チュートリアル:顧客向けのアプリケーションに Power BI コンテンツを埋め込むTutorial: Embed Power BI content into an application for your customers

Azure の Power BI Embedded を使うと、アプリ所有データを使用して、レポート、ダッシュボード、またはタイルをアプリケーション内に埋め込むことができます。With Power BI Embedded in Azure, you can embed reports, dashboards, or tiles into an application using app owns data. アプリ所有データがある場合、Power BI を埋め込み分析プラットフォームとして使用するアプリケーションが含まれます。App owns data is about having an application that uses Power BI as its embedded analytics platform. ISV 開発者は、完全に統合された対話型のアプリケーションにレポート、ダッシュボード、またはタイルを表示する Power BI コンテンツを作成できます。ユーザーに Power BI ライセンスは必要ありません。As an ISV developer, you can create Power BI content that displays reports, dashboards, or tiles in an application that is fully integrated and interactive, without requiring users to have a Power BI license. このチュートリアルでは、顧客向けに Power BI Embedded in Azure の使用時、Power BI .NET SDK と Power BI JavaScript API でアプリケーション内にレポートを統合する方法を説明します。This tutorial demonstrates how to integrate a report into an application using the Power BI .NET SDK with the Power BI JavaScript API using Power BI Embedded in Azure for your customers.

Power BI 埋め込みレポート

このチュートリアルで学習する内容は次のとおりです。In this tutorial, you learn how to:

  • Azure にアプリケーションを登録します。Register an application in Azure.
  • Power BI レポートをアプリケーションに埋め込みます。Embed a Power BI report into an application.

前提条件Prerequisites

始めるにあたり、必要なもの:To get started, you're required to have:

Power BI Pro にサインアップしていない場合は、無料の試用版にサインアップしてください。If you're not signed up for Power BI Pro, sign up for a free trial before you begin.

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、始める前に無料アカウントを作成してください。If you don’t have an Azure subscription, create a free account before you begin.

埋め込み分析開発環境を設定するSet up your embedded analytics development environment

アプリケーションへのレポート、ダッシュボード、タイルの埋め込みを開始する前に、使用している環境で Power BI での埋め込みが許可されていることを確認する必要があります。Before you start embedding reports, dashboard, or tiles into your application, you need to make sure your environment allows for embedding with Power BI.

埋め込みセットアップ ツールを使うと、環境の作成とレポートの埋め込みを段階的に行うのに役立つサンプル アプリケーションをすぐに使い始めたり、ダウンロードしたりできます。You can go through the Embedding setup tool, so you can quickly get started and download a sample application that helps you walk through creating an environment and embedding a report.

ただし、手動で環境をセットアップする場合は、以下を続行できます。However, if you choose to set up the environment manually, you can continue below.

Azure Active Directory (Azure AD) にアプリケーションを登録するRegister an application in Azure Active Directory (Azure AD)

Azure Active Directory にアプリケーションを登録すると、アプリケーションは Power BI REST API にアクセスできるようになります。Register your application with Azure Active Directory to allow your application access to the Power BI REST APIs. アプリケーションを登録すると、アプリケーションの ID を設定し、Power BI REST リソースへのアクセス許可を指定することができます。Registering your application allows you to establish an identity for your application and specify permissions to Power BI REST resources. マスター アカウントを使うか、サービス プリンシパルを使うかによってアプリケーションの登録方法が決まります。Depending if you want to use a master account or service principal, determines how to get started registering an application.

選択した方法によって、Azure に登録するアプリケーションの種類が変わります。Depending on which method you take, affects which type of application you register in Azure.

マスター アカウントを使用する場合、ネイティブ アプリの登録に進みます。If you proceed using a master account, then proceed with registering a Native app. 対話型ではないログインとなるため、ネイティブ アプリを使用することになります。You use a Native app because you're working with a non-interactive login.

一方、サービス プリンシパルを使用する場合、サーバー側 Web アプリケーション アプリの登録に進む必要があります。However, if you proceed using the service principal, you need to proceed with registering a server-side web application app. アプリケーション シークレットを作成するには、サーバー側 Web アプリケーションを登録します。You register a server-side web application to create an application secret.

Power BI 環境を設定するSet up your Power BI environment

アプリ ワークスペースを作成するCreate an app workspace

顧客向けのレポート、ダッシュボード、またはタイルを埋め込む場合は、コンテンツをアプリ ワークスペース内に配置する必要があります。If you're embedding reports, dashboards, or tiles for your customers, then you have to place your content within an app workspace. 設定可能なワークスペースには、従来のワークスペース新しいワークスペースがあります。There are different types of workspaces that you can set up: the traditional workspaces or the new workspaces. マスター アカウントを使用する場合、いずれのワークスペースを使用してもかまいません。If you're using a master account, then it doesn't matter which type of workspaces you use. 一方、 サービス プリンシパル を使用してアプリケーションにサインインする場合、新しいワークスペースを使用する必要があります。However, if you use service principal to sign into your application, then you're required to you use the new workspaces. いずれの場合でも、マスター アカウントもサービス プリンシパルもアプリケーションに関連するアプリ ワークスペースの管理者でなければなりません。In either scenario, both the master account or service principal must be an admin of the app workspaces involved with your application.

レポートを作成して発行するCreate and publish your reports

Power BI Desktop を使用してレポートとデータセットを作成し、アプリ ワークスペースにこれらのレポートを発行できます。You can create your reports and datasets using Power BI Desktop and then publish those reports to an app workspace. この作業を実行するには 2 とおりの方法があります。エンド ユーザーはマスター アカウント (Power BI Pro ライセンス) で従来のアプリ ワークスペースにレポートを発行できます。There are two ways to accomplish this task: As an end user, you can publish reports to a traditional app workspace with a master account (Power BI Pro license). サービス プリンシパルを使用する場合、Power BI REST API を使用し、新しいワークスペースにレポートを発行できます。If you're using service principal, you can publish reports to the new workspaces using the Power BI REST APIs.

以下の手順で PBIX レポートを Power BI ワークスペースに発行できます。The below steps walk through how to publish your PBIX report to your Power BI workspace.

  1. GitHub からサンプルの Blog Demo をダウンロードします。Download the sample Blog Demo from GitHub.

    レポートのサンプル

  2. Power BI Desktop でサンプルの PBIX レポートを開きます。Open sample PBIX report in Power BI Desktop.

    PBI デスクトップ レポート

  3. アプリ ワークスペースに発行します。Publish to app workspaces. このプロセスは、マスター アカウント (Power Pro ライセンス) を使用する場合とサービス プリンシパルを使用する場合で異なります。This process differs depending on whether you're using a master account (Power Pro license), or service principal. マスター アカウントを使用する場合、Power BI Desktop からレポートを発行できます。If you're using a master account, then you can publish your report through Power BI Desktop. サービス プリンシパルを使用する場合、Power BI REST API を使用する必要があります。Now if you're using service principal, you must use the Power BI REST APIs.

サンプル アプリケーションを使用してコンテンツを埋め込むEmbed content using the sample application

このサンプルは実演目的から意図的に単純に作られています。This sample is deliberately kept simple for demonstration purposes. アプリケーション シークレットやマスター アカウント資格情報の保護はユーザーや開発者の責任となります。It's up to the you or your developers to protect the application secret or the master account credentials.

次の手順に従い、サンプル アプリケーションを使用してコンテンツの埋め込みを開始します。Follow the steps below to start embedding your content using the sample application.

  1. Visual Studio (バージョン 2013 以降) をダウンロードします。Download Visual Studio (version 2013 or later). 必ず最新の NuGet パッケージをダウンロードしてください。Make sure to download the latest NuGet package.

  2. 最初に、GitHub から App Owns Data サンプルをダウンロードします。Download the App Owns Data sample from GitHub to get started.

