドウではいくつかの [表示オプション] を選ぶことができ、以下のことが可能です。The Navigator window also provides a few Display Options that allow you to do the following:

  • [選択された項目のみ] または [All Items] (すべての項目) (既定のビュー) を表示: このオプションは、選択した項目の最終セットを確認するのに役立ちます。Display Only Selected Items versus All Items (default view): This option is useful for verifying the final set of items selected. [プレビュー] エリアの列名を選択しても、同様の確認ができます。An alternative approach to viewing this is to select the Column Names in the Preview area.
  • [Enable Data Previews](データ プレビューの有効化) (既定の動作): このダイアログ内でデータ プレビューを表示するかどうかを選択できます。Enable Data Previews (default behavior): You can also control whether data previews should be displayed in this dialog. データ プレビューを無効にすると、プレビューのためのデータが必要なくなるため、サーバー呼び出しの量が減ります。Disabling data previews reduces the amount of server calls, since it no longer requests data for the previews.
  • [技術名]: SAP BW はキューブ内のオブジェクトの技術名の概念をサポートしています。Technical Names: SAP BW supports the notion of technical names for objects within a cube. 技術名を使うと、キューブの所有者がキューブ内のオブジェクトの物理名だけでなく、ユーザー フレンドリ名も公開できます。Technical names allow a cube owner to expose user friendly names for cube objects, as opposed to only exposing the physical names for those objects in the cube.

[ナビゲーター] で必要なオブジェクトをすべて選択したら、[ナビゲーター] ウィンドウの下部にある次のボタンのいずれかを選択して次の処理を決定することができます。After selecting all necessary objects in the Navigator, you can decide what to do next, by selecting one of the following buttons on the bottom of the Navigator window:

  • [読み込む] を選択すると、出力テーブル作成のため、Power BI Desktop のデータ モデルへすべての行のセットの読み込みを開始します。その後は [レポート] ビューへ移ってデータを視覚化したり、[データ] ビューまたは [リレーションシップ] ビューを使用してさらに修正を加えたりできます。Selecting Load triggers loading the entire set of rows for the output table into the Power BI Desktop data model, then takes you to Report view where you can begin visualizing the data or making further modifications using the Data or Relationships views.
  • [編集] を選択すると [クエリ エディター] が開き、Power BI Desktop のデータ モデルにすべての行のセットを読み込む前に、追加でデータの変換とフィルタリングを実行できます。Selecting Edit brings up Query Editor, where you can perform additional data transformation and filtering steps before the entire set of rows is brought into the Power BI Desktop data model.

Power BI Desktop では SAP BW のキューブから情報をインポートするだけでなく、他のさまざまなデータ ソースからもデータをインポートし、1 つのレポートにまとめることができます。In addition to importing data from SAP BW cubes, remember that you can also import data from a wide range of other data sources in Power BI Desktop, and then you can combine them into a single report. これにより、SAP BW のデータに加えて、レポートや分析の際のさまざまな興味深いシナリオが得られます。This presents all sorts of interesting scenarios for reporting and analytics on top of SAP BW data.

トラブルシューティングTroubleshooting

このセクションでは、SAP BW Connector プレビュー版のご利用にあたってのトラブルシューティング状況 (および解決策) を説明します。This section provides troubleshooting situations (and solutions) for working with this preview version of the SAP BW connector.

  1. SAP BW からの数値データで、桁区切りがコンマではなくピリオドになります。Numeric data from SAP BW returns decimal points instead of commas. たとえば、1,000,000 が 1.000.000 として返されます。For example, 1,000,000 is returned as 1.000.000.

    SAP BW が返す 10 進数の小数点記号には、"," (コンマ) または "."SAP BW returns decimal data with either a , (comma) or a . (ピリオド) が使われます。(dot) as the decimal separator. SAP BW が小数点記号にどちらを使うかを指定するため、Power BI Desktop によって使われるドライバーは BAPI_USER_GET_DETAIL を呼び出します。To specify which of those SAP BW should use for the decimal separator, the driver used by Power BI Desktop makes a call to BAPI_USER_GET_DETAIL. この呼び出しから返される DEFAULTS という名前の構造体には、"10 進形式表記法" が格納されている DCPFM という名前のフィールドがあります。This call returns a structure called DEFAULTS, which has a field called DCPFM that stores Decimal Format Notation. 次の 3 つの値のいずれかになります。It takes one of the following three values:

    ‘ ‘ (space) = Decimal point is comma: N.NNN,NN
    'X' = Decimal point is period: N,NNN.NN
    'Y' = Decimal point is N NNN NNN,NN
    

    正しくないデータで BAPI_USER_GET_DETAIL を呼び出すと次のようなメッセージでエラーになる (正しくないデータが表示される) 問題がお客様から報告されています。Customers who have reported this issue found that the call to BAPI_USER_GET_DETAIL is failing for a particular user (the user who is showing the incorrect data), with an error message similar to the following:

    You are not authorized to display users in group TI:
        <item>
            <TYPE>E</TYPE>
            <ID>01</ID>
            <NUMBER>512</NUMBER>
            <MESSAGE>You are not authorized to display users in group TI</MESSAGE>
            <LOG_NO/>
            <LOG_MSG_NO>000000</LOG_MSG_NO>
            <MESSAGE_V1>TI</MESSAGE_V1>
            <MESSAGE_V2/>
            <MESSAGE_V3/>
            <MESSAGE_V4/>
            <PARAMETER/>
            <ROW>0</ROW>
            <FIELD>BNAME</FIELD>
            <SYSTEM>CLNTPW1400</SYSTEM>
        </item>
    

    このエラーを解決するには、Power BI で使われている SAPBW ユーザーに BAPI_USER_GET_DETAIL の実行権限を付与するよう、SAP 管理者に依頼する必要があります。To solve this error, users must ask their SAP admin to grant the SAPBW user being used in Power BI the right to execute BAPI_USER_GET_DETAIL. また、このトラブルシューティング ソリューションで前述したように、ユーザーが必要な DCPFM 値を持つことを確認することもお勧めします。It’s also worth verifying that the user has the required DCPFM value, as described earlier in this troubleshooting solution.

  2. SAP BEx クエリ用の接続Connectivity for SAP BEx queries

    Power BI Desktop で BEx クエリを実行するには、次の図に示すように特定のプロパティを有効にします。You can perform BEx queries in Power BI Desktop by enabling a specific property, as shown in the following image: