Power BI Desktop で SSAS 多次元モデルに接続するConnect to SSAS Multidimensional Models in Power BI Desktop

Power BI Desktop を利用し、 SSAS 多次元モデル( SSAS MDとも呼ばれる) にアクセスできます。With Power BI Desktop, you can access SSAS Multidimensional models, commonly referred to as SSAS MD.

SSAS MD データベースに接続するには、次の画像のように、[データの取得] > [データベース] > [SQL Server Analysis Services Database] を選びます。To connect to an SSAS MD database, select Get Data > Database > SQL Server Analysis Services Database as shown in the following image.

ライブ接続モードの SSAS 多次元モデルは、Power BI サービスと Power BI Desktop の両方でサポートされます。SSAS Multidimensional models in Live connection mode are supported in both the Power BI service and in Power BI Desktop. ライブ モードの SSAS 多次元モデルを使用するレポートを Power BI サービスに公開およびアップロードすることもできます。You can also publish and upload reports that use SSAS Multidimensional models in Live mode to the Power BI service.

SSAS MD の能力と機能Capabilities and features of SSAS MD

次のセクションでは、Power BI および SSAS MD 接続の機能と能力について説明します。The following sections describe features and capabilities of Power BI and SSAS MD connections.

多次元モデルの表形式のメタデータTabular metadata of multidimensional models

次の表は、多次元オブジェクトと Power BI Desktop に返される表形式のメタデータ間の対応を示しています。The following table shows the correspondence between multidimensional objects and the tabular metadata that's returned to Power BI Desktop. テーブル、マトリックス、グラフ、またはスライサーなどの視覚エフェクトを作成する場合、Power BI は表形式のメタデータのモデルにクエリを実行し、返されたメタデータに基づき、Analysis Services に対して適切な DAX クエリを実行します。Power BI queries the model for tabular metadata, and based on the returned metadata, runs appropriate DAX queries against Analysis Services when you create a visualization such as a table, matrix, chart or slicer.

BISM 多次元オブジェクトBISM-Multidimentional object 表形式のメタデータTabular Metadata
キューブCube モデルModel
キューブ ディメンションCube dimension テーブルTable
ディメンション属性 (Keys)、Name)Dimension attributes (Keys), Name) Columns
メジャー グループMeasure group テーブルTable
メジャーMeasure メジャーMeasure
関連付けられたメジャー グループのないメジャーMeasures without associated Measure Group メジャーという名前のテーブル内Within table called Measures
[メジャー グループ] -> [キューブ ディメンションのリレーションシップ]Measure group -> Cube dimension relationship リレーションシップRelationship
パースペクティブPerspective パースペクティブPerspective
KPIKPI KPIKPI
ユーザー/親子の階層User/Parent-Child hierarchies 階層Hierarchies

メジャー、メジャー グループ、および KPIMeasures, measure groups and KPIs

多次元キューブのメジャー グループは、 フィールド ウィンドウで、隣の ∑ 記号によってテーブルとして Power BI に公開されます。Measure groups in a multidimensional cube are exposed in Power BI as tables with the ∑ sign beside them in the Fields pane. 関連付けられたメジャー グループがない計算されたメジャーは、表形式のメタデータ内で メジャー という名前の特殊なテーブルの下にグループ化されます。Calculated measures that don't have an associated measure group are grouped under a special table called Measures in the tabular metadata.

多次元モデルでは、キューブ内の一連のメジャーまたは KPI を定義して表示フォルダー内に配置することができます。これにより、複雑なモデルを簡素化できます。In a multidimensional model, you can define a set of measures or KPIs in a cube to be located within a Display folder, which can help simplify complex models. Power BI は、表形式のメタデータの表示フォルダーを認識し、表示フォルダー内にメジャーと KPI を表示します。Power BI recognizes Display folders in tabular metadata, and shows measures and KPIs within the Display folders. 多次元データベースの KPI は目標状態マーク、および傾向マークをサポートします。KPIs in multidimensional databases support Value, Goal, Status Graphic and Trend Graphic.

ディメンション属性の種類Dimension attribute type

多次元モデルでは、ディメンション属性と特定ディメンション属性の種類の関連付けもサポートしています。Multidimensional models also support associating dimension attributes with specific dimension attribute types. たとえば、 Geography ディメンションで、 CityState-ProvinceCountry 、および Postal Code ディメンション属性に適切な地理の種類が関連付けられている場合、ディメンションは表形式のメタデータで公開されます。For example, a Geography dimension where the City, State-Province, Country and Postal Code dimension attributes have appropriate geography types associated with them are exposed in the tabular metadata. Power BI はメタデータを認識し、マップの視覚エフェクトを作成できるようにします。Power BI recognizes the metadata, enabling you to create map visualizations. これらの関連は、Power BI の [フィールド] ウィンドウで、要素の隣にある [マップ] アイコンより識別できます。You'll recognize these associations by the map icon next to element in the Field pane in Power BI.

Power BI は、イメージの URL (Uniform Resource Locator) を含むフィールドを指定すると、イメージのレンダリングも行うことができます。Power BI can also render images when you provide a field containing URLs (Uniform Resource Locator) of the images. これらのフィールドは SQL Server Data Tools で (またはその後の Power BI で) ImageURL 型として指定でき、その型の情報は表形式のメタデータで Power BI に提供されます。You can specify these fields as ImageURL type in SQL Server Data Tools (or subsequently in Power BI), and its type information is provided to Power BI in the tabular metadata. その後 Power BI は、URL からこれらのイメージを取得し、ビジュアルに表示します。Power BI can then retrieve those images from the URL, and display them in visuals.