    App Owns Data アプリケーションのサンプル

  3. サンプル アプリケーションで Web.config ファイルを開きます。Open the Web.config file in the sample application. アプリケーションを実行する目的で入力必須となるフィールドがあります。There are fields you need to fill in to run the application. AuthenticationType には MasterUserServicePrincipal を選択できます。You can choose MasterUser or ServicePrincipal for the AuthenticationType. 選択した認証方法によって入力するフィールドが異なります。Depending on which type of authentication method you choose there are different fields to complete.

    注意

    このサンプルの既定の AuthenticationType は MasterUser です。The default AuthenticationType in this sample is MasterUser.

    MasterUserMasterUser
    (Power BI Pro ライセンス)(Power BI Pro license)
    ServicePrincipalServicePrincipal
    (アプリ専用トークン)(app-only token)
    applicationIdapplicationId applicationIdapplicationId
    workspaceIdworkspaceId workspaceIdworkspaceId
    reportIdreportId reportIdreportId
    pbiUsernamepbiUsername
    pbiPasswordpbiPassword
    applicationsecretapplicationsecret
    tenanttenant

    Web Config ファイル

アプリケーション IDApplication ID

この属性は AuthenticationTypes (マスター アカウントとサービス プリンシパル) の両方で必要です。This attribute is needed for both AuthenticationTypes (master account and service principal).

applicationId 情報には、Azureアプリケーション ID を入力します。Fill in the applicationId information with the Application ID from Azure. applicationId は、アクセス許可を要求しているユーザーに対して、アプリケーションが自身を識別するために使用します。The applicationId is used by the application to identify itself to the users from which you're requesting permissions.

applicationId を取得するには、次の手順に従います。To get the applicationId, follow these steps:

  1. Azure Portal にサインインします。Sign into the Azure portal.

  2. 左側のナビゲーション ウィンドウで、 [すべてのサービス][アプリの登録] の順に選択します。In the left-hand navigation pane, select All Services, and select App Registrations.

    アプリの登録の検索

  3. applicationId を必要とするアプリケーションを選択します。Select the application that needs the applicationId.

    アプリの選択

  4. アプリケーション ID が GUID として一覧表示されます。There's an Application ID that is listed as a GUID. このアプリケーション ID を、アプリケーションの applicationId として使用します。Use this Application ID as the applicationId for the application.

    applicationId

ワークスペース IDWorkspace ID

この属性は AuthenticationTypes (マスター アカウントとサービス プリンシパル) の両方で必要です。This attribute is needed for both AuthenticationTypes (master account and service principal).

workspaceId 情報には、Power BI のアプリ ワークスペース (グループ) の GUID を入力します。Fill in the workspaceId information with the app workspace (group) GUID from Power BI. この情報は、Power BI サービスにサインインしたときに URL から取得するか、PowerShell を使用して取得できます。You can get this information either from the URL when signed into the Power BI service or using Powershell.

URLURL

workspaceId

PowerShellPowershell

Get-PowerBIworkspace -name "App Owns Embed Test"

PowerShell の workspaceId

レポート IDReport ID

この属性は AuthenticationTypes (マスター アカウントとサービス プリンシパル) の両方で必要です。This attribute is needed for both AuthenticationTypes (master account and service principal).

reportId には、Power BI からレポートの GUID を設定します。Fill in the reportId information with the report GUID from Power BI. この情報は、Power BI サービスにサインインしたときに URL から取得するか、PowerShell を使用して取得できます。You can get this information either from the URL when signed into the Power BI service or using Powershell.

URLURL

reportId

PowerShellPowershell

Get-PowerBIworkspace -name "App Owns Embed Test" | Get-PowerBIReport

PowerShell の reportId

Power BI のユーザー名とパスワードPower BI username and password

これらの属性は、AuthenticationType がマスター アカウントの場合にのみ必要です。These attributes are needed only for the master account AuthenticationType.

サービス プリンシパルを使用して認証する場合、ユーザー名やパスワードを入力する必要はありません。If you're using service principal to authenticate, then you don't need to fill in the username or password attributes.

  • pbiUsername には、Power BI マスター アカウントを設定します。Fill in the pbiUsername with the Power BI master account.
  • pbiPassword には、Power BI マスター アカウントのパスワードを設定します。Fill in the pbiPassword with the password for the Power BI master account.

アプリケーション シークレットApplication secret

この属性は、AuthenticationType がサービス プリンシパルの場合にのみ必要です。This attribute is needed only for the service principal AuthenticationType.

ApplicationSecret は、Azure[アプリの登録] セクションの [キー] セクションから設定します。Fill in the ApplicationSecret information from the Keys section of your App registrations section in Azure. この属性はサービス プリンシパルの使用時に動作します。This attribute works when using service principal.

ApplicationSecret を取得するには、次の手順に従います。To get the ApplicationSecret, follow these steps:

  1. Azure portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.

  2. 左側のナビゲーション ウィンドウで、 [すべてのサービス][アプリの登録] の順に選択します。In the left-hand navigation pane, select All services and then select App registrations.

    アプリの登録の検索

  3. ApplicationSecret を使用する必要があるアプリケーションを選択します。Select the application that needs to use the ApplicationSecret.

    アプリを選択する

  4. 選択証明書やシークレット 管理します。Select Certificates and secrets under Manage.

  5. 選択新しいクライアント シークレットします。Select New client secrets.

  6. [説明] ボックスに名前を入力し、期間を選択します。Enter a name in the Description box and select a duration. 次に、 [保存] を選択して、アプリケーションのを取得します。Then select Save to get the Value for your application. キーの値を保存した後で [キー] ウィンドウを閉じると、値フィールドは非表示としてのみ表示されます。When you close the Keys pane after saving the key value, the value field shows only as hidden. その時点では、キー値を取得することはできません。At that point, you aren't able to retrieve the key value. キー値をなくした場合は、Azure portal で新しいものを作成します。If you lose the key value, create a new one in the Azure portal.

    キー値

テナントTenant

この属性は、AuthenticationType がサービス プリンシパルの場合にのみ必要です。This attribute is needed only for the service principal AuthenticationType.

テナント情報には azure テナント ID を入力します。Fill in the tenant information with your azure tenant ID. この情報は Power BI サービスにサインインしたときに Azure AD 管理センターから取得するか、PowerShell を使用して取得できます。You can get this information from the Azure AD admin center when signed into the Power BI service or by using Powershell.

アプリケーションの実行Run the application

  1. Visual Studio[実行] を選びます。Select Run in Visual Studio.

    アプリケーションの実行

  2. 次に、 [Embed Report] を選びます。Then select Embed Report. テスト対象に選んだコンテンツ (レポート、ダッシュボード、タイル) に応じて、アプリケーションでそのオプションを選びます。Depending on which content you choose to test with - reports, dashboards or tiles - then select that option in the application.

    コンテンツの選択

  3. サンプル アプリケーションでレポートを表示できるようになります。Now you can view the report in the sample application.

    アプリケーションの表示

自分のアプリケーション内にコンテンツを埋め込むEmbed content within your application

コンテンツを埋め込む手順は Power BI REST API で行いますが、この記事で説明するコード例は .NET SDK で作成されています。Even though the steps to embed your content are done with the Power BI REST APIs, the example codes described in this article are made with the .NET SDK.

アプリケーション内で顧客向けの埋め込みを行うには、Azure AD からマスター アカウントまたはサービス プリンシパルアクセス トークンを取得する必要があります。Embedding for your customers within your application requires you to get an access token for your master account or service principal from Azure AD. Power BI REST API への呼び出しを行う前に、Power BI アプリケーションのための Azure AD アクセス トークンを取得する必要があります。You're required to get an Azure AD access token for your Power BI application before you make calls to the Power BI REST APIs.