親子の階層Parent-child hierarchies

多次元モデルは親子階層をサポートしており、表形式のメタデータで 階層 として表示されます。Multidimensional models support Parent-child hierarchies, which are presented as a hierarchy in the tabular metadata. 親子階層の各レベルは、表形式のメタデータで非表示の列として公開されます。Each level of the Parent-child hierarchy is exposed as a hidden column in the tabular metadata. 親子ディメンションのキー属性は、表形式のメタデータでは公開されません。The key attribute of the Parent-child dimension is not exposed in the tabular metadata.

ディメンションが計算されるメンバーDimension calculated members

多次元モデルはさまざまな型の 計算されるメンバーの作成をサポートしています。Multidimensional models support creation of various types of calculated members. 2 種類の最も一般的な計算されるメンバーは、次のとおりです。The two most common types of calculated members are the following:

  • 属性階層の計算されるメンバーであり、いずれの兄弟でもないCalculated members on attribute hierarchies and not sibling of All
  • ユーザー階層の計算されるメンバーCalculated members on user hierarchies

多次元モデルは列の値として 属性階層の計算されるメンバー を公開します。Multidimensional model expose calculated members on attribute hierarchies as values of a column. この種類の計算されるメンバーを公開するときは、他にいくつかのオプションと制約があります。There are a few additional options and constraints while exposing this type of calculated member:

  • UnknownMember がディメンション属性のオプションとなる場合があります。Dimension attribute can have an optional UnknownMember
  • ディメンションの唯一の属性である場合を除き、計算されるメンバーを含む属性をディメンションのキー属性にすることはできませんAn attribute containing calculated members cannot be the key attribute of the dimension, unless it is the only attribute of the dimension
  • 計算されるメンバーを含む属性を親子属性にすることはできませんAn attribute containing calculated members cannot be a parent-child attribute

ユーザー階層の計算されるメンバーは、Power BI で公開されません。The calculated members of user hierarchies are not exposed in Power BI. 代わりに、ユーザー階層に計算されるメンバーを含むキューブに接続することができますが、前の箇条書きリストに記載されている制約を満たしていない場合は、計算されるメンバーを表示することはできません。Rather, you will be able to connect to a cube containing calculated members on user hierarchies, but you won't be able to see calculated members if they do not meet the constraints mentioned in the previous bulleted list.

セキュリティSecurity

多次元モデルでは、 ロールによりディメンションおよびセル レベルのセキュリティをサポートしています。Multidimensional models support dimension and cell level security by way of Roles. Power BI でキューブに接続する場合、認証が行われ、適切なパーミッションの有無が評価されます。When you connect to a cube with Power BI, you are authenticated and evaluated for appropriate permissions. あるユーザーで ディメンション セキュリティ が適用されている場合、それぞれのディメンションのメンバーを Power BI のユーザーが表示することはできません。When a user has dimension security applied, the respective dimension members are not seen by the user in Power BI. ただし、ユーザーで セル セキュリティ パーミッションが定義されており、特定のセルが制限されている場合、そのユーザーは Power BI を使用してキューブに接続することはできません。However, when a user has a cell security permission defined, where certain cells are restricted, then that user cannot connect to the cube using Power BI.

Power BI Desktop での SSAS 多次元モデルの制限Limitations of SSAS Multidimensional Models in Power BI Desktop

SSAS MDの使用には、次のようないくつかの制限があります。There are certain limitations to using SSAS MD:

  • Power BI Desktop SSAS MD コネクタが機能するには、サーバーは SQL Server 2012 SP1 CU4 以降のバージョンの Analysis Services を実行する必要があります。Servers must be running SQL Server 2012 SP1 CU4 or later versions of Analysis Services for the Power BI Desktop SSAS MD connector to work properly
  • アクション および 名前付きセット は Power BI には公開されませんが、 アクション または 名前付きセット も含むキューブに接続し、ビジュアルおよびレポートを作成することはできます。Actions and Named Sets are not exposed to Power BI, but you can still connect to cubes that also contain Actions or Named sets and create visuals and reports.

Power BI Desktop での SSAS MD のサポートされている機能Supported Features of SSAS MD in Power BI Desktop

Power BI Desktop では、SSAS MD の次の機能がサポートされています。The following features of SSAS MD are supported in Power BI Desktop:

  • このリリースの SSAS MD では次の要素を利用できます (これらの機能に関する詳しい情報を入手できます)。Consumption of the following elements are supported in this release of SSAS MD (you can get more information about these features):
    • フォルダーの表示Display folders
    • KPI 傾向KPI Trends
    • 既定のメンバーDefault Members
    • 次元の属性Dimension Attributes
    • 次元が計算されるメンバー (次元に複数の属性がある場合、1 人の実メンバーにする必要があります。唯一の属性でない限り、次元の主要属性にはなりません。親子属性にはできません。)Dimension Calculated Members (must be a single real member when the dimension has more than one attribute, it cannot be the key attribute of the dimension unless it is the only attribute, and it cannot be a parent-child attribute)
    • 次元の属性の種類Dimension Attribute types
    • 階層Hierarchies
    • メジャー (メジャー グループありまたはなし)Measures (with or without Measure groups)
    • バリアントとしてのメジャーMeasures as Variant
    • KPIKPIs
    • ImageUrlsImageUrls
    • 次元セキュリティDimension security