アクセス トークンを使用して Power BI Client を作成するには、Power BI REST API とやりとりするための Power BI クライアント オブジェクトを作成する必要があります。To create the Power BI Client with your access token, you want to create your Power BI client object, which allows you to interact with the Power BI REST APIs. AccessTokenMicrosoft.Rest.TokenCredentials オブジェクトでラップして、Power BI クライアント オブジェクトを作成します。You create the Power BI client object by wrapping the AccessToken with a Microsoft.Rest.TokenCredentials object.

using Microsoft.IdentityModel.Clients.ActiveDirectory;
using Microsoft.Rest;
using Microsoft.PowerBI.Api.V2;

var tokenCredentials = new TokenCredentials(authenticationResult.AccessToken, "Bearer");

// Create a Power BI Client object. it's used to call Power BI APIs.
using (var client = new PowerBIClient(new Uri(ApiUrl), tokenCredentials))
{
    // Your code to embed items.
}

埋め込むコンテンツ アイテムを取得するGet the content item you want to embed

Power BI クライアント オブジェクトを使って、埋め込むアイテムへの参照を取得できます。You can use the Power BI client object to retrieve a reference to the item you want to embed.

指定したワークスペースから最初のレポートを取得する方法のコード例を次に示します。Here is a code sample of how to retrieve the first report from a given workspace.

コンテンツ アイテムとしてレポート、ダッシュボード、タイルのいずれを埋め込む場合でも、それらを取得するサンプルはサンプル アプリケーションの Services\EmbedService.cs ファイル内にあります。A sample of getting a content item whether it's a report, dashboard, or tile that you want to embed is available within the Services\EmbedService.cs file in the sample application.

using Microsoft.PowerBI.Api.V2;
using Microsoft.PowerBI.Api.V2.Models;

// You need to provide the workspaceId where the dashboard resides.
ODataResponseListReport reports = await client.Reports.GetReportsInGroupAsync(workspaceId);

// Get the first report in the group.
Report report = reports.Value.FirstOrDefault();

埋め込みトークンを作成するCreate the embed token

JavaScript API から使うことができる埋め込みトークンを作成します。Generated an embed token, which can be used from the JavaScript API. 埋め込みトークンは、埋め込むアイテムに固有のものです。The embed token is specific to the item you're embedding. そのため、Power BI コンテンツを埋め込むときは常に、そのための埋め込みトークンを新しく作成する必要があります。So at any time you embed a piece of Power BI content, you need to create a new embed token for it. 使う accessLevel など詳しくは、「GenerateToken API」をご覧ください。For more information, including which accessLevel to use, see GenerateToken API.

レポート、ダッシュボード、タイルのいずれを埋め込む場合でも、その埋め込みトークンを作成するサンプルは、サンプル アプリケーション内の Services\EmbedService.cs ファイルにあります。A sample of creating an embed token for a report, dashboard, or tile want to embed is available within the Services\EmbedService.cs file in the sample application.

using Microsoft.PowerBI.Api.V2;
using Microsoft.PowerBI.Api.V2.Models;

// Generate Embed Token.
var generateTokenRequestParameters = new GenerateTokenRequest(accessLevel: "view");
EmbedToken tokenResponse = client.Reports.GenerateTokenInGroup(workspaceId, report.Id, generateTokenRequestParameters);

// Generate Embed Configuration.
var embedConfig = new EmbedConfig()
{
    EmbedToken = tokenResponse,
    EmbedUrl = report.EmbedUrl,
    Id = report.Id
};

EmbedConfig および TileEmbedConfig のクラスが作成されます。A class is created for EmbedConfig and TileEmbedConfig. Models\EmbedConfig.cs ファイルおよび Models\TileEmbedConfig.cs ファイル内にサンプルがあります。A sample is available within the Models\EmbedConfig.cs file and the Models\TileEmbedConfig.cs file.

JavaScript を使ってアイテムを読み込むLoad an item using JavaScript

JavaScript を使って、Web ページの div 要素にレポートを読み込むことができます。You can use JavaScript to load a report into a div element on your web page.

JavaScript API を使用する完全なサンプルの場合、Playground ツールを使用できます。For a full sample of using the JavaScript API, you can use the Playground tool. プレイグラウンド ツールを使うと、さまざまな種類の Power BI Embedded のサンプルを簡単に試すことができます。The Playground tool is a quick way to play with different types of Power BI Embedded samples. JavaScript API について詳しくは、PowerBI-JavaScript wiki のページも参照してください。You can also get more Information about the JavaScript API by visiting the PowerBI-JavaScript wiki page.

EmbedConfig モデルと TileEmbedConfig モデルをレポートのビューと一緒に使用するサンプルを次に示します。Here is a sample that uses an EmbedConfig model and a TileEmbedConfig model along with views for a report.

レポート、ダッシュボード、またはタイルのビューを追加するサンプルは、サンプル アプリケーション内の Views\Home\EmbedReport.cshtml, Views\Home\EmbedDashboard.cshtml ファイルまたは Views\Home\Embedtile.cshtml ファイルにあります。A sample of adding a view for a report, dashboard, or tile is available within the Views\Home\EmbedReport.cshtml, Views\Home\EmbedDashboard.cshtml, or Views\Home\Embedtile.cshtml files in the sample application.

<script src="~/scripts/powerbi.js"></script>
<div id="reportContainer"></div>
<script>
    // Read embed application token from Model
    var accessToken = "@Model.EmbedToken.Token";

    // Read embed URL from Model
    var embedUrl = "@Html.Raw(Model.EmbedUrl)";

    // Read report Id from Model
    var embedReportId = "@Model.Id";

    // Get models. models contains enums that can be used.
    var models = window['powerbi-client'].models;

    // Embed configuration used to describe what and how to embed.
    // This object is used when calling powerbi.embed.
    // This also includes settings and options such as filters.
    // You can find more information at https://github.com/Microsoft/PowerBI-JavaScript/wiki/Embed-Configuration-Details.
    var config = {
        type: 'report',
        tokenType: models.TokenType.Embed,
        accessToken: accessToken,
        embedUrl: embedUrl,
        id: embedReportId,
        permissions: models.Permissions.All,
        settings: {
            filterPaneEnabled: true,
            navContentPaneEnabled: true
        }
    };

    // Get a reference to the embedded report HTML element
    var reportContainer = $('#reportContainer')[0];

    // Embed the report and display it within the div container.
    var report = powerbi.embed(reportContainer, config);
</script>

運用開始Move to production

これでアプリケーションの開発が完了したため、専用の容量を持つアプリ ワークスペースに戻ります。Now that you've completed developing your application, it's time to back your app workspace with a dedicated capacity.

重要

運用を開始するには、専用の容量が必要です。Dedicated capacity is required to move to production.

専用の容量を作成するCreate a dedicated capacity

専用の容量を作成することで、顧客専用のリソースを所有する利点が得られます。By creating a dedicated capacity, you can take advantage of having a dedicated resource for your customer. Microsoft Azure Portal 内で専用の容量を購入できます。You can purchase a dedicated capacity within the Microsoft Azure portal. Power BI Embedded 容量の作成方法の詳細については、「Create Power BI Embedded capacity in the Azure portal」 (Azure Portal で Power BI Embedded 容量を作成する) をご覧ください。For details on how to create a Power BI Embedded capacity, see Create Power BI Embedded capacity in the Azure portal.

下の表を参照し、自分のニーズに最適な Power BI Embedded 容量を判断します。Use the table below to determine which Power BI Embedded capacity best fits your needs.

容量ノードCapacity Node 合計コアTotal cores
(バックエンド + フロントエンド)(Backend + frontend)
バックエンド コアBackend Cores フロントエンド コアFrontend Cores DirectQuery/ライブ接続の制限DirectQuery/live connection limits
A1A1 1 仮想コア1 v-core(s) 0.5 コア、3 GB RAM0.5 core(s), 3-GB RAM 0.5 コア0.5 cores 1 秒あたり 0.50 5 per second
A2A2 2 仮想コア2 v-core(s) 1 コア、5 GB RAM1 core(s), 5-GB RAM 1 コア1 cor(e) 1 秒あたり 1010 per second
A3A3 4 仮想コア4 v-core(s) 2 コア、10 GB RAM2 core(s), 10-GB RAM 2 コア2 core(s) 1 秒あたり 1515 per second
A4A4 8 仮想コア8 v-core(s) 4 コア、25 GB RAM4 core(s), 25-GB RAM 4 コア4 core(s) 1 秒あたり 3030 per second
A5A5 16 仮想コア16 v-core(s) 8 コア、50 GB RAM8 core(s), 50-GB RAM 8 コア8 core(s) 1 秒あたり 6060 per second
A6A6 32 仮想コア32 v-core(s) 16 コア、100 GB RAM16 core(s), 100-GB RAM 16 コア16 core(s) 1 秒あたり 120120 per second

A SKU の場合、無料 Power BI ライセンスでは Power BI コンテンツにアクセスできません。With A SKUs, you can't access Power BI content with a FREE Power BI license.

埋め込みトークンと PRO ライセンスを一緒に使用するのは、開発テストのためのものです。そのため、Power BI マスター アカウントまたはサービス プリンシパルで生成できる埋め込みトークンの数には限りがあります。Using embed tokens with PRO licenses are intended for development testing, so the number of embed tokens a Power BI master account or service principal can generate is limited. 運用環境で埋め込むには、専用の容量が必要です。A dedicated capacity requires embedding in a production environment. 専用の容量があると、生成できる埋め込みトークンの数に制限がなくなります。There's no limit on how many embed tokens you can generate with a dedicated capacity. 現在の埋め込み使用パーセンテージを示す使用状況の値を確認するには、使用可能な機能に関するページに移動します。Go to Available Features to check the usage value that indicates the current embedded usage in percentage. 使用量はマスター アカウント別となっています。The usage amount is based per master account.

詳細については、「Embedded analytics capacity planning whitepaper」 (埋め込み分析の容量計画に関するホワイト ペーパー) をご覧ください。For more information, see Embedded analytics capacity planning whitepaper.

専用の容量にアプリ ワークスペースを割り当てるAssign an app workspace to a dedicated capacity

専用の容量を作成すると、アプリ ワークスペースをその専用の容量に割り当てることができます。Once you create a dedicated capacity, you can assign your app workspace to that dedicated capacity.

サービス プリンシパルを使用して専用の容量をワークスペースに割り当てるには、Power BI REST API を使用します。To assign a dedicated capacity to a workspace using service principal, use the Power BI REST API. Power BI REST API の使用時は必ずサービス プリンシパル オブジェクト ID を使用してください。When you are using the Power BI REST APIs, make sure to use the service principal object ID.

以下の手順に従い、マスター アカウントを使用してワークスペースに専用容量を割り当てます。Follow the steps below to assign a dedicated capacity to a workspace using a master account.

  1. Power BI サービス内でワークスペースを展開し、コンテンツを埋め込むために使用しているワークスペースの省略記号ボタンを選択します。Within the Power BI service, expand workspaces and select the ellipsis for the workspace you're using for embedding your content. 次に、 [Edit workspaces](ワークスペースの編集) を選択します。Then select Edit workspaces.

    ワークスペースの編集

  2. [詳細] を展開し、 [専用の容量] を有効にして、作成した専用の容量を選びます。Expand Advanced, then enable Dedicated capacity, then select the dedicated capacity you created. その後、 [保存] を選びます。Then select Save.

    専用の容量の割り当て

  3. [保存] を選択すると、アプリ ワークスペース名の横にひし形が表示されます。After you select Save, you should see a diamond next to the app workspace name.

    容量に関連付けられたアプリ ワークスペース

次の手順Next steps

このチュートリアルでは、顧客向けアプリケーションに Power BI コンテンツを埋め込む方法を説明しました。In this tutorial, you've learned how to embed Power BI content into an application for your customers. 組織向けの Power BI コンテンツの埋め込みを試すこともできます。You can also try to embed Power BI content for your organization.

他にわからないことがある場合は、More questions? Power BI コミュニティで質問してみてくださいTry asking the Power BI Community